ロジャーズカップ2019(女子・トロント)の日程、大坂なおみ放送予定、ドロー、賞金・ポイント

ロジャーズカップ2019の女子大会について、日程、放送予定、ドロー、賞金・ポイント、シード順や出場選手、過去優勝者と大坂なおみの過去成績をまとめています。

北米ハードコートシーズンの全米オープン前哨戦として、重要な位置づけとなるロジャーズカップ。2019年の女子大会はトロントで開催されます。

画像:WTA公式ロジャーズ・カップ大会ページ

ロジャーズカップ2019(女子・トロント)の大会情報

ロジャーズカップ2019の女子大会概要です。

大会名Rogers Cup(ロジャーズ・カップ)
通称カナディアン・オープン
開催地カナダ/トロント(2019年)
カテゴリーWTA premier 5(プレミア5)
サーフェスハードコート
ドロー数シングルス56ドロー、ダブルス28ドロー
日本との時差13時間

ロジャーズカップは、全米オープン前にカナダで毎年開催されている男女共催の大会です。

モントリオールとトロントが開催地で、2019年は女子がトロント、男子がモントリオールで行われます(1年ごとに入れ替わるので、2020年は女子がモントリオール、男子がトロントです)。

ロジャーズカップ2019 女子の賞金・ポイント

ロジャーズカップ2019(女子)の賞金総額は$2,830,000(約3億160万円)

ロジャーズカップはプレミア5の大会なので、優勝すると900ポイント獲得です。

ラウンドポイント賞金
優勝900$521,530
(約5560万円)
準優勝585$253,420
(約2700万円)
準決勝
(ベスト4)
350$126,950
(約1350万円)
準々決勝
(ベスト8)
190$60,455
(約640万円)
3回戦
(ベスト16)
105$29,120
(約310万円)
2回戦60$14,920
(約160万円)
1回戦1$8,045
(約90万円)

ロジャーズカップ2019 女子の日程・大坂なおみ試合予定

ロジャーズカップ2019は予選を含めると8/3(土)〜8/11(日)の日程で開催され、大坂なおみは上位シードで1回戦免除のため2回戦から登場予定。

ロジャーズカップで連勝した大坂なおみ、セリーナ・ウィリアムズとの準々決勝は日本時間8/10(土)の朝に予定されています。

ロジャーズカップ2019 女子シングルスの日程
8/3()予選
8/4()予選
8/5(月)1回戦
8/6(火)1回戦・2回戦
8/7(水)2回戦
8/8(木)3回戦
8/9(金)準々決勝
8/10()準決勝
8/11()決勝

 

ロジャーズカップ2019の放送予定(女子)

ロジャーズカップ2019のテニス中継は、男子テニスはNHKやWOWOWで放送されますが、大坂なおみの試合を含む女子シングルスはテレビ放送されません。

WTAツアーのテニス中継は、日本の放送局ではDAZNが独占配信となっています。

 

DAZN

大坂なおみのテニスを観戦するにはDAZNの契約が必要です。

ロジャーズカップ2019の中継は、日本時間の8/6(火)〜8/12(月)で予定されています。

WTA TV

DAZN以外では、WTA TVという海外配信サービス(有料)で視聴可能です。

登録方法などについてはこちらの記事をご覧ください。

 

テニス無料視聴

テニスを無料で視聴するならライスト(ライブストリーミング)。

テニスのライストについては別記事でまとめていますのでご参照ください。

 

ロジャーズカップ2019 女子ドロー(トーナメント表)

ロジャーズカップ2019・女子シングルスの結果・スコアを反映したドロー(トーナメント表)を載せています。

 

ロジャーズカップ2019 女子のシード、出場選手

ロジャーズカップ2019・女子シングルスのシード選手、主な出場選手についてリストにしています。

  • バーティ(1)
  • 大坂なおみ(2)
  • プリスコバ(3)
  • ハレプ(4)
  • ベルテンス(5)
  • クビトバ
  • スビトリナ(6)
  • スティーブンス(7)
  • セリーナ・ウィリアムズ(8)
  • サバレンカ(9)
  • セバストワ(10)
  • ベンチッチ(11)
  • ケルバー(12)
  • コンタ(13)
  • ボンドロウソバ
  • 王薔
  • キーズ(14)
  • ウォズニアッキ(15)
  • コンタベイト(16)
  • メルテンス
  • マルティッチ
  • ガルシア
  • アニシモワ
  • ゲルゲス
  • ベキッチ
  • アンドリースク
  • ムグルッサ
  • ケニン
  • スアレスナバロ
  • サッカリ
  • 謝淑薇
  • ストリコバ
  • コリンズ
  • ヤストレムスカ
  • ツレンコ
  • プチンツェワ
  • カサキナ
  • シニアコバ
  • サスノビッチ
  • オスタペンコ

上位16名がシード選手で、上位8シードが1回戦免除(BYE)です。

 

ロジャーズカップ 歴代優勝者(女子シングルス)

ロジャーズカップの女子シングルスで優勝・準優勝した選手一覧です(過去10年間)。

優勝準優勝
2018ハレプスティーブンス
2017スビトリナウォズニアッキ
2016ハレプキーズ
2015ベンチッチハレプ
2014ラドバンスカビーナス・ウィリアムズ
2013セリーナ・ウィリアムズチルステア
2012クビトバ李娜
2011ストーサーセリーナ・ウィリアムズ
2010ウォズニアッキズボナレワ
2009デメンティエワシャラポワ

過去4年間で3度の決勝進出、2度の優勝を誇るなどハレプが強さを見せています。いずれもモントリオールでの優勝なので、トロントでの初優勝に期待がかかります。

2018年のロジャーズカップでバーティは4強入りしていたため、大会前のランキング基礎点の差は28ポイントまで縮まります。

ロジャーズカップの結果次第でランキング1位になれる選手はバーティ、大坂なおみ、プリスコバの3名で、基礎点は次の通りです。

ロジャーズカップ2019 大会前の基礎点
バーティ 6255ポイント
大坂なおみ 6227ポイント
プリスコバ 6050ポイント

 

ロジャーズカップ 大坂なおみの過去成績

ロジャーズカップの大坂なおみ通算成績は2勝2敗(勝率.500)、最高成績は3回戦進出(2017年)です。

成績最終対戦相手
20181回戦スアレスナバロ
20173回戦プリスコバ
2016予選1回戦Kudryavtseva

2017年には予選を勝ち上がり、2回戦で第15シード・セバストワをストレートで下すなど勢いを見せた大坂なおみ。

3回戦の第1シード・プリスコバ戦も第1セットを奪いましたが、セットオールとされて無念の途中棄権で大会を去りました。

 

2018年のロジャーズカップでは結果を残せませんでしたが、失効ポイントが1ポイントのみなので心機一転ハードコートシーズンで強さを見せて欲しいものです。

大坂なおみの北米ハードコートシーズン初戦・ロジャーズカップでの快進撃に期待しましょう!

 

以上、ロジャーズカップ2019(トロント)の日程、放送予定、ドロー、賞金・ポイント、過去優勝者など、女子大会の情報まとめでした!