錦織圭・大坂なおみほかテニスの最新情報をお届けしています!
LINE公式アカウントが新登場!

友だち追加

全豪オープンの賞金はいくら?|2022年大会の総額、優勝賞金、日本円内訳と過去の賞金額推移

全豪オープンテニス(Australian Open)の賞金について、2022年の大会総額、優勝賞金、各ラウンドでの日本円内訳と過去の賞金額推移をまとめています。

1年で最初に開催されるグランドスラムの全豪オープンテニスは、日本円で50億円超の賞金総額を誇ります。

他の大会同様、2022年の全豪オープンの賞金額も前年より増加することが予想されます。

 コロナ禍で賞金総額を減らす大会が少なくない中、全豪は2022年も2021年に続いて増額でした!
 賞金は確認時点の為替(2022年:1豪ドル=約83円、2021年:1豪ドル=約81円)で計算しています。

全豪オープン2022の賞金総額

全豪オープン2022の賞金総額は7500万豪ドル(62億2500万円)で、男子・女子とも同額なので各大会の総額は3750万豪ドル(31億1250万円)です。

ちなみに、全豪オープンで男女とも同じ賞金になったのは2001年からで、それまでは男子大会の方が女子大会よりも若干高めの設定でした。

全豪オープン2022の優勝賞金

全豪オープン2022のシングルス、ダブルスそれぞれの優勝賞金は次の通り。

2022年の優勝賞金
シングルス:287万5000豪ドル(2億3860万円)
ダブルス:67万5000豪ドル(5500万円)
混合ダブルス:15万4500豪ドル(1260万円)
2021年の優勝賞金
シングルス:275万豪ドル(2億2275万円)
ダブルス:60万豪ドル(4860万円)
混合ダブルス:15万豪ドル(1215万円)
(参考)2020年の優勝賞金
シングルス:412万豪ドル(2億9664万円)
ダブルス:76万豪ドル(5472万円)
混合ダブルス:19万豪ドル(1368万円)

ダブルスは賞金額をペアで分けるので、選手一人当たりが獲得する優勝賞金は半減します。

全豪オープン2022 各ラウンドの獲得賞金

全豪オープン2022の1回戦敗退〜優勝までの各ラウンドの獲得賞金ブレイクダウンです(ドル=$AUD)。

シングルスの賞金ブレークダウン

ラウンド 2022年 2021年
優勝 $2,875,000
(2億3862万5000円)
$2,750,000
(2億2275万円)
準優勝 $1,575,000
(1億3072万5000円)
$1,500,000
(1億2150万円)
準決勝
(ベスト4)
$895,000
(7428万5000円)
$850,000
(6885万円)
準々決勝
(ベスト8)
$538,500
(4469万5500円)
$525,000
(4252万5000円)
4回戦
(ベスト16)
$328,000
(2722万4000円)
$320,000
(2592万円)
3回戦 $221,000
(1834万3000円)
$215,000
(1741万5000円)
2回戦 $154,000
(1278万2000円)
$150,000
(1215万円)
1回戦 $103,000
(854万9000円)
$100,000
(810万円)
予選決勝 $50,000
(415万円)
$52,500
(425万2500円)
予選2回戦 $33,500
(278万500円)
$35,000
(283万5000円)
予選1回戦 $24,000
(199万2000円)
$25,000
(202万5000円)

テニスの四大大会の一つ 全豪オープンでは、シングルス1回戦敗退でも800万円を超える賞金が獲得できます。

ダブルスの賞金ブレークダウン

ラウンド 2022年 2021年
優勝 $675,000
(5602万5000円)
$600,000
(4860万円)
準優勝 $360,000
(2988万円)
$340,000
(2754万円)
準決勝
(ベスト4)
$205,000
(1701万5000円)
$200,000
(1620万円)
準々決勝
(ベスト8)
$113,000
(937万9000円)
$110,000
(891万円)
3回戦 $65,250
(541万5750円)
$65,000
(526万5000円)
2回戦 $45,100
(374万3300円)
$45,000
(364万5000円)
1回戦 $30,050
(249万4150円)
$30,000
(243万円)

全豪オープンテニス 賞金総額の推移

男女同額になった2001年以降の、全豪オープンの賞金総額推移は以下の通り(ドル=$AUD)。

賞金総額 増加率
2022 $75,000,000 4.90%
2021 $71,500,000 0.70%
2020 $71,000,000 13.60%
2019 $62,500,000 13.64%
2018 $55,000,000 10.00%
2017 $50,000,000 13.64%
2016 $44,000,000 10.00%
2015 $40,000,000 21.21%
2014 $33,000,000 10.00%
2013 $30,000,000 15.38%
2012 $26,000,000 3.98%
2011 $25,005,635 3.78%
2010 $24,094,000 4.12%
2009 $23,140,000 12.33%
2008 $20,600,000 3.00%
2007 $20,000,000 3.63%
2006 $19,300,000 1.05%
2005 $19,100,000 0.53%
2004 $19,000,000 4.51%
2003 $18,180,000 10.18%
2002 $16,500,000 19.07%
2001 $13,857,625

男女同額になった2001年以来、毎年増加傾向にある全豪オープンの賞金。

特に目を引くのは2013年以降の上がり幅で、毎年10%以上の高水準で賞金が増額になっています。

2010年から2020年までの10年間だけで、賞金総額は約3倍(2.95倍)にまで膨れ上がりました。

全豪オープンテニス シングルス優勝賞金の推移

2011年以降の、全豪オープン・シングルスの優勝賞金額推移は以下の通り。

2021年大会の優勝賞金は3割以上のカットとなっていました(その分、アーリーラウンドに賞金が上乗せされています)が、2022年は再び増額に転じました。

日本円の金額は当時の為替での計算結果で、増加率はドル基準です(ドル=$AUD)。

シングルス優勝賞金 増加率
2022 $2875,000
(約2億3863万円)
4.55%
2021 $2750,000
(約2億9664万円)
-33.25%
2020 $4,120,000
(約2億9664万円)
0.49%
2019 $4,120,000
(約3億2136万円)
2.50%
2018 $4,000,000
(約3億5200万円)
8.11%
2017 $3,700,000
(約3億1820万円)
8.70%
2016 $3,400,000
(約2億9240万円)
9.68%
2015 $3,100,000
(約2億8210万円)
16.98%
2014 $2,650,000
(約2億3850万円)
9.05%
2013 $2,430,000
(約2億2842万円)
5.65%
2012 $2,300,000
(約1億8400万円)
4.55%
2011 $2,200,000
(約1億8040万円)
0%

2018年まで毎年10%に迫る増加率で優勝賞金も増えていましたが、2019年以降は微増です。

実はここ数年は、優勝・準優勝の賞金はほぼ据え置きで、ベスト4以下〜予選ラウンドの賞金が10%以上の伸び率を記録しています。

そして、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2021年大会ではトーナメント上位進出者の賞金が大きく削られています(その分、予選や本戦アーリーラウンド敗退者に分配されているため、総額は増加)。

 

全豪オープンは、2019年、2021年に女子シングルスで大坂なおみが優勝した大会です。

2019年当時の獲得賞金は412万豪ドル。日本円では約3億2136万円という大金でした(2021年の獲得賞金も約3億円)。

なお、豪ドルは為替変動の大きい通貨なので、日本円換算だと2018年の優勝賞金が史上最高額となっています(当時は1豪ドル=88円)。

 

以上、テニスのグランドスラム「全豪オープン」の賞金まとめでした!