本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

2024年4月スタートの日本テレビ系土曜ドラマ「街並み照らすヤツら」第8話について、キャスト、あらすじ&ネタバレ、視聴率などをまとめています。

ドラマ「街並み照らすヤツら」第8話のテレビ放送は「日本テレビ系列」にて6月15日() 22:00に放送開始です。

ドラマ「街並み照らすヤツら」第8話のあらすじ・ネタバレ・口コミ・感想

以下、ドラマ「街並み照らすヤツら」第8話のあらすじ、ネタバレ、感想についてまとめています。

街並み照らすヤツらはこんなドラマ

森本慎太郎(SixTONES)GP帯ドラマ単独初主演!

さびれたシャッター商店街で
経営ギリギリ潰れかけのケーキ屋を営む店主が、
大切な店と家族を守るため
とある悪事に手を染めてしまう…

しかし、そこから物語は予期せぬ展開へ!?

仲間のため、街のために巻き起こす、
怒涛のヒューマンエンターテインメント!

あらすじ

逃亡劇の末に下す決断

商店街を襲った強盗犯に指示を出していたのは、正義(森本慎太郎)と一緒に偽装強盗を働いたことのあるマサキ(萩原護)だった!もしもマサキが警察に捕まったら、偽装強盗のことも全部バレてしまう…。なんとしてもマサキを警察から守らなければ!そんな正義たちの思いをよそに、逃げたマサキは刑事の日下部(宇野祥平)と鉢合わせして絶体絶命…!

一方、澤本(吉川愛)は、正義と彩(森川葵)の仲を引き裂くためには正義を逮捕するのが一番だと考え、捜査会議の席で「竹野正義は経営の苦しいケーキ店を守るために、保険金詐欺をしたんです!」と、ついに真実を明かしてしまう!

大ピンチの正義は、警察の目をかいくぐりながら、みんなを守る方法を探して奔走!たとえ偽装強盗がバレても、誰も捕まることなく、警察にギリギリ納得してもらえる落としどころはどこか…。正義は街のみんなに意見を求めるが、龍一(皆川猿時)は相変わらず何も考えてないし、莉菜(月島琉衣)は学校のことで頭がいっぱいだし、園田(円井わん)は他人事だし…みんな自分のことばかり。切羽詰まった正義は、恥も外聞もかなぐり捨て、大村(船越英一郎)に助けを乞うが…。

警察から逃亡しながらもみんなにとって良い方法を模索して駆けずり回る正義!世の中に蹴っ飛ばされても、踏んづけられても、みんなが幸せになるために…正義が苦渋の決断!?涙の第8話!!

ネタバレ・感想・口コミ

視聴者からのドラマのネタバレ・感想は、ネタバレ有/無の感想が選んで確認できるドラマ情報・感想・評価の口コミサイト「Filmarks」(フィルマークス)で確認可能です。

街並み照らすヤツら - ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarksドラマ(フィルマークス公式)

視聴率

街並み照らすヤツら 第8話の視聴率は4.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

  • 第1話:5.1%(世帯5.1%、個人3.0%)
  • 第2話:3.4%(世帯3.4%、個人2.0%)
  • 第3話:3.0%(世帯3.0%、個人1.6%)
  • 第4話:3.3%(世帯3.3%、個人2.0%)
  • 第5話:2.9%(世帯2.9%、個人1.7%)
  • 第6話:3.0%(世帯3.0%、個人1.7%)
  • 第7話:2.9%(世帯2.9%、個人1.7%)
  • 第8話:4.9%(世帯4.9%、個人2.8%)

制作について

ドラマ「街並み照らすヤツら」の原作はなく、ドラマのための書き下ろしの完全オリジナルストーリーとなっています。

脚本は高田亮、清水匡。

主題歌は、ササノマリイの「窮鼠(読み:きゅうそ)」です

キャスト、音楽、プロデュース、監督ほか

  • 竹野正義(32)…森本慎太郎(SixTONES)
  • 深川莉菜(15)…月島琉衣
  • 荒木太一(35)…浜野謙太
  • 澤本絵梨香(26)…吉川愛
  • シュン(22)…曽田陵介
  • マサキ(21)…萩原護
  • 日下部茂利(45)…宇野祥平
  • 深川龍一(45)…皆川猿時
  • 竹野彩(32)…森川葵
  • 大村一郎(65)…船越英一郎   他

    音楽

    • 大野宏明

    プロデュース

    <チーフプロデューサー>

    • 田中宏史

    <プロデューサー>

    • 藤森真実
    • 榊原真由子
    • 宇田川寧
    • 妙円園洋輝

    監督

    • 前田弘二
    • 鯨岡弘識
    • 中里洋一

    制作協力

    ダブ

    製作著作

    日本テレビ

     

     

    以上、土曜22時放送のドラマ「街並み照らすヤツら」第8話(キャスト、あらすじ&ネタバレ、感想、視聴率、原作、主題歌)についてでした!