本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

62024年4月スタートのフジテレビ系 “金9ドラマ”「イップス」第8話について、あらすじ&ネタバレ、口コミ・感想、視聴率などをまとめています。

無料見逃し配信動画・再放送についてはこちらをご覧ください。

ドラマ「イップス」第8話のテレビ放送は「フジテレビ系列」にて、5月31日(金) 21:00に放送開始です。

ドラマ「イップス」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想

以下、ドラマ「イップス」第8話のあらすじ、ネタバレ、感想についてまとめています。

イップスはこんなドラマ

篠原涼子さん×バカリズムさんW主演で初共演!
“書けなくなった”ミステリー作家と“解けなくなった”エリート刑事の
“絶不調バディ”が絶妙会話術と掛け合いで事件を解決する
ミステリーコメディー!

イップス

4月12日(金)スタート毎週金曜よる9時~9時58分
※初回15分拡大 よる9時~10時13分

4月期の金9ドラマは、篠原涼子さん×バカリズムさんのW主演でお届けする『イップス』の放送が決定しました。イップスとは、心の葛藤により、筋肉や神経細胞、脳細胞にまで影響を及ぼし、「できていたことができなくなってしまう」心理的症状のこと。本作は小説を“書けなくなってしまった”おしゃべりなベストセラーミステリー作家と、事件を“解けなくなった”自己評価高めのエリート刑事という互いにイップスを抱えた2人が、事件を解決していくミステリーコメディー。絶不調なバディがお互いを補い合い、小気味よい会話劇を繰り広げながらコミカルタッチに犯人を追い詰めていきます。完全オリジナルストーリーとなる本作は『古畑任三郎』(1994年ほか、フジテレビ系)などをほうふつとさせる倒叙式の構成となっており、多彩な顔ぶれとなる犯人には毎話豪華ゲストが登場する予定です。そして、今作でバディを組む篠原さんとバカリズムさんは、映画『ウェディング・ハイ』(2022年)で脚本家と主演としてクレジット共演していましたが、演者同士としての共演は初。そんな2人が、イップスを抱えもがき、時には助け合いながら謎を解き明かしていきます。初共演の絶不調コンビがどのような活躍を見せてくれるのでしょうか!?ご注目ください!

W主演となる篠原涼子さん×バカリズムさんが初共演で、イップスを抱える絶不調バディに!
今作の主人公となるのは、ミステリー作家・黒羽ミコ(くろば・みこ、篠原涼子さん)と、警視庁捜査一課刑事の森野徹(もりの・とおる、バカリズムさん)。ミコはデビューから立て続けにベストセラーを連発して人気作家の仲間入りを果たしましたが、現在は書けなくなってしまいワイドショーのコメンテーター業を副業ながら本業並みにこなしていました。一方の森野はあることをきっかけに検挙率が右肩下がりになり、事件が解けなくなっていました。2人は、プレッシャーによって普段は何も考えずにできていることが急にできなくなってしまうイップスを抱えていたのです。そんな絶不調な2人が仕事から逃避するために訪れていたサウナ施設で偶然出会い、殺人事件に遭遇することであれよあれよとバディを組むことに。ミコは「小説のネタが拾える」「生の死体見るの初めて」と事件に興味津々。対する森野は捜査に身が入らない中でも、刑事としての鋭い洞察力を見せミコと共に真相に近づいていきます。2人の捜査から犯人の目星はつき、容疑者本人に問い詰めようとしますが森野のイップスが発動してしまって……。“書けなくなってしまった”ミステリー作家と、“解けなくなってしまった”エリート刑事。絶不調なイップスバディが時には助け合い、もがきながらもリスタートを目指す痛快ミステリーコメディーが幕を開けます!

犯人が仕掛けたトリックを暴いていく謎解きミステリーでありながら、コミカルな会話劇と世界観で描かれるコメディー色が強い今作。メガホンをとるのはバカリズムさんも脚本に関わっていた『素敵な選TAXI』(2014年、カンテレ・フジテレビ系)や、『ロス:タイム:ライフ』(2008年、フジテレビ系)を手がけた筧昌也監督。独自の手法で不思議でワクワクする世界観を見せてきた筧監督は、今作をどう演出するのでしょうか。そして脚本を務めるのは『となりのナースエイド』(2024年、日本テレビ系)、『ドラゴン桜 第2シリーズ』(2021年、TBS系)など、近年話題のドラマ作品を多く手掛けているオークラさん。オークラさんは『素敵な選TAXI』や『黒い十人の女』(2016年、日本テレビ系)で、バカリズムさんへの脚本協力を経験するなど親交があります。そんな人気作&話題作を手掛けてきたクリエーターたちが、完全オリジナルストーリーで金曜よる9時を盛り上げていきます。

篠原涼子さんがイップスで書けないミステリー作家に!
自立した女性像を演じることが多かった篠原さんの新境地なるか!?
今回篠原さんが演じる黒羽ミコは、ミステリー小説家という役どころ。デビュー作から3作連続でベストセラーを記録するも、現在はネタが思いつかず5年間新作が書けていません。その傍ら、持ち前の会話術と洞察力を武器にネット番組のコメンテーター業やコラム執筆をこなすも、そのせいで本業がさらに片手間になってしまっているのです。5年前に出した最新作の小説はSNS上で「トリックがダサい」と叩かれ、コメンテーター業でも「なんにでもクビつっこむんじゃねーよ」などと叩かれており、イライラが募る日々。新作の執筆に煮詰まり、執筆から逃げるために訪れたサウナで森野と出会います。

今回“書けない”という役どころを演じる篠原さんは、ダンスユニット・東京パフォーマンスドールに加入後、1994年に小室哲哉さんのプロデュースでリリースしたシングル『恋しさとせつなさと心強さと』が大ヒット。その後、蜷川幸雄さん演出の舞台『ハムレット』(2001年)への出演をきっかけに以降は俳優としても精力的に活動。『アンフェア』シリーズ(2006年ほか、フジテレビ系)、『ハケンの品格』(2007年、日本テレビ系)で自立した女性像を演じて人気を集め、映画『人魚の眠る家』(2018年)では「第42回日本アカデミー賞」優秀主演女優賞を受賞したほか、映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(2018年)では「第43回報知映画賞」主演女優賞を受賞しています。近年も『silent』(2022年、フジテレビ系)などの話題作に出演。バカリズムさんが脚本を担当した映画『ウェディング・ハイ』(2022年)では主演を務めましたが、バカリズムさんとの共演は初。そして小説家という役どころも初めてとなります。

バカリズムさんが元検挙率ナンバーワンのエリート刑事でGP帯連ドラ初主演を果たす!
今作は脚本ではなく主演として参加するバカリズムさんが演じるのは、イップスが原因で捜査ができなくなってしまった警視庁捜査一課刑事・森野徹。かつてはエリートとして組織内でも一目置かれる存在でしたが、とある出来事をきっかけに解けなくなってしまったのです。実はミコの作品の大ファンでしたが、最新作の完成度が悪く、コメンテーター業ばかりで新作を出さないミコに苛立ちを募らせ「トリックがダサい」とSNSに書き込むなどアンチ化してしまっています。刑事でありながら、ノモリというアカウントで日々ミコの小説についてアンチコメントをつぶやいています。

お笑い芸人としてだけではなく、ナレーター、司会者、脚本家、俳優、作詞家など多方面で活躍を見せるバカリズムさん。お笑いコンビ・バカリズムとして活動後、2005年よりピン芸人に。テレビやラジオ番組をこなすと共に、単独ライブもほぼ毎年開催するなど精力的に活動。現在も『私のバカせまい史』(2022年~、フジテレビ系)、『バズリズム02』(2015年~※『バズリズム』含む、日本テレビ系)などの多くのレギュラー番組を抱えながら、テレビドラマや映画作品の脚本も執筆。『架空OL日記』(2017年、読売テレビ)や『素敵な選TAXI』をはじめ、今作で初共演となる篠原さんが主演を務めた映画『ウェディング・ハイ』(2022年)も執筆。近年では『ブラッシュアップライフ』(2023年、日本テレビ系)のヒットが記憶に新しいところです。また、2月3日(土)に放送された『IPPONグランプリ』の第29回大会ではチェアマン代理を務めました。演者としてのフジ連ドラ出演は『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(2019年、フジテレビ系)以来約5年ぶりで、ゴールデン帯連ドラ主演は初となります。

あらすじ

黒羽ミコ(篠原涼子)は、BS放送の恋愛トーク番組「ナンリサ・窪タツの『恋するクリニック』」にゲスト出演することに。ミコとは因縁がある恋愛小説家、“ナンリサ”こと南条理沙(アンミカ)と人気俳優の窪田達臣(河相我聞)がMCを務める番組で、視聴者からの恋愛に関する悩みに答えていくものだった。理沙と窪田は公にはしていないが恋仲にあった。しかし、実は窪田は6年前に結婚していたことが発覚。ミコがコメンテーターを務める情報番組『朝キュン』でもその話題を取り上げていた。そのような中でも窪田は理沙に“大人の関係”は続けようと提案する。

ゲストとして呼ばれていたミコだったが、以前から理沙とは馬が合わず、番組出演をおっくうに感じていた。ところが本番直前になって、突然収録が中止に。窪田が、大道具倉庫で遺体となって発見されたのだ。警察による現場検証が始まろうとしている中、ミコや樋口一之(矢本悠馬)らも驚くほど早いタイミングで現場に現れる森野徹(バカリズム)。森野曰く、スケート場の事件以来調子が良いのだという。

窪田の死因は脳挫傷で、倉庫の棚の上にあった石膏像が落下し、下にいた窪田の頭を直撃したことが原因だと思われた。俳優が大道具倉庫に出入りしていることなど不自然な状況に疑問を抱いたミコと森野は、理沙からも話を聞くことにする。だが理沙は、森野の質問には答えるものの、天敵のミコのことは完全無視。窪田の死亡推定時刻、理沙は楽屋で配信用動画の撮影を行っていたというアリバイがあり……。

ネタバレ・感想

視聴者からのドラマの感想は、公式サイト「番組へのメッセージ」にてご確認頂けます。

イップスへのメッセージ - フジテレビ(公式サイト)

 

また、視聴者からのドラマのネタバレ・感想は、ネタバレ有/無の感想が選んで確認できるドラマ情報・感想・評価の口コミサイト「Filmarks」(フィルマークス)で確認可能です。

イップス - ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarksドラマ(フィルマークス公式)

視聴率

イップス 第8話の視聴率は4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

  • 第1話:5.8%(世帯5.8%、個人3.3%)
  • 第2話:4.5%(世帯4.5%、個人2.5%)
  • 第3話:5.5%(世帯5.5%、個人3.1%)
  • 第4話:4.9%(世帯4.9%、個人2.8%)
  • 第5話:4.5%(世帯4.5%、個人2.4%)
  • 第6話:4.3%(世帯4.3%、個人2.5%)
  • 第7話:4.5%(世帯4.5%、個人2.6%)
  • 第8話:4.3%(世帯4.3%、個人2.4%)
  • 第9話:3.7%(世帯3.7%、個人1.9%)
  • 第10話:4.2%(世帯4.2%、個人2.3%)

制作について

ドラマ「イップス」の原作はなく、ドラマのための書き下ろしの完全オリジナルストーリーとなっています。

脚本を手がけたのは以下の2名。

  • オークラ(『となりのナースエイド』、『ドラゴン桜 第2シリーズ』、『素敵な選TAXI』他)
  • 森ハヤシ(『チャンネルはそのまま!』、『ダマせない男』他)

主題歌は、AARON 『フェイス』(ユニバーサル シグマ)。

キャスト、ゲスト、プロデュース、演出ほか

  • 黒羽ミコ…篠原涼子
  • 森野徹…バカリズム
  • 坂浦猛…渡辺大知
  • 酒井純平…味方良介
  • 水田勇人…足立英
  • 初田豊…勝村政信
  • 樋口一之…矢本悠馬
  • 黒羽慧…染谷将太   他

第8話ゲスト:アンミカ

プロデュース

宮﨑暖(『#who am I』、『元彼の遺言状』他)

プロデューサー

熊谷理恵(大映テレビ)(『ミステリと言う勿れ』『来世ではちゃんとします』他)

演出

筧昌也(『素敵な選TAXI』、『ロス:タイム:ライフ』他)

制作著作

フジテレビ

 

 

以上、フジテレビ金曜21時放送のドラマ「イップス」第8話(あらすじ&ネタバレ、感想、視聴率、キャスト、主題歌)についてでした!