ドバイテニス選手権2021の賞金はいくら?|総額、優勝賞金、日本円内訳と過去の賞金額推移

ドバイテニス選手権(Dubai Duty Free Tennis Championships)の賞金について、2021年の大会総額、優勝賞金、各ラウンドでの日本円内訳と過去の賞金額推移をまとめています。

ATP500の中でも、特に多いことで知られているドバイテニス選手権の賞金情報です。

 記事内の日本円は1ドル=110円計算です。

ドバイテニス選手権2021の賞金総額

ドバイテニス選手権2021の賞金総額は$1,897,805(2億875万8550円)

2020年の賞金総額からは約30%の減少(COVID-19の影響)で、大会史上最高額を更新した前年がピークでした。

2021年女子大会も減額
2021年の女子大会 賞金総額は$1,835,490(2億190万3900円)
男子同様、新型コロナウイルス感染拡大による影響などで前年比-30.57%の減額となっています。

ドバイテニス選手権2021の優勝賞金

ドバイテニス選手権のシングルス、ダブルスそれぞれの優勝賞金は次の通り。

2021年 男子の優勝賞金
シングルス:$149,490(1644万3900円)
(2020年は$565,705=6222万7550円)

ダブルス:$52,850(581万3500円)
(2020年は$181,360=1994万9600円)

2021年 女子の優勝賞金
シングルス:$221,500(2436万5000円)
ダブルス:$67,000(737万円)

ダブルスは賞金額をペアで分けるので、一人当たりが獲得する優勝賞金は、シングルスがダブルスの約6.2倍です。

ドバイテニス選手権2021 各ラウンドの獲得賞金

ドバイテニス選手権2021のシングルス1回戦敗退〜優勝までの各ラウンドの獲得賞金一覧です。

ラウンド 2021年 2020年
優勝 $149,490
(1643万3900円)
$565,705
(6222万7550円)
準優勝 $110,530
(1215万8300円)
$284,485
(3129万3350円)
準決勝
(ベスト4)
$78,710
(865万8100円)
$143,880
(1582万6800円)
準々決勝
(ベスト8)
$53,590
(589万4900円)
$76,025
(836万2750円)
3回戦 $33,495
(368万4450円)
2020年は無し
2回戦 $19,260
(211万8600円)
$38,835
(427万1850円)
1回戦 $13,300
(146万3000円)
$21,525
(236万7750円)
予選2回戦 $8,875
(97万6250円)
$9,810
(107万9100円)
予選1回戦 $4,690
(51万5900円)
$5,450
(59万9500円)

目を引くのが、初戦敗退でも200万円以上の超高額賞金が獲得できる点です。

それだけ32名によるドロー(トーナメント表)入りするのは困難ですが、2020年大会では西岡良仁がランキング上位でストレートイン、内山靖崇が予選突破で本戦入りしています。

ドバイテニス選手権 賞金総額の推移

ドバイテニス選手権の賞金総額推移です(男子大会)。

賞金総額 増加率
2021 $1,897,805
(2億875万8550円)
-31.1%
2020 $2,794,840
(3億743万2400円)
2.1%
2019 $2,736,845
(3億105万2950円)
4.3%
2018 $2,623,485
(2億8858万3350円)
8.0%
2017 $2,429,150
(2億6720万6500円)
8.0%
2016 $2,249,215
(2億4741万3650円)
8.0%
2015 $2,082,605
(2億2908万6550円)
8.0%
2014 $1,928,340
(2億1211万7400円)
8.0%
2013 $1,785,500
(1億9640万5000円)
5.0%
2012 $1,700,475
(1億8705万2250円)
5.0%
2011 $1,619,500
(1億7814万5000円)
0.0%

増加率はここ数年低迷気味ですが、2012年大会以降は賞金総額が右肩上がりのドバイテニス選手権。

2019年大会からは日本円で総額3億円を突破していましたが、2021年は大幅減です。

ドバイテニス選手権 シングルス優勝賞金の推移

ドバイテニス選手権の優勝賞金額推移です(男子大会)。

シングルス優勝賞金 増加率
2021 $149,490
(1644万3900円)
-73.57%
2020 $565,705
(6222万7550円)
0.01%
2019 $565,635
(6221万9850円)
0.02%
2018 $565,530
(6220万8300円)
8.1%
2017 $523,330
(5756万6300円)
2.3%
2016 $511,750
(5629万2500円)
1.3%
2015 $505,000
(5555万円)
8.4%
2014 $465,830
(5124万1300円)
8.4%
2013 $429,600
(4725万6000円)
5.0%
2012 $409,170
(4500万8700円)
6.0%
2011 $386,000
(4246万円)
0.8%

シングルス優勝賞金は2018年以降ほぼ横ばいでしたが、2021年大会は激減です。

近年は、予選やアーリーラウンドでの獲得賞金を中心に増額されていて、優勝賞金やベスト4入りなどの金額は据え置きの傾向が強くなっています。

ちなみに、2020年大会では予選賞金が20%以上の増加率で、1回戦・2回戦は3%余り、ベスト8以上では多くて1.2%に留まっています。

 

ドバイ=お金持ちのイメージを持っている方も多いかと思いますが、賞金もそのイメージに違わない大盤振る舞いでした。

2021年はCOVID-19の影響で減ってはいますが、それでも他の大会と比較すると賞金は多めです。

 

以上、ドバイテニス選手権の賞金まとめでした!

Twitterのフォローもお願いします!