ローマオープン2020(ローマ・マスターズ)のドロー(トーナメント表)

2020年 BNLイタリア国際(ローマオープン/ローママスターズ)男子シングルスのドロー(トーナメント表)、日本人選手の組み合わせなどをまとめています。

ローマオープン2020のドロー発表|ローママスターズ

BNLイタリア国際2020(イタリアンオープン)のドロー発表は、予選開始日の現地9/12(土) 18時頃から行われます。

ドロー発表(日本時間)
日本時間9/13(日)の深夜1時に本戦トーナメントのドロー発表予定です。

メインドロー入りが決まっている日本人男子は錦織圭と西岡良仁で、杉田祐一、内山靖崇、ダニエル太郎が予選トーナメントに出場予定です。

予選ドロー

ローマオープン2020(ローママスターズ)男子シングルス予選のドロー(トーナメント表)です。

日本人選手のドロー位置や対戦相手の組み合わせを中心に紹介予定です。

杉田祐一の組み合わせ

杉田祐一の対戦相手(想定)組み合わせです。

  • 予選1回戦 vs ロイド・ハリス(6-4  6-2で勝利
  • 予選2回戦 vs アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(0-6  1-6で敗戦

内山靖崇の組み合わせ

内山靖崇の対戦相手(想定)組み合わせです。

  • 予選1回戦 vs ジェームズ・ダックワース(6-7  0-4で途中棄権

ダニエル太郎の組み合わせ

ダニエル太郎の対戦相手(想定)組み合わせです。

  • 予選1回戦 vs チアゴ・モンテイロ(16)(4-6  7-6  6-4で勝利
  • 予選2回戦 vs ミカエル・ククシュキン(2-6  2-6で敗戦

 

残念ながら予選出場の日本人選手は全員、予選敗退となりました。

ドロー(トーナメント表)

ローマオープン2020・男子シングルス本戦のドロー(トーナメント表)です。

第1〜4シードごとのクォーターでドローを分けて、14名のトーナメント×4を掲載します(勝ち上がれば準決勝進出)。

ドローの表記

名前の左側の数字はシード順で、シード選手の位置はグレー背景です。
名前の右側の表記ルールは次の通り。

(Q)=予選勝者
(WC)=ワイルドカード(主催者推薦枠)
(SE)=スペシャルイグザンプト(前週の大会で準決勝以上で予選と日程が被った選手)
(LL)=ラッキールーザー(予選敗退したが欠場者が出て代わりに本戦に入れた選手)
(PR)=プロテクトランキング(ケガにより6ヶ月以上戦列を離れた選手に対するATPツアーの救済処置用ランキングを使用して出場)

トップハーフ(ジョコビッチ山)

第1シード・ジョコビッチの山です。錦織圭がいます。

トップハーフ(ベレッティーニ山)

第4シード・ベレッティーニの山です。

ボトムハーフ(チチパス山)

第3シード・チチパスの山です。西岡良仁がいます。

ボトムハーフ(ナダル山)

第2シード・ナダルの山です。

出場選手・ワイルドカード

ローママスターズ出場選手一覧です(カッコ内はエントリー時のランキング)。

上位勢ではフェデラー、キリオスらが欠場するほか、マレーもスキップします(追記:メドベージェフも欠場の意向です)。

ちなみに、西岡良仁はエントリーランキング48位で、繰り上がりによって本戦出場となりました。

  • ノバク・ジョコビッチ(1)
  • ラファエル・ナダル(2)
  • ドミニク・ティーム(3)
  • ダニール・メドベージェフ(5)
  • ステファノス・チチパス(6)
  • アレクサンダー・ズベレフ(7)
  • マッテオ・ベレッティーニ(8)
  • ガエル・モンフィス(9)
  • ダビド・ゴファン(10)
  • ファビオ・フォニーニ(11)
  • ロベルト・バウティスタ=アグー(12)
  • ディエゴ・シュワルツマン(13)
  • アンドレイ・ルブレフ(14)
  • ケビン・アンダーソン(14・PR)
  • カレン・ハチャノフ(15)
  • デニス・シャポバロフ(16)
  • スタン・バブリンカ(17)
  • クリスチャン・ガリン(18)
  • グリゴール・ディミトロフ(19)
  • フェリックス・オジェ=アリアシム(20)
  • ジョン・イズナー(21)
  • ブノワ・ペール(22)
  • ドゥサン・ラヨビッチ(23)
  • テイラー・フリッツ(24)
  • パブロ・カレーニョブスタ(25)
  • アレックス・デミノー(26)
  • ニコラス・バシラシビリ(27)
  • ダニエル・エバンズ(28)
  • ホベルト・フルカッチュ(29)
  • ミロシュ・ラオニッチ(30)
  • 錦織圭(31)
  • フィリップ・クライノビッチ(32)
  • ボルナ・チョリッチ(33)
  • ヤン=レナード・シュトルフ(34)
  • ギド・ペラ(35)
  • キャスパー・ルード(36)
  • マリン・チリッチ(37)
  • アドリアン・マナリノ(38)
  • アルベルト・ラモス=ビニョラス(41)
  • ユーゴ・アンベール(42)
  • ジョン・ミルマン(43)
  • カイル・エドマンド(44)
  • サム・クエリー(45)
  • ロレンツォ・ソネゴ(46)
  • ミオミル・ケツマノビッチ(47)
  • 西岡良仁(48)
  • リシャール・ガスケ(50)
  • アレクサンダー・ブブリク(51)
  • ヤニック・シーネル(WC)
  • ロレンツォ・ソネゴ(WC)
  • Gianluca Mager(WC)
  • サルバトーレ・カルーゾ(WC)
  • ステファノ・トラバリア(WC)

BNLイタリア国際2020 結果・スコア詳細ドロー

ローマオープン2020(ローママスターズ)男子シングルスの結果・スコアを反映したドロー(トーナメント表)です。

錦織圭、西岡良仁ら対戦相手組み合わせ|ローマ2020

2020年のローマには、日本人選手5名(錦織圭、西岡良仁、杉田祐一、内山靖崇、ダニエル太郎)が出場します。

ダニエル太郎はエントリー時点では予選Altの9番目でしたが、予選出場が叶いました。

以下、ドロー発表後に日本人対戦相手についてまとめます。

錦織圭の組み合わせ

錦織圭の対戦相手(想定)組み合わせです。

西岡良仁の組み合わせ

西岡良仁の対戦相手(想定)組み合わせです。

  • 1回戦 vs ケツマノビッチ
  • 2回戦 vs ディミトロフ(15) or Mager(WC)
  • 3回戦 vs チチパス(3)、ペール、シーネル(WC)
  • 準々決勝 vs フォニーニ(7)、シャポバロフ(12)
  • 準決勝 vs ナダル(2)、シュワルツマン(8)、ルブレフ(9)
  • 決勝 vs ジョコビッチ(1)、ベレッティーニ(4)、モンフィス(5)、ゴファン(6)、錦織圭

       

      錦織圭、西岡良仁の両選手はキッツビュールで初戦敗退だったため、クレー2戦目になります。

      杉田祐一と内山は全米オープン以来、ダニエル太郎はプロスチェヨフ・チャレンジャー(クレー)に続いて連戦です。

      昨年は本戦出場が錦織圭のみだったので、今年は1人でも多く予選突破して本戦トーナメントで戦えるよう応援したいと思います。

       

      以上、BNLイタリア国際2020(ローママスターズ)男子シングルスのドロー(トーナメント表)と、日本人選手の対戦相手組み合わせについてでした!

      Twitterのフォローもお願いします!