2022年の朝日杯フューチュリティステークス(朝日杯FS)について、最新オッズ・予想、出走馬の枠順・出走予定、テレビ放送・ネット中継の情報、結果速報などをまとめています。

朝日杯フューチュリティステークス2022の日程・出走予定

2022年の朝日杯フューチュリティステークスは12月18日()に、阪神競馬場で開催されます。

コース:1,600メートル(芝・右 外)、11R

発走予定時刻は15:40頃です。

朝日杯フューチュリティステークス2022 出走馬、騎手、枠順

朝日杯フューチュリティステークス2022に出走予定の出走馬・騎手の一覧です(馬番の「B」はブリンカー装着)。

馬番 馬名 性齢/毛色 負担重量 騎手名
1 1 キョウエイブリッサ 牡2/鹿 55.0kg 川須 栄彦
1 2 ドルチェモア 牡2/鹿 55.0kg 坂井 瑠星
2 3 オールパルフェ 牡2/鹿 55.0kg 大野 拓弥
2 4 ドンデンガエシ 牡2/鹿 55.0kg 横山 典弘
3 5 バグラダス 牡2/鹿 55.0kg 吉田 隼人
3 6 ミシェラドラータ 牡2/鹿 55.0kg 酒井 学
4 7 オオバンブルマイ 牡2/鹿 55.0kg C.ルメール
4 8 グラニット 牡2/鹿 55.0kg 松山 弘平
5 9 ニシノベストワン 牡2/黒鹿 55.0kg 藤岡 佑介
5 10 ウメムスビ 牡2/黒鹿 55.0kg 角田 大河
6 11 (外)ティニア 牡2/黒鹿 55.0kg 福永 祐一
6 12 ダノンタッチダウン 牡2/鹿 55.0kg 川田 将雅
7 13 スズカダブル 牡2/栗 55.0kg 鮫島 克駿
7 14 (外)レイベリング 牡2/鹿 55.0kg 横山 武史
8 15 (外)フロムダスク 牡2/黒鹿 55.0kg 武 豊
8 16 コーパスクリスティ 牡2/栗 55.0kg D.イーガン
8 17 エンファサイズ 牡2/鹿 55.0kg 藤岡 康太

朝日杯フューチュリティステークス2022のオッズ・AI予想・展開予想

朝日杯フューチュリティステークスのオッズは以下の通り。(最終更新:12/18 13:30)

JRA公式掲載のオッズ

  • 12 ダノンタッチダウン 3.7
  • 2 ドルチェモア 3.8
  • 14 レイベリング 6.4
  • 3 オールパルフェ 8.6
  • 7 オオバンブルマイ 11.0
  • 16 コーパスクリスティ 16.7
  • 11 ティニア 18.7
  • 5 バグラダス 25.6
  • 17 エンファサイズ 35.7
  • 4 ドンデンガエシ 41.6
  • 8 グラニット 43.6
  • 15 フロムダスク 64.3
  • 13 スズカダブル 69.2
  • 10 ウメムスビ 74.8
  • 9 ニシノベストワン 84.7
  • 1 キョウエイブリッサ 143.8
  • 6 ミシェラドラータ 244.9

リアルタイムのオッズは下記ページをご確認ください。

JRA日本中央競馬会

ブックメーカー「bet365」のオッズ

  • 2 ドルチェモア 3.4
  • 12 ダノンタッチダウン 3.4
  • 14 レイベリング 7.0
  • 3 オールパルフェ 8.0
  • 7 オオバンブルマイ 11.0
  • 16 コーパスクリスティ 17.0
  • 11 ティニア 23.0
  • 5 バグラダス 34.0
  • 17 エンファサイズ 41.0
  • 4 ドンデンガエシ 51.0
  • 8 グラニット 51.0
  • 13 スズカダブル 81.0
  • 9 ニシノベストワン 101.0
  • 15 フロムダスク 101.0
  • 10 ウメムスビ 126.0
  • 1 キョウエイブリッサ 151.0
  • 6 ミシェラドラータ 331.0

リアルタイムのオッズは下記ページをご確認ください。

bet365 - オンラインスポーツベッティング

朝日杯フューチュリティステークス2022のAI予想

競馬予想AI「VUMA」は、◎【3】オールパルフェ、○【14】レイベリング、▲【2】ドルチェモアと予想しています。買い目など詳細はスポーツナビのアプリ(無料)でご確認ください。

そこで今週の朝日杯フューチュリティステークスはどうだろう? 阪神JFと同じく今週も川田将雅騎手(ダノンタッチダウン)、坂井瑠星騎手(ドルチェモア)、横山武史騎手(レイベリング)の騎乗馬に人気が集まりそうだが、競馬予想AI『VUMA』はそれら人気馬同士で決まると見ているのか、それともヒモ穴、あるいは大波乱か。その最終決断と予想傾向にも注目したい。

朝日杯FSも波乱か、一転平穏か…AIがズバリ解答 2歳マイル王に指名したのは勢い◎のあの馬だ! - スポーツナビ

 

他にもnetkeiba.com「Aiエスケープ」の予想などもあります。

【Aiエスケープ】人気予想家!お気に入り登録18,500人!! | 競馬予想・ウマい馬券(無料お試しアリ)

 

また、有料ですが国内最大級の競馬情報サイト「netkeiba.com」でも専門家による予想をチェック可能です。

朝日杯FS(G1) 予想 | 2022年12月18日 阪神11R レース情報(JRA) - netkeiba.com

 

ユーチューブにて展開予想動画や分析動画など、いくつか見つかっておりますので合わせてご紹介します。

粗品の予想

元天才ジョッキー・田原成貴の「展開予想」

朝日杯フューチュリティステークス2022 全頭診断

「亀谷敬正のGIアプローチ」過去の傾向分析・今年の注目馬

朝日杯フューチュリティステークス2022のテレビ放送(地上波/BS/CS)、ネット中継(ライブ/見逃し配信)、ラジオ

朝日杯フューチュリティステークス2022はテレビ放送、ネット中継、ラジオ中継とも予定されており、無料視聴が可能です。

地上波テレビ放送 中継予定

地上波テレビ放送は「フジテレビ」にて生中継が予定されています(関東ローカル、地デジ 8チャンネル)。

  • 12/18() 15:00〜16:00「みんなのKEIBA」

【番組MC】DAIGO、佐野瑞樹(フジテレビアナウンサー)、堤礼実(フジテレビアナウンサー)
【解説者】井崎脩五郎、細江純子

 

また、「関西テレビ」でも生中継が予定されています(近畿ローカル、地デジ 8チャンネル)。

  • 12/18() 15:00〜16:00「競馬BEAT」

【MC】杉崎美香
【競馬BEATファミリー】赤星憲広、田中道子
【解説】坂口正大(元調教師)、高橋賢司(競馬エイト)、安藤勝己(元騎手)
【スタジオ】岡安譲(関西テレビアナウンサー)

BS放送 中継予定

BS放送は「BSフジ」にて生中継が予定されています。

  • 12月18日() 15:00~16:00「BSスーパーKEIBA」

【ゲスト】ほのか
【解説】吉田均(競馬エイト)
【司会】青嶋達也(フジテレビアナウンサー)、小澤陽子(フジテレビアナウンサー)

CS放送 中継予定

CS放送は、「グリーンチャンネル」にて放送が予定されています(有料)。

  • 12月18日() 13:00~17:00

【キャスター】伊藤政昭、栗林さみ
【パドック解説】
【阪神】前半:水谷圭助(夕刊フジ)/後半:勝羽太郎(日刊ゲンダイ)

ネット中継 配信予定

「グリーンチャンネルWeb」にてライブ配信があります。

「グリーンチャンネルWeb」は、グリーンチャンネルのテレビ中継内容を、スマートフォン、タブレット、パソコンなどのデバイスで視聴できる月額会員制のサービスです。

  • スマホ会員プラン:550円/月
  • マルチ会員プラン:1,100円/月

グリーンチャンネルWeb(公式サイト)

グリーンチャンネルWebとは

ラジオ放送 中継予定

「ラジオNIKKEI第2」にて、朝日杯フューチュリティステークスの実況中継があります。

  • 12月18日() 9:30〜16:45

中央競馬実況中継|競馬|ラジオNIKKEI(公式ページ)

朝日杯フューチュリティステークス2022の結果速報、過去の優勝結果一覧

着順 馬番 馬名 着差
1 1 2 ドルチェモア 1:33.9
2 6 12 ダノンタッチダウン クビ
3 7 14 レイベリング クビ
4 1 1 キョウエイブリッサ 1 1/4
5 3 5 バグラダス 3/4
6 2 3 オールパルフェ 3/4
7 4 7 オオバンブルマイ 1/2
8 6 11 ティニア
9 8 16 コーパスクリスティ 1/2
10 4 8 グラニット 1/2
11 5 9 ニシノベストワン クビ
12 2 4 ドンデンガエシ 1/2
13 7 13 スズカダブル 1/2
14 3 6 ミシェラドラータ クビ
15 5 10 ウメムスビ
16 8 15 フロムダスク 1/2
17 8 17 エンファサイズ クビ

JRA日本中央競馬会(公式発表)

朝日杯フューチュリティステークス過去の結果一覧

優勝馬
第73回 2021年 ドウデュース
第72回 2020年 グレナディアガーズ
第71回 2019年 サリオス
第70回 2018年 アドマイヤマーズ
第69回 2017年 ダノンプレミアム
第68回 2016年 サトノアレス
第67回 2015年 リオンディーズ
第66回 2014年 ダノンプラチナ
第65回 2013年 アジアエクスプレス
第64回 2012年 ロゴタイプ
第63回 2011年 アルフレード

 

 

以上、2022年の朝日杯フューチュリティステークスについてでした!