最新のATP男子シングルス世界ランキングをはじめ、レースランキング(年間ランキング)ライブランキング失効ポイントを調べる方法について解説しています。

(フェミニストの某アンディさんから「女子シングルス世界ランキングは?」と突っ込まれそうですが)

 

基本的には、過去52週に出場した大会のうち獲得ポイントが高かった上位18大会の合計で争われる世界ランキング。

そこに出場義務大会の有無や強制0ポイントの計上などを反映させて、正確なランキングが決定します。

オリンピックやデビスカップでのポイント獲得が無くなった現在、以前ほど複雑ではないものの、まだまだややこしい印象です。

 

今回は、そんなややこしいランキング関係のデータをすぐにチェックできるサービスを紹介していきます。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

最新のATP男子シングルス世界ランキングは公式サイトが確実

当たり前すぎますが、最新のATPランキングを確認するのに間違いないのはATP公式サイトです(試合終了後すぐの "ライブ" ランキングを知りたい場合は、後述の方法をご参照ください)。

表の各項目は以下の通りです。

・Ranking 現在のランキング
・Move 前週からの順位変化
・Country 国籍
・Player 選手名
・Age 年齢
・Points 現在のポイント
・Tourn Played ポイント集計対象の大会数
・Points Dropping 翌週までの失効ポイント
・Next Best ポイント集計外のうち最も多い獲得ポイント

スマホやタブレットでは一部表示されない項目がありますが、10位の下にある「View All」ボタンを押せば全項目を確認できるようになります。

 

ATP公式サイトは記録の宝庫として有名で、ランキング関係だけでも次の記録がすぐに参照できます。

Singles Race ( 男子シングルスのレースランキング(=年間ランキング))

Race to Milan(レースランキングのネクストジェン(21歳以下限定)版)

Doubles(男子ダブルスの世界ランキング)

Doubles Race(男子ダブルスのレースランキング)

Former No. 1s(過去のランキング1位記録者リスト)

時間泥棒としても有名なATP公式サイトは、以前のランキングまで全てアーカイブされています。

例えば、2018年3月5日付の最新ランキングでアンディ・マレーがカイル・エドマンドにイギリス1位の座を明け渡しましたが、これは12年ぶりのことで、2006年7月10日以来ずっとアンディがイギリス1位でした

(追記)当初7月10日付で「はじめてイギリス1位に」と書いていましたが、コメントでご指摘いただいた内容が正しく、アンディがはじめてイギリス1位になったのは2006年2月27日付でした。

こちらは19歳のアンディが再びイギリス1位になる直前、2006年7月3日のランキング(当時44位)。

イギリス最高位の座をヘンマンやルゼドスキーと競っていましたが、ウィンブルドン2006の3回戦で第3シードのロディックをストレートで下すというセンセーショナルな活躍の甲斐あって、一気に36位までジャンプアップしました。

すぐ上には同級生のジョコビッチの名前が。

2006年の年末ランキング。親友同士の2人は、互いに切磋琢磨して頂点を目指します。

 

それから1年後、2007年の年末ランキング...

 

 

どうしてこうなった。

最新の動向や注目点も合わせてチェックするならplumさん

「単にランキングを知るだけでなく、各選手の動向や注目点についても知りたい」

そんな声に応えてくれるのが、Twitterテニス界の知恵袋・plumさんです。

plumさんとは
テニスに関する疑問をほとんど解決してくれるエライ人。
Twitterが主な活動場所だが、当ブログにもよく登場する(というか勝手に登場させられている)。
20○○/○/○付けライブランキング(○/○時点)
20○○/○/○付けライブ"レース"ランキング(○/○時点)
○/○日本選手結果
○/○日本選手予定(日本時間目安)
など多彩な技を使いこなすほか、かゆいところに手が届くテニスルール講座がゲリラ的に開かれたりと、その挙動から目が離せない存在。
ごく稀に飛び出す人間味あふれるミスツイートの瞬間に立ち会えた人は幸せ。

plumさんはエクセルで常にランキングを管理されていて、ATP公式サイトの順位表からだけでは読み取れない情報まで、丁寧に解説してくださるお方です。

詳しくはplumさんのツイートを追ってみてください。その情報量に驚かされます。

そして、ときどきお茶目です🙌

どこよりも詳しくてマニアックなライブランキング「OER」

最後に紹介するのが、OPEN ERA RANKINGS(OER)というライブランキングのサイトです。

ATP公式サイトと同じく英語ばかりでとっつきにくい印象のページですが、過去の順位(2013年12月以降)が残っていたりフィルター検索ができたりと相当マニアックな情報が拾えます。

表の項目を左から順に見ていくと次のようになります(スマホ・タブレットだと「+」マークで色々と隠されていますが、タップしていくと詳細情報が出てきます)。

CH キャリアハイのランキング
# 最新のライブランキング
PLAYER NAME 選手名
AGE 年齢
COUNTRY NAME 国(国旗)
COUNTRY # その国でのランキング
DOB 生年月日
00.00.2000 前週のポイント
+ / - 前週からの順位変化
Gain 現在獲得しているライブポイント
Eff ライブポイント - 失効ポイント
Drop 失効ポイント
POINTS 最新のライブポイント

ややこしい失効ポイントやポイントの入れ替わりもすぐに確認できます。

ATPのポイントを持っている全選手分のデータが記録されているので、チャレンジャーやフューチャーズ参戦の選手のデータもすぐに分かります。

最新ランキングの120位台を抜粋しました。

先ほどはランキング表の左半分をチェックしましたが、右半分では次の情報が載っています。

・参加中の大会と、現在どこまで勝ち進んでいるか(チャレンジャー、フューチャーズも網羅)
・各ラウンド別獲得ポイント見込み

仮に現在123位のダニエル太郎(日本選手では3番目、キャリアハイ85位)がインディアンウェルズの予選を通過し、そのまま優勝しすると1,460ポイントとなり、30位前後までランキングが上がる見込みです。

少し前に、杉田がドバイ選手権を優勝した場合をツイートしてましたが、もちろんOERを見て調べました。

PCでは、ライブポイントの右にある青の「i」マークにマウスを乗せると(スマホだとBREAKDOWNを開くと)、各大会ごとの獲得ポイントと失効日がまとめられています(上は杉田のもの)。

「MANDATORY〜」は出場義務があった大会、赤字が失効対象ポイント、青字が失効に代わって新たに追加されるポイントです(ミドリとオレンジは謎)

また、ページ上部にあるフィルター群を設定して「↓APPLY FILTERS↓」を押すと、凝ったランキングを表示できます。

最新の日本人限定ライブランキング(2,000位以内)(別ウィンドウで開きます)

 

2018年3月6日現在、41歳の鈴木貴男氏はまだ現役で、11ポイント保有していて954位(日本人35番目)というデータも取り出せました。

このようにマニアックなデータが、少しフィルターを設定するだけでパッと出てきてくれるのがOERの強みです。

 

ただし良い所ばかりではなく、OERはページ表示がなかなか重いという欠点がありますので、せっかちな方には向いてないかもしれません。笑

 

 

上で紹介した以外にも、向こう5週間の失効ポイントがすぐに分かる「5 Weeks Forecast ATP Ranking」もオススメです。

5 Weeks Forecast ATP Ranking 英語版(別ウィンドウで開きます)
5 Weeks Forecast ATP Ranking 日本語版(別ウィンドウで開きます)

このサイトの良い所は、WTAのランキング=女子のランキングもある点です!

5 Weeks Forecast WTA Ranking 英語版(別ウィンドウで開きます)

これでアンディさんも納得ですね!

 

 

ここまで長々とランキング関係のデータをチェックできるサービスを紹介しました。

上記以外でもオススメのものがあれば、ぜひ教えてください(追記で共有していきたいと思います)

 

以上、ランキングを調べ出すと夜も眠れなくなってしまう@mori_ichi_がお送りしました。

それではまた!

コメント一覧
  1. mei より:

    はじめまして。
    アンディが初めてイギリスNo1になったのって、2006/2/27かと...。
    5/15、ルゼさんと入れ替わる。
    そして、7/10に再び入れ替わって1位に...。

    アンディの復帰待ち遠しいですねぇ。ハラハラドキドキ観戦が続くの嫌だけど今はそれが懐かしい😢

  2. mori_ichi_ より:

    >meiさん

    はじめまして!
    コメントありがとうございます。

    そして、ご指摘ありがとうございます!!おっしゃる通りです💦
    本文も修正しておきます。
    当時、イギリスNo.1かどうかをあまり重視せずに応援していたのがバレてしまってますね...。

    アンディはハラハラドキドキ観戦ばかりですからね😓
    特に活きの良い若手との試合前の、あの嫌な予感はいつになっても拭えません。笑

    ホント復帰が待ち遠しいです...。
    復帰後も、一緒に応援していきましょうね❗️

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ