グランドスラム(四大大会)ジュニア優勝時の年齢ランキング&準優勝者一覧|望月慎太郎の年少記録の凄さ

テニスのグランドスラム(四大大会)ジュニアの部で優勝した選手(フェデラー優勝年以降)を、年齢順に並び替えたランキングを作りました。

おまけで、前回記事で要望を頂いたので、各グランドスラム準優勝者も一覧にしています。

グランドスラムジュニア過去優勝者の年齢

グランドスラム・ジュニアの部で過去に優勝した選手の名前+年齢一覧表です(1998年以降)。

 本来ウィンブルドンは全英ではありませんが、見栄えの都合上、全英と表記しています。
大会優勝者年齢
1998全豪Jeanpierre17歳328日
全仏ゴンサレス17歳313日
全英フェデラー16歳331日
全米ナルバンディアン16歳225日
1999全豪プレス17歳356日
全仏コリア17歳144日
全英メルツァー18歳43日
全米ニエミネン18歳51日
2000全豪ロディック17歳153日
全仏マチュー18歳151日
全英マウー18歳170日
全米ロディック18歳11日
2001全豪ティプサレビッチ16歳220日
全仏Cuadrado18歳9日
全英Valent18歳
全米ミュラー18歳123日
2002全豪Morel17歳195日
全仏ガスケ15歳356日
全英Reid18歳34日
全米ガスケ16歳82日
2003全豪バグダティス17歳223日
全仏バブリンカ18歳72日
全英Mergea18歳161日
全米ツォンガ17歳143日
2004全豪モンフィス17歳153日
全仏モンフィス17歳279日
全英モンフィス17歳307日
全米マレー17歳120日
2005全豪ヤング15歳191日
全仏チリッチ16歳250日
全英シャルディ18歳141日
全米スウィーティング18歳59日
2006全豪Sidorenko17歳345日
全仏クーリザン16歳335日
全英デ バッカー17歳293日
全米Lojda18歳186日
2007全豪Klein17歳27日
全仏Ignatik16歳331日
全英ヤング17歳350日
全米ベランキス17歳80日
2008全豪トミック15歳97日
全仏Yang17歳71日
全英ディミトロフ17歳51日
全米ディミトロフ17歳114日
2009全豪Bhambri16歳211日
全仏Berta16歳193日
全英クズネツォフ18歳133日
全米トミック16歳327日
2010全豪Fernandes17歳1日
全仏Velotti18歳13日
全英フチョビッチ17歳299日
全米ソック17歳353日
2011全豪ベセリ17歳203日
全仏Fratangelo17歳321日
全英Saville17歳182日
全米Golding17歳347日
2012全豪Saville18歳26日
全仏Coppejans18歳124日
全英Peliwo18歳160日
全米Peliwo18歳223日
2013全豪キリオス17歳274日
全仏ガリン17歳9日
全英Quinzi17歳156日
全米チョリッチ16歳299日
2014全豪ズベレフ16歳280日
全仏ルブレフ16歳230日
全英ルビン18歳135日
全米Jasika17歳112日
2015全豪Safiullin17歳177日
全仏ポール18歳20日
全英オペルカ17歳318日
全米フリッツ17歳320日
2016全豪Anderson17歳275日
全仏Blancaneaux17歳301日
全英シャポバロフ17歳86日
全米オジェ=アリアシム16歳34日
2017全豪Piros17歳107日
全仏ポピリン17歳309日
全英ダビドビッチフォキナ18歳41日
全米ウー・イービン17歳331日
2018全豪Korda17歳206日
全仏ツェン・チュンシン16歳305日
全英ツェン・チュンシン16歳341日
全米Wild18歳183日
2019全豪Musetti16歳329日
全仏Rune16歳40日
全英望月慎太郎16歳42日
全米

グランドスラムジュニア優勝の年少記録ランキング

フェデラーがウィンブルドン・ジュニアの部で優勝した1998年以降で、16歳以下という若さで優勝した選手をランキングでまとめました。

16歳になるまでに優勝した選手は3名。全員が世界ランキングTOP40以内に入るなど、プロ転向後も活躍しています(最高位はトミック17位、ガスケ7位、ヤング38位)。

順位選手名優勝時年齢優勝大会
1トミック15歳97日全豪2008
2ヤング15歳191日全豪2005
3ガスケ15歳356日全仏2002
4オジェ=アリアシム16歳34日全米2016
5Rune16歳40日全仏2019
6望月慎太郎16歳42日全英2019
7ガスケ16歳82日全米2002
8Berta16歳193日全仏2009
9Bhambri16歳211日全豪2009
10ティプサレビッチ16歳220日全豪2001
11ナルバンディアン16歳225日全米1998
12ルブレフ16歳230日全仏2014
13チリッチ16歳250日全仏2005
14ズベレフ16歳280日全豪2014
15チョリッチ16歳299日全米2013
16ツェン・チュンシン16歳305日全仏2018
17トミック16歳327日全米2009
18Musetti16歳329日全豪2019
19フェデラー16歳331日全英1998
20Ignatik16歳331日全仏2007
21クーリザン16歳335日全仏2006
22ツェン・チュンシン16歳341日全英2018

グランドスラムジュニア過去の準優勝者

グランドスラム・ジュニアの部で、決勝進出した選手の一覧です(右が準優勝者)。

フェデラー、ナルバンディアン、バグダティス、シャルディ、ベセリらは優勝・準優勝とも経験がありました。

準優勝のみの選手でも、フェレーロやアンチッチ、ロブレド、ティーム、チョン・ヒョンなど、プロでも活躍している(していた)名前が確認できます。

大会優勝者準優勝者
1998全豪JeanpierreVinciguerra
全仏ゴンサレスフェレーロ
全英フェデラーLabadze
全米ナルバンディアンフェデラー
1999全豪プレスユーズニー
全仏コリアナルバンディアン
全英メルツァープレス
全米ニエミネンプレス
2000全豪ロディックアンチッチ
全仏マチュー ロブレド
全英マウーアンチッチ
全米ロディックジネプリ
2001全豪ティプサレビッチジミー・ワン
全仏CuadradoDabul
全英Valentミュラー
全米ミュラージミー・ワン
2002全豪MorelReid
全仏ガスケRecouderc
全英ReidOuahab
全米ガスケバグダティス
2003全豪バグダティスMergea
全仏バブリンカベイカー
全英MergeaGuccione
全米ツォンガバグダティス
2004全豪モンフィスOuanna
全仏モンフィスKuznetsov
全英モンフィスKasiri
全米マレースタコウスキー
2005全豪ヤングSun-Yong KIM
全仏チリッチAntal van der Duim
全英シャルディハーセ
全米スウィーティングシャルディ
2006全豪SidorenkoLindahl
全仏クーリザンベスター
全英デ バッカーGawron
全米Lojdaポランスキー
2007全豪KleinEysseric
全仏IgnatikJones
全英ヤングIgnatik
全米ベランキスヤノビッチ
2008全豪トミックYang
全仏Yangヤノビッチ
全英ディミトロフコンティネン
全米ディミトロフBritton
2009全豪BhambriGeorgoudas
全仏BertaMina
全英クズネツォフCox
全米トミックBuchanan
2010全豪FernandesBerman
全仏VelottiCollarini
全英フチョビッチMitchell
全米ソッククドラ
2011全豪ベセリSaville
全仏Fratangeloティーム
全英Savilleブローディ
全米Goldingベセリ
2012全豪SavillePeliwo
全仏CoppejansPeliwo
全英PeliwoSaville
全米Peliwoブローディ
2013全豪キリオスコキナキス
全仏ガリンズベレフ
全英Quinziチョン・ヒョン
全米チョリッチコキナキス
2014全豪ズベレフコズロフ
全仏ルブレフムナール
全英ルビンコズロフ
全米Jasikaアリス
2015全豪SafiullinSeong Chan Hong
全仏ポールフリッツ
全英オペルカイーメル弟
全米フリッツポール
2016全豪AndersonKarimov
全仏Blancaneauxオジェ=アリアシム
全英シャポバロフデミノー
全米オジェ=アリアシムケツマノビッチ
2017全豪PirosOliel
全仏ポピリンクーン
全英ダビドビッチフォキナGeller
全米ウー・イービンGeller
2018全豪Kordaツェン・チュンシン
全仏ツェン・チュンシンBaez
全英ツェン・チュンシンDraper
全米WildMusetti
2019全豪MusettiNava
全仏RuneKodat
全英望月慎太郎Gimeno Valero
全米

 

調べてみると、やはり望月慎太郎のウィンブルドン優勝はかなりの年少記録だということが分かりました。

また、16歳以下でのウィンブルドン優勝は、フェデラー以降2人しか現れていない記録です(もう1人の達成者は同じアジア人のツェン・チュンシン)。

 

全仏2019覇者で望月の同級生・Runeは、16歳ながらチャレンジャー大会に挑んで既にATPポイントを獲得しています(2019年7月時点で6ポイント、世界ランキング559位)。

望月慎太郎も、全米オープン2019以降はフューチャーズやチャレンジャーに挑戦して、プロ転向への足がかりにして欲しいものです。

 

以上、テニスのグランドスラム(四大大会)ジュニアの部で優勝した選手(1998年以降)の年齢データ・ランキングと、各グランドスラム準優勝者一覧でした!