Macで「かな入力」ができない(スペースになる)のを直す方法

Mac使用中に急に発生する、キーボードの「かな」キーがスペース扱いになって日本語入力が出来なくなる現象に悩まされていませんか?

昔からMacで見かけるバグですが、「command(⌘)+スペースキー」で直ると思っていたら一向に直らずスペースが増えていくだけ...。

 

このバグはMac OS X Yosemite(バージョン10.10)以降でよく発生しているようなので、備忘録も兼ねてまとめました。

キーボードの「かな」キーが、順に試せばきっと直るはずです!

①ことえりが無効になっていないかチェック

「アプリケーション / システム環境設定」内にある「キーボード」を起動して、

上部タブから「入力ソース」を見にいきます。

hiragana

「入力モード:」「ひらがな」にチェックが入っていればOKです(画像のようにグレーアウトになっていてもチェックが入っていれば問題ありません)。

変更しても直らなければ次の方法へ移りましょう!

入力モード:ひらがなにチェック無しでグレーアウトの場合

上画面で「ひらがな」にチェックが入っていない状態なのにグレーアウトで変更できない場合、「com.apple.HIToolbox.plist」というファイルを削除すると変更できるようになります。

Finder「移動」メニューから「フォルダへ移動…」を選択します(キーボードショートカットは「command(⌘)+shift+G」)。

「フォルダの場所を入力:」とダイアログで出るので、『/Library/Preferences』と打って「移動」ボタンをクリックしてください。

ファイル一覧から「com.apple.HIToolbox.plist」を削除すればグレーアウトが直ります(消したファイルは自動的に作成されるのでご安心ください)。

②変換学習をリセット

同じ画面内を下にスクロールすると「変換学習:」が出てきます。

hiragana-henkan

「リセット」ボタンを押して様子を見てください。

変換学習はMac内で漢字変換したデータを記憶している便利機能ですが、変換データが原因で日本語入力できないケースもあるようです。

 

③日本語入力プログラムを再起動

アクティビティモニタを見に行き「日本語入力プログラム」を再起動させます。

「アプリケーション / ユーティリティ」内にある「アクティビティモニタ」を起動します。

Macで現在起動されているプログラム一覧が次のように表示されます。

activity

「日本語入力プログラム」を見つけ出して、選んだ状態で左上の「×」ボタンをクリックします。

『このプロセスを終了してもよろしいですか?』と聞かれるので「終了」ボタンを押して一旦終了しましょう。

 

数秒程で自動的に立ち上がるので、その後、かな入力ができるか試してみてください。

④「command(⌘)+shift+J」でかな入力モードに

詳しくは分かりませんが、キーボードショートカットで「command(⌘)+shift+J」と打ってから、かな入力を試すと日本語変換が直っている場合があります。

Chromeで上のショートカットを打つとダウンロードページ表示になるだけなので、該当アプリケーションは限定されるかもしれませんが...。

 

上記①〜④を試しても直らない場合は...奥の手「再起動」です(既に③で再起動しましたが)。

 

⑤かな入力したいアプリケーションを再起動

「左上のアップルマーク / 再起動」へ行く前に...。

 

例えば、かな入力できない状態がテキストエディット内で続いていても、他のソフトでは可能なケースが結構あります。

なので、かな入力できないアプリケーションだけを再起動してください。

Macユーザーの体験談としては、これで直る事が最も多い気がします。

 

⑥Macを再起動

ここまで試しても解決しなければ...もう言われなくてもMacを再起動しますよね。笑

(無いと思いますが)まだキーボードの「かな」がおかしい場合、日本語変換方法の変更も検討の余地がありそうです。

 

日本語変換を「Google日本語入力」にするとスッキリ解決?

Google日本語入力はグーグルが開発した日本語入力システム(IME)。

Mac版も用意されているので安心してインストール頂けるソフトです。

Google日本語入力のダウンロードはこちら

設定やカスタマイズについては親切な記事が沢山あるので、ネット検索で調べてみてください。

 

キーボードの「かな」キーは無事正常に戻りましたでしょうか?

以上、Macで「かな入力」ができない(スペースになる)のを直す方法でした!