野球の試合中に、バッターが打球を飛ばして、塁上のランナーを生還させると記録される打点。

 

ん?と思った方、とっても鋭いです!

 

上で「打球を飛ばして」と書きましたが、実は打球を飛ばしても打点がつかないケースや、打球を飛ばさなくても打点がつくケースがあります。

また、エラーのように場合によって打点がついたりつかなかったりする、特殊なルールもあります。

今回はそんな打点記録の扱いについてまとめています。

スポンサーリンク

「打点」と書くものの、押し出しでも打点が記録される

漢字だけを見ると「打って入った点」という意味に取れますが、打たなくても打点が記録されるケースがあります。

それが押し出し四死球の場合です。

 

打点はホームランを含むタイムリーを放った時に記録されることが多いため意外な感じがしますが、押し出しでも打点1がバッターに入ります。

(押し出し+バッテリーエラーなどで2塁ランナーまで生還したとしても、打点は1だけです)

 

打点が記録されるケースは下記の通りです。

  • 安打(タイムリーヒット)
  • 本塁打(ホームラン)
  • 犠打(スクイズ)
  • 犠飛(犠牲フライ)
  • 内野ゴロ
  • 野手選択(フィルダースチョイス)
  • 打撃妨害
  • 走塁妨害

内野ゴロで凡退しても、打撃妨害や走塁妨害でも、得点すればバッターに打点がつきます。

なお、打撃妨害・走塁妨害はバッターに一塁が与えられる処理になるため、押し出しと同じで満塁の状況でなければ打点は記録されません。

(走塁妨害はもう少しややこしいケースもありますが、ここでは割愛)

 

併殺打(ゲッツー)は打球を飛ばしているのに、打点がつかない

tsurai-san

気付いた方もいるでしょうが、打点が記録されるケースの中に併殺打(ゲッツー)がありませんでした。

ゲッツー(併殺打)だとランナーがホームインしてもバッターに打点は記録されません。

 

無死満塁や無死一・三塁の場面で、ゲッツーを打って三塁ランナーが生還しても、打点0です。

理由は謎ですが、「1人で2つもアウトを取られるようなヤツに打点などやらん!」って感じでしょうか?誰が主語だ

 

エラーは打点がつく場合とつかない場合がある

エラーの場合は、その時のアウトカウントとランナーの状況によって打点がつくかどうか決まります。

 

そもそもエラーとは、「本来アウトになるはずの場面で、守備のミスでバッターがアウトにならずに出塁すること」を指します。

なので、2アウトの場面だとエラーでランナーがホームインしてもバッターに打点はつきません。本来であれば凡退していて3アウト・チェンジだからです。

 

エラーで打点がつく条件は限られていて、ノーアウト(無死)、ワンナウト(一死)の場面で、三塁ランナーが仮にエラーがなくてもホームインできていたと認められた場合にのみバッターに打点が記録されます。

(二塁ランナーや一塁ランナーが生還したとしても、認められるのは三塁ランナー分の1打点のみ)

三塁ランナーが生還できたかどうかの判断は記録員に委ねられますが、とても判断が難しい、微妙なケースも存在します...。

 

併殺打にエラーが絡むと、打点の扱いが複雑に...

併殺打は、仮に1アウトしか取れずにランナーが生き残ったとしても記録されることがあります。

(つまり、1イニング2併殺打という現象が存在しており、ごくまれに記録されます)

それは、2アウト目の捕球が上手くできずに、落球してしまった場合(送球が逸れた場合を除く)。

 

この場合、バッターは併殺打が記録されるので、仮に三塁ランナーが生還したとしても打点0です(捕り損ねた選手にはエラーが記録されます)。

 

しかし、2アウト目を狙った送球が逸れてバッターが出塁した場合には、打点1がつきます。

とても複雑なルールですが、「併殺打完成を狙った送球が逸れて出塁を許したとしても、各ランナーに余分な進塁を与えなければエラーとして扱われない」というルールがあります。

このルールにより、記録としては「内野ゴロの間に得点」という扱いになり、打点が記録されます。

 

また、併殺打はバントの場合でも発生します。

(無いと思いますが)無死一・三塁でスクイズをして、二塁→一塁と転送されてダブルプレーが成立すると、仮に三塁ランナーが生還していてもバッターに打点はつきません。

無論、「そんなことよりも失点を防げよ」となるので、現実には起こらないでしょうが...。笑

 

 

打点についてまとめると、次のようになります。

打点がつくケース
ホームランを含むタイムリーヒット、スクイズ、犠牲フライ、押し出し四死球、内野ゴロ、フィルダースチョイス、打撃妨害、走塁妨害の場合は打点がつきます。
打点がつかないケース
併殺打(ゲッツー)と2アウト時のエラーは打点がつきません。

そして、エラーで三塁ランナーが生還した場合、「そのエラーがなくても三塁ランナーが生還していたかどうか」の判断によって、バッターに打点が認められるかどうかが決まります。

 

以上、打点のつく場合・つかない場合についてでした!

コメントを残す

関連キーワード

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!