バルセロナ・オープン2019|ドロー(トーナメント表)、錦織対戦相手の組み合わせ

バルセロナ・オープン2019・男子シングルスのドロー、出場選手、錦織対戦相手の組み合わせトーナメント表についてまとめています。

バルセロナ・オープン2019|日程、錦織放送予定、賞金・ポイントなど大会情報まとめ

ドローは勝ち上がりを随時更新するので、男子シングルスの試合結果を一望できます。

画像キャプチャ元:ATP公式バルセロナ・オープン大会ページ

バルセロナ・オープン2019のドロー(トーナメント表)

バルセロナ・オープン2019のドロー(トーナメント表)が、日本時間4/20(土)の19時からのドローセレモニーで発表されました!

 

ドロー確定後は、公式サイトの英語版ドロー(PDF)へのリンクと、日本語トーナメント表を記載します。

バルセロナ・オープン2019 男子シングルスのドロー(PDF)

バルセロナ・オープン2019 男子ダブルスのドロー(PDF)

 

トーナメント表全体像、男子シングルスの日本語版ドローはこちら。

  • WC:ワイルドカード(主催者推薦枠)
  • Q:予選勝ち上がり
  • LL:ラッキールーザー

バルセロナ・オープン2019の錦織対戦相手・組み合わせ

バルセロナ・オープン2019・男子シングルスの錦織対戦相手・組み合わせは次の通り。

 

想定対戦相手はシード選手や実力者が順当に勝ち上がった場合で、カッコ内の数字はシード順です。

1回戦:BYE(シード上位16名は不戦勝で、2回戦からの登場)

2回戦:フリッツ、オペルカ

3回戦:オジェ=アリアシム(16)

準々決勝:フォニーニ(8)、シャポバロフ(9)

準決勝:ズベレフ(2)、メドベージェフ(7)

決勝:ナダル(1)、ティーム(3)

 

錦織の理想ドロー|バルセロナ・オープン2019

バルセロナ・オープン2019では第4シードで出場予定の錦織は、準々決勝で第5〜8シードの誰かとの対戦が想定されるドローになります。

バルセロナ・オープン2019の上位シード8選手は次の通り。サーシャことアレクサンダー・ズベレフが急遽ワイルドカードで参戦します。

  1. ナダル
  2. ズベレフ
  3. ティーム
  4. 錦織
  5. チチパス
  6. ハチャノフ
  7. メドベージェフ
  8. フォニーニ

上記8名のクレーコート通算勝率は次の通り(モンテカルロ開催前の4/5時点、カッコ内はクレー大会での優勝数)。

  1. ナダル .920(57)
  2. ズベレフ .707(4)
  3. ティーム .742(8)
  4. 錦織 .712(2)
  5. チチパス .579(0)
  6. ハチャノフ .581(0)
  7. メドベージェフ .154(0)
  8. フォニーニ .584(7)

 

勝率だけで見ると準々決勝メドベージェフが理想的に思えますが、モンテカルロでジョコビッチ相手に金星をあげたため、過去の数値は全く当てになりません。

2019年になって一気にクレー適性を高めてきた印象です。

 

錦織にとって理想のドローは、全豪オープン以降6大会中5大会で初戦敗退というハチャノフと準々決勝で当たるドローでしょう。

準決勝の相手は誰でも強敵ですが、ナダル、ズベレフ、ティームの中ならズベレフです(そろそろ調子を上げてきそうですが)。

 

あとは、準々決勝までに対戦する2選手が、2019年にキャリアハイをマークしておらず、クレーコーターでも無ければ完璧です。笑

西岡良仁、ダニエル太郎も本戦からの出場なので、もしかすると錦織にとって2018年楽天オープン1回戦の杉田祐一以来となる日本人対決がバルセロナで実現するかもしれません。

バルセロナ・オープン2019のエントリーリスト(PDF

 

錦織ドロー考察

ドロー考察の更新が遅くなり、なんと錦織の初戦が先に終わってしまいました...。

結果はフリッツにストレートの快勝。相手の負傷もあったようですが、このところ1ヶ月近く負けがこんでいた錦織にとって久々の勝利です。

 

しかし、3回戦で想定される対戦相手はフェリックス・オジェ=アリアシム。よりによって若手の中でも特に活躍が注目されている相手と当たってしまう予定です。

クレーでもしっかりとストロークを組み立ててくるオジェ=アリアシムなので、難しい試合になるだろうと予想されます。

 

モンテカルロ・マスターズを制したフォニーニ、急遽参戦でモチベーションの高いズベレフとそれぞれ準々決勝、準決勝で当たり、連勝するとようやく決勝という、ATP500にしては相当なタフドロー。出場選手から考えても2019年のバルセロナはマスターズ並みの難易度であると言えます。

錦織のポテンシャルドローは3回戦から茨の道ですが、一つでも多くの勝利を飾ってクレーで本来のテニスを取り戻して、全仏オープンまでの期間を過ごしたいところです。

 

以上、バルセロナ・オープン2019・男子シングルスのドローと、錦織対戦相手の組み合わせ、ドロー考察についてでした!