LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ

Macで急にキーボードの「かな入力」ができない(スペースになる)のを直す方法

    2016/11/19

kana-key

仕事柄、自宅でも職場でもMacを利用しているのですが、
急に発生する「かな」キーがスペース扱いになって日本語が打てなくなる現象。

昔からたまになる現象ではあったんですが、「command(⌘)+スペースキー」で直ると思っていたら、一向に直らずスペースが増えていくだけ…。

どうやらMac OS X Yosemite(バージョン10.10)以降でよくあるようです。

備忘録も兼ねてまとめてみました。順に試せばきっと直るはずです!

スポンサーリンク

1.ことえりが無効になっていないかチェック

「システム環境設定 / キーボード」「入力ソース」タブを見にいきます。

hiragana

「入力モード:」「ひらがな」にチェックが入っていれば問題ナシです。
画像のようにグレーアウトになっていても問題ナシです。

直らなければ次へいきましょう!

 

2.変換学習をリセットで様子を見る

同じ画面で、一番下までスクロールすると「変換学習:」が出てきます。

hiragana-henkan

ここの「リセット」ボタンを押して様子を見ます。

変換学習はPC内で漢字変換したデータを全て記憶している優れもの機能なのですが、そのデータが悪さをして日本語入力ができなくなる事もあるようです。

 

3.「日本語入力プログラム」を再起動

アクティビティモニタを見に行って、「日本語入力プログラム」を再起動させます。

「アプリケーション / ユーティリティ」内にある「アクティビティモニタ」を起動します。

すると、現在PC内で起動されているプログラム一覧が表示されます。

activity

その中から「日本語入力プログラム」を見つけて、選んだ状態で左上の「×」ボタンをクリックします。
『このプロセスを終了してもよろしいですか?』と聞かれるので、「終了」ボタンを押して一旦終了します。

数秒ほどですぐに日本語入力プログラムが再度立ち上がるので、立ち上がったのが確認できたら日本語入力ができるかチェックしてください。

 

4.「command(⌘)+shift+J」で平仮名入力モードに

あまり詳しくは分からないんですが、「command(⌘)+shift+J」と打ってから日本語入力を試すと直る場合があるようです。

Chromeでこのショートカットキーを打つと、ダウンロードページが表示されるだけなので、該当アプリケーションは限定されるかもしれません。

 

上記の1〜4を全て試しても直らない場合は…奥の手「再起動」です。

(既に3の時点で再起動をしてはいますが…。)

 

5.かな入力をしたいアプリケーションを再起動

「左上のアップルマーク / 再起動」へ行く前に…ちょっと待った!

例えば、テキストエディットで日本語入力ができなくなっていても、他のアプリケーション内ならできる事が結構あります。

なので、現在かな入力ができないアプリケーションだけを再起動してください。

体験談としては、これで直る事が最も多い気がします。

 

6.Mac自体を再起動

ここまで色々やっても解決しなければ…もう言われなくてもPCを再起動しますよね(笑)

それでも直らない場合は(ないと思いますが)
現在お使いの文字入力を変更することを激しくオススメします!

 

文字入力を「Google日本語入力」にしてしまえばスッキリ解決?します

Mac版もしっかり用意されているので、安心して使えます。

Google日本語入力のダウンロードはこちら

設定やカスタマイズについては、色々と親切な記事がありますので調べてみてください!

 

Googleよりも絶対ATOK!の方はこちら

 - Mac