【速報】ウィンブルドン2021の結果|男子・女子テニス(シングルス/ダブルス)最新ドローと日本人成績

2021年のウィンブルドンの結果について、男子シングルス・女子シングルスの最新試合結果と日本人選手の成績を速報でまとめます。

前回のウィンブルドン優勝者
男子シングルスはジョコビッチ、女子シングルスはハレプが優勝しました。

ウィンブルドン2021出場の日本人選手

ウィンブルドン2021の日本人 出場選手エントリー状況について。

日本人選手は錦織圭、西岡良仁、杉田祐一、土居美咲、日比野菜緒がシングルス本戦ストレートインです(その後、内山靖崇もラッキールーザーで本戦入りを果たしました)。

男子ダブルスは、マクラクラン勉がクラーセンと(第14シード)、西岡がゲラシモフとペアで出場。

女子ダブルスは青山修子/柴原瑛菜ペア(第5シード)を筆頭に、土居/ゴルビッチ、日比野/Christianで単複出場、二宮真琴/Kichenok、加藤未唯/Voracovaもエントリーと6名が出場します。

ウィンブルドン2021の結果(男子シングルス)

男子シングルス・準々決勝以上はスコア表で全試合の結果一覧を掲載します。

ウィンブルドン2021 スコア詳細ドロー

錦織圭、西岡良仁ら日本人選手のスコアは下にまとめています。

男子S決勝の結果

男子シングルス決勝
ノバク・ジョコビッチ(1) 64 6 6 6
マッテオ・ベレッティーニ(7) 77 4 4 3

男子S準決勝の結果

男子シングルス準決勝
ノバク・ジョコビッチ(1) 77 7 7
デニス・シャポバロフ(10) 63 5 5
男子シングルス準決勝
マッテオ・ベレッティーニ(7) 6 6 63 6
ホベルト・フルカチュ(14) 3 0 77 4
ハイライト動画

男子S準々決勝の結果

男子シングルス準々決勝
ノバク・ジョコビッチ(1) 6 6 6
マートン・フチョビッチ 3 4 4
男子シングルス準々決勝
カレン・ハチャノフ(25) 4 6 7 1 4
デニス・シャポバロフ(10) 6 3 5 6 6
男子シングルス準々決勝
マッテオ・ベレッティーニ(7) 6 5 7 6
フェリックス・オジェ=アリアシム(16) 3 7 5 3
男子シングルス準々決勝

https://youtu.be/cT7qEFDK3HA
ロジャー・フェデラー(6) 3 64 0
ホベルト・フルカチュ(14) 6 77 6

ウィンブルドン2021の結果(女子シングルス)

女子シングルス・準々決勝以上はスコア表で全試合の結果一覧を掲載します。

ウィンブルドン2021 スコア詳細ドロー

日本人選手のスコアは下にまとめています。

女子S決勝の結果

女子シングルス決勝
アシュリー・バーティ(1) 6 64 6
カロリーナ・プリスコバ(8) 3 77 3

女子S準決勝の結果

女子シングルス準決勝
アシュリー・バーティ(1) 6 77
アンジェリック・ケルバー(25) 3 63
女子シングルス準決勝
カロリーナ・プリスコバ(8) 5 6 6
アリーナ・サバレンカ(2) 7 4 4
ハイライト動画

女子S準々決勝の結果

女子シングルス準々決勝
アシュリー・バーティ(1) 6 6
アイラ・トムヤノビッチ 1 3
女子シングルス準々決勝
カロリーナ・ムチョバ(19) 2 3
アンジェリック・ケルバー(25) 6 6
女子シングルス準々決勝
カロリーナ・プリスコバ(8) 6 6
ビクトリヤ・ゴルビッチ 2 2
女子シングルス準々決勝
オンス・ジャバー(21) 4 3
アリーナ・サバレンカ(2) 6 6

ウィンブルドン2021の結果(日本人男子)&ダブルスのドロー

ウィンブルドン2021に出場した日本人男子選手の試合結果一覧です。

錦織圭の試合結果

男子シングルス1回戦
錦織圭 6 6 6
アレクセイ・ポピリン 4 4 4
男子シングルス2回戦
錦織圭 5 4 7 3
ジョーダン・トンプソン 7 6 5 6

西岡良仁の試合結果

男子シングルス1回戦
西岡良仁 77 2 6 63 6
ジョン・イズナー(28) 65 6 3 77 4
男子シングルス2回戦
アルヤズ・ベデネ 6 6 6
西岡良仁 1 0 2
男子ダブルス1回戦
Brkic/Cacic 77 6
ゲラシモフ/西岡 61 4

杉田祐一の試合結果

男子シングルス1回戦
リシャール・ガスケ 77 4 6 6
杉田祐一 64 6 2 1

内山靖崇の試合結果

男子シングルス予選1回戦
内山靖崇(5) 3 6 6
ライアン・ペニストン(WC) 6 2 4
男子シングルス予選2回戦
内山靖崇(5) 64 7 6
デュディ・セラ 77 5 4
男子シングルス予選3回戦
内山靖崇(5) 66 3 3
オスカー・オッテ 78 6 6
男子シングルス1回戦
内山靖崇(LL) 3 77 2 6 3
カルロス・アルカラス(WC) 6 64 6 3 6

マクラクラン勉の試合結果

男子ダブルス1回戦
クラーセン/マクラクラン(14) 63 6 6
Molteni/ババソリ 77 4 4
男子ダブルス2回戦
クラーセン/マクラクラン(14) 2 6 6
べランキス/コプファー 6 3 4
男子ダブルス3回戦
クラーセン/マクラクラン(14) 64 6 65 77 7
シャルディ/マルタン 77 4 77 65 5
男子ダブルス準々決勝
ボレッリ/ゴンサレス 77 6 6
クラーセン/マクラクラン(14) 60 4 3
男子ダブルスのドローを開く

混合ダブルス(マクラクラン勉・柴原瑛菜)

シード出場なので1回戦BYE(免除)で、2回戦が初戦でしたが、両者ともダブルスで勝ち進んでいるため試合前棄権しました(相手ペアの不戦勝)。

混合ダブルス2回戦(試合前棄権)
マクラクラン/柴原(15)
Marach/Kichenok

添田豪の試合結果

男子シングルス予選1回戦
セルゲイ・スタコウスキー 6 713
添田豪 3 611

伊藤竜馬の試合結果

男子シングルス予選1回戦
エリアス・イーメル 3 4
伊藤竜馬 6 6
男子シングルス予選2回戦
伊藤竜馬 2 1
ジャン・ジェイソン 6 6

望月慎太郎の試合結果

ウィンブルドン2021 男子シングルス予選1回戦
ユーゴ・ガストン 6 2 4
望月慎太郎(WC) 1 6 6
ウィンブルドン2021 男子シングルス予選2回戦
タロン・フリークスポー(8) 6 6
望月慎太郎(WC) 0 1

ウィンブルドン2021の結果(日本人女子)&女子ダブルスのドロー

ウィンブルドン2021に出場した日本人女子選手の試合結果一覧です。

大坂なおみの試合結果

大坂なおみはウィンブルドン2021を欠場しました。

土居美咲の試合結果

女子シングルス1回戦
土居美咲 6 3 7
Claire Liu(Q) 2 6 9
女子ダブルス1回戦
土居/ゴルビッチ 6 2 8
アレクサンドロワ/ワン・ヤファン 2 6 6
女子ダブルス2回戦
土居/ゴルビッチ 1 7 0
シェイ・スーウェイ/メルテンス(3) 6 5 6

日比野菜緒の試合結果

女子シングルス1回戦
日比野菜緒 6 5 6
ベルナルダ・ペラ 1 7 3
女子シングルス2回戦
日比野菜緒 4 64
アリャクサンドラ・サスノビッチ 6 77
女子ダブルス1回戦
マクヘイル/トムヤノビッチ 3 77 3
Christian/日比野 6 64 6
女子ダブルス2回戦
Christian/日比野 2 2
シグムンド/ズボナレワ(11) 6 6

青山修子・柴原瑛菜の試合結果

日本人女子同士のペアとしては史上初のウィンブルドン・ベスト4進出を記録しました。

女子ダブルス1回戦
青山/柴原(5) 6 6
ダブロウスキー/ガルシア 4 2
女子ダブルス2回戦
青山/柴原(5) 6 6
マルティンコバ/ボンドルソバ 1 2
女子ダブルス3回戦
青山/柴原(5) 6 7
シグムンド/ズボナレワ(11) 2 5
女子ダブルス準々決勝
青山/柴原(5) 77 7
ブーズコバ/Hradecka(16) 63 5
女子ダブルス準決勝
シェイ・スーウェイ/メルテンス(3) 6 1 6
青山/柴原(5) 4 6 3
女子ダブルスのドローを開く

二宮真琴の試合結果

女子ダブルス1回戦
Kichenok/二宮 6 3 9
リネッテ/Rosolska 4 6 7
女子ダブルス2回戦
Muhammad/ペグラ(14) 6 6
Kichenok/二宮 4 4

加藤未唯の試合結果

女子ダブルス1回戦
ブーズコバ/Hradecka(16) 77 6
加藤/Voracova 64 2

奈良くるみの試合結果

女子シングルス予選1回戦
グリート・ミネン(15) 6 66 6
奈良くるみ 3 78 1

日比万葉の試合結果

女子シングルス予選1回戦
日比万葉 6 6
ホイットニー・オシグウェ 2 4
女子シングルス予選2回戦
グリート・ミネン(15) 6 6
日比万葉 4 0

村松千裕の試合結果

女子シングルス予選1回戦
サーシャ・ヴィッカリー 6 4 6
村松千裕 3 6 1

なお、前回(2019年大会)のウィンブルドンに出場した日本人選手の結果一覧は次の通り。

2019年 日本人成績(本戦)
錦織圭 準々決勝進出
杉田祐一 1回戦敗退(予選通過)
内山靖崇 1回戦敗退(予選通過)
西岡良仁 1回戦敗退
大坂なおみ 1回戦敗退
2019年 日本人成績(予選)
杉田祐一 3連勝
内山靖崇 3連勝
綿貫陽介 決勝進出
守屋宏紀 2回戦進出
添田豪 2回戦進出
土居美咲 2回戦進出
日比野菜緒 1回戦敗退
奈良くるみ 1回戦敗退
清水綾乃 1回戦敗退
伊藤竜馬 1回戦敗退
内田海智 1回戦敗退

2019年大会では、杉田と内山が予選突破を果たし、男女合わせて5名の日本人選手が出場しましたが、2回戦に駒を進められたのは錦織のみでした。

その錦織はフェデラーとの準々決勝まで勝ち上がり、2年連続のベスト8と結果を残しました。

 

2021年大会は前回の5名を超える日本人本戦出場、そして錦織・西岡らが3回戦以上に進んでくれることを期待しましょう。

以上、テニスのグランドスラム「ウィンブルドン」の結果速報でした!

Twitterのフォローもお願いします!