本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

2024年4月スタートの日本テレビ系日曜ドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」第5話について、あらすじ&ネタバレ、口コミ・感想、視聴率、キャストなどをまとめています。

ドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」第5話のテレビ放送は「日本テレビ系列」にて5月5日(日・祝) 22:30に放送開始です。

ドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」第5話のあらすじ・ネタバレ・口コミ・感想

以下、ドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」第5話のあらすじ、ネタバレ、感想についてまとめています。

ACMA:GAME アクマゲームはこんなドラマ

日本から世界へ―
日本テレビの大型プロジェクトが始動!
“究極のデスゲーム”を超VFXで実写化!!
全世界必見のサバイバル・エンターテインメント
「ACMA:GAME アクマゲーム」

地位、財産、名誉、そして命・・・
相手から全てを奪うことができる悪魔のゲーム!
欲望にのまれた人間たちの遊戯(ルビ:デスゲーム)が始まる!

99本集めると、この世の全てを手にすることができるといわれる『悪魔の鍵』。
この『悪魔の鍵』には不思議な力が備わっていた。
鍵を挿すと・・・

悪魔がゲームマスターとして執り行う『ゲーム』が始まる。
『ゲーム』は強制参加。敗者は要求を拒否することはできない。

人間の欲望を刺激する悪魔の鍵に翻弄された人間たちと、
命懸けの『アクマゲーム』に挑みながら、
悪魔の鍵』の謎に迫っていく主人公・織田照朝を演じるのは、
日本テレビ系GP帯連続ドラマ初主演の間宮祥太朗

究極の頭脳戦×極限の心理戦×白熱の能力バトル

人間を使った悪魔の遊びが、いま、動き出す。

あらすじ

隠蔽看破

照朝(間宮祥太朗)の元に、謎の組織グングニルからアクマゲームトーナメントの招待状が届いた!優勝すれば『悪魔の鍵』が手に入り、父の仇に近づける…!照朝は潜夜(竜星涼)と共に参加を表明する。
会場には、天才棋士・毛利竜王(増田昇太)や天才心理学者・伊達俊一郎(福山翔大)など、曲者ばかりが集まっていた。照朝は、欲望にまみれた猛者たちの中に親友・初(田中樹)の姿を見つけ、目を疑う!
会社を奪われた初は、絶望の中で『悪魔の鍵』を手に入れていた。「俺はずっとおまえと本気で戦ってみたかったんだよ」と、照朝との対戦を熱望する初。人が変わったような初の態度に、照朝は言葉を失ってしまう…。

呆然とした照朝の前に、銃で武装した部下を引き連れた崩心(小澤征悦)が現れる。父・清司(吉川晃司)の命を奪った男を前に、冷静ではいられない照朝。そんな照朝を嘲笑い、トーナメントの組み合わせを決める崩心。
1回戦は、照朝vs紫(嵐莉菜)と初vs伊達の対戦が決まる。潜夜は自分だけ対戦相手がいないことに不満を漏らすが、「それは後のお楽しみだ」と何かを企んでいるかのように笑う崩心。

1回戦の戦いが始まる一方、潜夜は周囲の探索に出かけ、途中でトーナメント参加者のひとり、YouTuberの浅井満(坂口涼太郎)と出会う。2人で歩き回る内に、潜夜は上空に何機ものドローンが飛んでいることに気が付く。その目的を悟った潜夜は浅井を連れて森の中を逃げ回るが、追ってくるドローンから激しい攻撃を受ける!

ゲーム会場では、ガド(cv・諏訪部順一)が執り仕切るゲームで照朝と紫の戦いが始まろうとしていた。そしてもう一つの会場では、コルジァ(cv・坂本真綾)が初と伊達のゲームに召喚されていた。
優勝者は参加者全員の『悪魔の鍵』を総取りできるアクマゲームトーナメント、そのルールはただ1つ、『敗者は勝者に命を預けなければならない』――。
したたかなアイドル・紫、そして得体の知れない心理学者・伊達。照朝と初は命を懸けて、それぞれ運命の初戦に挑む!!

ネタバレ・感想・口コミ

視聴者からのドラマのネタバレ・感想は、ネタバレ有/無の感想が選んで確認できるドラマ情報・感想・評価の口コミサイト「Filmarks」(フィルマークス)で確認可能です。

ACMA:GAME アクマゲーム - ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarksドラマ(フィルマークス公式)

視聴率

ACMA:GAME アクマゲーム 第5話の視聴率は3.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

  • 第1話:5.7%(世帯5.7%、個人3.4%)
  • 第2話:3.7%(世帯3.7%、個人2.2%)
  • 第3話:3.7%(世帯3.7%、個人2.1%)
  • 第4話:3.3%(世帯3.3%、個人1.9%)
  • 第5話:3.5%(世帯3.5%、個人2.0%)
  • 第6話:3.5%(世帯3.5%、個人1.9%)
  • 第7話:2.9%(世帯2.9%、個人1.7%)

制作について

ドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」に原作はメーブの『ACMA:GAME』(作画:恵 広史)。

主題歌UVERworld『MEMORIES of the End』(ソニー・ミュージックレーベルズ)。

キャスト、音楽、プロデューサー、演出ほか

  • 織田照朝[27]…間宮 祥太朗
  • 斉藤 初 [27]…田中 樹
  • 眞鍋悠季[27]…古川琴音
  • 上杉潜夜[27]…竜星 涼
  • 式部 紫 [18]…嵐 莉菜
  • 毛利 明 [35]…増田昇太(s**t kingz)
  • 伊達俊一郎[31]…福山翔大
  • 浅井 満 [33]…坂口涼太郎
  • 岡本龍肝[60]…橋本じゅん
  • 崩心 祷 [53]…小澤征悦
  • 織田清司…吉川晃司          

音楽

  • 菅野祐悟

脚本

  • いずみ吉紘
  • 谷口純一郎

演出

  • 佐藤東弥
  • 狩山俊輔
  • 松田健斗   ほか

プロデューサー

  • 藤村直人
  • 岩崎広樹
  • 後藤庸介
  • 大庭佑理(AX-ON)
  • 本多繁勝(AX-ON)

チーフプロデューサー

  • 松本京子

VFX

デジタル・フロンティア

    制作協力

    日テレアックスオン

    製作著作

    日本テレビ

     

     

    以上、日曜22時30分放送のドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」第5話(あらすじ&ネタバレ、口コミ・感想、主題歌、原作、視聴率、キャスト)についてでした!