【全豪オープンテニス2023】放送日程、錦織圭・大坂なおみら出場選手、ドロー(トーナメント表)・結果速報、ポイント

【大坂なおみ・西岡良仁】ナショナルバンクオープン2022の大会情報

全豪オープンテニス2023の放送日程、出場選手、ドロー・結果速報のほか、賞金・ポイント、過去優勝者や日本人選手の過去成績などをまとめています。

全豪放送はWOWOW
全豪オープンテニスはWOWOWで注目試合をテレビ生中継!
NHKでも錦織圭・大坂なおみら注目試合をオンエアの可能性有!
WOWOW(公式サイト)
NHK(NHKテニス放送予定)

全豪オープンテニス2023|オーストラリアンオープン

全豪オープンテニス2023の大会まとめ一覧表です。

大会名 Australian Open(オーストラリアン・オープン)
全豪オープン 公式サイト(外部ページ)
通称 全豪オープン、オーストラリアオープン、AusOpen
開催地 オーストラリア/メルボルン
会場 メルボルン・パーク
日程 1/9(月)〜1/29(日) ※予選含む
日本との時差 2時間 日本より進んでいる(メルボルン)
賞金総額 7500万豪ドル(2022年)
チケット
ツアー
公式サイト
AOトラベル
HISなど各旅行社
放送 WOWOW(BS放送・ネット中継)
NHK(地上波テレビ放送)※2021年までの実績
ドロー数 シングルス128ドロー(本戦・予選)
ダブルス64ドロー
前年優勝者 男子シングルス:ラファエル・ナダル
女子シングルス:アシュリー・バーティ
日本人
最高成績
シングルス:優勝
(大坂なおみ・2019年、2021年)
ダブルス:準優勝
(佐藤直子/ホワイトクロス・1978年)
(杉山愛/ハンチュコバ・2009年)
サーフェス ハードコート

全豪オープンの特徴|2023年

全豪オープンは、1年で最初に開催されるグランドスラム大会。

一昨年は2月開催でしたが、2022年大会からは通常の1月開催に戻っています。

また、全豪オープン2022では新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的として、出場選手に事前のワクチン接種を義務づけていました。

豪州の法律によると国外退去処分を受けた者は3年間、入国が禁じられるルールがあり、前年入国ビザ取り消しで国外退去になったジョコビッチが出場できるのかどうか注目です。

 

大会期間中は真夏で気温40度を超える日もあることから、全豪オープンでは「エクストリーム・ヒート・ポリシー」という酷暑対策ルールが1998年より導入されています。

ヒート・ポリシーとは、気温や湿度、風速などが規定値を超えてプレー続行が不可能だと大会側が判断した場合に、試合の中断や延期などを行う、暑さから選手を守るための特別ルールです。

 

全豪オープンは「荒れる」「波乱の多い」大会として有名。

多くの選手の居住地(北半球)とは季節が真逆の南半球で開かれるため、気候に慣れるのに一苦労するのが主な原因です。

また、世界のトップ選手やデビスカップ出場者らは前年の12月頃までツアーを戦い抜くため、オフの期間が短くなり、疲労が抜ける前に全豪を迎えてしまい本来の実力を出す前に敗れるケースもしばしば見られます。

全豪オープン2023 開催都市と会場・コート

2023年も、全豪オープンの全ての試合がオーストラリアのメルボルンで開催されます。

一昨年には予選のみ中東地域(ドバイ/ドーハ)で開催されましたが、コロナによる特例でした。

 

会場はメルボルン・パーク(Melbourne Park)。

会場やコートの種類について、より詳しくは「全豪オープン コート」記事をご覧ください。

全豪オープン2023 結果速報

ドロー確定後にスコア反映の日本語版トーナメント表を掲載予定です。

⇒全豪オープン2022の結果

⇒全豪オープン2021の結果

全豪オープン2023 日程(1回戦〜決勝)・日本人スケジュール

全豪オープン2023は、予選が1/9(月)〜1/13(金)、本戦は1/16(月)〜1/29(日)の日程で開催されます。

当日の試合予定(公式 Match Schedule)※英語

全豪オープン2023 試合スケジュールはこちら(シングルスのみ抜粋)。

予選の日程
男子シングルス 女子シングルス
1/9(月) 予選1回戦 予選1回戦
1/10(火) 予選1回戦 予選1回戦
1/11(水) 予選2回戦 予選2回戦
1/12(木) 予選2回戦 予選2回戦
1/13(金) 予選決勝 予選決勝
全豪オープン2023の日程
男子シングルス 女子シングルス
1/16(月) 1回戦 1回戦
1/17(火) 1回戦 1回戦
1/18(水) 2回戦 2回戦
1/19(木) 2回戦 2回戦
1/20(金) 3回戦 3回戦
1/21() 3回戦 3回戦
1/22() 4回戦 4回戦
1/23(月) 4回戦 4回戦
1/24(火) 準々決勝 準々決勝
1/25(水) 準々決勝 準々決勝
1/26(木) - 準決勝
1/27(金) 準決勝 -
1/28() - 決勝
1/29() 決勝 -

全豪オープン2023 賞金・ポイント

全豪オープン2023の賞金総額は発表前です(前年は7500万豪ドル)

ちなみに2021年は前年から13.6%増の7100万豪ドル(当時の為替で約51億1200万円)と、コロナ禍でも増額でした(ただし優勝賞金は大幅に減額)。

全豪オープンの賞金(優勝賞金や推移、各ラウンドの獲得賞金)

 

全豪オープンはグランドスラムの大会なので、優勝すると2000ポイント獲得です(賞金は男女シングルスで同額、単位は豪ドル)。

ラウンド ポイント
(男子)
ポイント
(女子)
2022年賞金(豪ドル)
(日本円概算)
優勝 2000 2000 $2,875,000
(約2億3860万円)
準優勝 1200 1300 $1,575,000
(約1億3070万円)
準決勝
(ベスト4)
720 780 $895,000
(約7430万円)
準々決勝
(ベスト8)
360 430 $538,500
(約4470万円)
4回戦
(ベスト16)
180 240 $328,000
(約2720万円)
3回戦 90 130 $221,000
(約1830万円)
2回戦 45 70 $154,000
(約1280万円)
1回戦 10 10 $103,000
(約850万円)

全豪オープン2023 チケット・ツアー

全豪オープン2023の観戦チケット一般販売は、公式サイトにて2022年11月頃から始まる見込み。

Tickets | Australian Open(公式サイト)

安く観戦するならグランドパス・半セッションの29ドル(約3300円)から、最も高価なのは決勝戦のチケットで、最低550ドル(約62000円)です。

 

なお、全豪オープン2023では日本人向けのAOトラベルパッケージが用意され、STH Japanが運営するAOトラベル日本専用ウェブサイト(http://www.ausopentravel.jp)で購入可能。

お客様情報を登録すると、一般販売に先駆けてAOトラベルのパッケージを優先的に購入可能な無料のプライオリティ・アクセス・パスを申し込むことができます(パスは、2022年6月14日〜21日の期間限定で有効)。

AOトラベルとは
テニス・オーストラリアとSTHオーストラリアの提携により2021年に設立された、全豪オープンテニス(以下、全豪オープン)のプレミアムな旅行・観戦体験を提供するオフィシャルグローバルプロバイダー。全豪オープンの日本におけるオフィシャルトラベルエージェントです。

 

ツアー手配は、全豪オープンテニス・オフィシャルオペレーターのHISもおすすめです。

市内観光やオプショナルツアーなどが用意されているほか、メルボルンパーク内にHIS全豪オープンテニス観戦ツアーの方のみ利用できるHISツアーデスクもあります。

HIS初夢フェア2022開催中(HISのキャンペーンページに移動します)

前年はコロナ感染拡大により入場制限
新型コロナウイルス・オミクロン株の流行により、観客の入場は当初予定のフルではなく半分までの制限に。販売済みチケットは有効ですが、上限(キャパシティの半分)に達した時点で締め切られるとのこと。会場を訪れる際にはマスク必須です。
ワクチン接種完了者、ワクチン免除証明保持者なら会場入り可能で、入場時にビクトリア州のアプリでの認証提示が求められます。

全豪オープン2023の放送・放映権

 2023年の放送事情は発表前です。NHKでの中継復活が期待されます。

全豪オープン2022のテレビ放送は、WOWOWで生中継されます。

2022年 全豪オープンテニス放送予定・スケジュール(NHK・WOWOW)

 2022年も全豪予選はテレビ放送・ネット配信とも日本からは見られない可能性大ですが、中継映像自体は存在しています。ライブスコア観戦、または野良スト(海外ライブストリーム)を探してご視聴ください。

NHK(テレビ放送・ネット中継)

全豪オープンは例年、NHK(総合&サブチャンネル)で放送されます。

地上波オンエア分はNHKプラスでネット配信も。

事前に発表される番組表では録画放送予定の記載がメインですが、実際には錦織圭や大坂なおみの試合を中心に生中継されることが多いです(試合当日のスケジュール確定後に番組表が更新されます)。

ただし、番組枠の関係上、試合が長引くと途中でテニス中継が終わる場合があります。

テニス | NHKスポーツオンライン -NHKスポーツ番組総合情報サイト-(NHK放送予定)

WOWOW(テレビ放送・ネット配信)

WOWOWは全豪オープン2022を1回戦から決勝まで全日程生中継でテレビ放送します。

ネット配信では、全豪オープン放送30回目の記念として、WOWOWオンデマンドとWOWOWテニスワールドで全コートの映像配信が行われます。

WOWOW(公式サイト)

WOWOWオンデマンド

WOWOWテニスワールド

2022年も全豪オープン大会初日(本戦第1日)はWOWOWが無料放送を行うので、西岡良仁、大坂なおみの1回戦はBS放送(WOWOW)のテレビ放送で無料視聴できます!(年・大会によっては大会2日目や決勝戦も無料放送)

 

ATPツアー配信中のTENNIS TV(テニスティーヴィー)やGAORA(ガオラ)、WTAツアー配信中のDAZN(ダゾーン)などでは、全豪オープン2022のテニス中継は放送されないのでご注意ください。

(参考)各テレビ局・VODサービスにおける男子プロテニス中継

男子プロテニス協会(ATP:Association of Tennis Professionals)が開催するATPツアーには、3つのカテゴリーがあります(下部ツアーのチャレンジャー、フューチャーズを除く)。

  • ATPマスターズ1000(ATP Tour Masters 1000)
  • ATP500(ATP World Tour 500 series)
  • ATP250(ATP World Tour 250 series)

上記に国際テニス連盟(ITF: International Tennis Federation)公認のテニス4大大会(Grand Slam:グランドスラム)を合わせた4カテゴリーの大会に、男子プロテニスプレーヤーは参戦します。

日本でのテレビ放送・ネット配信の中継情報は以下の通り(2021年情報)。

主要テレビ局のテレビ放送状況一覧

チャンネル 料金 グランドスラム ATPマスターズ1000 ATP500 ATP250
NHK 総合
NHK Eテレ
無料 全豪OP
ウィンブルドン
× × ×
日テレ × ×
tv asahi ×
TBSテレビ ×
テレビ東京 全仏OP ×
フジテレビ × ×
NHK・BS1
BS日テレ ×
BS朝日
BS-TBS ×
BSテレ東
BSフジ
WOWOW 2,530円 × × ×
GAORA 1,374円〜※1 × ※2

※1 GAORAの料金はスカパー!基本料金込み。
※2 錦織圭がトーナメント上位進出時に緊急番組編成の実績有り。

WOWOWはテレビ放送こそグランドスラムのみですが、ネット会員が無料利用できるオンデマンドにてATPツアー各大会の試合配信があります。

グランドスラムのうち、全米オープンテニス以外の3大会は、衛星放送(BS・CS放送)が映らなくても地上波の民法キー局にて視聴可能です(全米はWOWOW加入が必須)。

NHK・BS1、BS朝日のATPツアー放送は、2021年に入って減少・終了しています。

主要VODサービスの配信状況一覧

テレビ局
チャンネル
料金 グランドスラム ATPマスターズ1000 ATP500 ATP250
WOWOW※1 2,530円
GAORA※2 1,374円〜※3 × × ×
Paravi 1,017円※4 × × ×
TENNIS TV 1,067円〜※5
DAZN 1,925円 × × ×
プライムビデオ 408円〜※6 × × ×
ABEMA 960円※7 × × ×

※1 正式名称「WOWOWメンバーズオンデマンド or WOWOWオンデマンド」
※2 正式名称「GAORA SPORTS Live&オンデマンド」
※3 GAORAの料金はスカパー!基本料金込み。
※4 ParaviベーシックプランにiTunes Store決済で契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)。
※5 TENNIS TVの料金は年契約(12,800円税込)を12ヶ月で割り算した月額。
※6 Amazonプライムビデオの年間プランは4900円/年(月間プラン500円/月)。学生は6ヶ月無料体験+会員費半額(250円/月)の特典アリ。
※7 ABEMAプレミアムの月額費用が960円税込で、ABEMA通常会員は無料で利用可能。

GAORAは2021年シーズンはATP500・ATP250とも放送対象外。

WOWOWオンデマンドは、錦織圭が出場する試合を中心にATP500、ATP250を配信リストに入れています(錦織不参加の大会は準々決勝以降のみ配信することも)。

DAZNは女子プロテニスのツアー各大会をインターネット配信で生中継、ABEMAは毎年ATPカップを、プライムビデオはレーバーカップ関連の映像を配信しています(Paraviは2019年シーズンにATPツアーをネット配信)。

有料放送やVODサービスは月額費用が発生しますが、大半のサービスで無料体験(トライアル)が用意されているので初心者にも安心となっています。

出場選手(ジョコビッチ、ナダル、フェデラー、錦織圭、大坂なおみほか日本人)

全豪オープン2023 出場選手の一覧(エントリーリスト)、シード選手を更新予定。

全豪オープン2023 ドロー(トーナメント表)

ドロー発表後に、日本語版トーナメント表を掲載します。

ドローの表記について

選手名の左の数字はシード順で、シード位置はグレー背景です。 トーナメント開始後は、赤い名前欄の選手が勝ち上がっています。

ドローの表記
(Q)=予選勝者
(WC)=ワイルドカード(主催者推薦枠)
(LL)=ラッキールーザー(予選敗退したが欠場者が出て代わりに本戦入りの選手)

全豪オープン2023 女子ドロー(トーナメント表)

ドロー発表後に、日本語版トーナメント表を掲載します。

全豪オープン2023予選 日本人男子・女子結果

2023年大会の日本人選手 予選出場状況を更新します。

なお、前年は日本人は男子4名・女子5名が予選に参戦し、ダニエル太郎が日本勢唯一の予選3連勝で本戦出場権を獲得しました。

全豪2022予選 日本人の結果一覧
日本人男子 予選決勝の結果
ダニエル太郎(7シード・120位) 6-4 6-3 サルバトーレ・カルーゾ(29シード・150位)
日本人女子 予選決勝の結果
日比野菜緒(15シード・127位) 6-4 2-6 1-6 Lucia Bronzetti(26シード・145位)
本玉真唯(28シード・149位) 3-6 7-63 3-6 Qinwen Zheng(13シード・111位)
日本人男子 予選2回戦の結果
ダニエル太郎(7シード・120位) 6-3 6-1 Gian Marco Moroni(197位)
綿貫陽介(263位) 1-6 6-2 2-6 ラドゥ・アルボット(5シード・123位)
日本人女子 予選2回戦の結果
日比野菜緒(15シード・127位) 6-2 6-1 Elisabetta Cocciaretto(155位)
本玉真唯(28シード・149位) 6-0 6-4  En-Shuo Liang(201位)
日本人男子 予選1回戦の結果
ダニエル太郎(7シード・120位) 6-3 6-3 Andrea Arnaboldi(250位)
内山靖崇(201位) 5-7 66-7 Juan Pablo Varillas(128位)
添田豪(267位) 6-2 65-7 2-6 Frederico Ferreira Silva(240位)
綿貫陽介(263位) 6-4 4-6 6-1 Illya Marchenko(165位)
日本人女子 予選1回戦の結果
日比野菜緒(15シード・127位) 6-1 7-5 Katarzyna Kawa(155位)
本玉真唯(28シード・149位) 6-1 7-5 Reka Luca Jani(170位)
奈良くるみ(189位) 5-7 4-6 Taylah Preston(WC・1184位)
宮崎百合子(229位) 5-7 1-6 Jule Niemeier(17シード・130位)
内藤祐希(247位) 7-62 3-6 3-6 Aliona Bolsova(156位)

全豪オープンテニス2023 優勝予想

男子シングルス、女子シングルスの優勝予想を、オッズを紹介しながら解説予定です。

全豪オープンテニス 歴代優勝者

全豪オープンテニスで優勝した選手の一覧です(男女シングルス)。

男子シングルス 女子シングルス
2022 ラファエル・ナダル アシュリー・バーティ
2021 ノバク・ジョコビッチ 大坂なおみ
2020 ノバク・ジョコビッチ ソフィア・ケニン
2019 ノバク・ジョコビッチ 大坂なおみ
2018 ロジャー・フェデラー キャロライン・ウォズニアッキ
2017 ロジャー・フェデラー セリーナ・ウィリアムズ
2016 ノバク・ジョコビッチ アンジェリック・ケルバー
2015 ノバク・ジョコビッチ セリーナ・ウィリアムズ
2014 スタニスラス・バブリンカ 李娜(リー・ナ)
2013 ノバク・ジョコビッチ ビクトリア・アザレンカ
2012 ノバク・ジョコビッチ ビクトリア・アザレンカ
2011 ノバク・ジョコビッチ キム・クライシュテルス
2000〜2010年のチャンピオン
男子シングルス 女子シングルス
2010 ロジャー・フェデラー セリーナ・ウィリアムズ
2009 ラファエル・ナダル セリーナ・ウィリアムズ
2008 ノバク・ジョコビッチ マリア・シャラポワ
2007 ロジャー・フェデラー セリーナ・ウィリアムズ
2006 ロジャー・フェデラー アメリー・モレスモー
2005 マラト・サフィン セリーナ・ウィリアムズ
2004 ロジャー・フェデラー ジュスティーヌ・エナン=アルデンヌ
2003 アンドレ・アガシ セリーナ・ウィリアムズ
2002 トーマス・ヨハンソン ジェニファー・カプリアティ
2001 アンドレ・アガシ ジェニファー・カプリアティ
2000 アンドレ・アガシ リンゼイ・ダベンポート

シングルス最多優勝は男子がジョコビッチの9回、女子はセリーナ・ウィリアムズの7回です(オープン化以降)。

歴代最多準優勝はマレーの5回で、BIG4のうち唯一全豪オープンでの栄冠がありません(ナダルは2009年に優勝)。

 

男子シングルスでは、過去10年間の決勝進出者20名のうち、BIG4でない選手は2014年・バブリンカ、2018年・チリッチ、2021年&2022年・メドベージェフの3名のみです。

全豪 日本人試合結果|錦織圭、大坂なおみ、西岡良仁

最後に、錦織圭、大坂なおみ、西岡良仁の全豪オープンでの過去成績を紹介します。

錦織圭

全豪オープン通算成績は27勝10敗(勝率.730)、最高成績はベスト8(2012、2015、2016、2019年)です。

成績 最終対戦相手
2022 欠場
2021 1回戦 カレーニョブスタ
2020 欠場
2019 準々決勝 (途中棄権) ジョコビッチ
2018 欠場
2017 4回戦 フェデラー
2016 準々決勝 ジョコビッチ
2015 準々決勝 バブリンカ
2014 4回戦 ナダル
2013 4回戦 フェレール
2012 準々決勝 マレー
2011 3回戦 ベルダスコ
2010 欠場
2009 1回戦 メルツァー

2012年、第24シードで全豪オープンに出場した錦織圭。

日本人選手によるグランドスラム男子シングルス・シード出場は史上初の快挙でした(現行ランキング制度導入の1973年以降)。

それ以降、出場した全豪オープンでは2021年を除いて常に2週目まで勝ち上がっているので、錦織にとって相性の良い大会と言えます。

大坂なおみ

全豪オープン通算成績は24勝5敗(勝率.828)、最高成績は優勝(2019年、2021年)です。

成績 最終対戦相手
2022 3回戦 アニシモワ
2021 優勝 ブレイディ
2020 3回戦 ガウフ
2019 優勝 クビトバ
2018 4回戦 ハレプ
2017 2回戦 コンタ
2016 3回戦 アザレンカ

2016年に初出場、18歳ながら予選を勝ち上がり、本戦2回戦で18シードのスビトリナを破るなど快進撃を見せた大坂なおみ。

ランキング72位で出場した2018年にもベスニナ、バーティらシード選手を撃破する活躍を残すと、翌年には頂点まで駆け上がり日本人史上初のグランドスラム・シングルス優勝を飾りました。

2020年は新鋭ガウフに屈しましたが、2021年大会では再び優勝。

2023年大会は2年ぶり3度目の栄冠に期待がかかります。

西岡良仁

全豪オープン通算成績は5勝7敗(勝率.416)、最高成績は優勝(2019年)です。

成績 最終対戦相手
2022 1回戦 アルボット
2021 1回戦 マルティネス
2020 3回戦 ジョコビッチ
2019 2回戦 ハチャノフ
2018 2回戦 セッピ
2017 2回戦 バウティスタ=アグー
2016 1回戦 クエバス
2015 予選2回戦 Bhambri

2016年以来、本戦ストレートインを続けている西岡。

2020年にはジェレ、エバンズとランキング上位選手に連続勝利を挙げ、ジョコビッチに完敗したものの錦織圭以外では松岡修造以来25年ぶりとなるグランドスラム3回戦進出を決めました(オープン化以降では坂井利郎、神和住純、松岡、錦織に次いで日本男子5人目の快挙)。

 

 

日本人選手たちの初戦突破、そしてメルボルンでの快進撃に期待しましょう。

以上、全豪オープンテニス2023の大会情報まとめでした!