全米オープンテニスの賞金はいくら?|2022年大会の総額、優勝賞金、日本円内訳と過去の賞金額推移

全米オープンテニス(US Open)の賞金について、2022年の大会総額、優勝賞金、各ラウンドでの日本円内訳と過去の賞金額推移をまとめています。

グランドスラムの全米オープンは、日本円で60億円超の賞金総額を誇る、現在行われている中で最も賞金の多いテニス大会です。

他の大会同様、2020年の全米オープン賞金額はコロナ禍で減少しましたが、2021年の総額は増額で過去最多を更新2022年には更に過去最多を更新しています。

2020年の賞金は減額
新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響などにより、2020年大会の賞金は減額。
 賞金は発表当時の為替で計算しています。

全米オープンテニス2022の賞金総額

全米オープンテニス2022の賞金総額は6010万2000ドル(約85億6480万円)で、男子・女子とも同額なので各大会の総額は3005万1000ドル(約42億8240万円)です。

2022年の賞金総額
6010万2000ドル(85億6480万円)
(参考)2021年の賞金総額
5746万2000ドル(63億1020万円)
(参考)2020年の賞金総額
5340万2000ドル(56億720万円)

2022年は円安傾向の影響も受けて、日本円の金額は跳ね上がっています。

 

ちなみに、全米オープンで男女とも同じ賞金になったのは1973年のこと。

他のグランドスラム3大会年がいずれも2000年以降だったことから、全米オープンだけがいかに特殊かが分かります(全豪が2001年、全仏・ウィンブルドンは2007年に賞金総額が男女同じに)。

全米オープン2022の優勝賞金

全米オープン2022のシングルス、ダブルスそれぞれの優勝賞金は次の通り。

2022年の優勝賞金
男女シングルス:260万ドル(3億7050万円)
男女ダブルス:68万8000ドル(9800万円)
混合ダブルス:16万3000ドル(2320万円)
(参考)2021年の優勝賞金
男女シングルス:250万ドル(2億7440万円)
男女ダブルス:66万ドル(7240万円)
混合ダブルス:16万ドル(1770万円)
(参考)2020年の優勝賞金
男女シングルス:300万ドル(3億1500万円)
男女ダブルス:40万ドル(4200万円)
混合ダブルス:開催なし

ダブルスは賞金額をペアで分けるので、選手一人当たりが獲得する優勝賞金は半減します。

全米オープン2022 各ラウンドの獲得賞金

全米オープン2022の1回戦敗退〜優勝までの各ラウンドの獲得賞金一覧です。

シングルスの賞金ブレークダウン

ラウンド 2022年 2021年
優勝 $2,600,000
(3億7050万円)
$2,500,000
(2億7440万円)
準優勝 $1,300,000
(1億8530万円)
$1,250,000
(1億3720万円)
準決勝
(ベスト4)
$705,000
(1億50万円)
$675,000
(7410万円)
準々決勝
(ベスト8)
$445,000
(6340万円)
$425,000
(4670万円)
4回戦
(ベスト16)
$278,000
(3960万円)
$265,000
(2910万円)
3回戦 $188,000
(2680万円)
$180,000
(1980万円)
2回戦 $121,000
(1720万円)
$115,000
(1260万円)
1回戦 $80,000
(1140万円)
$75,000
(820万円)

テニスの四大大会の一つ 全米オープンでは、1回戦敗退でも600万円を超える賞金が獲得できます。

2021年大会では初戦敗退の賞金額が過去最高の7万5000ドル(800万円超)。

さらに2022年大会には、初戦敗退の賞金額が過去最高の8万ドルに。円安の影響もあって日本円では史上初の1000万円超(約1140万円)となっています。

ダブルスの賞金ブレークダウン

ラウンド 2022年 2021年
優勝 $688,000
(9800万円)
$660,000
(7240万円)
準優勝 $344,000
(4900万円)
$330,000
(3620万円)
準決勝
(ベスト4)
$172,000
(2450万円)
$164,000
(1800万円)
準々決勝
(ベスト8)
$97,500
(1390万円)
$93,000
(1020万円)
3回戦 $56,400
(800万円)
$54,000
(590万円)
2回戦 $35,800
(510万円)
$34,000
(370万円)
1回戦 $21,300
(300万円)
$20,000
(220万円)

全米オープン 賞金総額の推移

2010年以降の全米オープン賞金総額推移は以下の通り。

賞金総額 増加率
2022 $60,102,000 4.59%
2021 $57,462,000 7.60%
2020 $53,402,000 -6.70%
2019 $57,238,700 13.20%
2018 $50,565,840 0.20%
2017 $50,464,800 8.99%
2016 $46,303,400 9.59%
2015 $42,253,400 10.46%
2014 $38,251,760 11.68%
2013 $34,252,000 34.18%
2012 $25,526,000 7.62%
2011 $23,718,000 4.63%
2010 $22,668,000 4.63%

2018年のみほぼ横ばいでしたが、それ以外は毎年のように賞金が増額の全米オープン。

特に2013年は、ウィンブルドンが40%を超える「プロテニス史上最大となる増額」を起こしたのを受けて、同年3月頃に発表されていた予定金額を変更し、約34%アップという大幅増を敢行しました。

当時のシングルス優勝賞金260万ドルは史上最高額で、それから2019年までは毎年史上最高額を更新していました。

 

2020年は新型コロナウイルスの影響で、ダブルスのドロー減少とシングルス予選無しという形を余儀なくされました。

その代わりに、COVID-19パンデミック後の選手への財政的救済活動を公約した全米オープンは、660万ドル(約6億9300万円)をプレイヤー・リリーフ・ファンドとして用意し、収入機会減少選手への救済措置を行い話題になりました。

全米オープンテニス シングルス優勝賞金の推移

2011年以降の、全米オープン・シングルスの優勝賞金額推移は以下の通り。

日本円の金額は当時の為替での計算結果で、増加率はドル基準です。

シングルス優勝賞金 増加率
2022 $2,600,000
(約3億7050万円)
4.00%
2021 $2,500,000
(約2億7440万円)
-16.67%
2020 $3,000,000
(約3億1500万円)
-22.1%
2019 $3,850,000
(約4億1580万円)
1.32%
2018 $3,800,000
(約4億2180万円)
2.70%
2017 $3,700,000
(約4億330万円)
5.71%
2016 $3,500,000
(約3億5350万円)
6.06%
2015 $3,300,000
(約3億9600万円)
10.00%
2014 $3,000,000
(約3億1800万円)
15.38%
2013 $2,600,000
(約2億6000万円)
36.84%
2012 $1,900,000
(約1億4820万円)
5.56%
2011 $1,800,000
(約1億3860万円)
5.88%
2010 $1,700,000
(約1億4450万円)
6.25%

2020年大会こそコロナ禍の影響で減少しましたが、ここ最近はシングルスで優勝すると日本円にして4億円を超える超高額賞金の全米オープン。

...でしたが、2021年大会も10%を超える減額となり、日本円では3億円に届かなくなりました。

2022年に円安で日本円3億円超えに戻るも、ドルでの金額は過去の水準には戻っていません。

 

過去10年間の日本円での最高額は約4億2180万円(2018年)で、これは大坂なおみが当時獲得した賞金額です。

 

なお、日本人男子初のグランドスラム決勝進出を果たした錦織圭も、2014年の準優勝で145万ドル(当時の為替で約1億5370万円)を手にしました。

賞金レースで世界を牽引する全米オープンテニス、今後の増え幅にも注目です。

 

以上、テニスのグランドスラム「全米オープンテニス」の賞金まとめでした!