マイアミオープンの賞金について

マイアミオープン(Miami Open)の賞金について、2020年の大会総額、優勝賞金、各ラウンドでの日本円内訳と過去の賞金額推移をまとめています。

同じ3月に開催されるインディアンウェルズ大会と並んで、高額賞金が用意されているマイアミオープン。

他の大会同様、2020年のマイアミオープンの賞金額も前年より増加することが予想されます。

 記事内の日本円は1ドル=110円計算です。

マイアミオープン2020の賞金総額

 2020年の賞金情報は発表され次第で更新します。

マイアミオープン2020の賞金総額は$17,085,360(18億7938万9600円)で、男子・女子とも同額なので各大会の総額は$8,542,680(9億3969万4800円)です。

ちなみに、マイアミオープンとBNPパリバオープンは2015年から賞金総額が同じ金額となっています。

また、男女とも同じ賞金になったのは2014年からで、それまでは男子大会の方が女子大会よりも若干高めの設定でした。

マイアミオープン2020の優勝賞金

 2020年の賞金情報は発表され次第で更新します。

マイアミオープン2020のシングルス、ダブルスそれぞれの優勝賞金は次の通り。

2020年の優勝賞金
シングルス:$1,361,360(1億4974万9600円)
ダブルス:$479,290(5272万1900円)

ダブルスは賞金額をペアで分けるので、選手一人当たりが獲得する優勝賞金は半減します。

マイアミオープン2020 各ラウンドの獲得賞金

 2020年情報の発表まで2019年データを掲載中です。

マイアミオープン2020の1回戦敗退〜優勝までの各ラウンドの獲得賞金一覧です。

ラウンドシングルス賞金ダブルス賞金
優勝$1,354,010
(1億4894万1100円)
$457,290
(5030万1900円)
準優勝$686,000
(7546万円)
$233,170
(2564万8700円)
準決勝
(ベスト4)
$354,000
(3894万円)
$111,860
(1230万4600円)
準々決勝
(ベスト8)
$182,000
(2002万円)
$57,000
(627万円)
4回戦
(ベスト16)
$91,205
(1003万2550円)
3回戦$48,775
(536万5250円)
2回戦$26,430
(290万7300円)
$30,060
(330万6600円)
1回戦$16,425
(180万6750円)
$16,090
(176万9900円)

ランキング上位選手のみが出場できるマスターズ1000/プレミアマンダトリー大会なだけあって、1回戦敗退でも200万円弱の賞金が獲得できます。

マイアミオープン 賞金総額の推移

男女同額になった2014年以降の、マイアミオープンの賞金総額推移は以下の通り。

賞金総額増加率
2020発表前
(日本円)
2019$16,718,910
(18億3908万100円)
4.86%
2018$15,944,706
(17億5391万7660円)
14.00%
2017$13,986,900
(15億3855万9000円)
14.00%
2016$12,269,210
(13億4961万3100円)
14.00%
2015$10,762,470
(11億8387万1700円)
13.99%
2014$9,441,660
(10億3858万2600円)

男女同額になった2014年以来、毎年14%程度の高い水準で賞金が増額になっていたマイアミオープンですが、2019年は5%弱の増加率に留まりました。

それでも、日本円にして18億円を超える超高額で、BNPパリバオープンと並ぶ大規模なツアー大会です。

マイアミオープン シングルス優勝賞金の推移

男女同額になった2014年以降の、マイアミオープン・シングルスの優勝賞金額推移は以下の通り。

シングルス優勝賞金増加率
2020発表前
(日本円)
2019$1,354,010
(1億4894万1100円)
0.98%
2018$1,340,860
(1億4749万4600円)
14.07%
2017$1,175,505
(1億2930万5550円)
14.32%
2016$1,028,300
(1億1311万3000円)
14.20%
2015$900,400
(9904万4000円)
14.41%
2014$787,000
(8657万円)

毎年14%近い増加率で優勝賞金も増えていましたが、2019年はほぼ横ばい(微増)でした。

インディアンウェルズが2020年も微増だったので、マイアミの優勝賞金もあまり増えない予想です。

 

マイアミオープンは、2016年に錦織圭が準優勝した大会です(優勝はジョコビッチ)。

2016年当時の獲得賞金は、$501,815。日本円では約5520万円という大金でした。

ダブルスでは杉山愛が2度優勝しているマイアミですが、シングルスの最高成績は錦織圭と1995年の伊達公子が記録した準優勝。

錦織圭、大坂なおみらには日本人史上初のシングルス優勝、そして1億円超えの賞金獲得が期待されます。

 

以上、マイアミオープンの賞金まとめでした!

Twitterの(しょうもない)つぶやきはコチラ!