全仏オープンテニス2019(French Open/Roland-Garros)の結果速報&ドロー、日程、放送予定、賞金・ポイント、過去優勝者と日本人過去成績をまとめています。

全仏オープン2019の日本人結果速報・試合予定

全仏オープン2019はまもなく本戦が始まります。

錦織圭、西岡良仁、ダニエル太郎、大坂なおみ、土居美咲の5名と、予選を勝ち上がった奈良くるみが本戦出場を果たしています。

5/24(金) 予選3回戦 結果

奈良くるみが見事予選3連勝で本戦出場です。

奈良くるみ 7-6(7-2)  7-5 Perrin(22)
添田豪 1-6  6-7(5-7) ボレッリ
日比野菜緒(12) 5-7  5-7 Rybakina(22)

 

5/23(木) 予選2回戦 結果

女子シングルス予選2回戦が行われ、日比野菜緒と奈良くるみが予選3回戦進出です。

日比野菜緒(12) 6-1  6-2 Hogenkamp
奈良くるみ 6-2  4-6  6-4 バシンスキー(3)
 清水彩乃 2-6  3-6 Bouzkova(10)

 

5/22(水) 予選2回戦 結果

添田豪が全仏オープン予選3回戦進出を決めました。

添田豪 6-1  3-6  6-3 デ・バッカー

 

5/21(火) 予選1回戦 結果

男子は添田豪のみ、女子は出場3選手全員が予選2回戦進出を決めました。

添田豪 6-1  6-2 Bagnis(27)
奈良くるみ 6-2  1-6  7-5 Kawa
日比野菜緒(12) 6-2  7-6(8-6) Leonard(WC)
清水綾乃 6-1  2-6  6-2 Liu
綿貫陽介 2-6  4-6 サングレン(1)
内田海智 6-7(6-8)  3-6 バシッチ
内山靖崇 3-6  5-7 デ・バッカー

 

5/20(月) 予選1回戦 結果

伊藤竜馬、守屋宏紀は予選1回戦敗退です。

伊藤竜馬 2-6  6-7(3-7) Tatlot(WC)
守屋宏紀 6-7(4-7)  5-7 Darcis

全仏オープン2019のドロー(トーナメント表)

全仏オープン2019のドローが発表されました。

男子シングルスのドローは、日本語版の試合結果反映トーナメント表を掲載しています。

全仏オープンテニス2019ドロー表(公式サイトPDF)

 

全仏オープン2019の予選ドロー

現在行われている予選のドローがこちら。3回戦に勝てば本戦出場です。

全仏2019・男子シングルス予選のドロー表

全仏2019・女子シングルス予選のドロー表

全仏オープン2019の大会情報|ローランギャロス

全仏オープン2019の大会概要です。

RolandGarrosCentral

大会名French Open(全仏オープン)
通称ローランギャロス/フレンチオープン
開催地フランス/パリ
カテゴリーグランドスラム
サーフェスクレーコート
ドロー数シングルス128ドロー、ダブルス64ドロー
日本との時差7時間

全仏オープンは、全豪オープンに続いて毎年5月末頃に開催されるテニスの四大大会(グランドスラム)。

審判のポイントコールがフランス語だったり、試合中にチャレンジが使えない、センターコートに屋根がないなど、グランドスラムの中で「全仏オープンだけ」の特徴やルールがあります。

全仏オープン2019の賞金・ポイント

全仏オープン2019の賞金総額は4266万1000ユーロ(約526千万円)

全仏オープンはグランドスラムの大会なので、優勝すると2000ポイント獲得です(賞金・ポイントとも男女シングルスで同じ内容)。

ラウンドポイント賞金
優勝2000€2,300,000
(約2億8300万円)
準優勝1200€1,180,000
(約1億4500万円)
準決勝
(ベスト4)
720€590,000
(約7270万円)
準々決勝
(ベスト8)
360€415,000
(約5120万円)
4回戦
(ベスト16)
180€243,000
(約3000万円)
3回戦90€143,000
(約1760万円)
2回戦45€87,000
(約1070万円)
1回戦10€46,000
(約570万円)
予選通過25
予選3回戦16€24,000
(約300万円)
予選2回戦8€12,250
(約150万円)
予選1回戦0€7,000
(約85万円)

全仏オープンはシングルス1回戦敗退でも約570万円、優勝すると3億円近い賞金が手に入ります。

 

全仏オープン2019の日程

全仏オープン2019は予選が5/20(月)〜5/24(金)に行われた後、本戦が5/26(日)〜6/9(日)の日程で行われます。

日本の男女両エース、錦織・大坂なおみとも1回戦は5/26(日)〜5/28(火)に試合開始予定です。

全仏オープン2019の日程
男子シングルス女子シングルス
5/20(月)予選
5/21(火)予選予選
5/22(水)予選予選
5/23(木)予選予選
5/24(金)予選予選
5/25()
5/26()1回戦1回戦
5/27(月)1回戦1回戦
5/28(火)1回戦1回戦
5/29(水)2回戦2回戦
5/30(木)2回戦2回戦
5/31(金)3回戦3回戦
6/1()3回戦3回戦
6/2()4回戦4回戦
6/3(月)4回戦4回戦
6/4(火)準々決勝準々決勝
6/5(水)準々決勝準々決勝
6/6(木)(ダブルス準決勝)準決勝
6/7(金)準決勝(ダブルス準決勝)
6/8()(ダブルス決勝)決勝
6/9()決勝(ダブルス決勝)

 

全仏オープン2019の放送予定

全仏オープン2019のテニス中継は、錦織圭・大坂なおみの試合を中心にテレビ放送されます。

 

テレビ東京

テレビ東京は2019年も地上波独占中継で全仏オープンをテレビ放送します。

テレビ東京系列のテレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送でも中継されます。

全仏オープンテニス2019(テレビ東京)の番組情報ページ

 

WOWOW

WOWOWでは全仏オープン2019を1回戦から決勝まで全日程生中継で放送します。

 

なお、ネット配信はWOWOWメンバーズオンデマンドで全仏オープンを独占生中継。

 WOWOWメンバーズオンデマンドは、"いつでも・どこでも"楽しめるが謳い文句の、WOWOWテレビ会員(月額2300円)限定の番組配信サービスです。

5月加入だと全仏オープンだけでなく、グラスコート(芝)シーズンの大会や7月のウィンブルドンまで、3ヶ月間のテニス中継が2ヶ月分の料金で楽しめます。

WOWOW_新規申込



ちなみに、グランドスラムの試合でもライスト(ライブストリーミング)配信は存在しています。ライスト観戦については別記事でまとめていますのでご参照ください。

 

全仏オープンの歴代優勝者

全仏オープンで優勝した選手の一覧がこちら(男女シングルス過去10年間)。

男子シングルス女子シングルス
2018ナダルハレプ
2017ナダルオスタペンコ
2016ジョコビッチムグルッサ
2015バブリンカセリーナ・ウィリアムズ
2014ナダルシャラポワ
2013ナダルセリーナ・ウィリアムズ
2012ナダルシャラポワ
2011ナダル李娜(リー・ナ)
2010ナダルスキアボーネ
2009フェデラークズネツォワ

男子シングルス最多優勝はナダルの11度。2005年の初出場・初優勝から四連覇も達成しています。

2019年もナダルが優勝候補筆頭に挙げられます。クレーコート序盤こそ膝痛の影響で不本意でしたが、全仏前哨戦のBNLイタリア国際では復調して優勝。

フェデラー、ジョコビッチらBIG4が未だ健在な中、若手の台頭も著しいため実力拮抗の全仏オープン2019、錦織も勝ち上がりによってはチャンスがあります。

 

女子シングルスは、2017年にオスタペンコが史上初となるノーシード全仏制覇を達成したのが記憶に新しいところ。

大坂なおみのグランドスラム三大会連続優勝(全米2018、全豪2019、全仏2019)に期待が集まります。

また、女子ダブルスで全仏オープン2018準優勝を飾った穂積絵莉・二宮真琴ペアにも注目です。

 

2018年全仏 日本人選手の戦績

2018年の全仏オープン、日本人選手の戦績一覧です(カッコ内は最終対戦相手)。

シングルスでは錦織、ダブルスでは穂積・二宮ペアが最高成績を収めました。

全仏オープン2018 日本人選手の成績一覧

シングルス

  • 錦織圭 4回戦敗退(ティーム)
  • 大坂なおみ 3回戦敗退(キーズ)
  • 西岡良仁 1回戦敗退(ベルダスコ)
  • 杉田祐一 1回戦敗退(ゼバロス)
  • 奈良くるみ 1回戦敗退(ストリコバ)
  • ダニエル太郎 予選2回戦敗退
  • 内山靖崇 予選2回戦敗退
  • 添田豪 予選1回戦敗退
  • 土居美咲 予選1回戦敗退
  • 日比野菜緒 予選1回戦敗退
  • 加藤未唯 予選1回戦敗退
  • 穂積絵莉 予選1回戦敗退
  • 今西美晴 予選1回戦敗退
  • 波形純理 予選1回戦敗退

ダブルス

  • 穂積絵莉/二宮真琴 準優勝(クレイチコバ/シニアコバ)
  • マクラクラン勉/ストルフ 2回戦敗退(アレバロ/セレタニ)
  • 日比野菜緒/カラシニコワ 2回戦敗退(バボシュ/ムラデノビッチ)
  • 青山修子/加藤未唯 1回戦敗退(ウィリアムズ姉妹)
  • 二宮真琴/マクラクラン勉 1回戦敗退(詹詠然/ドディグ)※混合D
  • 青山修子/シャラン 1回戦敗退(スレボトニク/ゴンサレス)※混合D

 

錦織圭、大坂なおみ、西岡良仁、ダニエル太郎、土居美咲の全仏オープン過去成績

最後に、2019年本戦から出場の錦織圭、大坂なおみ、西岡良仁、ダニエル太郎、土居美咲の5名について、全仏オープンでの過去成績をご紹介します。

錦織圭

成績最終対戦相手
20184回戦ティーム
2017準々決勝マレー
20164回戦ガスケ
2015準々決勝ツォンガ
20141回戦クーリザン
20134回戦ナダル
2012欠場
20112回戦スタコフスキー
20102回戦ジョコビッチ
2009欠場
2008予選2回戦Greul

錦織は現在4年連続、通算5度の4回戦進出(ベスト16入り)を記録しています(全仏通算18勝8敗、勝率.692)。

 

大坂なおみ

成績最終対戦相手
20183回戦キーズ
20171回戦ウィットバンク
20163回戦ハレプ

大坂なおみの全仏最高成績は3回戦ですが、2019年はクレーコートに対する苦手意識の払拭に成功しています(全仏通算4勝3敗、勝率.571)。

 

西岡良仁

成績最終対戦相手
20181回戦ベルダスコ
2017欠場
2016予選3回戦ステパネク
20151回戦ベルディヒ

西岡良仁は全仏本戦で未勝利ですが、クレーでの戦い方に長けているため2019年こそ初勝利&トーナメント勝ち上がりに期待大です(全仏通算0勝2敗、勝率.000)。

 

ダニエル太郎

成績最終対戦相手
2018予選2回戦ノバク
20172回戦カレーニョブスタ
20162回戦バブリンカ
20151回戦ベルダスコ
2014予選1回戦マクシモ・ゴンサレス

2019年に入ってからサーブの平均球速が上がるなど、成長を見せているダニエル太郎。自身初の3回戦進出に期待がかかります(全仏通算2勝3敗、勝率.400)。

 

土居美咲

成績最終対戦相手
2018予選1回戦ペテルソン
20171回戦エラーニ
20161回戦ストーサー
20152回戦イバノビッチ
20141回戦ペトコビッチ
20131回戦キーズ
2012予選2回戦Pfizenmaier
2011予選2回戦Voegele
20101回戦ヘルツォグ

9年連続出場を果たすも、本戦勝利は1度だけ。10年目となる2019年で、久々の勝利を収めたいところ(全仏通算1勝6敗、勝率.143)。

 

アンツーカーと呼ばれるレンガなどを砕いた土のコートで熱戦が繰り広げられる全仏オープン。

2019年は一体どんなドラマが生まれるのでしょうか。大会期間中は結果速報を更新して、全仏を盛り上げていきたいと思います。

 

以上、全仏オープンテニス2019の大会情報まとめでした!