マイアミオープン2022の賞金はいくら?|総額、優勝賞金、日本円内訳と過去の賞金額推移

マイアミオープン(Miami Open)の賞金について、2022年の大会総額、優勝賞金、各ラウンドでの日本円内訳と過去の賞金額推移をまとめています。

 

同じ3月に開催されるインディアンウェルズ大会と並んで、高額賞金が用意されているマイアミオープン。

2021年は他の大会同様、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で大幅減となりましたがが、2022年は再び増額されています。

 記事内の日本円は1ドル=110円計算です。

マイアミオープン2022の賞金総額

マイアミオープン2022の賞金総額は$17,168,110(約18億8850万円)。

男女同額なので、それぞれの総額は$8,584,055(約9億4420万円)です。

2022年はコロナが流行する前の2019年の賞金水準まで復活しています。

 

なお、2021年の減額の原因としては、コロナの影響で観客動員に制限がかかるため(2021年大会ではわずか20%の客席しか使用されない)です。

トーナメントの収益の大部分は、入場した観客からもたらされます。

2021年の予想入場者数は2万人に満たない予測で、2019年の38万人とは比較になりません。

 

ちなみに、マイアミオープンとBNPパリバオープンは2015年から賞金総額が同じ金額となっています。

また、男女とも同じ賞金になったのは2014年からで、それまでは男子大会の方が女子大会よりも若干高めの設定でした。

マイアミオープン2022の優勝賞金

マイアミオープン2022のシングルス、ダブルスそれぞれの優勝賞金は次の通り。

2022年の優勝賞金(参考)
シングルス:$1,231,245(1億3543万6950円)
ダブルス:$426,010(4796万1100円)
2021年の優勝賞金(参考)
シングルス:$300,110(3301万2100円)
ダブルス:$81,000(891万円)
2020年の優勝賞金(参考)
シングルス:$1,361,360(1億4974万9600円)
ダブルス:$479,290(5272万1900円)

ダブルスは賞金額をペアで分けるので、選手一人当たりが獲得する優勝賞金は半減します。

マイアミオープン2022 各ラウンドの獲得賞金

マイアミオープン2022のシングルス1回戦敗退〜優勝までの各ラウンドの獲得賞金一覧です。

右側は前回大会の2021年賞金なので、左右見比べると前回との比較になります。

ラウンド 2022年の賞金 2021年の賞金
優勝 $1,231,245
(1億3543万6950円)
$300,110
(3301万2100円)
準優勝 $646,110
(7107万2100円)
$165,000
(1815万円)
準決勝
(ベスト4)
$343,985
(3783万8350円)
$93,000
(1023万円)
準々決勝
(ベスト8)
$179,940
(1979万3400円)
$61,000
(671万円)
4回戦
(ベスト16)
$94,575
(1040万3250円)
$40,000
(440万円)
3回戦 $54,400
(598万4000円)
$26,000
(286万円)
2回戦 $30,130
(331万4300円)
$16,000
(176万円)
1回戦 $18,200
(200万2000円)
$10,000
(110万円)
予選2回戦 $9,205
(101万2550円)
$5,890
(64万7900円)
予選1回戦 $5,025
(55万2750円)
$3,100
(34万1000円)

ランキング上位選手のみが出場できるマスターズ1000/WTA1000(旧プレミアマンダトリー)の大会なだけあって、1回戦敗退でも200万円以上の賞金が獲得できます。

前回との比較では、アーリーラウンドほど増額率が低く、優勝賞金は4倍以上もの大幅増です。

マイアミオープン 賞金総額の推移

男女同額になった2014年以降の、マイアミオープンの賞金総額推移は以下の通り。

賞金総額 増加率
2022 $17,168,110
(約18億8850万円)
156.72%
2021 $6,687,570
(約7億3563万2700円)
-60.00%
2019 $16,718,910
(18億3908万100円)
4.86%
2018 $15,944,706
(17億5391万7660円)
14.00%
2017 $13,986,900
(15億3855万9000円)
14.00%
2016 $12,269,210
(13億4961万3100円)
14.00%
2015 $10,762,470
(11億8387万1700円)
13.99%
2014 $9,441,660
(10億3858万2600円)

男女同額になった2014年以来、毎年14%程度の高い水準で賞金が増額になっていたマイアミオープンですが、2019年は5%弱の増加率に留まり、2021年はガクッと60%もの削減となりました。

2022年は観客動員が正常に戻ったため、賞金総額は過去最高を記録しています。

マイアミオープン シングルス優勝賞金の推移

男女同額になった2014年以降の、マイアミオープン・シングルスの優勝賞金額推移は以下の通り。

シングルス優勝賞金 増加率
2022 $1,231,245
(1億3543万6950円)
310.26%
2021 $300,110
(3301万2100円)
-77.84%
2019 $1,354,010
(1億4894万1100円)
0.98%
2018 $1,340,860
(1億4749万4600円)
14.07%
2017 $1,175,505
(1億2930万5550円)
14.32%
2016 $1,028,300
(1億1311万3000円)
14.20%
2015 $900,400
(9904万4000円)
14.41%
2014 $787,000
(8657万円)

2021年は約78%という減り方を見せているマイアミオープンの優勝賞金ですが、2022年の優勝賞金は過去3番目に高い数値となっています。

なお、2021年に賞金水準を下げなかった例外大会は全豪オープンテニス2で、例年と変わらない水準の賞金(むしろ前年よりも微増と大健闘の金額)を準備したものの83億円以上という巨額の赤字を記録してしまいました。

 

マイアミオープンは、2016年に錦織圭が準優勝した大会です(優勝はジョコビッチ)。

2016年当時の獲得賞金は$501,815。日本円では約5520万円という大金でした。

 

ダブルスでは杉山愛が2度優勝しているマイアミですが、シングルスの最高成績は錦織圭と1995年の伊達公子が記録した準優勝。

錦織圭や大坂なおみらには日本人史上初のマイアミOPシングルス優勝、そして1億円超えの賞金獲得が期待されます。

 

以上、マイアミオープンの賞金まとめでした!