BNPパリバオープン2020のドロー(トーナメント表)

BNPパリバオープン2020(BNP Paribas Open)男子シングルスのドロー(トーナメント表)、シード出場予定の錦織圭や西岡良仁の組み合わせをまとめています。

別名インディアンウェルズ・マスターズのBNPパリバオープンは、毎年男子テニスATPツアーの中で最初に開催されるATPマスターズ1000大会です。

2020年大会は開催されず
BNPパリバオープン2020は、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。

大会情報まとめBNPパリバオープン2020

BNPパリバオープン2020のドロー発表

BNPパリバオープン2020のドロー(トーナメント表)は、男子予選開始日の3/10(火) 15時から行われるドローセレモニー内で発表されます。

BNPパリバオープン2020のドロー発表(日本時間)
日本時間3/11(水) 午前8時からドローセレモニー開催です。

BNPパリバオープン2020のメインドロー入り(本戦出場)決定の日本人男子選手は、錦織圭と西岡良仁

BNPパリバオープンは96ドローで行われ、出場選手中ランキング上位32位までのシード選手は1回戦免除(BYE)になります。

BNPパリバオープン2020の予選ドロー

BNPパリバオープン2020の予選ドローについてまとめる予定です。

男子シングルス予選は48ドローで、2連勝した12選手が本戦出場となります。

2020 BNPPO Draws - Indian Wells(大会公式サイト ドローページ)

 

日本人選手は杉田祐一、内山靖崇がシード選手として予選に出場予定です(ランキング上位24名がシード)。

BNPパリバオープン2020のドロー(トーナメント表)

BNPパリバオープン2020・男子シングルスのドロー(トーナメント表)です。

第1〜4シード、それぞれの山ごとにクオーターでドローを分けて、24名のトーナメント×4を掲載します(勝ち上がれば準決勝進出)。

ドローの表記
選手名の左の数字はシード順で、シード位置はグレー背景です。表記ルールは次の通り。
(Q)=予選勝者
(WC)=ワイルドカード(主催者推薦枠)
(LL)=ラッキールーザー(予選敗退したが欠場者が出て代わりに本戦に入れた選手)

トップハーフ(ジョコビッチ or ナダル山)ドロー

◯◯山24名のトーナメント表です(シード順確定後に選手名を更新)。

2月末のドバイ、アカプルコの結果によっては、1位ジョコビッチと2位ナダルの順位が入れ替わる可能性があります。

トップハーフ(◯◯山)ドロー

◯◯山24名のトーナメント表です(第3 or 4シードの山になります)。

ボトムハーフ(◯◯山)ドロー

◯◯山24名のトーナメント表です(第3 or 4シードの山になります)。

ボトムハーフ(ジョコビッチ or ナダル山)ドロー

◯◯山24名のトーナメント表です(シード順確定後に選手名を更新)。

2月末のドバイ、アカプルコの結果によっては、1位ジョコビッチと2位ナダルの順位が入れ替わる可能性があります。

最新世界ランキング(ATP公式・ライブ・レース)

BNPパリバオープン2020 男子シングルス・スコア詳細ドロー

BNPパリバオープン2020・男子シングルスのスコアを反映したドロー(トーナメント表)です。

 2020年ドロー確定まで2019年大会のトーナメント表を掲載。

錦織圭のドロー位置、組み合わせ|インディアンウェルズ2020

ドロー確定後に錦織圭の位置、対戦相手組み合わせを更新します。

1回戦免除なので2回戦がインディアンウェルズ初戦で、シード選手との対戦は3回戦から想定されます。

錦織の対戦相手(想定)
1回戦 BYE
2回戦 ◯◯
3回戦 ◯◯(第◯シード)
準々決勝 ◯◯(第◯シード)
準決勝 ◯◯(第◯シード)
決勝 ◯◯(第◯シード)

西岡良仁のドロー位置、組み合わせ|インディアンウェルズ2020

ドロー確定後に西岡良仁の位置、対戦相手組み合わせを更新します。

本戦ストレートイン(Direct Acceptance)の西岡は、インディアンウェルズ初戦でノーシードの選手と、2回戦でシード選手(または代わりに出場のラッキールーザー)と対戦します。

西岡の対戦相手(想定)
1回戦 ◯◯
2回戦 ◯◯(第◯シード)
3回戦 ◯◯(第◯シード)
準々決勝 ◯◯(第◯シード)
準決勝 ◯◯(第◯シード)
決勝 ◯◯(第◯シード)

もしかするとシンシナティ・マスターズ209以来の日本人対決「錦織 vs 西岡」が実現するかもしれません(して欲しくありませんが...)

 

以上、BNPパリバオープン2020(BNP Paribas Open)男子シングルスのドロー(トーナメント表)、シード出場予定の錦織圭や西岡良仁の組み合わせについてでした!

Twitterの(しょうもない)つぶやきはコチラ!