全豪オープンのドロー(トーナメント表)

全豪オープンテニス2021(Australian Open)男子シングルスのドロー(トーナメント表)、錦織圭・西岡良仁の対戦相手組み合わせなどをまとめています。

2020年のドロー・結果

全豪オープン2021のドロー発表

全豪オープン2021のドロー発表は、予選最終日の1/15(金)までに行われます。

全豪オープン2020 ドローセレモニーの日程(前回参考)
1/16(木)の午後6時(日本時間17時)からドロー発表

錦織圭と西岡良仁はランキング上位のため予選免除が確定ですが、ランキング凍結時点で100位以内の内山靖崇、杉田祐一らも本戦出場が期待されます。

全豪オープン2021 予選ドロー

全豪オープンテニス2021の本戦前に行われる予選のドローについてまとめます。

2020年は3名の日本人が参戦し、予選突破はなりませんでした(杉田は予選からの予定でしたが、欠場者が出たため繰り上がりで本戦出場でした)。

ダニエル太郎、添田豪、伊藤竜馬、守屋宏紀ら実績ある選手が予選突破して、1人でも多くの日本人が本戦で活躍してほしいものです。

全豪オープン 予選ドロー・結果(ausopen.com)

全豪オープン2021のドロー(トーナメント表)

全豪オープンテニス2021・男子シングルスのドロー(トーナメント表)です。

 以下、前回大会の2020年情報です。

第1シード・ナダル、第2シード・ジョコビッチ、第3シード・フェデラー、第4シード・メドベージェフ、それぞれの山ごとにクオーターでドローを分けて、32名のトーナメント×4を掲載しています(勝ち上がれば準決勝進出)。

ドローの表記
選手名の左の数字はシード順で、シード位置はグレー背景です。表記ルールは次の通り。
(Q)=予選勝者
(WC)=ワイルドカード(主催者推薦枠)
(LL)=ラッキールーザー(予選敗退したが欠場者が出て代わりに本戦に入れた選手)

トップハーフ(ナダル山)ドロー

ナダル山32名のトーナメント表です(4回戦終了時点)。

トップハーフ(メドベージェフ山)ドロー

メドベージェフ山32名のトーナメント表です(3回戦終了時点)。

ボトムハーフ(フェデラー山)ドロー

フェデラー山32名のトーナメント表です(準々決勝終了時点)。

ボトムハーフ(ジョコビッチ山)ドロー

ジョコビッチ山32名のトーナメント表です(準々決勝終了時点)。

2021年 全豪オープンのスコア速報ドロー

全豪オープンテニス2021・ 男子シングルスの結果とスコアを反映したドロー(トーナメント表)です。

 2021年ドロー確定まで2020年大会のトーナメント表を掲載。

錦織圭・西岡良仁のドロー位置、組み合わせ

全豪オープンテニス2021・男子シングルスに出場する錦織圭、西岡良仁のドロー位置、各ラウンド想定対戦相手についてまとめます。

錦織圭の対戦相手組み合わせ

ドロー確定後に錦織圭の位置、対戦相手組み合わせを更新します。

シード出場だと1、2回戦はノーシードの選手との試合で、シード選手との対戦は3回戦から想定されます。

ランキング凍結時の順位を基準に考えると、錦織は第25〜32シードでの出場なので、3回戦で第1〜8シードとの対戦が想定されることになります。

錦織の対戦相手(シード出場想定)
1回戦 ◯◯
2回戦 ◯◯
3回戦 ◯◯(第1〜8シード)
4回戦 ◯◯(第◯シード)
準々決勝 ◯◯(第◯シード)
準決勝 ◯◯(第◯シード)
決勝 ◯◯(第◯シード)

西岡良仁の対戦相手組み合わせ

ドロー確定後に西岡良仁の位置、対戦相手組み合わせを更新します。

本戦ストレートイン(Direct Acceptance)の西岡はノーシードなので、少なくとも2回戦までにはシード選手との対戦が想定されます。

西岡の対戦相手(想定)
1回戦 ◯◯
2回戦 ◯◯(第◯シード)
3回戦 ◯◯(第◯シード)
4回戦 ◯◯(第◯シード)
準々決勝 ◯◯(第◯シード)
準決勝 ◯◯(第◯シード)
決勝 ◯◯(第◯シード)

その他、日本人男子で本戦出場する選手が現れれば追記でまとめたいと思います。

 

以上、全豪オープンテニス2020・男子シングルスのドロー(トーナメント表)についてでした!

Twitterのフォローもお願いします!