本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

2023年4月スタートのNHK連続テレビ小説=朝ドラ「らんまん」について、無料見逃し配信、再放送の視聴方法と、あらすじ&ネタバレ、キャスト、視聴率などをまとめています。

目次

朝ドラ「らんまん」の再放送|NHK連続テレビ小説

テレビ再放送は、以下の通りです。

NHK総合

  • 毎週(月)~() 12:45~13:00 ※(月)~(金)は当日放送分の再放送、()は一週間の振り返り
  • 毎週() 11:00~11:15、翌(月)4:45~5:00 ※毎週()と翌週(月)は、()放送分の再放送

NHK BSプレミアム、NHK BS4K

  • 毎週() 9:25~10:40 ※(月)~(金)放送分を一挙再放送

なお、「リアタイで見られなかった」「録画し損ねた」「後から気になっていて見たい」などの方は、無料視聴も可能な見逃し配信をチェックしてください。

見逃し配信・ネットライブ中継

地上波テレビ放送と同時配信される「NHK+」では、1週間限定の見逃しも用意されています。

また、無料期間終了後には「NHKオンデマンド」でも視聴可能です。

NHKプラス

PCやスマホでいつでもどこでも楽しめるサービスNHK+(エヌエイチケイ・プラス)」にて、総合・Eテレで放送中の番組の同時中継が行われます。

さらに、放送後1週間までの期間限定で見逃し配信もアーカイブに残されます。

 

NHKプラスは放送受信契約のある方は追加費用無しで、1つの放送受信契約に対し、1つID登録ができます。

登録後すぐに視聴可能ですので、是非この機会にご利用ください。

NHK+(公式サイト)

NHKオンデマンド

NHKの番組をネット配信でいつでも見られるサービス、NHKオンデマンド。

NHKオンデマンド(公式サイト)

NHKオンデマンドは、1番組だけであれば110円税込〜、月額見放題パックは990円税込で登録いただけます(お得に見るにはU-NEXT申し込みが必要です)。

U-NEXT(NHKオンデマンドをお得に見る方法)

U-NEXT(ユーネクスト)は、2007年に始まった動画配信サービス(VODサービス)。

現在は映画 / ドラマ / アニメなどの動画だけではなく、マンガ / ラノベ / 書籍 / 雑誌など幅広いコンテンツを配信中で、見放題の動画は約30万本、最近まで映画館でやっていたような話題の映画やドラマも目白押しです。

 

U-NEXTは月額2,189円(税込)のVODサービスですが、31日間の無料お試しがあります。

また、新規登録の無料トライアルで600円分のポイントもプレゼントされるため付与されるポイントを利用することでNHKオンデマンドをお得に視聴できます。

U-NEXT(ユーネクスト公式サイト)

朝ドラ「らんまん」のあらすじ・ネタバレ・感想|1話〜最終回まで

以下、ドラマ「らんまん」第1週目のあらすじ、ネタバレ、感想についてまとめています。

らんまんはこんなドラマ

好きなもののため、夢のため、一途に情熱的に突き進んでいく!
春らんまんの明治の世を舞台に、植物学者・槙野万太郎の大冒険をお届けします!!

連続テレビ小説108作目『らんまん』は高知県出身の植物学者・牧野富太郎の人生をモデルとしたオリジナルストーリー。
その喜びと発見に満ちた生命力あふれる人生を、美しい草花の情景とともに描き、日本の朝に癒しと感動のひとときをお届けします。
時代は幕末から明治、そして激動の大正・昭和へ ―
そんな混乱の時代の渦中で、愛する植物のために一途に情熱的に突き進んだ主人公・槙野万太郎(神木隆之介)と
その妻・寿恵子(浜辺美波)の波乱万丈な生涯を描きます。

第1週「バイカオウレン」のあらすじ/4月3日(月)~4月7日(金)

春らんまんの明治の世を天真らんまんに駆け抜けた植物学者・槙野万太郎(神木隆之介)の物語がはじまる―。土佐の酒蔵・峰屋の跡取りとして生まれた万太郎(森優理斗)は草花が大好きな男の子。生まれつき病弱ですぐに熱を出して倒れてしまう。「万太郎はいっそ生まれてこなければよかった」という親戚の心ない言葉に深く傷ついた万太郎は、病床の母ヒサ(広末涼子)の制止を振りきって家を飛び出してしまう。そして、行き着いた裏山の神社で自らを「天狗」と名乗る謎の武者との不思議な出会いを果たす。

第1週「バイカオウレン」 (1)のあらすじ 放送日: 2023年4月3日

春らんまんの明治の世を天真らんまんに駆け抜けた植物学者・槙野万太郎(神木隆之介)の物語がいよいよスタートします!!

第1週「バイカオウレン」 (2)のあらすじ 放送日: 2023年4月4日

親戚の心ない言葉に傷ついた万太郎(森優理斗)は家を飛び出してしまう。裏山の神社へ行くと、自らを“天狗”と名乗る謎の武者(ディーン・フジオカ)が現れて…

第1週「バイカオウレン」 (3)のあらすじ 放送日: 2023年4月5日

坂本龍馬(ディーン・フジオカ)との衝撃の出会いを果たした万太郎(森優理斗)。龍馬からの言葉に生きる希望をもらい、いっそう草花への想いを強くする。

第1週「バイカオウレン」 (4)のあらすじ 放送日: 2023年4月6日

秋、今年も酒造りの季節がやってきた。姉の綾(太田結乃)は万太郎(森優理斗)を追いかけて、女人禁制の酒蔵に足を踏み入れてしまう。

第1週「バイカオウレン」 (5)のあらすじ 放送日: 2023年4月7日

万太郎(森優理斗)は病床の母ヒサ(広末涼子)を元気づけようと、ヒサの好きなバイカオウレンの花を探して、立ち入りを禁じられた山の奥深くへと足を踏み入れてしまう。

第2週「キンセイラン」のあらすじ/4月10日(月)~4月14日(金)

第2週「キンセイラン」 (6)のあらすじ 放送日: 2023年4月10日

9歳になった万太郎(小林優仁)は、相変わらず草花に夢中。武家の子らが通う学問所への入学を許されるも、気が進まない万太郎は…

第2週「キンセイラン」 (7)のあらすじ 放送日: 2023年4月11日

入学初日から武家の子らにいじめられた万太郎(小林優仁)は、授業を放棄して帰ろうする。そこに現れたのは朝、門前で出会った謎の男(寺脇康文)だった。

第2週「キンセイラン」 (8)のあらすじ 放送日: 2023年4月12日

たくさんの草花の名が書かれた本があると知った万太郎(小林優仁)。学頭・池田蘭光(寺脇康文)から学ぶ楽しさを教わり、めきめきと頭角を現していく。

第2週「キンセイラン」 (9)のあらすじ 放送日: 2023年4月13日

新政府による小学校の開校にともない学問所は廃止されることに。蘭光(寺脇康文)は落ち込む万太郎(小林優仁)を最後の課外授業につれていく。

第2週「キンセイラン」 (10)のあらすじ 放送日: 2023年4月14日

新設された小学校に通い始めた万太郎(小林優仁)だが、授業がつまらなくてしかたがない。授業を聞かずに植物図や校庭の草花に夢中になって先生に叱られた万太郎は…

第3週「ジョウロウホトトギス」のあらすじ/4月17日(月)~4月21日(金)

第3週「ジョウロウホトトギス」 (11)のあらすじ 放送日: 2023年4月17日

18歳になった万太郎(神木隆之介)は相変わらず植物の研究に没頭する日々を送っていた。ある日、峰屋の酒を東京で開かれる博覧会に出品しないか、との話が舞い込む。

第3週「ジョウロウホトトギス」 (12)のあらすじ 放送日: 2023年4月18日

東京行きを控えた万太郎(神木隆之介)は、博覧会よりも憧れの学者に会うことが楽しみ。酒造りに惹かれる綾(佐久間由衣)は、蔵人の幸吉(笠松将)に相談をもちかける。

第3週「ジョウロウホトトギス」 (13)のあらすじ 放送日: 2023年4月19日

万太郎(神木隆之介)は上野の博覧会会場で、のちに人生の伴侶となる寿恵子(浜辺美波)と運命の出会いを果たす。

第3週「ジョウロウホトトギス」 (14)のあらすじ 放送日: 2023年4月20日

万太郎(神木隆之介)は、旅の最大の目的である博物館を訪問。憧れの植物学者、野田基善(田辺誠一)と里中芳生(いとうせいこう)に出会い、大きな刺激を受けるのだった。

第3週「ジョウロウホトトギス」 (15)のあらすじ 放送日: 2023年4月21日

植物の研究にますます心を惹かれる万太郎に、竹雄(志尊淳)は不安な心のうちをぶつける。東京滞在の最後の夜、万太郎は寿恵子(浜辺美波)にもう一度会いたいと願う。

第4週「ササユリ」のあらすじ/4月24日(月)~4月28日(金)

第4週「ササユリ」 (16)のあらすじ 放送日: 2023年4月24日

高知に戻った万太郎(神木隆之介)は、道すがら自由について演説する男(宮野真守)を見かける。帰宅した万太郎はタキ(松坂慶子)に植物の研究はやめると告げる。

第4週「ササユリ」 (17)のあらすじ 放送日: 2023年4月25日

竹雄(志尊淳)から、万太郎(神木隆之介)の植物への想(おも)いを聞いたタキ(松坂慶子)は、ある決意を固める。それは万太郎と綾(佐久間由衣)を夫婦にすることだった

第4週「ササユリ」 (18)のあらすじ 放送日: 2023年4月26日

万太郎(神木隆之介)と竹雄(志尊淳)は綾(佐久間由衣)を探し、自由民権運動の集会場にたどり着く。そこでは早川逸馬(宮野真守)が「自由」について演説をしていて…

第4週「ササユリ」 (19)のあらすじ 放送日: 2023年4月27日

万太郎(神木隆之介)を気に入った早川逸馬(宮野真守)は、万太郎をジョン万次郎(宇崎竜童)に会わせに行く。一方、綾(佐久間由衣)は竹雄(志尊淳)に心の内を明かす。

第4週「ササユリ」 (20)のあらすじ 放送日: 2023年4月28日

逸馬(宮野真守)と共に、ジョン万次郎(宇崎竜童)のもとを訪れた万太郎(神木隆之介)。人生は短い、後悔はしないように、との万次郎の言葉に万太郎は決意を新たにする。

第5週「キツネノカミソリ」のあらすじ/5月1日(月)~5月5日(金・祝)

第5週「キツネノカミソリ」 (21)のあらすじ 放送日: 2023年5月1日

自分の生きたい道を進むと心に誓った万太郎(神木隆之介)と綾(佐久間由衣)は、佐川に帰る前に早川逸馬(宮野真守)の演説会に参加する。しかし、警官隊が乱入し・・・

第5週「キツネノカミソリ」 (22)のあらすじ 放送日: 2023年5月2日

演説会に参加し、収監されてしまった万太郎(神木隆之介)。厳しい取り調べを受けている逸馬(宮野真守)のもとに連れていかれ、仲間だと認めろと問い詰められるが・・・

第5週「キツネノカミソリ」 (23)のあらすじ 放送日: 2023年5月3日

佐川に戻った万太郎(神木隆之介)と綾(佐久間由衣)は、タキ(松坂慶子)に自分たちが進みたい道について話す。タキの答えは・・・

第5週「キツネノカミソリ」 (24)のあらすじ 放送日: 2023年5月4日

万太郎(神木隆之介)は峰屋の面々に、春になったら東京へ行き、植物学の道へ進むこと、そして峰屋は綾(佐久間由衣)に任せることを伝える。

第5週「キツネノカミソリ」 (25)のあらすじ 放送日: 2023年5月5日

万太郎(神木隆之介)に別れを告げられ、戸惑う竹雄(志尊淳)。タキ(松坂慶子)に相談するも「自分で決めて良い」と言われ、悩んだ竹雄が下した決断は!?

第6週「ドクダミ」のあらすじ/5月8日(月)~5月12日(金)

第6週「ドクダミ」 (26)のあらすじ 放送日: 2023年5月8日

東京に着いた万太郎(神木隆之介)と竹雄(志尊淳)。博物館の野田(田辺誠一)や里中(いとうせいこう)、名教館時代の学友・佑一郎(中村蒼)と久しぶりの再会を果たす。

第6週「ドクダミ」 (27)のあらすじ 放送日: 2023年5月9日

下宿探しの為、東京の町をさまよう万太郎(神木隆之介)と竹雄(志尊淳)。怪しい男(大東駿介)に目を付けられてしまい、大事な植物標本を盗まれてしまう。

第6週「ドクダミ」 (28)のあらすじ 放送日: 2023年5月10日

植物標本を燃やそうとする倉木(大東駿介)に、万太郎(神木隆之介)は金を払うから返してほしいと交渉する。標本は取り戻せるのか!?

第6週「ドクダミ」 (29)のあらすじ 放送日: 2023年5月11日

十徳長屋に住むことを決めた万太郎(神木隆之介)と竹雄(志尊淳)。差配人のりん(安藤玉恵)や福治(池田鉄洋)ら愉快な住人たちと共に、東京での生活をスタートさせる。

第6週「ドクダミ」 (30)のあらすじ 放送日: 2023年5月12日

万太郎(神木隆之介)は、東京での生活が落ち着いたことをタキ(松坂慶子)に報告。そして、近所の和菓子屋で寿恵子(浜辺美波)と再会! 二人の恋が動き出す!?

第7週「ボタン」のあらすじ/5月15日(月)~5月19日(金)

第7週「ボタン」 (31)のあらすじ 放送日: 2023年5月15日

寿恵子(浜辺美波)は叔母のみえ(宮澤エマ)から、鹿鳴館の開館に向けてダンスを習わないかと誘われる。反対する母まつ(牧瀬里穂)をよそに、寿恵子は…

第7週「ボタン」 (32)のあらすじ 放送日: 2023年5月16日

万太郎(神木隆之介)は、ついに東京大学植物学教室の門を叩き、教授の田邊(要潤)や助教授の徳永(田中哲司)らと運命の出会いを果たす。

第7週「ボタン」 (33)のあらすじ 放送日: 2023年5月17日

万太郎(神木隆之介)は、教授の田邊(要潤)に大学へ出入りをさせてもらえないかと懇願。助教授の徳永(田中哲司)らが猛反対する中、田邊の出した答えは!?

第7週「ボタン」 (34)のあらすじ 放送日: 2023年5月18日

万太郎(神木隆之介)は大学への出入りを許され、竹雄(志尊淳)も仕事が決まり、二人は一安心。翌朝、万太郎は菓子を買うため寿恵子(浜辺美波)の店に立ち寄るが…

第7週「ボタン」 (35)のあらすじ 放送日: 2023年5月19日

大学に通い始めた万太郎(神木隆之介)。植物の知識の深さや植物画の巧みさに、田邊(要潤)や学生らは驚く。万太郎はボタンの花を描き、寿恵子(浜辺美波)の元へ向かう。

第8週「シロツメクサ」のあらすじ/5月22日(月)~5月26日(金)

第8週「シロツメクサ」 (36)のあらすじ 放送日: 2023年5月22日

寿恵子(浜辺美波)は、まつ(牧瀬里穂)に「鹿鳴館へ行ってみたい」と打ち明けるが、反対されてしまう。一方、万太郎(神木隆之介)は東京大学植物学教室に通い始めるが…

第8週「シロツメクサ」 (37)のあらすじ 放送日: 2023年5月23日

万太郎(神木隆之介)は、植物学教室の皆によそ者扱いされ孤立する。落ち込む万太郎は、りん(安藤玉恵)を誘って竹雄(志尊淳)が働く店へ行く。

第8週「シロツメクサ」 (38)のあらすじ 放送日: 2023年5月24日

気持ちを新たにした万太郎(神木隆之介)は、倉木(大東駿介)に案内を頼み植物採集に行く。生き生きと植物に向き合う万太郎の姿に、学生たちにも変化が現れる。

第8週「シロツメクサ」 (39)のあらすじ 放送日: 2023年5月25日

万太郎(神木隆之介)は学生たちから田邊(要潤)の知られざる一面を聞く。その後、寿恵子(浜辺美波)のために植物画を描いていた万太郎は、とんでもないことを思いつく!

第8週「シロツメクサ」 (40)のあらすじ 放送日: 2023年5月26日

万太郎(神木隆之介)は「植物図鑑を作る」という壮大な夢に向かって動き始める。一方、寿恵子(浜辺美波)は実業家・高藤(伊礼彼方)の元へ菓子を届けに行くが…

第9週「ヒルムシロ」のあらすじ/5月29日(月)~6月2日(金)

第9週「ヒルムシロ」 (41)のあらすじ 放送日: 2023年5月29日

植物学雑誌の創刊のため、田邊(要潤)の許可を得たい万太郎(神木隆之介)だが…。一方、寿恵子は、実業家の高藤(伊礼彼方)から舞踏練習会に参加しないかと誘われる。

第9週「ヒルムシロ」 (42)のあらすじ 放送日: 2023年5月30日

厳しい課税に苦しむ峰屋。タキ(松坂慶子)は万太郎(神木隆之介)には知らせないよう綾(佐久間由衣)に口止めする。一方、万太郎は田邊(要潤)と話す機会を得て…

第9週「ヒルムシロ」 (43)のあらすじ 放送日: 2023年5月31日

植物採集に行った万太郎(神木隆之介)は珍しい水草(ヒルムシロ)を持ち帰る。ある日、田邊(要潤)に同行し演奏会に行くと、そこに寿恵子(浜辺美波)の姿を発見し…!

第9週「ヒルムシロ」 (44)のあらすじ 放送日: 2023年6月1日

高藤(伊礼彼方)に抱きかかえられる寿恵子(浜辺美波)の姿を見てしまった万太郎(神木隆之介)。思わぬ流れで田邊(要潤)から雑誌創刊の許可を得られたが、頭の中は…

第9週「ヒルムシロ」 (45)のあらすじ 放送日: 2023年6月2日

寿恵子(浜辺美波)のことが頭から離れず調子の出ない万太郎。りん(安藤玉恵)、えい(成海璃子)、ゆう(山谷花純)に励まされ、白梅堂へと走りだす!

第10週「ノアザミ」のあらすじ/6月5日(月)~6月9日(金)

第10週「ノアザミ」 (46)のあらすじ 放送日: 2023年6月5日

万太郎(神木隆之介)は、石版印刷の技術を学ぶため、大畑(奥田瑛二)が営む印刷所へ行く。一方、寿恵子(浜辺美波)は白梅堂にしばらく来ない万太郎のことが気になって…

第10週「ノアザミ」 (47)のあらすじ 放送日: 2023年6月6日

万太郎(神木隆之介)が印刷所で働くことを知った竹雄(志尊淳)は反対する。寿恵子(浜辺美波)はまつ(牧瀬里穂)に万太郎が来たら渡してほしいと八犬伝の本を預ける。

第10週「ノアザミ」 (48)のあらすじ 放送日: 2023年6月7日

竹雄(志尊淳)は、万太郎(神木隆之介)の夢を応援するため、これからは「若」ではなく「万太郎」と呼ぶことを宣言。寿恵子(浜辺美波)は高藤(伊礼彼方)に呼び出され…

第10週「ノアザミ」 (49)のあらすじ 放送日: 2023年6月8日

万太郎(神木隆之介)が大畑(奥田瑛二)の印刷所に通い始めて3週間。万太郎に会いたい寿恵子(浜辺美波)は、意を決して大学へ向かう。

第10週「ノアザミ」 (50)のあらすじ 放送日: 2023年6月9日

万太郎(神木隆之介)はついに石版印刷で植物画を刷る。寿恵子(浜辺美波)はダンスの練習の帰り道に万太郎(神木隆之介)を見かけるが、思わず身を隠してしまう。

第11週「ユウガオ」のあらすじ/6月12日(月)~6月16日(金)

第11週「ユウガオ」 (51)のあらすじ 放送日: 2023年6月12日

竹雄(志尊淳)が働く店に寿恵子(浜辺美波)と高藤(伊礼彼方)がやってくる。寿恵子を高藤家に迎える計画を耳にした竹雄は、慌てて万太郎(神木隆之介)に伝えにいく。

第11週「ユウガオ」 (52)のあらすじ 放送日: 2023年6月13日

石版印刷の技術が身についた万太郎(神木隆之介)は、ついに植物学雑誌を印刷することに。しかし、田邊(要潤)にはある考えがあり、それを知った徳永(田中哲司)は…

第11週「ユウガオ」 (53)のあらすじ 放送日: 2023年6月14日

万太郎(神木隆之介)の植物学雑誌作りは佳境を迎える。寿恵子(浜辺美波)は、ダンス講師のクララ(アナンダ・ジェイコブズ)から、心のままに生きるように言われ…

第11週「ユウガオ」 (54)のあらすじ 放送日: 2023年6月15日

万太郎(神木隆之介)たちの植物学雑誌はついに完成。田邊教授(要潤)もその出来栄えを認める。万太郎は、大畑夫妻(奥田瑛二・鶴田真由)に一世一代の依頼をする。

第11週「ユウガオ」 (55)のあらすじ 放送日: 2023年6月16日

万太郎(神木隆之介)の釣書を手に、大畑(奥田瑛二)は白梅堂へと向かう。この日は舞踏練習会の発足式。高藤(伊礼彼方)と踊る寿恵子(浜辺美波)は、ある決断をする。

第12週「マルバマンネングサ」のあらすじ/6月19日(月)~6月23日(金)

第12週「マルバマンネングサ」 (56)のあらすじ 放送日: 2023年6月19日

万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)は、気持ちを確かめ合い、共に生きていく決意を固める。竹雄(志尊淳)、丈之助(山脇辰哉)ら長屋の皆も大喜び! おめでとう!

第12週「マルバマンネングサ」 (57)のあらすじ 放送日: 2023年6月20日

万太郎(神木隆之介)は白梅堂へ挨拶に行き、まつ(牧瀬里穂)から結婚の許しを得る。それから半年。万太郎、寿恵子(浜辺美波)、竹雄(志尊淳)は婚礼のため高知へ向かう

第12週「マルバマンネングサ」 (58)のあらすじ 放送日: 2023年6月21日

役人に詰め寄られる綾(佐久間由衣)を助ける万太郎(神木隆之介)。酒屋の厳しい現状を目の当たりにする。さらに、タキ(松坂慶子)の体調が思わしくないことを知り…

第12週「マルバマンネングサ」 (59)のあらすじ 放送日: 2023年6月22日

タキ(松坂慶子)は寿恵子(浜辺美波)に百人一首の勝負を挑む。万太郎(神木隆之介)はタキの異変に気付き…。竹雄(志尊淳)は綾(佐久間由衣)に改めて思いを告げる。

第12週「マルバマンネングサ」 (60)のあらすじ 放送日: 2023年6月23日

佐川にいる万太郎(神木隆之介)に大学から手紙が届く。万太郎が標本を送ったマルバマンネングサが新種と認められ、皆、大喜び。その話を聞いたタキ(松坂慶子)は…

第13週「ヤマザクラ」のあらすじ/6月26日(月)~6月30日(金)

第13週「ヤマザクラ」 (61)のあらすじ 放送日: 2023年6月26日

呉服商の主人(三山ひろし)から、思い出深いヤマザクラが病気だと聞いた万太郎(神木隆之介)は助けたいと考える。綾(佐久間由衣)は酒屋で組合を作ろうと計画する

第13週「ヤマザクラ」 (62)のあらすじ 放送日: 2023年6月27日

綾(佐久間由衣)と竹雄(志尊淳)は酒屋の組合を作ろうと奔走。万太郎(神木隆之介)はヤマザクラの研究に没頭しすぎて寿恵子(浜辺美波)に冷たくあたってしまい…

第13週「ヤマザクラ」 (63)のあらすじ 放送日: 2023年6月28日

横倉山にやってきた万太郎(神木隆之介)、寿恵子(浜辺美波)、竹雄(志尊淳)。竹雄は万太郎の助手の役目を引き継ぐため、寿恵子に植物採集の作法を教える。

第13週「ヤマザクラ」 (64)のあらすじ 放送日: 2023年6月29日

竹雄(志尊淳)は綾(佐久間由衣)と夫婦になることを報告。万太郎(神木隆之介)は心からの祝福と感謝を伝える。そして迎えた、万太郎と寿恵子(浜辺美波)、祝言の日!

第13週「ヤマザクラ」 (65)のあらすじ 放送日: 2023年6月30日

万太郎(神木隆之介)は祝言の席で、槙野家の一切を綾(佐久間由衣)と竹雄(志尊淳)に譲ると伝える。納得のいかない分家たちにタキ(松坂慶子)は…

第14週「ホウライシダ」のあらすじ/7月3日(月)~7月7日(金)

第14週「ホウライシダ」 (66)のあらすじ 放送日: 2023年7月3日

万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)、長屋での新婚生活が始まる。大学も新学期。万太郎が高知で珍しい植物を採集したことを知った田邊(要潤)は…

第14週「ホウライシダ」 (67)のあらすじ 放送日: 2023年7月4日

寿恵子(浜辺美波)と共に、田邊家へ向かった万太郎(神木隆之介)。結婚祝いをするとの名目で呼ばれたが、田邊(要潤)の本当の目的は…

第14週「ホウライシダ」 (68)のあらすじ 放送日: 2023年7月5日

田邊(要潤)は万太郎(神木隆之介)に、田邊専属のプラントハンターになることを提案。万太郎の決断は…

第14週「ホウライシダ」 (69)のあらすじ 放送日: 2023年7月6日

佑一郎(中村蒼)が、アメリカへ行く報告をしに、万太郎(神木隆之介)を訪ねてくる。一方の寿恵子(浜辺美波)は、えい(成海璃子)に内職の相談をする。

第14週「ホウライシダ」 (70)のあらすじ 放送日: 2023年7月7日

万太郎(神木隆之介)は、里中(いとうせいこう)がいる博物館へ相談をしに行く。すると、たまたま居合わせた伊藤孝光(落合モトキ)を紹介されて…

第15週「ヤマトグサ」のあらすじ/7月10日(月)~7月14日(金)

第15週「ヤマトグサ」 (71)のあらすじ 放送日: 2023年7月10日

図鑑を作り始めると決めた万太郎(神木隆之介)。夜は印刷所に通うことになると寿恵子(浜辺美波)に伝える。一方、田邊(要潤)は動物学教授から嫌味(み)を言われ…

第15週「ヤマトグサ」 (72)のあらすじ 放送日: 2023年7月11日

万太郎(神木隆之介)の図鑑作りを叶(かな)えるため、寿恵子(浜辺美波)は大畑夫妻(奥田瑛二・鶴田真由)にとんでもない相談を持ち掛ける。

第15週「ヤマトグサ」 (73)のあらすじ 放送日: 2023年7月12日

寿恵子(浜辺美波)が印刷機を買いたいと言いだし、万太郎(神木隆之介)、大畑夫婦(奥田瑛二・鶴田真由)は驚く。長屋には大窪(今野浩喜)が訪ねてきて…

第15週「ヤマトグサ」 (74)のあらすじ 放送日: 2023年7月13日

万太郎(神木隆之介)は、高知で採集してきた植物を、大窪(今野浩喜)と共同で研究することに決める。納得のいかない田邊(要潤)に、徳永(田中哲司)は…

第15週「ヤマトグサ」 (75)のあらすじ 放送日: 2023年7月14日

万太郎(神木隆之介)が名付け親となった植物「ヤマトグサ」を載せた雑誌がついに完成。大窪(今野浩喜)、徳永(田中哲司)らと喜びを分かち合う。一方の田邊(要潤)は…

第16週「コオロギラン」のあらすじ/7月17日(月・祝)~7月21日(金)

第16週「コオロギラン」 (76)のあらすじ 放送日: 2023年7月17日

田邊(要潤)が発表の準備をしていたトガクシソウは、伊藤孝光(落合モトキ)に先を越され、発表できない事態に。藤丸(前原瑞樹)は名付けをめぐる争いに耐えられず…

第16週「コオロギラン」 (77)のあらすじ 放送日: 2023年7月18日

つわりで食欲のない寿恵子(浜辺美波)。何か食べさせたいと、万太郎(神木隆之介)が困っていると、藤丸(前原瑞樹)がやってくる。藤丸は、大学を辞めたいと言い出して…

第16週「コオロギラン」 (78)のあらすじ 放送日: 2023年7月19日

万太郎(神木隆之介)に相談し胸のつかえが取れた藤丸(前原瑞樹)。田邊(要潤)に休学する旨を伝え、万太郎の植物採集や図譜刊行の手伝いを始める。

第16週「コオロギラン」 (79)のあらすじ 放送日: 2023年7月20日

『日本植物志図譜第二集』を見た田邊(要潤)は、画工の野宮(亀田佳明)に万太郎(神木隆之介)のような植物画を描くよう命じる。野宮は波多野(前原滉)に助けを求める。

第16週「コオロギラン」 (80)のあらすじ 放送日: 2023年7月21日

寿恵子(浜辺美波)は、ついに女の子を出産。この子の人生にありとあらゆる草花が咲き誇るようにと、万太郎(神木隆之介)が名付けた名前は…

第17週「ムジナモ」のあらすじ/7月24日(月)~7月28日(金)

第17週「ムジナモ」 (81)のあらすじ 放送日: 2023年7月24日

万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)の間に長女・園子が生まれ、槙野家に幸せな時間が訪れていた。一方田邊(要潤)は、万太郎の作った図譜を見ていて…

第17週「ムジナモ」 (82)のあらすじ 放送日: 2023年7月25日

竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)の元に園子誕生の知らせが届き、二人は大喜び。一方、万太郎(神木隆之介)らは、ゆう(山谷花純)の誘いを受けて出かけることに…

第17週「ムジナモ」 (83)のあらすじ 放送日: 2023年7月26日

楽しそうに植物採集をする万太郎(神木隆之介)を見た福治(池田鉄洋)は、ゆう(山谷花純)に自分の胸の内を明かす。そして、万太郎は池のほとりで不思議な植物と出会う。

第17週「ムジナモ」 (84)のあらすじ 放送日: 2023年7月27日

万太郎(神木隆之介)がムジナモを、植物学教室へ持っていくと、徳永(田中哲司)、大窪(今野浩喜)たちは興味津々。そこへ田邊(要潤)がやってきて…

第17週「ムジナモ」 (85)のあらすじ 放送日: 2023年7月28日

万太郎(神木隆之介)は日々ムジナモの研究をし、ついに精密に描かれた植物画と論文が完成。それを見た田邊(要潤)は…

第18週「ヒメスミレ」のあらすじ/7月31日(月)~8月4日(金)

第18週「ヒメスミレ」 (86)のあらすじ 放送日: 2023年7月31日

万太郎(神木隆之介)の書いたムジナモの論文に激怒した田邊(要潤)は、大学の出入りを禁ずる。話を聞いた寿恵子(浜辺美波)は納得がいかず…

第18週「ヒメスミレ」 (87)のあらすじ 放送日: 2023年8月1日

万太郎(神木隆之介)は、大窪(今野浩喜)の協力を得ながら論文を書き直すが、田邊(要潤)の気持ちは変わらなかった。万太郎はもう一度、田邊の元へと向かうが…

第18週「ヒメスミレ」 (88)のあらすじ 放送日: 2023年8月2日

万太郎(神木隆之介)は、野田(田辺誠一)と里中(いとうせいこう)に博物館で研究をさせてもらえないかとお願いするが…

第18週「ヒメスミレ」 (89)のあらすじ 放送日: 2023年8月3日

万太郎(神木隆之介)と、寿恵子(浜辺美波)がロシア行きを決めた頃、峰屋では腐造が起こってしまい、綾(佐久間由衣)と竹雄(志尊淳)は窮地に立たされていた。

第18週「ヒメスミレ」 (90)のあらすじ 放送日: 2023年8月4日

園子が天国へと旅立ち、悲しみに暮れる万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)。一方、峰屋をたたむこととなった綾(佐久間由衣)と竹雄(志尊淳)は…

第19週「ヤッコソウ」のあらすじ/8月7日(月)~8月11日(金・祝)

第19週「ヤッコソウ」 (91)のあらすじ 放送日: 2023年8月7日

園子を亡くした悲しみから、立ち直れない万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)。二人は、いつか自分たちが園子のところへ行くときに図鑑を持っていこうと約束する。

第19週「ヤッコソウ」 (92)のあらすじ 放送日: 2023年8月8日

寿恵子(浜辺美波)は第二子を出産。万太郎(神木隆之介)は長寿を願い千歳と名付ける。そんなある日、高知から竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)がやってくる。

第19週「ヤッコソウ」 (93)のあらすじ 放送日: 2023年8月9日

万太郎(神木隆之介)、寿恵子(浜辺美波)、竹雄(志尊淳)、綾(佐久間由衣)は久しぶりの再会を喜び合う。ある日、寿恵子が中尾(小倉久寛)の質屋に出かけると…

第19週「ヤッコソウ」 (94)のあらすじ 放送日: 2023年8月10日

万太郎(神木隆之介)と、寿恵子(浜辺美波)がロシア行きを決めた頃、峰屋では腐造が起こってしまい、綾(佐久間由衣)と竹雄(志尊淳)は窮地に立たされていた。

第19週「ヤッコソウ」 (95)のあらすじ 放送日: 2023年8月11日

卑劣な内容の新聞小説に胸騒ぎがした寿恵子(浜辺美波)は、田邊(要潤)の妻・聡子(中田青渚)の元へと向かう。一方の万太郎は、高知の山奥で虎鉄(寺田心)に出会い…

第20週「キレンゲショウマ」のあらすじ/8月14日(月)~8月18日(金)

第20週「キレンゲショウマ」 (96)のあらすじ 放送日: 2023年8月14日

万太郎(神木隆之介)は、全国の植物愛好家と手紙のやりとりをするようになる。波多野(前原滉)と藤丸(前原瑞樹)が長屋を訪ねて来ると、そこへこわ面の男もやってきて…

第20週「キレンゲショウマ」 (97)のあらすじ 放送日: 2023年8月15日

槙野家にやってきたのは借金取りの磯部(六平直政)。研究費で借金が膨らんでいたのだ。磯部に挑む寿恵子(浜辺美波)は、万太郎の研究について熱弁し…

第20週「キレンゲショウマ」 (98)のあらすじ 放送日: 2023年8月16日

アメリカから帰国した佑一郎(中村蒼)が長屋を訪れ、万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)は無事の帰国を喜ぶ。田邊(要潤)の元には女学校廃止の知らせが届き…

第20週「キレンゲショウマ」 (99)のあらすじ 放送日: 2023年8月17日

聡子(中田青渚)に背中を押され、植物研究に本腰を入れた田邊(要潤)は、採集旅行で見たことのない花と出会う。一方、万太郎(神木隆之介)も偶然同じ花と出会い…

第20週「キレンゲショウマ」 (100)のあらすじ 放送日: 2023年8月18日

期せずして同じ花に出会った万太郎(神木隆之介)と田邊(要潤)。新種と認定すべく、それぞれ研究に打ち込む。新種を発表するのは、はたしてどちらか―

第21週「ノジギク」のあらすじ/8月21日(月)~8月25日(金)

第21週「ノジギク」 (101)のあらすじ 放送日: 2023年8月21日
第21週「ノジギク」 (102)のあらすじ 放送日: 2023年8月22日

田邊(要潤)の遺言を万太郎(神木隆之介)に伝えるため、聡子(中田青渚)が長屋にやってくる。寿恵子(浜辺美波)は久々にみえ(宮澤エマ)に会いに行く。

第21週「ノジギク」 (103)のあらすじ 放送日: 2023年8月23日

みえ(宮澤エマ)は、寿恵子(浜辺美波)にお金を貸す代わりに、料亭で仲居として働かせることにする。その日は、得意客の岩崎弥之助(皆川猿時)がやってきて…

第21週「ノジギク」 (104)のあらすじ 放送日: 2023年8月24日

寿恵子(浜辺美波)仲居デビューの夜。客の岩崎(皆川猿時)は、キクの品評会をしようと提案する。その頃、万太郎(神木隆之介)は家に八犬伝がないことに気づき…

第21週「ノジギク」 (105)のあらすじ 放送日: 2023年8月25日

寿恵子(浜辺美波)は万太郎(神木隆之介)に品評会に出すキクを探してほしいとお願いする。そして迎えた“菊くらべ”当日。岩崎(皆川猿時)が選んだキクは…

第22週「オーギョーチ」のあらすじ/8月28日(月)~9月1日(金)

第22週「オーギョーチ」 (106)のあらすじ 放送日: 2023年8月28日

徳永教授(田中哲司)に正式な助手として迎えられた万太郎(神木隆之介)は7年ぶりに大学に戻るが、万太郎の研究はもう古いと大窪(今野浩喜)に言われてしまう。

第22週「オーギョーチ」 (107)のあらすじ 放送日: 2023年8月29日

植物学教室へ陸軍大佐の恩田(近藤公園)と里中(いとうせいこう)がやってくる。徳永(田中哲司)から万太郎(神木隆之介)に出された指令は…

第22週「オーギョーチ」 (108)のあらすじ 放送日: 2023年8月30日

万太郎(神木隆之介)は学術研究員として台湾へ行くことに。寿恵子(浜辺美波)がお守りに持たせたものは…

第22週「オーギョーチ」 (109)のあらすじ 放送日: 2023年8月31日

万太郎(神木隆之介)が台湾に旅立った後、土佐から虎鉄(濱田龍臣)が上京してくる。一方、寿恵子(浜辺美波)はみえ(宮澤エマ)から商売を始めないかと言われて…

第22週「オーギョーチ」 (110)のあらすじ 放送日: 2023年9月1日

台湾から戻った万太郎(神木隆之介)はオーギョーチを食べながら、台湾での出来事を話し始める。波多野(前原滉)と野宮(亀田佳明)はイチョウの研究で快挙を成し遂げる。

第23週「ヤマモモ」のあらすじ/9月4日(月)~9月8日(金)

第23週「ヤマモモ」 (111)のあらすじ 放送日: 2023年9月4日

牛久(住田隆)は真打ちとなり長屋を出ていくことに。竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)は東京で屋台「土佐」を開業。波多野(前原滉)と藤丸(前原瑞樹)もかけつけて…

第23週「ヤマモモ」 (112)のあらすじ 放送日: 2023年9月5日

竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)が作る故郷の味に万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)は感動。竹雄から醸造学の先生を探していると聞いた藤丸(前原瑞樹)は…

第23週「ヤマモモ」 (113)のあらすじ 放送日: 2023年9月6日

大学を辞めた野宮(亀田佳明)は長屋を訪れ、槙野家の肖像画を描く。万太郎(神木隆之)は植物採集へ、寿恵子(浜辺美波)は新たな商いを始めるため、渋谷へと向かう。

第23週「ヤマモモ」 (114)のあらすじ 放送日: 2023年9月7日

寿恵子(浜辺美波)は初めて渋谷に降り立つ。農村地帯が広がり、通りも汚く、居酒屋店主・荒谷(芹澤興人)にここに来るのはやめた方がいい、と言われてしまうが…

第23週「ヤマモモ」 (115)のあらすじ 放送日: 2023年9月8日

新たな気持ちで渋谷へ向かった寿恵子(浜辺美波)。見て、触れて、人と話して、渋谷に魅力を感じた寿恵子は、この地で待合茶屋を開こうと決意する。

第24週「ツチトリモチ」のあらすじ/9月11日(月)~9月15日(金)

第24週「ツチトリモチ」 (116)のあらすじ 放送日: 2023年9月11日

図鑑はいよいよ完成間近。しかし、万太郎(神木隆之介)は自信を無くしていて…。一方、寿恵子(浜辺美波)の店には、相島(森岡龍)と小林一三(海宝直人)がやってくる。

第24週「ツチトリモチ」 (117)のあらすじ 放送日: 2023年9月12日

酵母菌の研究をしている藤丸(前原瑞樹)は、成果を竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)に発表する。万太郎(神木隆之介)の元には南方熊楠から手紙が届く。

第24週「ツチトリモチ」 (118)のあらすじ 放送日: 2023年9月13日

熊楠から万太郎(神木隆之介)に送られてきた標本の中には、120年に一度しか咲かないハチクの花もあった。植物学教室にも熊楠から手紙が届くが、徳永(田中哲司)は…

第24週「ツチトリモチ」 (119)のあらすじ 放送日: 2023年9月14日

万太郎(神木隆之介)は徳永(田中哲司)から、熊楠に深入りするなと釘を刺される。寿恵子(浜辺美波)の店には逸馬(宮野真守)と永守(中川大志)がやってくる。

第24週「ツチトリモチ」 (120)のあらすじ 放送日: 2023年9月15日

逸馬(宮野真守)が連れてきた資産家の永守(中川大志)は、万太郎(神木隆之介)の研究に投資を申し出る。竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)は酒蔵を買い取り沼津へ移る。

第25週「ムラサキカタバミ」のあらすじ/9月18日(月・祝)~9月22日(金)

第25週「ムラサキカタバミ」 (121)のあらすじ 放送日: 2023年9月18日

万太郎(神木隆之介)は、大学を辞め一植物学者として生きることを決意。りん(安藤玉恵)は千歳(遠藤さくら)にあるお願いをする。

第25週「ムラサキカタバミ」 (122)のあらすじ 放送日: 2023年9月19日

万太郎(神木隆之介)は徳永(田中哲司)に辞表を提出。大学を去る日、佑一郎(中村蒼)がやってくる。時代は大正へ。千歳(遠藤さくら)と虎鉄(濱田龍臣)は結婚する。

第25週「ムラサキカタバミ」 (123)のあらすじ 放送日: 2023年9月20日

大正12年9月1日、関東大震災が発生。長屋は倒壊し、万太郎(神木隆之介)、寿恵子(浜辺美波)、千歳(遠藤さくら)千鶴(本田望結)たちは渋谷へと向かう。

第25週「ムラサキカタバミ」 (124)のあらすじ 放送日: 2023年9月21日

万太郎(神木隆之介)、寿恵子(浜辺美波)、千歳(遠藤さくら)、千鶴(本田望結)、虎鉄(濱田龍臣)たち家族みんなは無事だったが、長屋の標本や原稿は…

第25週「ムラサキカタバミ」 (125)のあらすじ 放送日: 2023年9月22日

震災からおよそ1か月。万太郎(神木隆之介)は、ムラサキカタバミの植物画を描いていた。その姿に胸を打たれた寿恵子(浜辺美波)は、相島(森岡龍)にある決意を伝える。

第26週(最終週)「スエコザサ」のあらすじ/9月25日(月)~9月29日(金)

第26週(最終週)「スエコザサ」 (126)のあらすじ 放送日: 2023年9月25日

寿恵子(浜辺美波)は渋谷の店を売ったお金で、東京郊外の大泉村に土地を購入。万太郎(神木隆之介)の夢と、万太郎の標本を守るために…。

第26週(最終週)「スエコザサ」 (127)のあらすじ 放送日: 2023年9月26日

槙野家は、寿恵子(浜辺美波)が買った土地に屋敷を構え、万太郎(神木隆之介)、寿恵子、千鶴(本田望結)と幸せに暮らしていた。ある日、波多野(前原滉)がやってくる。

第26週(最終週)「スエコザサ」 (128)のあらすじ 放送日: 2023年9月27日

波多野(前原滉)、徳永(田中哲司)の推薦で、万太郎(神木隆之介)は理学博士になることに。寿恵子(浜辺美波)は心から喜ぶ。

第26週(最終週)「スエコザサ」 (129)のあらすじ 放送日: 2023年9月28日

寿恵子(浜辺美波)のために、万太郎(神木隆之介)は何としても図鑑を完成させると決意する。

第26週(最終週)「スエコザサ」 (130)のあらすじ 放送日: 2023年9月29日

天真らんまんに駆け抜けた万太郎と寿恵子の大冒険!応援ありがとうございました!万太郎の植物図鑑はこれからもずっとずっと皆さまの心の中で咲き続けます!

らんまんのネタバレ・感想

視聴者からのドラマのネタバレ・感想は、ネタバレ有/無の感想が選んで確認できるドラマ情報・感想・評価の口コミサイト「Filmarks」(フィルマークス)や「Yahoo!テレビ.Gガイド」などで確認可能です。

らんまん - ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarksドラマ(フィルマークス公式)

らんまん- みんなの感想 -Yahoo!テレビ.Gガイド(Yahoo!テレビ.Gガイド)

連続テレビ小説「らんまん」の視聴率

朝ドラ「らんまん」の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は以下の通り。

  • 第1話:16.1%(世帯16.1%、個人8.8%)
  • 第2話:15.2%(世帯15.2%、個人8.6%)
  • 第3話:15.3%(世帯15.3%、個人%)
  • 第4話:15.3%(世帯15.3%、個人%)
  • 第5話:15.2%(世帯15.2%、個人8.6%)
  • 第6話:14.7%(世帯14.7%、個人8.1%)
  • 第7話:15.1%(世帯15.1%、個人8.6%)
  • 第8話:15.5%(世帯15.5%、個人9.0%)
  • 第9話:15.4%(世帯15.4%、個人8.6%)
  • 第10話:14.6%(世帯14.6%、個人7.9%)
  • 第11話:16.2%(世帯16.2%、個人9.3%)
  • 第12話:15.9%(世帯15.9%、個人9.1%)
  • 第13話:15.2%(世帯15.2%、個人8.5%)
  • 第14話:15.5%(世帯15.5%、個人8.7%)
  • 第15話:16.2%(世帯16.2%、個人9.2%)
  • 第16話:15.6%(世帯15.6%、個人8.8%)
  • 第17話:15.9%(世帯15.9%、個人%)
  • 第18話:16.4%(世帯16.4%、個人%)
  • 第19話:15.8%(世帯15.8%、個人%)
  • 第20話:15.3%(世帯15.3%、個人%)
  • 第21話:14.8%(世帯14.8%、個人8.4%)
  • 第22話:15.3%(世帯15.3%、個人8.6%)
  • 第23話:13.6%(世帯13.6%、個人7.9%)
  • 第24話:14.0%(世帯14.0%、個人8.1%)
  • 第25話:14.3%(世帯14.3%、個人8.0%)
  • 第26話:14.3%(世帯14.3%、個人8.0%)
  • 第27話:14.3%(世帯14.3%、個人8.0%)
  • 第28話:14.3%(世帯14.3%、個人8.0%)
  • 第29話:14.3%(世帯14.3%、個人8.0%)
  • 第30話:14.3%(世帯14.3%、個人8.0%)
  • 第31話:17.1%(世帯17.1%、個人9.5%)
  • 第32話:16.4%(世帯16.4%、個人9.1%)
  • 第33話:16.0%(世帯16.0%、個人9.0%)
  • 第34話:15.9%(世帯15.9%、個人9.0%)
  • 第35話:16.3%(世帯16.3%、個人9.0%)
  • 第36話:16.3%(世帯16.3%、個人9.2%)
  • 第37話:16.8%(世帯16.8%、個人9.6%)
  • 第38話:16.2%(世帯16.2%、個人9.2%)
  • 第39話:16.2%(世帯16.2%、個人9.3%)
  • 第40話:15.9%(世帯15.9%、個人8.8%)
  • 第41話:16.8%(世帯16.8%、個人9.5%)
  • 第42話:15.9%(世帯15.9%、個人9.2%)
  • 第43話:16.0%(世帯16.0%、個人9.1%)
  • 第44話:14.9%(世帯14.9%、個人8.5%)
  • 第45話:17.0%(世帯17.0%、個人%)
  • 第46話:16.2%(世帯16.2%、個人9.0%)
  • 第47話:15.7%(世帯15.7%、個人8.9%)
  • 第48話:16.7%(世帯16.7%、個人9.4%)
  • 第49話:16.4%(世帯16.4%、個人9.5%)
  • 第50話:17.5%(世帯17.5%、個人9.9%)
  • 第51話:16.6%(世帯16.6%、個人9.1%)
  • 第52話:16.8%(世帯16.8%、個人9.6%)
  • 第53話:16.8%(世帯16.8%、個人9.7%)
  • 第54話:17.3%(世帯17.3%、個人9.8%)
  • 第55話:17.9%(世帯17.9%、個人%)
  • 第56話:16.8%(世帯16.8%、個人9.7%)
  • 第57話:17.1%(世帯17.1%、個人9.6%)
  • 第58話:17.4%(世帯17.4%、個人9.9%)
  • 第59話:17.9%(世帯17.9%、個人10.1%)
  • 第60話:17.3%(世帯17.3%、個人9.8%)
  • 第61話:16.2%(世帯16.2%、個人9.1%)
  • 第62話:16.5%(世帯16.5%、個人9.5%)
  • 第63話:15.4%(世帯15.4%、個人9.8%)
  • 第64話:17.6%(世帯17.6%、個人9.9%)
  • 第65話:17.9%(世帯17.9%、個人10.1%)
  • 第66話:16.9%(世帯16.9%、個人9.4%)
  • 第67話:16.6%(世帯16.6%、個人9.5%)
  • 第68話:17.2%(世帯17.2%、個人9.5%)
  • 第69話:17.6%(世帯17.6%、個人10.0%)
  • 第70話:16.9%(世帯16.9%、個人9.6%)
  • 第71話:17.0%(世帯17.0%、個人9.6%)
  • 第72話:17.2%(世帯17.2%、個人9.6%)
  • 第73話:16.8%(世帯16.8%、個人9.4%)
  • 第74話:17.2%(世帯17.2%、個人9.7%)
  • 第75話:17.5%(世帯17.5%、個人9.9%)
  • 第76話:15.0%(世帯15.0%、個人8.5%)
  • 第77話:16.6%(世帯16.6%、個人9.4%)
  • 第78話:16.9%(世帯16.9%、個人9.6%)
  • 第79話:16.2%(世帯16.2%、個人9.2%)
  • 第80話:16.8%(世帯16.8%、個人9.5%)
  • 第81話:16.8%(世帯16.8%、個人9.5%)
  • 第82話:16.8%(世帯16.8%、個人9.6%)
  • 第83話:16.5%(世帯16.5%、個人9.4%)
  • 第84話:17.3%(世帯17.3%、個人9.9%)
  • 第85話:16.5%(世帯16.5%、個人9.3%)
  • 第86話:16.7%(世帯16.7%、個人9.5%)
  • 第87話:16.3%(世帯16.3%、個人9.2%)
  • 第88話:16.6%(世帯16.6%、個人9.5%)
  • 第89話:17.8%(世帯17.8%、個人10.2%)
  • 第90話:16.8%(世帯16.8%、個人9.7%)
  • 第91話:16.4%(世帯16.4%、個人9.4%)
  • 第92話:17.2%(世帯17.2%、個人9.7%)
  • 第93話:17.4%(世帯17.4%、個人9.7%)
  • 第94話:16.6%(世帯16.6%、個人%)
  • 第95話:16.4%(世帯16.4%、個人%)
  • 第96話:16.8%(世帯16.8%、個人9.6%)
  • 第97話:17.7%(世帯17.7%、個人10.1%)
  • 第98話:17.5%(世帯17.5%、個人10.1%)
  • 第99話:16.5%(世帯16.5%、個人9.6%)
  • 第100話:16.9%(世帯16.9%、個人%)
  • 第101話:17.3%(世帯17.3%、個人9.8%)
  • 第102話:16.9%(世帯16.9%、個人9.7%)
  • 第103話:17.4%(世帯17.4%、個人9.9%)
  • 第104話:17.1%(世帯17.1%、個人9.9%)
  • 第105話:18.5%(世帯18.5%、個人10.4%)
  • 第106話:17.0%(世帯17.0%、個人9.7%)
  • 第107話:17.3%(世帯17.3%、個人9.6%)
  • 第108話:17.9%(世帯17.9%、個人10.2%)
  • 第109話:18.1%(世帯18.1%、個人10.3%)
  • 第110話:17.2%(世帯17.2%、個人9.5%)
  • 第111話:17.3%(世帯17.3%、個人9.8%)
  • 第112話:17.5%(世帯17.5%、個人9.7%)
  • 第113話:17.9%(世帯17.9%、個人10.0%)
  • 第114話:17.3%(世帯17.3%、個人9.7%)
  • 第115話:19.2%(世帯19.2%、個人10.9%)
  • 第116話:16.7%(世帯16.7%、個人9.4%)
  • 第117話:17.4%(世帯17.4%、個人9.9%)
  • 第118話:16.6%(世帯16.6%、個人9.4%)
  • 第119話:17.5%(世帯17.5%、個人9.7%)
  • 第120話:17.5%(世帯17.5%、個人9.7%)
  • 第121話:16.0%(世帯16.0%、個人8.9%)
  • 第122話:17.0%(世帯17.0%、個人9.6%)
  • 第123話:18.2%(世帯18.2%、個人10.3%)
  • 第124話:17.6%(世帯17.6%、個人9.7%)
  • 第125話:17.6%(世帯17.6%、個人9.9%)
  • 第126話:17.3%(世帯17.3%、個人9.7%)
  • 第127話:17.3%(世帯17.3%、個人9.7%)
  • 第128話:17.4%(世帯17.4%、個人9.7%)
  • 第129話:17.7%(世帯17.7%、個人9.9%)
  • 第130話:18.1%(世帯18.1%、個人10.2%)

朝ドラ「らんまん」キャスト/出演者一覧・脚本・原作・ヒロイン・子役

連続テレビ小説「らんまん」に原作はなく、実在の人物である牧野富太郎をモデルとしたフィクションとなっています。

脚本を手掛けたのは長田育恵(19年特集ドラマ『マンゴーの樹の下で ~ルソン島、戦火の約束~』、20年プレミアムドラマ『すぐ死ぬんだから』、21年ドラマ10『群青領域』、22年特集ドラマ『旅屋おかえり』等)。

主題歌は、あいみょんの「愛の花」

created by Rinker
ワーナーミュージック・ジャパン
¥3,480 (2024/04/20 05:43:17時点 Amazon調べ-詳細)

キャスト

高知編

  • 槙野万太郎(主演)…神木隆之介/森優理斗(子役)
  • 槙野寿恵子(ヒロイン)…浜辺美波
  • 竹雄…志尊 淳
  • 槙野 綾…佐久間 由衣/太田結乃(子役)
  • 幸吉…笠松 将
  • たま…中村里帆
  • 楠野喜江…島崎和歌子
  • 池田蘭光…寺脇康文
  • 槙野ヒサ…広末涼子
  • 槙野タキ…松坂慶子

東京編

  • 西村まつ…牧瀬 里穂
  • 笠崎みえ…宮澤 エマ
  • 阿部文太…池内 万作
  • 倉木隼人…大東 駿介
  • 倉木えい…成海 璃子
  • 及川福治…池田 鉄洋
  • 江口りん…安藤 玉恵
  • 宇佐美ゆう…山谷 花純
  • 広瀬佑一郎…中村 蒼
  • 野田基善…田辺 誠一
  • 里中芳生…いとうせいこう

物語の鍵を握る人々

  • 天狗・坂本龍馬…ディーン・フジオカ
  • 早川逸馬…宮野 真守
  • 中濱万次郎…宇崎 竜童
  • 浜村義兵衛…三山 ひろし
  • 田邊彰久…要 潤
  • 徳永政市…田中 哲司
  • 大畑義平…奥田 瑛二
  • 大畑イチ…鶴田 真由

  • 語り…宮崎あおい

登場人物 | 連続テレビ小説「らんまん」 - NHK(NHK公式)

音楽、プロデュース、演出ほか

音楽

  • 阿部海太郎(作曲家)

制作統括

  • 松川博敬

プロデューサー

  • 板垣麻衣子
  • 浅沼利信
  • 藤原敬久

演出

  • 渡邊良雄
  • 津田温子
  • 深川貴志 ほか

植物監修

  • 田中伸幸

    制作著作

    NHK

     

     

    以上、NHK 2023年4月放送開始の連続テレビ小説「らんまん」についてでした!