2020年・全仏オープン(ローランギャロス)

全仏オープンテニス2020(French Open/Roland-Garros)の日程情報のほか、放送予定、ドローや賞金・ポイント、過去優勝者と日本人過去成績などのまとめです。

全仏オープン2020|ローランギャロス・フレンチオープンテニス

全仏オープン2020の大会まとめ一覧表です(大会情報はこちらで揃っています)。

大会名 French Open(全仏オープン)
通称 ローランギャロス/フレンチオープン
開催地 フランス/パリ
会場 スタッド・ローラン・ギャロス
日程 9/21(月)〜10/11(日)
2020年のスケジュール
日本との時差 7時間 日本が進んでいる
賞金総額 47億円超
2020年の賞金・ポイント
放送予定 テレビ東京系列(地上波テレビ放送)
WOWOW(BS放送・ネット中継)
2020年の放送予定
ドロー数 シングルス128ドロー(本戦・予選)
ダブルス64ドロー
出場選手一覧
2020年のトーナメント表
前年優勝者 男子シングルス:ラファエル・ナダル
女子シングルス:アシュリー・バーティ
過去10年間の優勝者
日本人
最高成績
シングルス:ベスト8(錦織圭・2015年、2017年、2019年)
ダブルス:優勝(杉山愛/クライシュテルス・2003年)
※日本人ペアだと穂積絵莉/二宮真琴・2018年の準優勝
主な日本人過去成績
サーフェス クレーコート
速報 全仏オープン2020の日本人速報
結果 全仏オープン2020・1回戦の結果
全仏オープン2020・2回戦の結果
全仏オープン2020・3回戦の結果
全仏オープン2020・4回戦の結果
全仏オープン2020・準々決勝の結果
全仏オープン2020・準決勝の結果
全仏オープン2020・決勝の結果

全仏オープンは、全豪オープンに続いて毎年5月末頃に開催されるテニスの四大大会(グランドスラム)。

…のはずでしたが、2020年は9月末からの開催となります。

全米オープン終了後、キッツビュールのゼネラリオープンからクレーコート大会が始まり、BNLイタリア国際ハンブルク・ヨーロピアンオープンを経て全仏オープン開催です(直後には室内ハードのサンクトペテルブルクオープン)。

 

審判のポイントコールがフランス語、試合中にチャレンジシステムが使えない(ホークアイ自体はある)、屋外クレーコートでの試合など、グランドスラムの中で「全仏オープンだけ」の特徴やルールが多くあります。

今年からセンターコートのフィリップ・シャトリエに開閉式の屋根が付けられています。

日程・スケジュール

全仏オープン2020は通常の5月ではなく9/27〜10/11の日程で、予選は9/21(月)から始まります。

2020年の大会スケジュール詳細はこちら。

全仏オープン2020の日程
男子シングルス 女子シングルス
9/21(月) 予選 予選
9/22(火) 予選 予選
9/23(水) 予選 予選
9/24(木) 予選 予選
9/25(金) 予選 予選
9/26()
9/27() 1回戦 1回戦
9/28(月) 1回戦 1回戦
9/29(火) 1回戦 1回戦
9/30(水) 2回戦 2回戦
10/1(木) 2回戦 2回戦
10/2(金) 3回戦 3回戦
10/3() 3回戦 3回戦
10/4() 4回戦 4回戦
10/5(月) 4回戦 4回戦
10/6(火) 準々決勝 準々決勝
10/7(水) 準々決勝 準々決勝
10/8(木) (ダブルス準決勝) 準決勝
10/9(金) 準決勝 (ダブルス準決勝)
10/10() (ダブルス決勝) 決勝
10/11() 決勝 (ダブルス決勝)

グランドスラムの中では全仏だけ、1回戦が3日間かけて行われます。

賞金・ポイント

全仏オープン2020の賞金総額は3800万ユーロ(約47億3900万円)。

全仏オープンの賞金(賞金推移など詳細)

全仏オープンはグランドスラムなので、優勝すると2000ポイント獲得です(賞金は男女シングルスとも同額)。

ラウンド ポイント
(男子)
ポイント
(女子)
賞金
優勝 2000 2000 €1,600,000
(約1億9600万円)
準優勝 1200 1300 €850,500
(約1億500万円)
準決勝
(ベスト4)
720 780 €425,250
(約5200万円)
準々決勝
(ベスト8)
360 430 €283,500
(約3500万円)
4回戦
(ベスト16)
180 240 €189,000
(約2400万円)
3回戦 90 130 €126,000
(約1560万円)
2回戦 45 70 €84,000
(約1030万円)
1回戦 10 10 €60,000
(約740万円)
予選通過 25 40
予選3回戦 16 30 €25,600
(約315万円)
予選2回戦 8 20 €16,000
(約200万円)
予選1回戦 0 2 €10,000
(約125万円)

全仏オープンはシングルス1回戦敗退でも700万円以上、優勝すると2億円近い賞金が手に入ります。

放送(テレビ放送・ネット中継)

全仏オープンのテニス中継は、今年も錦織圭・大坂なおみの試合を中心に地上波テレビ放送されます。

 大坂なおみは2020年大会を欠場します。

テレビ東京

テレビ東京は地上波独占中継で全仏オープンをテレビ放送します。

テレビ東京系列のテレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送でも中継されます。

1回戦は録画放送ですが、ラウンドが進むと生中継の可能性もありそうです。

全仏オープンテニス2020(テレビ東京)(番組情報ページ)

WOWOW

WOWOWでは全仏オープン2020を1回戦から決勝まで全日程生中継で放送します。

ネット配信もWOWOWメンバーズオンデマンドで独占生中継です。

 WOWOWメンバーズオンデマンドは、"いつでも・どこでも"楽しめるが謳い文句の、WOWOWテレビ会員(月額2300円税抜)限定の番組配信サービスです。

WOWOW_新規申込



ちなみに、グランドスラムの試合でもライスト(ライブストリーミング)配信は存在しています。

ライスト観戦については別記事でまとめていますのでご参照ください。

ドロー(2020年のトーナメント表)

トーナメント表については、発表日や日本人選手のドロー位置など別記事で詳しくまとめています。

出場選手(男子シングルス本戦)

上位勢ではフェデラー、ラオニッチ、エドマンド、キリオス、ツォンガ、ベルダスコ、プイユらが欠場です。

  • Djokovic(ジョコビッチ)第1シード
  • Nadal(ナダル)第2シード
  • Thiem(ティーム)第3シード
  • Medvedev(メドベージェフ)第4シード
  • Tsitsipas(チチパス)第5シード
  • Zverev(ズベレフ)第6シード
  • Berrettini(ベレッティーニ)第7シード
  • Monfils(モンフィス)第8シード
  • Goffin(ゴファン)第9シード
  • Bautista Agut(バウティスタアグー)第10シード
  • Fognini(フォニーニ)第11シード
  • Schwartzman(シュワルツマン)第12シード
  • Rublev(ルブレフ)第13シード
  • Anderson(アンダーソン)第14シード
  • Wawrinka(バブリンカ)第15シード
  • Khachanov(ハチャノフ)第16シード
  • Shapovalov(シャポバロフ)第17シード
  • Raonic(ラオニッチ)
  • Garin(ガリン)第18シード
  • Dimitrov(ディミトロフ)第19シード
  • Auger-Aliassime(オジェ=アリアシム)第20シード
  • Isner(イズナー)第21シード
  • Paire(ペール)第22シード
  • Lajovic(ラヨビッチ)第23シード
  • Fritz(フリッツ)第24シード
  • Krajinovic(クライノビッチ)第25シード
  • Carreno Busta(カレーニョブスタ)第26シード
  • de Minaur(デミノー)第27シード
  • Struff(シュトルフ)第28シード
  • Basilashvili(バシラシビリ)第29シード
  • Evans(エバンズ)第30シード
  • Coric(チョリッチ)第31シード
  • Hurkacz(フルカッチュ)第32シード
  • Nishikori(錦織)
  • Opelka(オペルカ)
  • Pella(ペラ)
  • Ruud(ルード)
  • Cilic(チリッチ)
  • Mannarino(マナリノ)
  • Ramos-Vinolas(ラモス=ビニョラス)
  • Humbert(アンベール)
  • Millman(ミルマン)
  • Edmund(エドマンド)
  • Querrey(クエリー)
  • Sonego(ソネゴ)
  • Kecmanovic(ケツマノビッチ)
  • Sandgren(サングレン)
  • Nishioka(西岡)
  • Tsonga(ツォンガ)
  • Gasquet(ガスケ)
  • Simon(シモン)
  • Bedene(ベデネ)
  • Bublik(ブブリク)
  • Verdasco(ベルダスコ)
  • Andujar(アンドゥハル)
  • Lopez(ロペス)
  • Paul(ポール)
  • Pouille(プイユ)
  • Chardy(シャルディ)
  • Cuevas(クエバス)
  • Londero(ロンデロ)
  • Thompson(トンプソン)
  • Johnson(ジョンソン)
  • Berankis(ベランキス)
  • Fucsovics(フチョビッチ)
  • Vesely(ベセリ)
  • Sousa(ソウザ)
  • Herbert(エルベール)
  • Albot(アルボット)
  • Ymer(イーメル)
  • Gerasimov(ゲラシモフ)
  • Kwon(クォン)
  • Sinner(シーネル)
  • Kohlschreiber(コールシュライバー)
  • Norrie(ノリー)
  • Moutet(ムーテ)
  • Balazs(バラージュ)
  • Delbonis(デルボニス)
  • Mager(マジェル)
  • Djere(ジェレ)
  • Tiafoe(ティアフォー)
  • Monteiro(モンテイロ)
  • McDonald(マクドナルド)
  • Duckworth(ダックワース)
  • Novak(ノバク)
  • Uchiyama(内山)
  • Travaglia(トラバリア)
  • Sugita(杉田)
  • Seppi(セッピ)
  • Kukushkin(ククシュキン)
  • Koepfer(コプファー)
  • Ruusuvuori(ルーズブオリ)
  • Barrere(バレール)
  • Pospisil(ポスピシル)
  • Harris(ハリス)
  • Giron(ギロン)
  • Dellien(デリエン)
  • Martin(マルティン)
  • Davidovich Fokina(ダビドビッチフォキナ)
  • Caruso(カルーゾ)
  • Carballes Baena(カルバレスバエナ)
  • Popyrin(ポピリン)
  • Coria(コリア)
  • Gombos(ゴンボス)
  • Munar(ムナール)
  • Majchrzak(マイクシャク)
  • Martinez(マルティネス)
  • Cecchinato(チェッキナート)
  • Dzumhur(ジュムホール)

ワイルドカード

  • Benchetrit(ベンシェトリ)
  • Gaston(ガストン)
  • Halys(アリス)
  • Hoang
  • Janvier(ジャンビエ)
  • Mayot
  • Murray(マレー)
  • Rinderknech

歴代優勝者

全仏オープンで優勝した選手の一覧です(男女シングルス過去10年間)。

男子シングルス 女子シングルス
2019 ラファエル・ナダル
Rafael Nadal
アシュリー・バーティ
Ashleigh Barty
2018 ラファエル・ナダル
Rafael Nadal
シモナ・ハレプ
Simona Halep
2017 ラファエル・ナダル
Rafael Nadal
エレナ・オスタペンコ
Jeļena Ostapenko
2016 ノバク・ジョコビッチ
Novak Djokovic
ガルビネ・ムグルッサ
Garbine Muguruza
2015 スタン・バブリンカ
Stan Wawrinka
セリーナ・ウィリアムズ
Serena Williams
2014 ラファエル・ナダル
Rafael Nadal
マリア・シャラポワ
Maria Sharapova
2013 ラファエル・ナダル
Rafael Nadal
セリーナ・ウィリアムズ
Serena Williams
2012 ラファエル・ナダル
Rafael Nadal
マリア・シャラポワ
Maria Sharapova
2011 ラファエル・ナダル
Rafael Nadal
李娜(リー・ナ)
Li Na
2010 ラファエル・ナダル
Rafael Nadal
フランチェスカ・スキアボーネ
Francesca Schiavone

男子シングルス最多優勝はナダルの12度。2005年の初出場・初優勝から4連覇も達成しており、ロジャー・フェデラーのキャリアグランドスラムを長期間阻止していました。

通常であれば今年もナダルが優勝候補筆頭ですが、イレギュラーな秋開催で調整が難しいため、誰がフレッシュな状態で勝ち上がれるのか未知数です。。

ジョコビッチが未だ健在な中、若手の台頭も著しいため実力拮抗の全仏オープン2020、錦織も勝ち上がりによってはチャンスがありそうです。

 

女子シングルス最多優勝はクリス・エバートの7度。2000年以降だと、片手バックハンドが印象的だったジュスティーヌ・エナンが3年連続を含む最多4度の優勝を誇ります。

女子シングルスは、2017年にオスタペンコが史上初となるノーシード全仏制覇を達成したのが記憶に新しいところ。

最近は毎年違うチャンピオンが誕生しているので、また新たなグランドスラム優勝者が現れるかもしれません。

なお、昨年女王のバーティは全仏オープン欠場です。

全仏オープン 錦織圭ら日本人過去成績

最後に、本戦出場の錦織圭、西岡良仁、杉田祐一、内山靖崇、土居美咲、日比野菜緒の6名について、全仏オープンでの過去成績をご紹介します。

なお、男子はダニエル太郎、添田豪、伊藤竜馬、守屋宏紀、綿貫陽介、女子は奈良くるみ、日比万葉、内藤祐希、村松千裕が予選からの出場です。

錦織圭

成績 最終対戦相手
2019 準々決勝 ラファエル・ナダル
2018 4回戦 ドミニク・ティーム
2017 準々決勝 アンディ・マレー
2016 4回戦 リシャール・ガスケ
2015 準々決勝 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ
2014 1回戦 マルティン・クーリザン
2013 4回戦 ラファエル・ナダル
2012 欠場
2011 2回戦 セルゲイ・スタコウスキー
2010 2回戦 ノバク・ジョコビッチ
2009 欠場
2008 予選2回戦 Simon Greul

錦織は現在5年連続、通算6度の4回戦進出(ベスト16入り)を記録しています(全仏通算22勝9敗、勝率.710)。

西岡良仁

成績 最終対戦相手
2019 2回戦 フアン・マルティン・デルポトロ
2018 1回戦 フェルナンド・ベルダスコ
2017 欠場
2016 予選3回戦 ラデク・ステパネク
2015 1回戦 トマーシュ・ベルディヒ

西岡は2019年に全仏オープン本戦初勝利をあげ、2回戦でもデルポトロ相手にフルセットマッチの大接戦を演じました(全仏通算1勝3敗、勝率.250)。

杉田祐一

成績 最終対戦相手
2019 欠場
2018 1回戦 オラシオ・セバジョス
2017 1回戦 スティーブ・ジョンソン
2016 欠場
2015 予選1回戦 Jurgen Zopp
2014 予選1回戦 Potito Starace
2013 欠場
2012 予選1回戦 Gianluca Naso
2011 欠場
2010 予選1回戦 Konstantin Kravchuk

本戦でも予選でもまだ勝利がない杉田、2020年は初勝利に期待です(全仏通算0勝2敗、勝率.000)。

内山靖崇

成績 最終対戦相手
2019 予選1回戦 Thiemo de Bakker
2018 予選2回戦 シモーネ・ボレッリ
2017 予選2回戦 ノルベルト・ゴンボス

内山は2020年が全仏本戦初出場です(全仏通算0勝0敗)。

大坂なおみ(欠場)

成績 最終対戦相手
2019 3回戦 カテリーナ・シニアコバ
2018 3回戦 マディソン・キーズ
2017 1回戦 アリソン・バン ウィトバンク
2016 3回戦 シモナ・ハレプ

大坂の全仏最高成績は3回戦、2020年は欠場です(全仏通算6勝4敗、勝率.600)。

土居美咲

成績 最終対戦相手
2019 1回戦 スティーブンス
2018 予選1回戦 ペテルソン
2017 1回戦 エラーニ
2016 1回戦 ストーサー
2015 2回戦 イバノビッチ
2014 1回戦 ペトコビッチ
2013 1回戦 キーズ
2012 予選2回戦 Pfizenmaier
2011 予選2回戦 Voegele
2010 1回戦 ヘルツォグ

10年連続出場を果たすも、本戦勝利は1度だけ。11年目となる2020年で、久々の勝利を収めたいところです(全仏通算1勝7敗、勝率.125)。

日比野菜緒

成績 最終対戦相手
2019 予選3回戦 エレナ・リバキナ
2018 予選1回戦 Alexandra Dulgheru
2017 1回戦 カロリーヌ・ガルシア
2016 1回戦 シモナ・ハレプ

日比野は3年ぶりの本戦出場です(全仏通算0勝2敗、勝率.000)。

 

アンツーカーと呼ばれるレンガなどを砕いた土のコートで熱戦が繰り広げられる全仏オープン。

前代未聞の9月開催によって、2020年は一体どんなドラマが生まれるのでしょうか。

大会期間中は結果速報を更新して、ローランギャロスを盛り上げていきたいと思います。

 

以上、全仏オープンテニス2020の大会情報まとめでした!

Twitterのフォローもお願いします!