LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ

もう「萩」と「荻」を混同しない!とっておきの覚え方3選

    2016/11/19

haginotsuki

ずっと同じ漢字で「はぎ」と読んだり「おぎ」と読んだりするものだと思っていました。

そんな方はきっと僕だけではないはず…。

 

さて、「はぎ」と「おぎ」それぞれ違う漢字だと知っても、上のたけかんむりと右下の火は共通。

つまり「のぎへんなのか」「けものへんなのか」以外に差がありません!

 

今回は、「いつも迷ってしまう、そっくり過ぎて紛らわしいと思う漢字」ランキング(マイナビウーマン2014年調査)で見事1位に輝いた、「萩」と「荻」の違いについてまとめました。

 

まずはそれぞれの漢字が意味するものについて見てみましょう。

スポンサーリンク

「萩」=「はぎ」、秋の七草に入っている植物です。

hagi

ハギとは植物の名前で、秋の七草(山上憶良が万葉集でうたっていたものが現在まで伝えられています)に含まれています。

秋の七草とは、萩(ハギ)・薄(ススキ)・桔梗(キキョウ)・撫子(ナデシコ)・葛(クズ)・藤袴(フジバカマ)・女郎花(オミナエシ)の7種です。

春の七草は七草粥に入れて食べますが、秋の七草は食用ではないので観賞用です(笑)

 

ちなみに、秋のお彼岸にお供えものとして使われる「おはぎ」は漢字で「御萩」と書きます。植物のハギがその名の由来のようです。

 

秋の花の代表格であるハギなので、くさかんむりに秋で「萩」です。

 

「荻」=「おぎ」、ススキによく似た植物です。

ogi

オギもハギと同じく植物の名前で、見た目がススキに似ています。

 

ススキといえば、前述の通り秋の七草に含まれている秋を代表する植物です。

オギも秋の植物なので、くさかんむりに秋としたいところですが漢字は「荻」です。

 

 

ハギとオギ、それぞれの植物について触れましたが余計にややこしくなってしまいました…。

 

気をとりなおして、由来や意味はどうであれ「覚えてしまえば勝ち」なので、覚え方をご紹介します!(強引)

3つ挙げますが、どれも「萩」の「秋」に注目する見分け方です。

 

1. 「はぎ」は「秋(あき)」と同じ口の形で発声できる

hagi-mouse

萩(はぎ)には「秋」という漢字が含まれています。

「あき」と発音する時の口の動きのままで、「はぎ」とは簡単に言えますが、「おぎ」と言うのは中々困難です。

つまり、「秋」が目に入ったらその口の形で発音しやすい「はぎ」だと判別できるというわけです。

 

2. 水泳・萩野(はぎの)の誕生日は旧暦の秋

hagino

リオ五輪・男子競泳400m個人メドレーで日本記録を更新し、日本人初の金メダルを獲得した萩野 公介選手。

萩野の誕生日は8月15日で、旧暦でいうと秋にあたります。

つまり、「秋」が目に入ったら旧暦の秋が誕生日の「はぎの」選手を思い出して「はぎ」だと判別できるというわけです。

無理矢理感が満載になってきました!

 

3. ロッテ・荻野は秋にいない→秋がないのが「おぎ」

ogino

千葉ロッテマリーンズには荻野選手が2人いますが(荻野 貴司・荻野忠寛)、そのうち荻野 貴司選手に注目します。

荻野といえば、プロ野球史上唯一の「初回先頭打者初球ランニングホームラン」という離れ業を達成(2014年5月6日オリックス戦)したり、ルーキーイヤーには46試合で25盗塁という驚異的なペースで盗塁を量産して新人王候補に挙げられたりと走攻守三拍子揃った外野手ですが、怪我が多いことで有名です。

事実、荻野は気温の上昇とともにいつの間にか怪我をして離脱し、復帰が翌年になるパターンが多くあります。

2013年は100試合以上出場してはじめて秋まで残ったかと思いきや、シーズン終了間際に肉離れを起こしクライマックスシリーズを前に離脱となりました。

つまり、荻野は秋には離脱していなくなっているので、漢字に秋がない方が「おぎ」だと判別できます。

 

 

以上、漢字の「萩」と「荻」の区別法でした。

なんにせよパッと見では同じ漢字に見えてしまうので、たけかんむりの下が「秋」なのか「狄」なのかに注目して見分けましょう!

 

もっとシックリくる見分け方が発見できましたら、また更新します!

 

冒頭画像は仙台銘菓の【萩の月(はぎのつき)】です

 - 雑学