盗塁成功率の通算ランキング|山田哲人、荻野貴司、西川遥輝ら現役選手が上位!

野球の試合で、出塁したランナーが守備側のスキをついて次の塁に進む盗塁。

毎年セ・パ両リーグで盗塁数の最も多い盗塁王が誕生していて、1シーズンあたり30以上もの盗塁を成功させています。

 

今回は、そんな盗塁の数ではなく、盗塁の成功率にスポットを当てて通算の盗塁成功率ランキングを作ってみました。

盗塁成功率とは?何%以上が優秀?

盗塁成功率とは、その名の通り盗塁を成功する確率のこと。

10回盗塁を企画して8回成功すると、成功率は80%(.800)となります。

盗塁成功率 Tips

ピッチャーの牽制に誘い出された場合、進塁方向でアウトになった場合のみ盗塁失敗が記録されます。

帰塁方向でアウトになると、単なる走塁死です。素早い牽制によって一塁上でアウトになった場合も帰塁方向なので、盗塁失敗にはカウントされません。

 

盗塁成功率は、一般的には70%、出来れば75%以上は欲しいと言われていて、80%を超えるとかなり優秀、90%超えは超人レベルです。

なお、成功率70%以上の根拠は、以前知恵袋で説明がありました。

日米ともに7割以上くらいから優秀と言われていますね。

日本のほうの根拠はちょっとわからないのですが、
メジャーではこの根拠として統計データで
無死一塁の得点期待値:0.896点
無死二塁の得点期待値:1.142点
一死無走者の得点期待値:0.272点
というデータがありまして、このデータから、
1.142×[盗塁成功率]+0.272×(1-[盗塁成功率])>0.896
にならないと盗塁を試みる価値がないと言われています。

で、この数字なんですが、
1.142×[盗塁成功率]+0.272×(1-[盗塁成功率])=0.896
となるのが71.7%の時となります。
つまり、72%以上の成功率が残せない限り、盗塁という手段は
意味がないものとなってしまうので、これ以上を残すことが求められています。

ですからメジャーで盗塁のできる(能力があり、監督が盗塁してよいという)選手は
最低でも盗塁成功率72%が求められているようです。

期待値として成功率が72%を下回るなら、盗塁をしない方がランナーの生還率が上がるというメジャーリーグの統計データです。

日本プロ野球に完全に当てはまるとは言い切れませんが、参考データにはなります。

盗塁成功率のシーズン・ランキング(2014年〜)

ここ数年のシーズン盗塁成功率ランキングTOP5をご紹介します。

数が少ないとあまり参考にならないので、少し厳しめに15盗塁以上の選手をピックアップ。

2014年の盗塁成功率ランキング

選手名(チーム名) 成功 失敗 盗塁成功率
荒木雅博(中日) 17 1 .944
柳田悠岐(ソフトバンク) 33 6 .846
梶谷隆幸(DeNA) 39 8 .830
坂本勇人(巨人) 23 5 .821
明石健志(ソフトバンク) 17 4 .810

2015年の盗塁成功率ランキング

選手名(チーム名) 成功 失敗 盗塁成功率
山田哲人(ヤクルト) 34 4 .895
ヘルマン(オリックス) 17 2 .895
岡大海(日本ハム) 18 3 .857
中島卓也(日本ハム) 34 7 .829
西川遥輝(日本ハム) 30 7 .811

2016年の盗塁成功率ランキング

選手名(チーム名) 成功 失敗 盗塁成功率
山田哲人(ヤクルト) 30 2 .938
柳田悠岐(ソフトバンク) 23 2 .920
西川遥輝(日本ハム) 41 5 .891
荻野貴司(ロッテ) 16 2 .889
梶谷隆幸(DeNA) 26 7 .788

2017年の盗塁成功率ランキング

選手名(チーム名) 成功 失敗 盗塁成功率
上本博紀(阪神) 16 1 .941
荻野貴司(ロッテ) 26 3 .897
西川遥輝(日本ハム) 39 5 .886
外崎修汰(西武) 23 3 .885
梶谷隆幸(DeNA) 21 3 .875

2018年の盗塁成功率ランキング

選手名(チーム名) 成功 失敗 盗塁成功率
西川遥輝(日本ハム) 44 3 .936
植田海(阪神) 19 2 .905
山田哲人(ヤクルト) 33 4 .892
糸井嘉男(阪神) 22 3 .880
中島卓也(日本ハム) 29 5 .853

2019年の盗塁成功率ランキング

選手名(チーム名) 成功 失敗 盗塁成功率
山田哲人(ヤクルト) 33 3 .917
増田大輝(巨人) 15 2 .882
周東佑京(ソフトバンク) 25 5 .833
大島洋平(中日) 30 7 .811
金子侑司(西武) 41 10 .804

2020年の盗塁成功率ランキング

選手名(チーム名) 成功 失敗 盗塁成功率
周東佑京(ソフトバンク) 50 6 .893
和田康士朗(ロッテ) 23 3 .885
西川遥輝(日本ハム) 42 7 .857
佐野皓大(オリックス) 20 4 .833
荻野貴司(ロッテ) 19 4 .826

2021年の盗塁成功率ランキング

2021年シーズン、15盗塁以上を記録した選手の成功率ランキング10傑です。

選手名(チーム名) 成功 失敗 盗塁成功率
中野拓夢(阪神) 30 2 .938
和田康士朗(ロッテ) 24 5 .828
塩見泰隆(ヤクルト) 21 5 .808
周東佑京(ソフトバンク) 21 5 .808
近本光司(阪神) 24 7 .774

2022年の盗塁成功率ランキング(2022年6月23日の試合終了時点)

2022年シーズン、まずは5盗塁以上を記録した選手の成功率ランキング上位を更新しています。

選手名(チーム名) 成功 失敗 盗塁成功率
岡林勇希(中日) 8 0 1.000
岡大海(ロッテ) 7 0 1.000
藤原恭大(ロッテ) 6 0 1.000
佐藤輝明(阪神) 5 0 1.000
楠本泰史(DeNA) 5 0 1.000
山﨑剛(楽天) 9 1 .900
塩見泰隆(ヤクルト) 17 2 .895
中村奨吾(ロッテ) 8 1 .889
淺間大基(日本ハム) 8 1 .875
中野拓夢(阪神) 14 2 .875
小深田大翔(楽天) 6 1 .857
愛斗(西武) 6 1 .857
島田海吏(阪神) 6 1 .857

 

毎年、両リーグで1名は90%近く、または90%を超える高い成功率を誇る選手がいます。

盗塁成功率の通算ランキング

通算盗塁成功率ランキングを、150盗塁以上を記録した選手に絞ってまとめています(戦前の記録は除外)。

盗塁成功率の通算10傑+α(2022年6月23日の試合終了時点)

150盗塁以上成功している選手限定で、太字は現役。

選手名(チーム名) 成功 失敗 盗塁成功率
イチロー(オリックス) 199 33 .8578
山田哲人(ヤクルト) 188 33 .8507
西川遥輝(楽天)
324 63 .8372
鈴木尚広(巨人) 228 47 .8291
広瀬叔功(南海) 596 123 .8289
荻野貴司(ロッテ) 247 52 .8261
呉昌征(巨人ほか) 381 81 .8247
松井稼頭央(西武ほか) 363 80 .8194
赤星憲広(阪神) 381 88 .8124
柳田悠岐(ソフトバンク) 156 37 .8083
木塚忠助(南海ほか) 479 114 .8078
中島卓也(日本ハム) 186 45 .8052

現役引退が近づくと盗塁成功率も下降線を辿るであろうことを考慮しても、山田哲人・西川遥輝・荻野貴司の成功率の高さは目を見張ります。

メジャーリーグでも盗塁王を獲得、球界屈指の盗塁成功率を誇るイチローの日本時代(18歳〜27歳)に匹敵する(荻野は歴代6位相当の)数値は圧巻です(なお、イチローはメジャー通算盗塁成功率も.813とハイレベル)。

 

山田哲人は2019年の交流戦で盗塁を成功させて、通算150盗塁に到達しました。チームが16連敗するなど苦しい時期もありましたが、相変わらず抜群の成功率で盗塁を決め続けています。

柳田悠岐も2020年9月に通算150盗塁を達成。意味不明なホームランが注目されがちですが、抜群の選球眼で高い出塁率を誇り、盗塁成功率まで8割超えを記録している5ツールプレーヤーです。

現役選手ランキング(2022年6月23日の試合終了時点)

選手名(チーム名) 成功 失敗 盗塁成功率
岡大海(ロッテ) 84 14 .8571
周東佑京(ソフトバンク) 101 17 .8559
塩見泰隆(ヤクルト) 55 10 .846
和田康士朗(ロッテ) 55 11 .833
植田海(阪神) 52 11 .825
福田秀平(ロッテ) 83 20 .806
佐野皓大(オリックス) 45 12 .7895
外崎修汰(西武) 121 33 .7857
糸井嘉男(阪神) 300 86 .777
坂本勇人(巨人) 160 48 .769
近本光司(阪神) 104 33 .7591
源田壮亮(西武) 148 48 .7551
青木宣親(ヤクルト) 172 59 .7446
増田大輝(巨人) 49 17 .7424
金子侑司(西武) 221 86 .720

周東佑京、和田康士朗、岡大海、塩見泰隆など通算で80%を超える選手が複数名いて、糸井、坂本らも77%程度と高い水準で盗塁を成功させています。

 

これらの選手については今後の活躍と、通算盗塁成功率の推移にも注目したいと思います!

以上、通算の盗塁成功率ランキングでした!