【メキシコ・オープン2021】アカプルコのドロー・結果、放送日程、賞金・ポイント|マクラクラン勉ダブルス出場

メキシコ・オープン2021(アビエルト・メキシコ・テルセル/アカプルコ)の試合日程、放送、出場選手、ドロー(トーナメント表)や賞金・ポイント、過去優勝者などをまとめています。

日本人選手はマクラクラン勉がクラーセンとのペアでダブルス出場予定。

メキシコ・オープンの最新ニュース・SNS情報

2021年開催のメキシコオープンについて、最新ニュースやSNS情報を更新中です。

アルカラス出場(2021/3/13)
期待の新星カルロス・アルカラス(17歳・スペイン)がワイルドカードでメインドロー入りです。

メキシコ・オープン2021|アカプルコ・ATP500

メキシコオープン2021(アカプルコ)の大会まとめ一覧表です。

大会名 Abierto Mexicano Telcel presentado por HSBC
(アビエルト・メキシコ・テルセル)
メキシコオープン 公式サイト
開催地 メキシコ/アカプルコ
会場 Princess Mundo Imperial
(プリンセス・ムンド・インペリアル)
日程 3/15(月)〜3/20(土)
日本との時差 日本が15時間進んでいる
賞金総額 105万3560ドル
放送 TENNIS TV
ライスト
ドロー数 シングルス 32ドロー(本戦・予選)
ダブルス 16ドロー
前回優勝者 シングルス:ラファエル・ナダル
ダブルス:Kubot/メロ
サーフェス ハードコート(屋外)

メキシコオープンはATP500カテゴリーに属する大会で、以前は場所がメキシコシティだったりサーフェスがクレーコートだったりしましたが現在はアカプルコのハードコートで開催されています。

ATP500シリーズの「年間最優秀トーナメント(the best tournament of the year)」を2007年・2017年・2019年の3度受賞するなど、選手からの人気が高い大会です。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、2021年大会は3月に日程変更となっています(通常シーズンでは2月末頃)。

シングルスの試合日程

メキシコオープン(2021年)は、予選も含めると3/13(土)〜3/20(土)の日程で開催されます。

メキシコオープン(2021年)の試合スケジュールはこちら(シングルスのみ抜粋)

メキシコオープン(2021年) 男子シングルスの日程
3/13() 予選
3/14() 予選
3/15(月) 予選・1回戦
3/16(火) 1回戦・2回戦
3/17(水) 2回戦
3/18(木) 準々決勝
3/19(金) 準決勝
3/20() 決勝

※上表は暫定スケジュールのため、開催日程が変更される場合があります。

OOP(試合スケジュール、コート予定)

ATP公式の大会ページにて、当日の試合スケジュールが確認できます。

時差 早見表
アカプルコ 10:30
am
12:00
noon
2:30
pm
6:00
pm
10:00
pm
日本 翌1:30 翌3:00 翌5:30 翌9:00 翌13:00

2021年大会の賞金・ポイント

メキシコオープン(2021年)の賞金総額は$1,053,560(およそ1150万円)。

出場料等も含めた大会トータル・フィナンシャル・コミットメントは$1,204,960(およそ1320万円)です。

メキシコオープンはATP500の大会なので、優勝すると500ポイント獲得です。

ラウンド ポイント 賞金
優勝 500 $88,940
(約970万円)
準優勝 300 $65,760
(約720万円)
準決勝
(ベスト4)
180 $46,830
(約510万円)
準々決勝
(ベスト8)
90 $31,880
(約350万円)
2回戦 45 $19,925
(約220万円)
1回戦 0 $11,460
(約125万円)

放送予定(テレビ放送・ネット配信)

テレビ放送

メキシコオープン2021はテレビ放送(地上波の民放、BS放送、CS放送)がありません。

WOWOW(ネット配信)

錦織圭が出場しませんが、WOWOWオンデマンド配信スケジュールに入っています。

日本語による実況・解説はありませんが、試合映像(少なくともセンターコート)は視聴可能です。

WOWOWオンデマンドはWOWOW会員なら無料で利用可。

また、WOWOWは再加入であっても加入月は視聴料が無料です。

WOWOW(公式サイト)

TENNIS TV(ネット配信)

TENNIS TV(テニス・ティーヴィー)ではメキシコオープン(2021年)の20試合が配信予定になっています(本戦開幕前は20試合となっていますが、実際にはより多くの試合がライブ配信されることも多々あり)。

2021年はATP500のダブルスの試合映像も多く配信されています。

登録方法は別記事で解説していますので参考にしてください。

ライスト

テニスファン御用達の海外ライブ・ストリーム(通称ライスト)でもアカプルコの試合観戦が楽しめます。

おすすめのライストと試合映像の探し方はこちら。

(参考)各テレビ局・VODサービスにおける男子プロテニス中継

男子プロテニス協会(ATP:Association of Tennis Professionals)が開催するATPツアーには、3つのカテゴリーがあります(下部ツアーのチャレンジャー、フューチャーズを除く)。

  • ATPマスターズ1000(ATP Tour Masters 1000)
  • ATP500(ATP World Tour 500 series)
  • ATP250(ATP World Tour 250 series)

上記に国際テニス連盟(ITF: International Tennis Federation)公認のテニス4大大会(Grand Slam:グランドスラム)を合わせた4カテゴリーの大会に、男子プロテニスプレーヤーは参戦します。

日本でのテレビ放送・ネット配信の中継情報は以下の通り(2021年情報)。

主要テレビ局のテレビ放送状況一覧

チャンネル 料金 グランドスラム ATPマスターズ1000 ATP500 ATP250
NHK 総合
NHK Eテレ
無料 全豪OP
ウィンブルドン
× × ×
日テレ × ×
tv asahi ×
TBSテレビ ×
テレビ東京 全仏OP ×
フジテレビ × ×
NHK・BS1
BS日テレ ×
BS朝日
BS-TBS ×
BSテレ東
BSフジ
WOWOW 2,530円 × × ×
GAORA 1,374円〜※1 × ※2

※1 GAORAの料金はスカパー!基本料金込み。
※2 錦織圭がトーナメント上位進出時に緊急番組編成の実績有り。

WOWOWはテレビ放送こそグランドスラムのみですが、ネット会員が無料利用できるオンデマンドにてATPツアー各大会の試合配信があります。

グランドスラムのうち、全米オープンテニス以外の3大会は、衛星放送(BS・CS放送)が映らなくても地上波の民法キー局にて視聴可能です(全米はWOWOW加入が必須)。

NHK・BS1、BS朝日のATPツアー放送は、2021年に入って減少・終了しています。

主要VODサービスの配信状況一覧

テレビ局
チャンネル
料金 グランドスラム ATPマスターズ1000 ATP500 ATP250
WOWOW※1 2,530円
GAORA※2 1,374円〜※3 × × ×
Paravi 1,017円※4 × × ×
TENNIS TV 1,067円〜※5
DAZN 1,925円 × × ×
プライムビデオ 408円〜※6 × × ×
ABEMA 960円※7 × × × ×

※1 正式名称「WOWOWメンバーズオンデマンド or WOWOWオンデマンド」
※2 正式名称「GAORA SPORTS Live&オンデマンド」
※3 GAORAの料金はスカパー!基本料金込み。
※4 ParaviベーシックプランにiTunes Store決済で契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)。
※5 TENNIS TVの料金は年契約(12,800円税込)を12ヶ月で割り算した月額。
※6 Amazonプライムビデオの年間プランは4900円/年(月間プラン500円/月)。学生は6ヶ月無料体験+会員費半額(250円/月)の特典アリ。
※7 ABEMAプレミアムの月額費用が960円税込で、ABEMA通常会員は無料で利用可能。

GAORAは2021年シーズンはATP500・ATP250とも放送対象外。

WOWOWオンデマンドは、錦織圭が出場する試合を中心にATP500、ATP250を配信リストに入れています(錦織不参加の大会は準々決勝以降のみ配信することも)。

DAZNは女子プロテニスのツアー各大会をインターネット配信で生中継、ABEMAは毎年ATPカップを、プライムビデオはレーバーカップ関連の映像を配信しています(Paraviは2019年シーズンにATPツアーをネット配信)。

有料放送やVODサービスは月額費用が発生しますが、大半のサービスで無料体験(トライアル)が用意されているので初心者にも安心となっています。

メキシコ・オープン2021の結果

第2シード・ズベレフが第1シード・チチパスに勝利して優勝、ツアー14勝目を挙げました。

ステファノス・チチパス(1) 4 63
アレクサンダー・ズベレフ(2) 6 77

ドロー(トーナメント表)・出場選手エントリーリスト

男子シングルスのドローは、32選手(ランキング上位23名+ワイルドカード3名+予選勝者4名+SE1名)によるトーナメントです。

ドローの表記について
選手名の左の数字はシード順で、シード位置はグレー背景です。
トーナメント開始後は、赤い名前欄の選手が勝ち上がっています。

ドローの表記
(Q)=予選勝者
(WC)=ワイルドカード(主催者推薦枠)
(LL)=ラッキールーザー(予選敗退したが欠場者が出て代わりに本戦入りの選手)
(SE)=スペシャルイグザンプト(前週大会で準決勝以上で予選と日程が被った選手)
(PR)=プロテクトランキング(ケガにより6ヶ月以上戦列を離れた選手に対するATPツアーの救済処置用ランキングを使用して出場)-

出場選手、シード(男子シングルス エントリー状況)

本戦エントリー選手一覧

Direct Acceptance(本戦ストレートイン)

シード 選手名 シード用順位 エントリー順位
1 Stefanos Tsitsipas 5 6
2 Alexander Zverev 7 7
3 Diego Schwartzman 9 9
4 Milos Raonic 15 14
5 Grigor Dimitrov 17 21
6 Fabio Fognini 18 17
7 Felix Auger-Aliassime 19 19
8 Casper Ruud 25 28
John Isner 26 24
Benoit Paire 29 29
Adrian Mannarino 36 36
Miomir Kecmanovic 38 41
Marin Cilic 43 43
Tommy Paul 51 53
Laslo Djere 57 56
Tennys Sandgren 58 51
Feliciano Lopez 61 65
Cameron Norrie 63 69
Frances Tiafoe 64 64
Stefano Travaglia 65 60
Dominik Koepfer 71 70
Salvatore Caruso 79 78
Steve Johnson 83 77
Kevin Anderson 88 14 (PR)
(WC) Sebastian Korda 92
(SE) Daniel Elahi Galan 121
(WC) Carlos Alcaraz 132
(WC) Gerardo Lopez Villasenor 561
(Q)
(Q)
(Q)
(Q)

シングルス予選のドロー・結果

シングルス予選のドロー・結果を開く

ダブルスのドロー

ダブルスのメインドローを開く
(参考)男子シングルス ランキングTOP100+日本人選手
順位 選手名 ポイント 変動
1 ノバク・ジョコビッチ
Novak Djokovic
11663 0
2 ダニール・メドベージェフ
Daniil Medvedev
10575 0
3 ステファノス・チチパス
Stefanos Tsitsipas
8175 0
4 アレクサンダー・ズベレフ
Alexander Zverev
7603 0
5 アンドレイ・ルブレフ
Andrey Rublev
6130 0
6 ラファエル・ナダル
Rafael Nadal
5815 0
7 マッテオ・ベレッティーニ
Matteo Berrettini
5173 0
8 ドミニク・ティーム
Dominic Thiem
4495 0
9 ロジャー・フェデラー
Roger Federer
3765 0
10 キャスパー・ルード
Casper Ruud
3615 0
11 フェリックス・オジェ=アリアシム
Felix Auger-Aliassime
3368 0
12 フベルト・フルカチュ
Hubert Hurkacz
3333 0
13 デニス・シャポバロフ
Denis Shapovalov
3265 0
14 ヤニック・シナー
Jannik Sinner
2895 0
15 ディエゴ・シュワルツマン
Diego Schwartzman
2800 0
16 パブロ・カレーニョブスタ
Pablo Carreno Busta
2550 0
17 クリスチャン・ガリン
Cristian Garin
2510 0
18 ガエル・モンフィス
Gael Monfils
2418 ↑2
19 ロベルト・バウティスタアグー
Roberto Bautista Agut
2360 ↓1
20 ライリー・オペルカ
Reilly Opelka
2161 ↓1
21 ロレンツォ・ソネゴ
Lorenzo Sonego
2122 ↑2
22 ダニエル・エバンズ
Daniel Evans
2122 0
23 ジョン・イズナー
John Isner
2091 ↓2
24 アスラン・カラツェフ
Aslan Karatsev
2085 0
25 ユーゴ・アンベール
Ugo Humbert
2045 0
26 キャメロン・ノリー
Cameron Norrie
2015 ↑2
27 アレックス・デミノー
Alex de Minaur
1956 ↓1
28 グリゴール・ディミトロフ
Grigor Dimitrov
1881 ↑1
29 カレン・ハチャノフ
Karen Khachanov
1830 ↓2
30 ファビオ・フォニーニ
Fabio Fognini
1664 ↑1
31 ロイド・ハリス
Lloyd Harris
1652 ↑1
32 ミロシュ・ラオニッチ
Milos Raonic
1649 ↑1
33 ダビド・ゴファン
David Goffin
1596 ↓3
34 フィリップ・クライノビッチ
Filip Krajinovic
1589 ↑3
35 ドゥサン・ラヨビッチ
Dusan Lajovic
1565 0
36 ニコラス・バシラシビリ
Nikoloz Basilashvili
1556 ↓2
37 アレクサンダー・ブブリク
Alexander Bublik
1528 ↓1
38 カルロス・アルカラス
Carlos Alcaraz
1499 0
39 テイラー・フリッツ
Taylor Fritz
1495 0
40 セバスチャン・コルダ
Sebastian Korda
1469 ↑2
41 マリン・チリッチ
Marin Cilic
1468 ↓1
42 マートン・フチョビッチ
Marton Fucsovics
1459 ↓1
43 アレハンドロ・ダビドビッチフォキナ
Alejandro Davidovich Fokina
1420 0
44 フェデリコ・デルボニス
Federico Delbonis
1420 0
45 イリヤ・イバシカ
Ilya Ivashka
1370 0
46 スタン・バブリンカ
Stan Wawrinka
1355 0
47 ラスロ・ジェレ
Laslo Djere
1342 0
48 アルベルト・ラモス=ビニョラス
Albert Ramos-Vinolas
1324 0
49 ブノワ・ペール
Benoit Paire
1295 0
50 ボルナ・チョリッチ
Borna Coric
1279 0
51 フランシス・ティアフォー
Frances Tiafoe
1242 0
52 錦織圭
Kei Nishikori
1208 0
53 ヤン=レナード・ストルフ
Jan-Lennard Struff
1208 0
54 ジェームズ・ダックワース
James Duckworth
1142 ↑2
55 クォン・スンウー
Soonwoo Kwon
1117 ↑2
56 マルコス・ギロン
Marcos Giron
1077 ↑11
57 マッケンジー・マクドナルド
Mackenzie McDonald
1070 ↑1
58 アドリアン・マナリノ
Adrian Mannarino
1067 ↓4
59 ペドロ・マルティネス
Pedro Martinez
1054 0
60 トミー・ポール
Tommy Paul
1033 0
61 ロレンツォ・ムゼッティ
Lorenzo Musetti
1028 0
62 ミオミル・ケツマノビッチ
Miomir Kecmanovic
1025 0
63 バンジャマン・ボンジ
Benjamin Bonzi
1022 ↑1
64 ドミニク・コプファー
Dominik Koepfer
1015 ↑2
65 ボティック・ファン デ ザンツフープ
Botic van de Zandschulp
1013 0
66 フェデリコ・コリア
Federico Coria
1010 ↓3
67 ケビン・アンダーソン
Kevin Anderson
989 ↑2
68 ジャウメ・ムナール
Jaume Munar
966 ↑2
69 アレクセイ・ポピリン
Alexei Popyrin
965 ↑3
70 アルトゥール・リンデルネック
Anthur Rinderknech
965 ↑4
71 ジャンルカ・マジェル
Gianluca Mager
955 ↑7
72 ファクンド・バグニス
Facundo Bagnis
952 ↑4
73 西岡良仁
Yoshihito Nishioka
946 ↓2
74 ジョーダン・トンプソン
Jordan Thompson
930 ↑1
75 ジェレミー・シャルディ
Jeremy Chardy
924 ↓2
76 ジェンソン・ブルックスビー
Jenson Brooksby
922 ↑3
77 ギド・ペラ
Guido Pella
914 ↑3
78 マルコ・チェッキナート
Marco Cecchinato
896 ↑4
79 ブランドン・ナカシマ
Brandon Nakashima
895 ↑4
80 イリ・ベセリ
Jiri Vesely
885 ↑6
81 ロベルト・カルバレスバエナ
Roberto Carballes Baena
877 ↑7
82 スティーブ・ジョンソン
Steve Johnson
876 ↑2
83 コランタン・ムーテ
Corentin Moutet
858 ↑8
84 ミカエル・イーメル
Mikael Ymer
855 ↑1
85 バセック・ポスピシル
Vasek Pospisil
855 ↓17
86 サム・クエリー
Sam Querrey
853 ↓9
87 ペーター・ゴヨブチック
Peter Gojowczyk
852 0
88 リシャール・ガスケ
Richard Gasquet
841 ↓7
89 ステファノ・トラバリア
Stefano Travaglia
841 ↑8
90 ジョン・ミルマン
John Millman
838 ↓35
91 エミール・ルーズブオリ
Emil Ruusuvuori
836 ↓2
92 チアゴ・モンテイロ
Thiago Monteiro
834 ↓2
93 アンドレアス・セッピ
Andreas Seppi
809 ↑2
94 アルヤズ・ベデネ
Aljaz Bedene
807 ↓1
95 デニス・クドラ
Denis Kudla
807 ↓1
96 パブロ・アンドゥハル
Pablo Andujar
805 ↓4
97 ニック・キリオス
Nick Kyrgios
798 ↓1
98 ヘンリー・ラクソネン
Henri Laaksonen
798 ↑20
99 パブロ・クエバス
Pablo Cuevas
770 ↓1
100 ピエール=ユーグ・エルベール
Pierre-Hugues Herbert
763 0
100 ジョン・ミルマン
John Millman
1145 ↓2
99 ジル・シモン
Gilles Simon
764 0
100 ピエール=ユーグ・エルベール
Pierre-Hugues Herbert
763 0
123 ダニエル太郎
Taro Daniel
649 ↓12
131 杉田祐一
Yuichi Sugita
573 ↑1
146 内山靖崇
Yasutaka Uchiyama
512 ↓19

メキシコ・オープン2021の結果・スコア詳細ドロー

メキシコ・オープン(アカプルコ)歴代優勝者

メキシコオープンの男子シングルスで優勝・準優勝した選手の一覧です。

優勝 準優勝
2020 ラファエル・ナダル テイラー・フリッツ
2019 ニック・キリオス アレクサンダー・ズベレフ
2018 フアン・マルティン・デルポトロ ケビン・アンダーソン
2017 サム・クエリー ラファエル・ナダル
2016 ドミニク・ティーム バーナード・トミック
2015 ダビド・フェレール 錦織圭
2014 グリゴール・ディミトロフ ケビン・アンダーソン
2013 ラファエル・ナダル ダビド・フェレール
2012 ダビド・フェレール フェルナンド・ベルダスコ
2011 ダビド・フェレール ニコラス・アルマグロ

最多優勝はトーマス・ムスターとダビド・フェレールの4回。

フェレールとナダルは、コートサーフェスが変わる前後で優勝しています(クレーでもハードでも大会制覇)。

 

ちなみに、ナダルは第8シード(当時39位)で出場した2005年大会で初出場・初優勝。

18歳の若さでしたが、トーナメントの6試合は全てストレート勝利。

さらに決勝のスコアは6-1 6-0と圧巻の内容で、当時から既にクレーでの強さは際立っていました(その年の全仏オープンで初出場・初優勝も達成します)。

2021年 アカプルコ以降のATPツアー大会日程

アカプルコはドバイと同週。翌週からは2021年シーズン最初のATPマスターズ1000「マイアミ・オープン」が開幕します。

11 3/13
(土)
アカプルコ アビエルトメキシコテルセル
(メキシコオープン)
ハード ATP
500
3/13
(土)
ドバイ ドバイデューティーフリーテニス選手権 ハード ATP
500
12 3/22
(月)
マイアミ マイアミオープン ハード Masters
1000
13

 

以上、メキシコオープン2021(アカプルコ)の大会情報まとめでした!

Twitterのフォローもお願いします!