ATPファイナルズ(ツアーファイナル)2019の賞金|総額や優勝時のルールと出場選手の獲得賞金額

ATPファイナルズ2019(Nitto ATP Finals)の賞金について、大会総額や優勝した場合の獲得賞金、勝利ごとや出場に対する報酬、そして実際にシングルスに出場した全選手の獲得賞金額をまとめています。

おまけで、ロンドン開催になってからの賞金総額の推移も表にしました。

画像引用元:ATP公式Nitto ATP Finals大会ページ

ATPファイナルズ2019の賞金総額

ATPファイナルズ2019の賞金総額は900万ドル(約9億8230万円)

女子最終戦のWTAファイナルズが1400万ドル(約15億円)だったので、2019年大会は女子の方が多いという結果になりました。

ATPファイナルズ2019の優勝賞金

ATPファイナルズ2019の優勝賞金は次の通りです。

男子シングルス:$2,441,000〜$2,871,000(およそ2億6540万円〜3億1210万円)

男子ダブルス:$453,000〜$533,000(およそ4920万円〜5790万円)

 

賞金額に幅があるのは、予選成績によって獲得賞金が変わるからです。

なお、ダブルスの場合は賞金額をペアで分けるので、一人当たりが獲得する優勝賞金は、シングルスがダブルスの約10倍ということになります。

ATPファイナルズ2019の賞金ルール

ATPファイナルズでは、出場するだけで賞金獲得、さらに1試合勝つごとに賞金が上乗せされます。

獲得賞金のルールは下表の通り。

ラウンド賞金
優勝予選分+$1,354,000
(+約1億4780万円)
準優勝予選分+$657,000
(+約7170万円)
決勝T初戦敗退
(ベスト4)
予選分
予選勝利
(1勝ごとに)
+$215,000
(+約2350万円)
予選出場$215,000
(約2350万円)
補欠$116,000
(約1270万円)

全勝優勝の場合の獲得賞金は287万1000ドル(約3億1210万円)。

決勝トーナメントに進出するためには最低でも予選で1勝が必要なので、最小の優勝賞金は前述の通り244万1000ドル(2億6540万円)ということになります。

 

最高額は、グランドスラムの全豪オープン2019での優勝賞金(410万豪ドル=約3億1000万円)に匹敵する高額です。

 

ATPファイナルズ2019 シングルス出場選手の獲得賞金

ATPファイナルズ2019・男子シングルスに出場した8選手の、それぞれの獲得賞金をランキングにしています(ラウンド毎に更新)。

順位選手名成績獲得賞金
(日本円)
1チチパス予選2勝
優勝
$2,656,000
(約2億8890万円)
2ティーム予選2勝
準優勝
$1,302,000
(約1億4160万円)
3フェデラー予選2勝
準決勝敗退
$645,000
(約7000万円)
3ズベレフ予選2勝
準決勝敗退
$645,000
(約7000万円)
3ナダル予選2勝
予選敗退
$645,000
(約7000万円)
6ベレッティーニ予選1勝
予選敗退
$430,000
(約4680万円)
6ジョコビッチ予選1勝
予選敗退
$430,000
(約4680万円)
8メドベージェフ予選0勝$215,000
(約2350万円)

 

ATPファイナルズの賞金総額推移

男子最終戦が上海のマスターズカップからロンドン開催のツアーファイナル(ATPファイナルズ)に変更されてからの、賞金総額推移は以下の通り。

賞金総額前年比
2009500万ドル+120万ドル
2010507万ドル+7万ドル
2011507万ドル変化なし
2012550万ドル+43万ドル
2013600万ドル+50万ドル
2014650万ドル+50万ドル
2015700万ドル+50万ドル
2016750万ドル+50万ドル
2017800万ドル+50万ドル
2018850万ドル+50万ドル
2019900万ドル+50万ドル

見ての通り、ここ最近は毎年50万ドル(約5400万円)ずつ増加傾向にあります。

ロンドン開催は2020年が最後で、2021年からはトリノに会場が移されるATPファイナルズ。

賞金額が今後どのように変化していくのかにも注目していきたいと思います。

 

以上、ATPファイナルズの賞金についてでした!