【楽天オープン2022】放送日程、ドロー(トーナメント表)・結果速報、賞金・ポイント|錦織圭欠場

楽天ジャパン・オープン・テニス選手権2022(ATP500)の放送日程、出場選手エントリーリスト、ドロー(結果速報トーナメント表)、賞金・ポイント、錦織圭ら日本人選手の試合予定などをまとめています。

WOWOWでテレビ放送、ライブ中継
WOWOWにて連日テレビ生中継(初日は無料放送)。
WOWOWオンデマンドでも1回戦〜決勝までネット中継(ライブ/見逃し配信)
があります。
WOWOW(公式サイト)

楽天オープン2022|ジャパン・オープン・テニス選手権|ATP500

楽天オープン2022の大会まとめ一覧表です。

大会名 Rakuten Japan Open Tennis Championships
(楽天ジャパン・オープン・テニス選手権)
公式サイト(外部ページ)
通称 楽天オープン
開催地 日本/東京
会場 有明テニスの森公園
日程 10/1(土)〜10/9(日) ※予選含む
賞金総額 $1,953,285
放送 WOWOW(テレビ放送、ネット中継)
TENNIS TV(日本国外)
ドロー数 シングルス32ドロー
ダブルス16ドロー
サーフェス ハードコート(屋外)

楽天ジャパン・オープン・テニス選手権は、1972年に初めて開催された、ATPツアーの中ではアジアで最も歴史のある大会です(1973年からATPツアー編入)。

サントリー・ジャパン・オープン、朝日生命カップ、AIGオープンなどの大会名で開催されてきましたが、2009年以降は楽天オープンの名称で親しまれています。

会場・コート

楽天オープンの会場は、有明テニスの森公園

「日本のテニス界の聖地」と呼ばれている場所で、女子テニス(WTA500)の東レ パン パシフィックオープン・テニスなどの国際大会が開催されています。

メインスタジアムの有明コロシアムは収容人数10,000人を誇ります。

コートのサーフェスはハードコートで、錦織圭が2014年に準優勝を飾った全米オープンテニスにて2019年まで採用されていた「デコターフ」という種類です。

楽天オープン2022 日程(予選〜決勝戦)

楽天オープン2022は、予選が10/1(土)・10/2(日)本戦が10/3(月)〜10/9(日)の日程で開催される予定です。

当日OOP(ATP公式サイト)

東京オープン2022 試合スケジュールはこちら(シングルスのみ抜粋)。

シングルス
10/1() 予選
10/2() 予選
10/3(月) 1回戦
(望月1回戦)
(ダニエル1回戦)
10/4(火) 1回戦
10/5(水) 1回戦・2回戦
(西岡1回戦)
10/6(木) 2回戦
10/7(金) 準々決勝
10/8() 準決勝
10/9() 決勝

※スケジュールは変更になる場合があります。

 

楽天オープン付近の大会スケジュールは以下の通り。

日程 開催地 大会名 サーフェス カテゴリー
9/23 ロンドン レーバー・カップ 室内
ハード
地域別
対抗戦
9/26 ソウル 韓国オープン ハード ATP
250
テルアビブ テルアビブ・ウォータージェン・オープン ハード ATP
250
ソフィア ソフィア・オープン 室内
ハード
ATP
250
10/3 東京 楽天ジャパン・オープン・テニス選手権 ハード ATP
500
アスタナ アスタナ・オープン 室内
ハード
ATP
500

2022年ATPツアー日程の一覧2022年 ATPツアー日程・錦織圭 試合予定をご覧ください。

楽天オープン2022の結果速報

楽天オープン2022の賞金・ポイント

楽天オープン2022の賞金総額は195万3285ドル(約2億8270万円)。

楽天オープンはATP500の大会なので、優勝すると500ポイント獲得です。

ラウンド ポイント 賞金
優勝 500 $365,275
(約5,290万円)
準優勝 300 $196,540
(約2,850万円)
準決勝
(ベスト4)
180 $104,745
(約1,515万円)
準々決勝
(ベスト8)
90 $53,520
(約775万円)
2回戦 45 $28,565
(約415万円)
1回戦 0 $15,235
(約220万円)
予選突破 20 -
予選2回戦 10 $7,810
(約110万円)
予選1回戦 0 $4,380
(約65万円)

楽天オープン2022 チケット・ツアー

楽天オープン2022の観戦チケット購入については、料金・座席表やキャンペーンなども含め別記事で詳しくまとめています。

楽天オープン2022の放送(テレビ放送・ネット中継)

チャンネル
サービス
月額料金 無料お試し
トライアル
再放送
見逃し配信
テレビ放送 ネット中継
民放 無料 無し × × ×
NHK 無料 無し × × ×
BS朝日 無料 無し × × ×
WOWOW 2,530円 加入月無料
GAORA 1,374円〜 無し × × ×
TENNIS TV 1,067円〜 無し ×
Rakuten TV 1,620円 無し × × ×
DAZN 3,000円 無し × × ×

楽天オープンテニス2022はWOWOWが連日生中継でテレビ放送を担当。

地上波テレビ放送(NHK・民放)

NHK、民放5局(日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョンの在京民放各社)など、地上波でのテレビ放送予定はありません。

CS放送(GAORA)

CS254chの「GAORA SPORTS」にて、テレビ放送を行った実績はありますが、2022年も基本的にATP500の放送はありません。

男子テニスATPツアー(ガオラ 放送予定)

 視聴にはスカパー!などへの加入が必要です。

BS放送(WOWOW)

楽天オープン2022もWOWOWで1回戦〜決勝までテレビ放送されます。

グランドスラム各大会と同様、大会初日のみ無料放送

管理人
以下、WOWOW加入の流れと、必要な準備手順です。

WOWOWテレビ視聴にはBS環境(BS放送が見られる環境)が必須です。

簡単2ステップで、BS環境の確認から始めましょう!

リモコンの「BS」⇒「9」のボタンを押して、テレビ画面の状態を確認。

「ご案内チャンネルに切換えますか?」または、画面左上にメッセージが表示されていれば、登録可能なテレビです!公式サイトよりお申し込みください。

 「受信できません」「E202」などの表示が出た場合、BSアンテナ設置やケーブルテレビ申し込みが必要です。手配をするか、WOWOWオンデマンドを利用してテレビ以外で観戦する方法を取りましょう。

WOWOW(公式サイト)

テレビ放送予定は以上で、以下はネット中継のサービス(有料・無料)です。

WOWOWオンデマンド

WOWOW会員専用のネット中継サービス「WOWOWオンデマンド」でも1回戦から配信されます

WOWOW(公式サイト)

WOWOWオンデマンド(MOD公式サイト)

 WOWOWオンデマンドは、"いつでも・どこでも"楽しめるが謳い文句の、WOWOWテレビ会員(月額2,530円税込)限定の番組配信サービスです。

WOWOWは加入月は料金がかからない(初月無料)なので、10月に契約した場合、ツアー最終戦や錦織圭の復帰戦のある11月末まで1ヶ月分の値段で視聴可能です(無料特典は再加入の方も対象)。

GAORA Live&オンデマンド

GAORA Live&オンデマンドは、「スカパー!on demand」と「J:COM オンデマンド」で同時動画配信されるシステムで、テレビが見られない環境でもPC、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

しかし、ガオラのテレビ放送がないため2022年はご利用頂けません。

Paravi

以前はParavi(パラビ)でも配信していましたが、2022年大会のATPツアー放送はありません。

ちなみに、料金が月額1,017円(税込)とお得でドラマや映画などラインナップも充実。

テニス中継はありませんが、よろしければ配信番組をチェックしてみてください。

Paravi(パラビ公式サイト)

Rakuten TV

オフィシャルスポンサーの楽天が展開するサービス「Rakuten TV」。

前回の2019年大会は、楽天オープンWeek Passを購入すれば本戦7日間の試合が全て視聴可能でしたが、今年の配信予定はありません(前回料金は1,620円)。

Rakuten TV(公式サイト)

Chromecastなどがあればパソコン・スマホを接続してテレビ観戦も可能です。

【2019最新アップグレード4K】4KHDMI ミラーキャスト ドングルレシーバー クロームキャスト Mirascreen モード切り替え不要 ミラキャスト ミラーリング簡単接続 HDMIワイヤレスミラーリング 4K解像度高画質 iOS Android Windows MAC OSシステムに通用 MiraCast/AirPlay/Chrome/Ezmiraアプリ互換性があり日本語説明書付き
TEXRRA

TENNIS TV

TENNIS TV(テニスTV・TTV)でシングルス全試合の配信がある見込み。

ですが、日本国内からは視聴できないように地域制限設定(ジオブロック)がされています。

テニスTVの料金や登録方法は下のまとめ記事にて、ジオブロックの解除についてはVPNなどの利用を検討しましょう。

DAZN

DAZNは女子ツアーの試合のみ配信です。

女子プロテニスWTAツアーの放映権を独占しているDAZN限定で、楽天オープンと同時期の女子大会を視聴可能で、料金は月額3,000円税込となっています。

女子テニス以外にも国内外のサッカーやプロ野球、F1・F3などモータースポーツ、ボクシング、競馬まで網羅されてますので、気になった方はチェックしてみてください。

DAZN(公式サイト)

 2022年も予選の試合はテレビ放送・ネット配信とも日本からは見られない可能性が高いものの、中継映像自体は存在しています。ライブスコア観戦、または野良スト(海外ライブストリーム)を探してご視聴ください。

ライスト観戦については別記事でまとめていますのでご参照ください。

(参考)各テレビ局・VODサービスにおける男子プロテニス中継

男子プロテニス協会(ATP:Association of Tennis Professionals)が開催するATPツアーには、3つのカテゴリーがあります(下部ツアーのチャレンジャー、フューチャーズを除く)。

  • ATPマスターズ1000(ATP Tour Masters 1000)
  • ATP500(ATP World Tour 500 series)
  • ATP250(ATP World Tour 250 series)

上記に国際テニス連盟(ITF: International Tennis Federation)公認のテニス4大大会(Grand Slam:グランドスラム)を合わせた4カテゴリーの大会に、男子プロテニスプレーヤーは参戦します。

日本でのテレビ放送・ネット配信の中継情報は以下の通り(2021年情報)。

主要テレビ局のテレビ放送状況一覧

チャンネル 料金 グランドスラム ATPマスターズ1000 ATP500 ATP250
NHK 総合
NHK Eテレ
無料 全豪OP
ウィンブルドン
× × ×
日テレ × ×
tv asahi ×
TBSテレビ ×
テレビ東京 全仏OP ×
フジテレビ × ×
NHK・BS1
BS日テレ ×
BS朝日
BS-TBS ×
BSテレ東
BSフジ
WOWOW 2,530円 × × ×
GAORA 1,374円〜※1 × ※2

※1 GAORAの料金はスカパー!基本料金込み。
※2 錦織圭がトーナメント上位進出時に緊急番組編成の実績有り。

WOWOWはテレビ放送こそグランドスラムのみですが、ネット会員が無料利用できるオンデマンドにてATPツアー各大会の試合配信があります。

グランドスラムのうち、全米オープンテニス以外の3大会は、衛星放送(BS・CS放送)が映らなくても地上波の民法キー局にて視聴可能です(全米はWOWOW加入が必須)。

NHK・BS1、BS朝日のATPツアー放送は、2021年に入って減少・終了しています。

主要VODサービスの配信状況一覧

テレビ局
チャンネル
料金 グランドスラム ATPマスターズ1000 ATP500 ATP250
WOWOW※1 2,530円
GAORA※2 1,374円〜※3 × × ×
Paravi 1,017円※4 × × ×
TENNIS TV 1,067円〜※5
DAZN 1,925円 × × ×
プライムビデオ 408円〜※6 × × ×
ABEMA 960円※7 × × ×

※1 正式名称「WOWOWメンバーズオンデマンド or WOWOWオンデマンド」
※2 正式名称「GAORA SPORTS Live&オンデマンド」
※3 GAORAの料金はスカパー!基本料金込み。
※4 ParaviベーシックプランにiTunes Store決済で契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)。
※5 TENNIS TVの料金は年契約(12,800円税込)を12ヶ月で割り算した月額。
※6 Amazonプライムビデオの年間プランは4900円/年(月間プラン500円/月)。学生は6ヶ月無料体験+会員費半額(250円/月)の特典アリ。
※7 ABEMAプレミアムの月額費用が960円税込で、ABEMA通常会員は無料で利用可能。

GAORAは2021年シーズンはATP500・ATP250とも放送対象外。

WOWOWオンデマンドは、錦織圭が出場する試合を中心にATP500、ATP250を配信リストに入れています(錦織不参加の大会は準々決勝以降のみ配信することも)。

DAZNは女子プロテニスのツアー各大会をインターネット配信で生中継、ABEMAは毎年ATPカップを、プライムビデオはレーバーカップ関連の映像を配信しています(Paraviは2019年シーズンにATPツアーをネット配信)。

有料放送やVODサービスは月額費用が発生しますが、大半のサービスで無料体験(トライアル)が用意されているので初心者にも安心となっています。

楽天ジャパン・オープン2022の出場選手

楽天オープンに出場する選手のエントリーリストです。

西岡良仁、ダニエル太郎が本戦ストレートイン。錦織圭、内田海智、綿貫陽介、内山靖崇、望月慎太郎がワイルドカード獲得で、車いすの部には国枝慎吾が出場します。

    本戦エントリー選手一覧

    Main Draw

    シード 選手名 シード用順位 エントリー順位
    1 Casper Ruud 2 7
    2 Cameron Norrie 8 9
    3 Taylor Fritz 12 12
    4 Frances Tiafoe 19 26
    5 Nick Kyrgios 20 25
    6 Alex de Minaur 22 20
    7 Denis Shapovalov 24 21
    8 Daniel Evans 25 23
    Borna Coric 26 29
    Miomir Kecmanovic 32 36
    Brandon Nakashima 48 69
    Yoshihito Nishioka 56 55
    Jaume Munar 59 57
    Pedro Martinez 67 54
    Bernabe Zapata Miralles 78 79
    Thanasi Kokkinakis 80 70
    Mackenzie McDonald 82 77
    Chun-Hsin Tseng 88 89
    Alexei Popyrin 90 84
    Radu Albot 91 106
    Taro Daniel 92 95
    James Duckworth 101 83
    Steve Johnson 117 110
    Kamil Majchrzak 119 90
    Soonwoo Kwon 121 81
    (WC) Kaichi Uchida 163
    (WC) Yasutaka Uchiyama 311
    (WC) Shintaro Mochizuki 417
    (Q)
    (Q)
    (Q)
    (Q)

    Alternates (補欠待機)

    待機順 選手名 シード用順位 エントリー順位
    1 Nicolas Jarry 111 123
    2 Elias Ymer 124 133
    3 Kaichi Uchida 163 168
    4 Max Purcell 298 230
    5 Yosuke Watanuki 227 242
    6 Yasutaka Uchiyama 311 247
    7 Hiroki Moriya 261 261
    8 Ernests Gulbis 296 273
    9 Johan Nikles 285 274
    10 Tatsuma Ito 563 290 (PR)
    11 Filip Cristian Jianu 309 302
    12 Evgeny Donskoy 438 331
    13 Ulises Blanch 354 336
    14 Rio Noguchi 290 356
    15 Shintaro Mochizuki 417 368
    16 Kei Nishikori 748 370
    17 Marek Gengel 369 382
    18 Sho Shimabukuro 355 384
    19 Malek Jaziri 421 422
    20 Denis Istomin 424 435

    Withdrawals (欠場)

    選手名 シード用順位 エントリー順位
    Alexander Zverev 5 2
    Jenson Brooksby 46 43
    Marcos Giron 53 56
    Joao Sousa 61 59

    楽天オープン2022のドロー(トーナメント表)

    男子シングルスのドロー

    楽天オープン2022・男子シングルスのドローは、32選手(ランキング上位24名+ワイルドカード3名+予選勝者4名+SE1名)によるトーナメントです。

    ドローの表記について

    選手名の左の数字はシード順で、シード位置はグレー背景です。 トーナメント開始後は、赤い名前欄の選手が勝ち上がっています。

    ドローの表記
    (Q)=予選勝者
    (WC)=ワイルドカード(主催者推薦枠)
    (LL)=ラッキールーザー(予選敗退したが欠場者が出て代わりに本戦入りの選手)
    (SE)=スペシャルイグザンプト(前週大会で準決勝以上で予選と日程が被った選手)
    (PR)=プロテクトランキング(ケガにより6ヶ月以上戦列を離れた選手に対するATPツアーの救済処置用ランキングを使用して出場)

    シングルス予選のドロー

    16ドローのうち、過半数の日本人選手(11名)が出場し、清水悠太、島袋将、野口莉央の3名が予選突破。

    予選エントリーリスト
    シード 選手名 シード用順位 エントリー順位
    1 Nicolas Jarry 111 111
    2 Elias Ymer 124 119
    3 Hiroki Moriya 261 258
    4 Rio Noguchi 290 324
    5 Max Purcell 298 226
    6 Ramkumar Ramanathan 299 276
    7 Aziz Dougaz 329 355
    8 Sho Shimabukuro 355 353
    Nick Chappell 419 479
    (WC) Shintaro Imai 436
    (WC) Yuta Shimizu 450
    Go Soeda 474 470
    Tatsuma Ito 563 290 (PR)
    Yuki Mochizuki 570 584
    (ALT) Ryota Tanuma 600
    (WC) Renta Tokuda 792

    男子ダブルスのドロー

    西岡良仁/内田海智(WC)が全豪OP優勝ペアのコキナキス/キリオス(第1シード)と、松井俊英/上杉海斗(WC)がGille/Vliegen(予選勝者ペア)と、Goransson/マクラクラン勉はエバンズ/ピアース(第4シード)とそれぞれ1回戦で対戦し、全ペア初戦敗退でした。

    ダブルスのエントリーリスト
    シード 選手名 シード用順位 エントリー順位
    1 Thanasi Kokkinakis / Nick Kyrgios 34 33
    2 Matthew Ebden / Max Purcell 69 70
    3 Rafael Matos / David Vega Hernandez 74 75
    4 Daniel Evans / John Peers 108 39
    Sadio Doumbia / Fabien Reboul 138 139
    Andre Goransson / Ben McLachlan 155 151
    Mackenzie McDonald / Marcelo Melo 208 128
    Gonzalo Escobar / Nicolas Jarry 235 153
    Hans Hach Verdugo / Miomir Kecmanovic 264
    Alex de Minaur / Frances Tiafoe 404 41
    Brandon Nakashima / Hunter Reese 494 163
    Alexei Popyrin / Ramkumar Ramanathan 503 157
    (WC) Yoshihito Nishioka / Kaichi Uchida 543
    (WC) Toshihide Matsui / Kaito Uesugi 585
    Pedro Martinez / Bernabe Zapata Miralles -
    (Q) -

    男子ダブルス予選

    望月慎太郎/島袋将ペアが、ベルギーペアと初戦で対戦しましたが初戦敗退。

    【予選1回戦】
    Sander Gille/Joran Vliegen(1) 6-1 6-4 望月慎太郎/島袋将(WC)
    Aziz Dougaz/Elias Ymer 4-6 1-6 Max Schnur/John-Patrick Smith(2)

    【予選2回戦】
    Sander Gille/Joran Vliegen(1) 6-4 2-6 10-5 Max Schnur/John-Patrick Smith(2)

    楽天ジャパンオープン 歴代優勝者

    楽天オープンのシングルスで優勝・準優勝した選手の一覧です(2006年〜)。

    錦織圭が2度の優勝、1度の準優勝と計3度の決勝進出を決めています。

    優勝 準優勝
    2019 ノバク・ジョコビッチ ジョン・ミルマン
    2018 ダニール・メドベージェフ 錦織圭
    2017 ダビド・ゴファン アドリアン・マナリノ
    2016 ニック・キリオス ダビド・ゴファン
    2015 スタン・バブリンカ ブノワ・ペール
    2014 錦織圭 ミロシュ・ラオニッチ
    2013 フアン・マルティン・デルポトロ ミロシュ・ラオニッチ
    2012 錦織圭 ミロシュ・ラオニッチ
    2011 アンディ・マレー ラファエル・ナダル
    2010 ラファエル・ナダル ガエル・モンフィス
    2009 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ ミカエル・ユーズニー
    2008 トマーシュ・ベルディヒ フアン・マルティン・デルポトロ
    2007 ダビド・フェレール リシャール・ガスケ
    2006 ロジャー・フェデラー ティム・ヘンマン

    楽天オープン 錦織圭の試合結果

    楽天オープンの錦織通算成績は22勝8敗、最高成績は優勝(2012年・2014年)です。

    成績 最終対戦相手
    2019 右肘の怪我で欠場
    2018 準優勝 メドベージェフ
    2017 右手首の怪我で欠場
    2016 2回戦 ソウザ
    2015 準決勝 ペール
    2014 優勝 ラオニッチ
    2013 準々決勝 アルマグロ
    2012 優勝
    ラオニッチ
    2011 1回戦 フェレール
    2010 1回戦 トロイツキ
    2009 8月の手術から肘が完治せず欠場
    2008 3回戦 ガスケ
    2007 1回戦 Fleishman

    ハードコートの通算勝率(.674)に比べ、楽天オープンでの通算成績は勝率.733と好成績を誇ります。

     

    まずは無事に2022年の楽天オープンが開催されますように...。

    そして、新型コロナウイルスの感染防止などの理由で、東京オリンピックに続けての無観客開催になりませんように...。

     

     

    以上、楽天オープン2022の大会情報まとめでした!