ウィンブルドン2021の結果速報

2021年のウィンブルドンの結果について、男子シングルス・女子シングルスの最新試合結果と日本人選手の成績を速報でまとめます。

2019年のウィンブルドン優勝者
男子シングルスはジョコビッチ、女子シングルスはハレプが優勝しました。
ウィンブルドンの歴代優勝者

ウィンブルドンまとめウィンブルドン 2021

ウィンブルドン2021の出場選手

ウィンブルドン2021の出場選手エントリー状況について。

日本人選手は、錦織圭、西岡良仁、大坂なおみが本戦ストレートインの予定です。

ウィンブルドン2021の結果(男子シングルス)

男子シングルス・準々決勝以上はスコア表で全試合の結果一覧を掲載します。

4回戦までの試合結果は「男子シングルス・スコア詳細ドロー」をご参照ください(錦織圭、西岡良仁ら日本人選手のスコアは下にまとめています)。

男子S決勝の結果

男子シングルス決勝(7/11)
選手名 0 0 0 0 0
選手名 0 0 0 0 0

男子S準決勝の結果

男子シングルス準決勝(7/9)
選手名 0 0 0 0 0
選手名 0 0 0 0 0
男子シングルス準決勝(7/9)
選手名 0 0 0 0 0
選手名 0 0 0 0 0

男子S準々決勝の結果

男子シングルス準々決勝(7/7)
選手名 0 0 0 0 0
選手名 0 0 0 0 0
男子シングルス準々決勝(7/7)
選手名 0 0 0 0 0
選手名 0 0 0 0 0
男子シングルス準々決勝(7/7)
選手名 0 0 0 0 0
選手名 0 0 0 0 0
男子シングルス準々決勝(7/7)
選手名 0 0 0 0 0
選手名 0 0 0 0 0

ウィンブルドン2021の結果(女子シングルス)

女子シングルス・準々決勝以上はスコア表で全試合の結果一覧を掲載します。

4回戦までの試合は「女子シングルス・スコア詳細ドロー」をご参照ください(大坂なおみら日本人選手のスコアは下にまとめています)。

女子S決勝の結果

女子シングルス決勝(7/10)
選手名 0 0 0
選手名 0 0 0

女子S準決勝の結果

女子シングルス準決勝(7/8)
選手名 0 0 0
選手名 0 0 0
女子シングルス準決勝(7/8)
選手名 0 0 0
選手名 0 0 0

女子S準々決勝の結果

女子シングルス準々決勝(7/6)
選手名 0 0 0
選手名 0 0 0
女子シングルス準々決勝(7/6)
選手名 0 0 0
選手名 0 0 0
女子シングルス準々決勝(7/6)
選手名 0 0 0
選手名 0 0 0
女子シングルス準々決勝(7/6)
選手名 0 0 0
選手名 0 0 0

ウィンブルドン2021の結果(日本人男子)

ウィンブルドン2021・男子シングルスに出場した日本人選手の試合結果一覧です。

錦織圭の試合結果

男子シングルス1回戦(6/28 or 29)
錦織圭 0 0 0 0 0
対戦相手 0 0 0 0 0

西岡良仁の試合結果

男子シングルス1回戦(6/28 or 29)
西岡良仁 0 0 0 0 0
対戦相手 0 0 0 0 0

内山靖崇の試合結果

男子シングルス1回戦 or 予選1回戦
内山靖崇 0 0 0 0 0
対戦相手 0 0 0 0 0

杉田祐一の試合結果

男子シングルス1回戦 or 予選1回戦
杉田祐一 0 0 0 0 0
対戦相手 0 0 0 0 0

ダニエル太郎の試合結果

男子シングルス1回戦 or 予選1回戦
ダニエル太郎 0 0 0 0 0
対戦相手 0 0 0 0 0

ウィンブルドン2021の結果(日本人女子)

ウィンブルドン2021・女子シングルスに出場した日本人選手の試合結果一覧です。

大坂なおみの試合結果

女子シングルス1回戦(6/28 or 29)
選手名 0 0 0
選手名 0 0 0

土居美咲の試合結果

女子シングルス1回戦 or 予選1回戦
選手名 0 0 0
選手名 0 0 0

日比野菜緒の試合結果

女子シングルス1回戦 or 予選1回戦
選手名 0 0 0
選手名 0 0 0

 

なお、前回(2019年大会)のウィンブルドンに出場した日本人選手の結果一覧は次の通り。

2019年 日本人成績(本戦)
錦織圭 準々決勝進出
杉田祐一 1回戦敗退(予選通過)
内山靖崇 1回戦敗退(予選通過)
西岡良仁 1回戦敗退
大坂なおみ 1回戦敗退
2020年 日本人成績(予選)
杉田祐一 3連勝
内山靖崇 3連勝
綿貫陽介 決勝進出
守屋宏紀 2回戦進出
添田豪 2回戦進出
土居美咲 2回戦進出
日比野菜緒 1回戦敗退
奈良くるみ 1回戦敗退
清水綾乃 1回戦敗退
伊藤竜馬 1回戦敗退
内田海智 1回戦敗退

2019年大会では、杉田と内山が予選突破を果たし、男女合わせて5名の日本人選手が出場しましたが、2回戦に駒を進められたのは錦織のみでした。

その錦織はフェデラーとの準々決勝まで勝ち上がり、2年連続のベスト8と結果を残しました。

 

2021年大会は前回の5名を超える日本人本戦出場、そして錦織・西岡・大坂らが3回戦以上に進んでくれることを期待しましょう。

 

以上、テニスのグランドスラム「ウィンブルドン」の結果速報でした!

Twitterのフォローもお願いします!