テニス解説などで、たびたび登場するプレースメント(プレイスメント)という言葉。

「最高のプレースメント」「プレースメント重視」といった使われ方をする、テニス用語の1つです。

 

今回は、テニスのプレースメントについて、簡単にまとめています。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

プレースメントとは、ざっくり言うと「コントロール」のこと!

プレースメントとは、ボールをどの場所に配球するかを表す言葉です。

英語ではPlacementで、主に「配置」を意味する単語ですが、各種辞書で調べると次のような意味が出てきます。

〔テニス〕プレースメント ((相手がとりにくい場所へのショット)).

【テニス】 プレースメント 《相手が取りにくい,または取れない場所へのショット》.

〔テニスやサッカーなどの〕正確な[狙い通りの]ショット[打球]、プレースメント

狙ったところにコントロールする、スピードではなくコースを意識してショットを打つ際に、プレースメントという言葉が出てきます。

プレースメント重視というと、打球のスピードよりもコースを重視することです。

 

つまり、ざっくり言うと「プレースメント=コントロール」ということになります。

 

プレースメントの精度が最も求められるのはサーブ(サービス)

さて、テニスにおいてプレースメントが重視される場面に、自身のサーブ(サービス)が挙げられます。

テニスは基本的に対戦相手と打球を打ち合うスポーツですが、自分のリズムで自由に打てる数少ないシーンの1つがサーブです(あまりに時間をかけすぎるとダメですが)。

トスを上げる位置も自由なら、サーブを打つコース(プレースメント)も自由です。

 

上で引用した内容の通り、プレースメントと言うと「単なる良いコース」ではなく「相手が取りづらい(相手にとって嫌な)コース」の意味が含まれているように感じます。

サーブで言うなら、センターライン上へのフラットサーブなどももちろん含まれますが、浅い位置でバウンドしてワイドへ切れていくスライスサーブの方が「最高のプレースメント」と言うに相応しいサーブです。

スローモーションですが、ミロシュ・ラオニッチのスライスサーブです。

素晴らしいプレースメントなので、ノバク・ジョコビッチは触ることができずエースになりました。

 

イメージとしては、スピードはそこまで出ていないけれど、触れない or ミスをしてしまうような打球が、プレースメントの良いショットの代表格ということになります。

 

テニスは紳士のスポーツと言うけれど...

紳士のスポーツと言われるテニスですが、相手の嫌がる、取りにくい打球を多く打てるプレーヤーが、強くて勝てるプレーヤーです。

ラケットの性能が上がったこともあって、サーブでもストロークでもスピードが速いだけだと簡単に返球されてしまいます。

そこで大事になってくるのが、プレースメントというわけです。

 

実際には、単にどの場所へ打つかよりも、どんな球種で、どんなタイミングで、どこに打って、打った後にどう動くか(どこに返ってくるか予測する)まで、瞬時に考えながらコート上でプレーしています。

サーブを打つ時でも、レシーバーの立ち位置、これまでの試合の中での配球分布(もちろん正確ではないでしょうが)、サーブ後の組み立てなど、頭をフル回転させながらのプレーです。

 

相手がいないところにひたすら打っていれば勝てそうなのに、そう一筋縄ではいかないのがテニスの面白くて奥が深いところ。

無数のかけ引きがコート上で繰り広げられています。

観戦される際には、ぜひ打球のプレースメントにも注目してみてください。

 

以上、テニスのプレースメントについてでした!

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ