本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

2023年7月~9月に放送され、年末年始に一挙放送されるTBS系日曜劇場「VIVANT」について、放送日時、無料配信の視聴方法と、あらすじ&ネタバレ、視聴率などをまとめています。

なお、VIVANTはフランス語で、読み方は「ヴィヴァン」、意味は「生きている、生命のある、活気のある、にぎやかな」です。

VIVANT再放送 年末年始一挙放送 関西ほか地上波テレビ放送日/時間|ビバント

ドラマ「VIVANT」(年末年始一挙放送)のテレビ放送は「TBS系列」にて、12月31日() 11:40、1月2日(火) 6:00、11:10に放送開始です。

なお、地域により放送されない場合や放送時間が異なる場合があります(鳥取・島根や関西等では放送スケジュールが異なります)。

日曜劇場「VIVANT」(年末年始一挙放送)

  • 12月31日() 11:40〜15:30(230分)

日本から世界へ翔る冒険物語〜特別版第一部 「MIPCOMバイヤーズアワード」GP受賞!世界が認めたアドベンチャードラマで1年の締めくくりを!!

  • 1月2日(火) 6:00〜11:00(300分)

日本から世界へ翔る冒険物語〜特別版第一部 「MIPCOMバイヤーズアワード」GP受賞!世界が認めたアドベンチャードラマで1年の締めくくりを!!

  • 1月2日(火)11:10〜15:00(230分)

日本から世界へ翔る冒険物語〜特別版第一部 「MIPCOMバイヤーズアワード」GP受賞!世界が認めたアドベンチャードラマで1年の締めくくりを!!

日曜劇場「VIVANT」イッキ見|年始放送(MBS)

MBS毎日放送(関西)の再放送予定は以下の通り。

  • 1月1日(月・祝) 6:30〜8:30(第1話)
  • 1月2日(火) 7:30〜13:30(第2〜6話)
  • 1月3日(水) 8:30〜13:30(第7〜10話)
TBS系列一覧(変更の可能性あり)
北海道放送 【HBC】
青森テレビ 【ATV】
IBC岩手放送 【IBC】
東北放送 【TBC】
テレビユー山形 【TUY】
テレビユー福島 【TUF】
TBSテレビ 【TBS】
テレビ山梨 【UTY】
新潟放送 【BSN】
信越放送 【SBC】
チューリップテレビ 【TUT】
北陸放送 【MRO】
静岡放送 【SBS】
CBCテレビ 【CBC】
毎日放送 【MBS】
RSK山陽放送 【RSK】
中国放送 【RCC】
山陰放送 【BSS】
テレビ山口 【TYS】
あいテレビ 【ITV】
テレビ高知 【KUTV】
RKB毎日放送 【RKB】
長崎放送 【NBC】
熊本放送 【RKK】
大分放送 【OBS】
宮崎放送 【MRT】
南日本放送 【MBC】
琉球放送 【RBC】

見逃し配信

ドラマ「VIVANT」の見逃し配信は、テレビ放送番組の無料配信メディアとして人気の「TVer(ティーバー)」、TBS系で放送した番組や動画コンテンツ、配信オリジナルコンテンツなど、期間限定でいつでもどこでも無料で視聴できるサービス「TBS FREE」で視聴できます。

TVer(ティーバー)※「VIVANT」での検索結果一覧

TBS FREE ※「VIVANT」の映像一覧

 

また、有料サービスでは、国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」、受賞歴のあるドラマ、映画、アニメ、ドキュメンタリーなどの幅広いコンテンツを配信するストリーミングサービスである「Netflix」でも視聴可能です。

U-NEXT(ユーネクスト)※「VIVANT」での検索結果一覧

Netflix(ネットフリックス)※「VIVANT」の映像一覧

U-NEXT

「U-NEXT」(ユーネクスト)の見放題の動画は約30万本、最近まで映画館でやっていたような話題の映画やドラマも目白押しです。

何よりオススメなのが、鬼滅の刃、SPYxFAMILY、呪術廻戦など大人気作品のアニメや漫画も楽しめること。

1話330円のレンタル対象で、新規登録の無料トライアルで600円分のポイントもプレゼントされるため、見放題作品ではない新作などはポイント消費で視聴可能です。

 

U-NEXTは月額2,189円(税込)のVODサービスですが、31日間の無料お試しがあるのでお気軽に試してみてください。

ドラマ「VIVANT」について

以下、ドラマ「VIVANT」(年末年始一挙放送)のあらすじ、ネタバレ、感想についてまとめています。

VIVANTはこんなドラマ

「敵か味方か、味方か敵か―冒険が始まる。」
堺雅人、阿部寛
二階堂ふみ、松坂桃李
役所広司
日本を代表する超豪華俳優陣が集結!!
前例のないエンタメが今夏幕を開ける!
“限界突破! アドベンチャードラマ”始動!

TBSでは、7月期の日曜劇場枠(毎週日曜よる9時)で、堺雅人主演の『VIVANT』(読み:ヴィヴァン)を放送。堺雅人、阿部寛、二階堂ふみ、松坂桃李、役所広司といった日本を代表する俳優陣が豪華初共演を果たす。

主演の堺雅人は、『半沢直樹』シリーズで脅威の視聴率を叩き出し、2013年版は平成の民放ドラマ歴代1位を記録。令和時代に放送された2020年版も前作の勢いそのままに、日本全国で国民の半分以上がリアルタイム視聴したという、テレビドラマの真骨頂を体現した。劇中のセリフを子どもたちが真似をするなど、老若男女多くの視聴者が堺の演技に夢中になり、ブームを生み出した。そんな堺が3年ぶりに日曜劇場に帰ってくる。

共演は、『新参者』『下町ロケット』シリーズや『DCU』『ドラゴン桜』など多くの日曜劇場作品で主演を務め、圧倒的な存在感を放つ阿部寛。阿部は第16回アジア・フィルム・アワード(2023年)にて、優れた才能を持つ映画人に贈られる「Excellence in Asian Cinema Award」を受賞。2019年に受賞した役所広司に続き日本人3人目の栄冠となり、世界中から熱い視線が注がれている。連続ドラマでの共演は初となる堺、阿部がどんな世界観を作り上げるのか?

実力派女優・二階堂ふみは、第68回ベネチア国際映画祭(2011年)で最優秀新人俳優賞にあたる「マルチェロ・マストロヤンニ賞」を日本人で初めて受賞したことで各国から注目を浴びた。NHK連続テレビ小説『エール』での好演が記憶に新しい二階堂は、ハリウッドドラマ『将軍 SHŌGUN』で世界進出することが決定している。日曜劇場には『この世界の片隅に』以来、5年ぶりの出演。どんなエッセンスを注入するのか、期待が膨らむ。

また、高い表現力で幅広い役柄をこなす松坂桃李は、映画「新聞記者」で第43回日本アカデミー賞(2020年)の「最優秀主演男優賞」を受賞。「孤狼の血」「流浪の月」「ラーゲリより愛を込めて」など数々の映画に出演し、若くして日本アカデミー賞の常連俳優だ。松坂も二階堂と同様、『この世界の片隅に』以来、5年ぶりの日曜劇場出演。初共演となる堺と、どのような関係性を築いていくのか?

5月に開催された「第76回カンヌ国際映画祭」で最優秀男優賞を受賞し、世界的にも高い評価を受けた役所広司は、言わずと知れた日本映画界を代表する名優。第20回日本アカデミー賞(1996年)で13部門を独占した映画「Shall we ダンス?」では最優秀主演男優賞に輝き、第64回ゴールデングローブ賞(2007年)で7部門がノミネートされた映画「バベル」に出演するなど、国内外を問わず、いまや映画界には欠かせない存在だ。役所が日曜劇場に出演するのは、『陸王』以来6年ぶりとなる。『陸王』では、老舗足袋屋の社長であり良き父親を抜群の演技力で熱演したが、堺、阿部、二階堂、松坂ら実力派が集う本作では、どのような人物を演じるのか注目だ。

そして本作の演出を務める福澤克雄は、『3年B組金八先生』第5~7シリーズ、『砂の器』『華麗なる一族』『南極大陸』『99年の愛 ~JAPANESE AMERICANS~』などの超大作をはじめ、近年は『半沢直樹』シリーズ、『下町ロケット』シリーズ、『陸王』『ドラゴン桜』など数多くの大ヒットドラマを世に送り出してきた。このたび福澤が満を持して制作する最新作『VIVANT』は、演出だけでなく原作も手掛けた完全オリジナルストーリーだ。福澤が作り上げてきた日曜劇場で主演を務めた堺、阿部、役所をはじめ、まさしく日本のエンターテインメントを牽引するキャストと、福澤と共に日曜劇場を作ってきた制作スタッフが集結。一体どんな化学反応が起きるのか⁉ 一体どんなストーリーを紡いでいくのか⁉ 2023年の夏にお届けする、超豪華な布陣による熱すぎるドラマにぜひご期待ください。

VIVANTのあらすじ

第1話

VIVANTとは一体…?

敵か味方か、味方か敵か――
遂に、冒険が始まる

VIVANT第1話

第2話

公安の刑事・野崎(阿部寛)の助けで現地警察の追跡から逃れ、無事日本大使館へとたどり着いた乃木(堺雅人)と薫(二階堂ふみ)。しかしいつまでも、止まっているわけにはいかない乃木は、130億円を取り返すべく動き出す。果たして、130億円の奪還なるか!?
また、野崎はザイール(Erkhembayar Ganbold)の残した「ヴィヴァン」という言葉に引っかかっていた。そして、明かされる「ヴィヴァン」の謎に驚愕する一同。「ヴィヴァン」をめぐる物語が遂に動き出す。

VIVANT第2話

第3話

日本大使・西岡(檀れい)の裏切りに気付いた乃木(堺雅人)たち。バルカ警察から逃れ日本へ脱出するには、バルカ人も決して足を踏み入れない“死の砂漠”を突破するしかなかった! 一か八か、死と隣り合わせの砂漠の横断が始まった。
しかし、薫(二階堂ふみ)を乗せたラクダから薫の姿が消えていた。そのことに気づかず、進んでいく一行。薫、そして乃木、野崎(阿部寛)の運命は?
そして、誤送金を引き起こした人物がついに正体を現す!

VIVANT第3話

第4話

システムを改ざんして誤送金を仕組んだ人物が、財務の太田(飯沼愛)だと突き止めた乃木(堺雅人)たち。野崎(阿部寛)たち公安は、太田の自宅へ急行するのだが…。

ついに誤送金事件が完結! 事件の真相が明らかになったとき、誰も予想できない、衝撃の展開が待ち受ける!

VIVANT第4話

第5話

乃木(堺雅人)の正体はなんと、国内外で民間人に紛れて諜報活動を行う特殊部隊“別班”だった! 同じく別班の黒須(松坂桃李)とともに、テロ組織“テント”のモニターである山本(迫田孝也)を排除した乃木は、次の目的のため、ある人物の元を訪れる。
一方、山本の死に違和感を抱いた野崎(阿部寛)は、自分たち公安以外に唯一山本の正体を知っていた乃木に疑惑の目を向ける。野崎が徹底的に乃木を調べる中、衝撃の過去が明らかになっていく。それぞれの運命を繋ぐ鍵は、壮絶なる“想い”…。

VIVANT第5話

第6話

乃木(堺雅人)は、“テント”のリーダーであるノゴーン・ベキ(役所広司)が、幼い頃に生き別れた父だと確信し愕然とする。一方野崎(阿部寛)もまた、乃木家の家紋とテントの犯行現場に残されたマークの類似に気付き、乃木とテントの関係にたどり着いていた。“テント”の実体とは? いよいよその謎に迫っていく。
さらに、明かされるFの秘密、乃木の正体を追う野崎ら公安、そして、遂に行われるジャミーン(Nandin-Erdene Khongorzul)の手術の行方は…怒涛の後半戦が幕を開ける!!

VIVANT第6話

第7話

ブルーウォーカー・太田(飯沼愛)の協力で、テントのサーバーからある重要な情報を得ることに成功した乃木(堺雅人)たち。そんな中、乃木、黒須(松坂桃李)をはじめとする6名の“別班”精鋭部隊が、司令・櫻井(キムラ緑子)の下に集結した。目的は、テントの最終標的である日本での犯行を未然に防ぐこと。そこで乃木は別班メンバーに、テントのリーダー・ベキ(役所広司)が自身の父であり、元公安の警察官だったと打ち明ける。
徐々にテントへと近付いていく乃木たち別班、そして、チンギス(Barslkhagva Batbold)と手を組み、乃木を徹底的にマークする野崎(阿部寛)たち公安。テントの真相を暴き、日本を守るのはどちらか——。

VIVANT第7話

第8話

乃木(堺雅人)たち別班はテントの会合に潜入し、ノコル(二宮和也)を捕らえる。しかし、乃木は次の瞬間、別班の仲間を次々と狙撃するという衝撃の行動に出た。別班、ひいては国を裏切ってまでも乃木が果たしたい“想い”。そして訪れる父・ベキ(役所広司)との40年越しの再会...。
別班を裏切った乃木、テントのリーダー・ベキ、幹部としてベキを支えてきたノコル、それぞれの想いが絡み合い、予測不能な物語が紡がれる。

VIVANT第8話

第9話

テントは、テロや犯罪行為を他から請け負うことで収益を得て、その金でバルカ国内の孤児たちを救っていたことが判明。そんな中、ベキ(役所広司)はノコル(二宮和也)に、ノコルが運営する会社で乃木(堺雅人)を働かせるようにと指示を出す。果たしてベキの真意は…。
ベキのもと、協力体制を敷くことになった“宿命の兄弟”!そして乃木が知ることとなる、父・ベキの過去と、テント誕生の秘密とは!?

VIVANT第9話

第10話

「私は、別班の任務としてここに来ました」

乃木(堺雅人)が別班を裏切っていなかったことが判明。そして、撃たれた別班員たちは急所を外されていて、日本で生きていた。
事実を知って激昂するノコル(二宮和也)と、乃木の言葉に刀を抜くベキ(役所広司)。

過酷な運命を乗り越えた親子。40年の時を超えた宿命の物語の結末は―

VIVANT第10話(最終回)

VIVANTのネタバレ・感想・口コミ

視聴者からのドラマのネタバレ・感想は、ネタバレ有/無の感想が選んで確認できるドラマ情報・感想・評価の口コミサイト「Filmarks」(フィルマークス)や「Yahoo!テレビ.Gガイド」などで確認可能です。

VIVANT - ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarksドラマ(フィルマークス公式)

VIVANT- みんなの感想 -Yahoo!テレビ.Gガイド(Yahoo!テレビ.Gガイド)

年末年始一挙放送の視聴率|日曜劇場2023 ヴィヴァン

VIVANT (年末年始一挙放送)の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)はわかり次第掲載します。

  • %(世帯%、個人%)

原作・脚本・主題歌

ドラマ「VIVANT」は福澤克雄原作の、ドラマのための書き下ろしの完全オリジナルストーリーとなっています。

脚本を手掛けたのは八津弘幸、李 正美、宮本勇人、山本奈奈。

主題歌はありません。

キャスト、音楽、プロデュース、演出ほか

  • 堺 雅人
  • 阿部 寛
  • 二階堂ふみ
  • 竜星 涼
  • 迫田孝也
  • 飯沼 愛
  • 山中 崇
  • 河内大和
  • 馬場 徹
  • Barslkhagva Batbold
  • Tsaschikher Khatanzorig
  • Nandin-Erdene Khongorzul
  • 渡辺邦斗
  • 古屋呂敏
  • 内野謙太
  • 富栄ドラム
  • 林原めぐみ(声の出演)
  • 二宮和也
  • 櫻井海音
  • Martin Starr
  • Erkhembayar Ganbold
  • 真凛
  • 水谷果穂
  • 井上 順
  • 林 遣都
  • 高梨 臨
  • 林 泰文
  • 吉原光夫
  • 内村 遥
  • 井上 肇
  • 市川猿弥
  • 市川笑三郎
  • 平山祐介
  • 珠城りょう
  • 西山 潤
  • 檀 れい
  • 濱田 岳
  • 坂東彌十郎
  • 橋本さとし
  • 小日向文世
  • キムラ緑子
  • 松坂桃李
  • 役所広司

原作・演出

福澤克雄

音楽

千住 明

プロデューサー

飯田和孝
大形美佑葵
橋爪佳織

演出

宮崎陽平
加藤亜季子

製作著作

TBS

 

 

以上、2023年〜2024年の年末年始に一挙地上波再放送されるドラマ日曜劇場「VIVANT」についてでした!