本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

2024年1月スタートのフジテレビ系 “月9”「君が心をくれたから」第2話について、あらすじ&ネタバレ、視聴率などをまとめています。

ドラマ「君が心をくれたから」第2話のテレビ放送は「フジテレビ系列」にて1月15日(月) 21:00に放送開始です。

第2話の無料見逃し配信・再放送についてはこちらをご覧ください。

「君が心をくれたから」第2話のあらすじ・ネタバレ・感想

以下、ドラマ「君が心をくれたから」第2話のあらすじ、ネタバレ、感想についてまとめています。

君が心をくれたからはこんなドラマ

永野芽郁さん、月9でフジテレビドラマ初主演!
共演の山田裕貴さんと“異国情緒あふれる”長崎を舞台に送る
“過酷な奇跡”が引き起こすファンタジーラブストーリー!
2024年1月期の月9ドラマは、永野芽郁さん主演のファンタジーラブストーリー『君が心をくれたから』を放送することが決定しました。永野さんは、今作がフジテレビドラマ初主演、月9ドラマ初主演となります。今作は、永野さん演じる主人公・逢原雨(あいはら・あめ、26歳)が、愛する男性、朝野太陽(あさの・たいよう、28歳/山田裕貴)のために自分の“心”を差し出す宿命を背負うことから始まる、過酷な「奇跡」が引き起こすファンタジーラブストーリー。ノスタルジックで幻想的な雰囲気に満ちた街・長崎を舞台に、この冬最高に美しくて泣ける、令和版“月9”ラブストーリーが幕を開けます。

雨と太陽、真逆の名前を持つ2人が“過酷な奇跡”に立ち向かう、
この冬一番ピュアなラブストーリー!
主人公・逢原雨は、悲しい過去から自分に自信が持てず、人に心を開けないでいました。しかし、故郷・長崎に戻ったある日、かつてただ一人心を通わせ、今もなお忘れられない男性、朝野太陽と再会します。しかし、再会を喜んだのもつかの間、彼は事故に遭ってしまい…。悲しみに暮れる雨の前に、あの世からの“案内人”と名乗る男が現れてこう告げます。「君が“心を差し出す”ならば、今から奇跡を起こしてあげよう」。しかし、案内人が提示した“心を差し出す”という条件は、雨にとって、あまりにも過酷なものでした…。果たして、“奇跡”と引き替えに雨が奪われる“心”とは、何を意味するのでしょうか?そして、案内人が起こす“奇跡”によって、2人に何が起こるのでしょう?一途(いちず)に互いを想い合う雨と太陽、真逆の名前を持つ2人が織りなす、この冬一番ピュアなラブストーリーが幕を開けます。

永野芽郁さん、フジテレビドラマ初主演にして月9初主演!
今作で“心を奪われる”という過酷な奇跡を背負う主人公・雨を演じるのは、永野芽郁さん。永野さんは、映画『俺物語!!』(2015年)でピュアなヒロイン役を演じて注目を集めると、連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK/2018年)では、2000人を超える応募者の中からヒロインに選出され、左耳を失聴した主人公という難役を見事演じきりました。その好演が大きな反響を呼び、2019年にエランドール賞・新人賞、第27回橋田賞・新人賞を受賞。その後も『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系/2021年7月期)で戸田恵梨香さんとダブル主演、主演映画『そして、バトンは渡された』(2021年)で第45回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞するなど、その高い演技力を生かして幅広い役柄を演じてきました。また、SNS上でも圧倒的な人気を誇り、公式インスタグラムのフォロワー数は493万人(11月7日時点)を超えています。

そんな永野さんが演じる雨は、過去のある経験から、自分に自信を持てずにいる女性。学生時代に、“雨”という珍しい名前から“ザー子”と呼ばれてバカにされ、他人と関わらないようにしていました。そんな彼女に、ただ一人明るく声をかけてくれたのが太陽。太陽と過ごすうちに、初めて人生に前向きになれた雨は、高校卒業と同時に、パティシエの夢を叶(かな)えるために上京します。太陽には自分の想いを伝えないまま離れることに。しかし、雨はある理由で長崎へ帰ることになり、心の中で太陽と再会したいと願いながらも、今の自分を見られたくないと葛藤して…。若手俳優ながらすでに圧倒的な人気・実力を誇る永野さんが、2024年1本目の月9ドラマの主人公として過酷な奇跡に立ち向かいます。

山田裕貴さんが月9にカムバック!ピュアで一途な花火師を演じる!
雨が高校時代から想いを寄せる太陽を演じるのは、山田裕貴さん。山田さんは『海賊戦隊ゴーカイジャー』(テレビ朝日系/2011年)で俳優デビュー。その後の活躍もめざましく、近年は映画『東京リベンジャーズ』シリーズ(2021年、2023年)や、『ここは今から倫理です。』(NHK/2021年)などの話題作に次々と出演。今年に入っても、大河ドラマ『どうする家康』(NHK)で本多忠勝を演じ、『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』(TBS系/2023年4月期)で民放GP帯連続ドラマ初主演を務めるなど、大きな飛躍を見せています。主演の永野さんとは『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』で共演しており、先輩警察官役として永野演じる新人警察官を優しく導きました。

山田さんが演じる太陽は、一人前の花火師になるという夢を持ち、明るく前を向いて生きる男。長崎で代々続く老舗煙火店の跡取り息子として生まれた太陽は、亡き母との約束を果たす為、父の跡を継ぐべく修行に励んでいます。元気で活発な性格ですが、学生時代に気になっていた雨に対してだけは素直に話しかけられないような不器用な面も。雨に自分の想いを伝えられないまま、彼女の上京を見送ったのですが、離れていた8年の間、片時も彼女のことを忘れたことはありませんでした…。山田さんは、『女神の教室 ~リーガル青春白書~』(2023年1月期)以来、1年ぶりに月9に帰ってきます。俳優としてさらなる進化を遂げた山田さんが、不器用だが心優しい青年をどのように演じるのか注目です。

幻想的な長崎を舞台に、『ミステリと言う勿れ』制作陣が新たに描く
“令和の月9ラブファンタジー”
物語の舞台となるのは、異国情緒あふれるノスタルジックで幻想的な街、長崎。今作には、大浦天主堂をはじめ、眼鏡橋やハウステンボスなど、長崎の魅力あふれるスポットが登場。“夜景の街”や“雨の街”など、さまざまな顔を持つ長崎を味わってください。

そして本作は、今、若い世代から絶大な支持を得る純愛小説の名手、宇山佳佑さんが手がけるオリジナル脚本です!宇山さんは、SNSを中心に「目が腫れるほど泣ける」と爆発的な注目を集めた小説『桜のような僕の恋人』(集英社文庫刊)や、映画の中から現実世界に飛び出してきたお姫様とのはかない恋を描いた映画『今夜、ロマンス劇場で』(2018年)など、話題作を次々に送り出している気鋭の作家。宇山さんの描く世界は、「痛み」を伴う不条理な運命を描きながらも、そんな運命に巻き込まれたキャラクターをあたたかく包み込む、深い切なさとまっすぐな純粋さが特徴です。若者たちに何度も感動の涙を届けてきた宇山さんが新たに作り上げる“月9”にもご期待ください。演出は、興行収入44億円(11月5日時点)を突破した現在公開中の映画『ミステリと言う勿れ』や、『LIAR GAME』(2007年)、月9ドラマ『信長協奏曲』(2016年)など数々のヒット作を手掛けた松山博昭監督。プロデュースは『ミステリと言う勿れ』シリーズで松山とタッグを組んだ草ヶ谷大輔プロデューサーが務めます。独自の世界観を作り上げる演出に定評のある松山監督が、長崎を舞台とした、どこか懐かしくて新しい令和の月9ラブストーリーを描きます。

異国情緒あふれる長崎を舞台に、“心を奪われる”という過酷な奇跡に立ち向かいながらも、一途に互いを想い合う雨と太陽。真逆の名前を持つ2人に待ち受ける運命とは…。『ミステリと言う勿れ』シリーズの制作陣が新たに描く、人気・実力ともに最も旬な永野さんと山田さんをキャストに迎えた、この冬最も切なく美しいラブファンタジー『君が心をくれたから』。続報を楽しみにお待ちください。

第2話のあらすじ

逢原雨(永野芽郁)は、かつてただ一人心を通わせた男性・朝野太陽(山田裕貴)と高校時代以来の再会を果たす。しかし、再会を喜んだのも束の間、太陽が事故に遭ってしまう。悲しみに暮れる雨の前に、“あの世からの案内人”を名乗る男・日下(斎藤工)が現れ、“奇跡”を提案する。それは、「雨の五感を差し出す代わりに、太陽の命を助ける」というものだった。そして雨は、太陽のためにその“奇跡”を受け入れた。

最初に奪われる五感は味覚。日下は、雨の味覚はあと14日ほどで失われてしまうと告げ、奇跡のことや案内人のことは口外してはならない、と忠告する。真実を話してもいいのは太陽だけだという。もうひとりの案内人・千秋(松本若菜)は、ひとりで乗り越えられるほど五感を失うことは簡単ではないのだから、正直に話すべきだと雨に助言する。しかし雨は、真実を話せば太陽が自分を責めてしまう、と言って拒否する。

太陽を見舞った雨は、彼の妹・春陽(出口夏希)が差し入れで持ってきたマカロンをもらう。マカロンは、高校時代に太陽がある“お菓子言葉”と共にくれた、想い出の味だった。

雨は、味覚を失う前に好きなものを食べよう、と食べ歩きに出かける。そんな折、週末に「長崎スイーツマルシェ」が開催されることを知る。そのゲストに招かれていたのは、かつて雨に「必要ない」と告げたパティスリー『レーヴ』のパティシエ・田島守(ジャン・裕一)で……。

第2話のネタバレ・感想

視聴者からのドラマの感想は、公式サイト「番組へのメッセージ」にてご確認頂けます。

君が心をくれたからへのメッセージ - フジテレビ(公式サイト)

 

また、視聴者からのドラマのネタバレ・感想は、ネタバレ有/無の感想が選んで確認できるドラマ情報・感想・評価の口コミサイト「Filmarks」(フィルマークス)や「Yahoo!テレビ.Gガイド」などで確認可能です。

君が心をくれたから - ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarksドラマ(フィルマークス公式)

君が心をくれたから- みんなの感想 -Yahoo!テレビ.Gガイド(Yahoo!テレビ.Gガイド)

第2話の視聴率

君が心をくれたから 第2話の視聴率は5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

  • 第1話:7.2%(世帯7.2%、個人4.5%)
  • 第2話:5.8%(世帯5.8%、個人3.4%)
  • 第3話:5.6%(世帯5.6%、個人3.3%)
  • 第4話:5.4%(世帯5.4%、個人3.2%)
  • 第5話:5.3%(世帯5.3%、個人3.3%)
  • 第6話:6.2%(世帯6.2%、個人3.8%)
  • 第7話:5.1%(世帯5.1%、個人3.0%)
  • 第8話:5.5%(世帯5.5%、個人3.3%)

制作について

ドラマ「君が心をくれたから」の原作はなく、ドラマのための書き下ろしの完全オリジナルストーリーとなっています。

脚本を手がけたのは、宇山佳佑

主題歌は、宇多田ヒカルの『何色でもない花』です

キャスト、音楽、プロデュース、演出

  • 逢原 雨…永野芽郁
  • 朝野太陽…山田裕貴
  • 望田 司…白洲 迅
  • 朝野春陽…出口夏希
  • 柳田達夫…螢 雪次朗
  • 花村竜一…佐藤貴史
  • 菊野 純…谷 恭輔
  • 飛岡雄星…萩原 護
  • 日下…斎藤 工
  • 千秋…松本若菜
  • 逢原霞美…真飛 聖
  • 朝野陽平…遠藤憲一
  • 逢原雪乃…余 貴美子    他

音楽

松谷 卓

プロデュース

草ヶ谷大輔(『ミステリと言う勿れ』シリーズ、『コンフィデンスマンJP』シリーズ他)

演出

松山博昭(『ミステリと言う勿れ』シリーズ、『信長協奏曲』他)

 

 

以上、フジテレビ月曜21時放送のドラマ「君が心をくれたから」第2話(あらすじ&ネタバレ、口コミ・感想、キャスト、主題歌、視聴率)についてでした!