2017年、ロンドンで開幕した世界陸上(世界選手権ロンドン大会)の100m予選で、日本人3選手が準決勝進出を果たしました。

準決勝に3人の日本人が駒を進めるのは、オリンピック・世界選手権を通じて史上初の快挙とのこと。

 

特にサニブラウン・ハキームは予選2組1着での準決勝進出、向かい風0.6mの悪条件+最後は流した中で自己ベストタイの10秒05をマークしました。

日本人初の9秒台達成に向けて、一気に期待が高まっています。

 

今回は、日本が誇るスプリンター、サニブラウンについてまとめました。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

サニブラウンは生まれも育ちも日本の日本人

本名はサニブラウン・アブデル・ハキーム。

福岡県で生まれたサニブラウンは、日本の小学校・中学校・高校に通い、(当たり前ですが)日本語もペラペラの、正真正銘の日本人です。

もちろん国籍も日本です。

 

ガーナ人の父親日本人の母親との間に生まれたサニブラウン。

黒色人種とのハーフで皮膚の色が黒めなのと、名前が全てカタカナなことから外国人に思われがちですが、サニブラウンは日本人です。

 

ちなみに、同じく準決勝進出を果たしたケンブリッジ 飛鳥(本名:ケンブリッジ 飛鳥 アントニオ)も、ジャマイカ人の父親日本人の母親との間に生まれたハーフですが、日本人です。

※生まれはジャマイカで、2歳で日本に移住してきたとのこと。

日本人・アジア人と「10秒の壁」との関係

ここで一旦、日本人・アジア人と「10秒の壁」についての情報を整理します。

 

アジア人によって初めて「10秒の壁」が破られたのは2007年。

サミュエル・フランシスという選手が9秒99で走りましたが、彼の出身国はナイジェリア。

実は、1968年に世界ではじめて9秒台(9秒95)が記録されてから2003年に至るまで、長い間9秒台は黒色人種による記録のみでした。

 

純粋に「アジア人のDNA」だけで10秒の壁を突破したのは、中国人の蘇 炳添(スー・ビンチャン)がはじめて(2015年)。

2017年8月5日時点では、黄色人種による9秒台はまだ1人しか達成していない記録です(スーは2度、9秒99で走っています)。

1998年に伊東 浩司が10秒00で走って以来、桐生 祥秀が10秒05以内を5度も記録するも、9秒台はなかなか出せずにきています。

 

(追記)桐生がついに10秒の壁を突破しました(9秒98)!

日本史上初の9秒台が出たのは、奇しくも2017年の9月9日でした。

9秒台への執念が日時にも乗り移った!?

 

(世界選手権ロンドン大会 準決勝前時点での日本人歴代記録10傑)

 

サニブラウンの9秒台達成は時間の問題?

サニブラウンは、2015年に行われた陸上世界ユース選手権で、ウサイン・ボルトの大会記録を更新しての100m・200m二冠を達成し、世界にその名を轟かせた逸材。

ポテンシャルの高さでは現役選手屈指と言えます。

 

ただ、2016年の日本選手権の前に左太ももの肉離れを起こしてしまい、無念の戦線離脱。

怪我の間にリオ五輪が行われ、4×100mリレーでは日本代表が日本新記録・アジア新記録を樹立しての銀メダル。蚊帳の外となって悔しい思いをしました。

 

しかし、その間に自身の体と向き合って、積極的に海外でトレーニングを積んでいたサニブラウン。

課題とされていたスタート直後の加速を筋力アップで克服し、得意の後半では強化された体幹によるブレないフォームで理想的な走りを実現。

2017年は日本選手権で100m・200m二冠を達成し、完全に自分の走りを手に入れています。

世界選手権ロンドン大会の100m予選、悪条件下での好タイムは偶然ではなく必然でしょう。

準決勝で念願の9秒台、そして日本人初の決勝進出を決めても、全く驚かないレベルまで来ています。

 

ちなみに、2017年秋からは陸上の名門校・アメリカのフロリダ大学への進学が決まっているサニブラウン。

飽くなき探究心と向上心を胸に、さらなる飛躍を目指しています。

 

個人的にサニブラウンには、同じくハーフで圧倒的な成績を挙げた室伏 広治のように、その種目で世界の頂点を常に目指せるレベルのパフォーマンスを期待したいと思っています。

※室伏は日本人の父親とルーマニア人の母親との間に生まれました。

 

日本人による100m競走での9秒台は、まもなくその時が訪れるはずです。

歴史的瞬間を、しっかりと目に焼き付けましょう!

 

(追記の通り桐生が先に9秒台を出しましたが、サニブラウンの9秒台にも引き続き期待しましょう!)

コメント一覧
  1. kumi-mado より:

    こんにちは。今日は暑いです☀️
    世陸100mの記事ありがとうございます。
    私、子供の頃からオリンピックバカなので、大変嬉しかったです(^-^)
    桐生くんの記録から、俄然熱を帯びてきた9秒台、身体のしなやかさ、リーチをみてもやはりサニブラウンですかね。残念ながら3人とも決勝には進めなかったけど、山縣くんを含め、有力どころが5人ですからね(^o^)
    3年後楽しみ。皆さん大怪我しないで、順調にいってほしいです‼️ボルト銅メダルでしたが、出遅れてもラストまとめる。流石ですね!
    あと今回は開催がロンドンで、アンディファンとしてはやはり反応してしまいますね。
    sirの称号を持つファラー、彼のレースは凄かったです‼️よってたかっての包囲網なのに、やっぱり最後は勝つ。これ観れて良かったです。

    テニス、今年のツアーは後半ほんとに異常事態ですね。厳しい世界だなと年々益々感じます。錦織くん、準決敗退ですね。USOは彼、自信持ってるのである程度はイケると思うのですが…
    アンディもここ何年かUSOは結果出てないので、久々にいい事があるといいですね✨

  2. mori_ichi_ より:

    >kumi-madoさん

    暑い日が続きますね…。

    テニスに比べれば素人同然の解説で恐縮ですが、ポテンシャルの高さではサニブラウンと桐生とが抜けてるように思います。
    もちろん他の3人や、中学生100mの日本記録を更新した、洛南高在学中の宮本 大輔くんなど、期待の若手もたくさんいます。
    東京オリンピックに向けて国産スプリンターが育ってきてて、嬉しい限りですね!

    僕もファラーはテレビにかじりついて観てました!序盤で観客を盛り上げる余裕、周りの揺さぶりにも動じないメンタル、そしてラストのトップスピード…やはり彼は最強ですね。

    錦織くんもアンディも、全米が近づくにつれ調子を上げてくるでしょうし、対戦するとしても昨年よりも上のステージで当たりたいですね✨

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ