メジャー日本人ホームラン記録(シーズン・通算ほか)

メジャーリーグに挑戦した日本人選手のホームラン記録についてまとめています。

 

日本人メジャーリーガーが誕生したのは1964年で、マッシーこと村上雅則が野球留学中にスカウトされたのが始まり。

日本人のメジャー初ヒットを記録したのも1965年の村上雅則。しかし、大リーグ在籍の二年間でホームランは打てませんでした。

 

そんな村上の初ヒットから30年後の1995年に野茂英雄がメジャーデビュー。トルネード旋風を巻き起こすなど新人王を獲得する大活躍を果たしました。

実は、日本人メジャー初ホームランを記録したのは野茂で、1998年4月28日のこと。メジャー先発100試合目の節目に見事完投勝利、初ホームランで花を添えました。

 

打者出場で初めてホームランを打ったのは、2001年4月6日のイチロー。

それ以来、多くの日本人バッターが大リーグの舞台でアーチを描いてきました。

 

今回はメジャー挑戦をした日本人バッターのホームラン記録を、様々な属性ごとにまとめました。

メジャー1年目(新人)の日本人ホームラン記録

ルーキーイヤーに最も多くホームランを打った日本人は、日本でシーズン50本塁打の実績のある松井秀喜ではなく、しばらくは城島健司でしたが、2018年に大谷翔平が記録を塗り替えました。

イチローが「初めてホームランバッターが日本人で来たな、という感じ」と評価した大谷翔平が、二刀流で少ない打席数ながら放った22本が最多です。

  1. 大谷翔平 22本(326打数/114試合、2018年)
  2. 城島健司 18本(506打数/144試合、2006年)
  3. 松井秀喜 16本(623打数/163試合、2003年)
  4. 井口資仁 15本(511打数/135試合、2005年)
  5. 鈴木誠也 14本(382打数/107試合、2022年)※シーズン途中
  6. 新庄剛志 10本(400打数/123試合、2001年)
  7. 福留孝介 10本(501打数/150試合、2008年)
  8. 青木宣親 10本(520打数/151試合、2012年)

 

新人として二桁本塁打を達成したのはこれまでに8名。

以下、イチローと筒香嘉智の8本塁打、松井稼頭央と岩村明憲の7本塁打と続きます。

 

なお、2022年シーズンからカブスに入団した鈴木誠也(元広島カープ)は、出場9試合で早くも4本のホームランを放ちスタートダッシュに成功。

その後、怪我による離脱はありましたが、シーズン終了までスタメン出場を続けて活躍が出来れば、15本前後のホームランを記録できるペースとなっています。

日本人ホームランのシーズン記録(最多は大谷翔平)

次にシーズン記録に目を向けると、松井秀喜だけが30本塁打超えを達成していましたが、2021年の大谷翔平がオールスター前の時点で30本の大台に到達する驚異のペースでホームランを量産。

現地7/7には松井越えの32号ホームランを放った大谷、ホームラン王のタイトルにはわずか2本差で届かなかったものの、投手として先発登板もこなす二刀流シーズンに46本塁打をマークするなど、強烈なインパクトを残して見事シーズンMVPを受賞しました。

  1. 大谷翔平 46本(537打数、2021年)
  2. 大谷翔平 34本(569打数、2022年)※シーズン途中
  3. 松井秀喜 31本(584打数、2004年)
  4. 松井秀喜 28本(456打数、2009年)
  5. 松井秀喜 25本(547打数、2007年)
  6. 松井秀喜 23本(629打数、2005年)
  7. 大谷翔平 22本(326打数、2018年)
  8. 松井秀喜 21本(482打数、2010年)

 

メジャーリーグでシーズン20本塁打を達成したのは、松井と大谷の二人だけです。

20本未満は、ルーキー城島と井口が2年目に放った18本塁打、ルーキー松井の16本塁打、2005年のイチローとルーキー井口が放った15本塁打と続きます。

 

大谷翔平はトミー・ジョン手術の影響などが心配されましたが、打者専念でないシーズンにメジャーリーグでホームラン王争いを演じるなど、規格外の活躍を見せ続けています。

日本人ホームランの通算記録(最多は松井秀喜)

長くプレーを続けていると増えていくのが通算本塁打数。

日本人バッターはこれまで5シーズン前後でメジャーリーグを去るケースが多く、通算ホームラン数は50本が一つ大きな壁となっています。

  1. 松井秀喜 175本(10シーズン)
  2. 大谷翔平 127本(5シーズン目途中、日本時間2022/9/12時点)
  3. イチロー 117本(18シーズン)
  4. 城島健司 48本(4シーズン)
  5. 井口資仁 44本(4シーズン)
  6. 福留孝介 42本(5シーズン)
  7. 青木宣親 33本(6シーズン)
  8. 松井稼頭央 32本(7シーズン)

 

30本塁打以下の記録は、新庄剛志の20本塁打(3シーズン)、田口壮の19本塁打(8シーズン)、筒香嘉智の16本塁打(2シーズン)、岩村明憲の16本塁打(4シーズン)、鈴木誠也の14本塁打(1シーズン目途中)、川﨑宗則の1本塁打(5シーズン)となっています。

中村紀洋、西岡剛、田中賢介は一本も打てませんでした。

大谷はメジャー挑戦時の年齢が23歳(ルーキーイヤーの7月5日に24歳の誕生日)と若いので、これから先長く二刀流または打者専念で活躍することで、通算ホームラン数は伸びていきそうです。

日本人メジャーリーガー初の通算200号も達成できるかもしれません。

 

余談ですが、アジア人メジャーリーガーに範囲を広げると、通算最多ホームランを記録しているのが韓国の秋信守(チュ・シンス)。

かつては3割・20本塁打・20盗塁を2年連続でマークするなど優秀な中距離バッターとして活躍してきた秋は、16シーズンで通算218ホームランを積み上げてきました。

2021年からはメジャーを去り、母国韓国リーグに移籍しています。

 

記録ではあまり名前が出てきませんでしたが、ファンの間で強く印象に残っているであろう人物といえば、松井稼頭央でしょう。

メジャー挑戦一年目に一番でスタメン出場すると、開幕戦の初球を振り抜き先頭打者ホームラン。

メジャー史上初の開幕戦新人による初打席初球本塁打を記録しましたが、何とその翌年の開幕戦で二年連続となる第一打席ホームラン。

開幕戦の松井稼頭央と春先の福留孝介はメジャーリーグで躍動するなぁと感じたものです。

 

他にも、松井秀喜が本拠地開幕戦で打った満塁ホームラン、イチローがリベラから放った感動的な逆転サヨナラ2ラン、田口壮がリーグチャンピオンシップシリーズで守護神ワグナーから放った決勝ホームランなど、印象深いホームランは数多くあります。松井秀喜のワールドシリーズも捨てがたいです。

大谷翔平や鈴木誠也のバットからも、感動的なアーチが多く飛び出しますように。

 

以上、メジャーリーグ日本人打者のホームラン記録についてでした!