テニス用語の一つにダウンザラインという言葉があります。

よく「ストレート=ダウンザライン」と解釈されますが、厳密には正しくありません。

また、オンラインの打球をダウンザラインと呼んでしまう間違った風潮もあります。

 

今回は、ダウンザラインの正しい意味を、実際の試合で打たれたダウンザラインの動画も交えて解説していきます。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

ダウンザラインとは?

down the lineは「ラインに沿う」という意味の英語で、このラインとはテニスコートのサイドラインのことです。

テニスコートのサイドライン

(上図の赤線がサイドライン)

ダウンザラインとは「サイドラインに沿うような軌道のショット」のことです。

 

なので、打つプレーヤーがサイドライン付近にいることが絶対条件で、中央からストレートに打つ場合はダウンザラインとは言いません。

中央から打った場合はただのストレートです。

 

ちなみにオンラインは、ライン上でバウンドする打球のことを差す言葉で、ダウンザラインとは一切関係がありません(ダウンザラインがオンラインに決まることはあります)。

 

テニスレッスンなどでは分かりやすさ重視で、コートの対角線(斜め)方向に打つクロス・逆クロスに対して、ダウンザラインをストレートと表現する場面が多いです。

ダウンザラインをストレートと表現するのは決して間違いではありませんが、中央から打ってもダウンザラインにはならないので、ストレートをダウンザラインと表現するのは誤りです。

錦織圭もよく打つのは「バックのダウンザライン」

ダウンザラインとは

ダウンザラインという言葉は「バックのダウンザライン」という形でよく耳にします。

最たる理由は、錦織 圭の得意ショットの一つだからでしょう。

テレビの解説やニュースでも、しばしば「錦織の見事なバックのダウンザライン」というような表現が登場します。

 

他の理由としては、フォアのダウンザラインに比べバックのダウンザラインを武器にしているプレーヤーが多いこと。

スタン・バブリンカやロジャー・フェデラーのバックのダウンザラインは息を飲む美しさ(鮮やかさ)です。

ダウンザラインへのショットは入れば決定打になることが多く、余計に印象に残ります。

 

また、テニスをする(観る)人にとって、バックのダウンザラインは見せ場であり憧れのようなものであることも挙げられるでしょう。気のせいだったらすみません💧

実際、クロスラリーからダウンザラインへ配球するのは、ネットの高さの差・ベースラインまでの距離の差はもちろんのこと、しっかりと振り抜かないとコントロールができないことなどから難易度が高いです(ネット・ロングアウト・サイドアウトになりやすい)。

実際の試合で打たれたダウンザラインの動画3選

ここからは、そのプレーヤーの代名詞として印象に残っているようなダウンザラインを3つご紹介します。

 

まずはバブリンカ(ワウリンカ)。

バブリンカは速度も回転も自在に操れる、世界屈指のバックハンドを持っています。

バブリンカの試合では、テニス解説もバックハンドウィナーの数を気にするほどです。

そして、バックハンドウィナーの大半は、バックのダウンザラインです。

画面奥でバックを打っているのがバブリンカです。

 

バックのクロスでコート外に相手を追い出して、最後は鮮やかなバックのダウンザライン。

ライジング(バウンド後はやめのタイミングで打つこと)気味での完璧なショットなので、触れることすらできないバックハンドウィナーです。

ウィナーとは?(テニス用語)正しい意味+最速記録など

次に錦織

バックハンドの安定感は世界でもトップクラスです。

たとえ体勢が十分に整わなくても、器用な打ち方で積極的にダウンザラインを狙えます。これは相手にとっては大きな脅威です。

楽天オープンの試合で、ミロシュ・ラオニッチの高く弾むキックサーブを必死に押さえ込んでダウンザラインのリターンエースを放ったシーンは、覚えている方も多いのではないでしょうか。

画面奥が錦織です。これは2015年ツアーファイナルで、フェデラーとの対戦中に飛び出したバックのダウンザラインです。

 

画面手前のフェデラーが打つ厳しいフォアを何とかスライスで拾って、攻めるフェデラーに対して最後のダウンザラインで形勢逆転を果たしました。

錦織の見事な粘りとフットワーク、読みがあってこそ生まれたスーパーショットです。

 

他にも、アンディ・マレーの前コーチとしてもお馴染みのイワン・レンドルは、現役時代フォア・バックともダウンザラインを得意としていました。

特にフォアのランニングショットは「レンドルフック」と名が付けられ、ライバルたちから恐れられていました。

 

ラファエル・ナダルのフォアのダウンザライン(ランニングショット)は、ラインに沿って、ラインの外から巻いてきます。

レンドルフックもナダルのランニングショットもサイドスピンがかかっているので、打った瞬間はアウトのようですが曲がってコート内に収まります。

ファンでなくても見応えたっぷりなので、観戦中に1本は見ておきたいショットです。

たった数秒の映像ですが、全盛期ナダルの恐ろしさの片鱗が味わえます。


スポンサーリンク

 

クロスラリーの中で、どちらがどのタイミングでダウンザラインへ打つのか。

これはテニス観戦の醍醐味の一つと言えます。

 

プレーヤーはコート上で様々な駆け引きをしていて、つねに相手が次にどこへ打ってくるのかを予測しながらプレーしています。

 

テニス経験のない方からすると、クロスラリーを見ても「なんで相手のいない方に打たないの」という感じだと思います。

しかし、打つのが難しかったり、頻繁に打つと読まれてしまって効果が薄くなったり、色々とプレーヤーは苦労しています...。

テニスの試合を観る時は、是非ダウンザラインの打球にも注目してみてくださいね。

 

以上、ダウンザラインの正しい意味についてでした!

コメント一覧
  1. ななし より:

    コートのセンター(中央)付近から、いわゆるストレート※に打つ場合はダウンザラインとは言いません。


    いいえ。違います。
    本来「ダウン・ザ・ライン」とは、コートの位置を問わず、サイドラインと平行な球筋全般を指します。
    横を抜くパスショットのみ「ダウン・ザ・ライン」と呼称することこそが誤用なのです。

    ちなみに「ストレート」は和製英語です。
    一般的に用いられている「ストレート」をそのまま「ダウンザライン」と呼称しても、間違いでも何でもありません。

  2. mori_ichi_ より:

    >ななしさん

    コメントありがとうございます。
    ななしさんはテニスを指導されているような方 or 英語に詳しい方なのでしょうか?

    書籍などで確認したところ、本文中のような意味が多数派だったため、そのようにまとめております(ちなみに「パッシングショットのみをダウンザラインと言う」とは、当記事では紹介していないのですが...)。

    1978年に発行された書籍「The concise dictionary of tennis(テニス用語辞典)」の中で、「Ball hit straight along the sideline to the opponent's side of the court」とあったので、間違いないかと思っていました。

    それとも、along the sidelineは「サイドラインに沿って(=サイドライン付近からの打球)」という意味ではなく、単に「サイドラインと並行な」という意味なのでしょうか(英語が強くなくて...すみません)。

    ちなみに、本記事をアップする前に、tennisnakamaさんの "知っておくと便利な用語" というエントリー(http://tennisnakama.com/japanese-english-tennis-terminology/)をチェックしていたので、ストレートが和製英語なのは知っております。

    野球でも「ストレート」は和製英語ですからね(余談ですが当ブログの野球記事では、速球をすべてファストボールと表記するようにしています)。

    確認でき次第で修正したいと思いますので、お手数おかけしますがまたコメント頂けますと幸いです。

  3. なつ より:

    日本語のストレートボールはdown-the-line shotで, クロスボールはcross-cort shotという捉え方が、海外では一般的なようです。

    論点の、海外でセンターからセンターに打つショットをdown-the-line shotと呼ぶかどうかですが、あまり使われないようです。
    たしかに日本語のストレートボールの意味でdown-the-line shotは使われていますが、あくまでcross-cort shotの対義語としての意味合いが強いからです。

    cross-cort shotの定義には諸説あるようですが、
    センターラインを横切るかどうか、ショットの着地点が対角線上のコートかどうか、ネットに対して垂直かどうかで分かれるようです。
    どこまでを垂直とするかどうかで、サイドラインに近い弾道の方がdown-the-lineと呼ばれやすいということでしょうか。

    海外ではドロップショットでもスマッシュでもロブでも、ストレートボールはdown-the-line shotのようです。
    ただ、日本語でのダウンザラインは「サイドライン"沿い"に飛ぶストレートのパッシングショット」と広まっているようなので、もはや何が正しいかはよく分かりませんw

    --
    参考
    http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/guide_words.html
    https://www.quora.com/What-is-the-difference-between-a-down-the-line-and-an-up-the-line-shot-in-tennis
    https://en.wikipedia.org/wiki/Tennis_shots
    https://forum.wordreference.com/threads/down-the-line-tennis.851091/
    http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/grammar/vocabulary/pdfs/tennis_vocabulary.pdf

  4. mori_ichi_ より:

    >なつさん

    コメントありがとうございます。
    参考引用元の掲載にも感謝いたします。

    海外では、クロスコートショットの対義語として使われているんですね!
    確かにどこまでが垂直なんだと疑問になりますが、ダウンザラインの説明文に「センターラインを横切らない」の記述も見受けられますね。勉強になります。

    ドロップショットやスマッシュをダウンザラインと表現するのは、日本では少し違和感がありますが、定義上おかしくないどころか最適とも言えますね。
    通常のストロークでは該当する打球をダウンザラインと「敢えて言おうとしている」感もあるのに、ドロップやスマッシュになった途端にコース度外視になるのは、やはりダウンザラインという言葉がパッシングショットの際によく使われれるからなのかもしれませんね...。

    WOWOWのテニス放送では、パッシングショット以外でもダウンザラインと実況・解説の方々もおっしゃってますので、ぜひとも自社の用語解説を修正願いたいですw

    結局のところ何が正しいのかは決められないですよね😂
    おそらく国・地域によっても解釈が変わってくるでしょうから...。
    「サービスウィナー」という言葉についてTwitterで議論した際にも同じように感じました。

    くり返しになりますが、いろいろと教えていただきありがとうございました😄

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ