本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

2024年1月スタートのテレビ朝日系 金曜ナイトドラマ「おっさんずラブーリターンズー」第4話について、キャスト、あらすじ&ネタバレ、視聴率などをまとめています。

4話の無料見逃し配信動画・再放送についてはこちらをご覧ください。

ドラマ「おっさんずラブーリターンズー」初回のテレビ放送は「テレビ朝日系列」にて1月26日(金) 23:15に放送開始です(一部地域を除く)

 関西地区は「探偵!ナイトスクープ」があるため1月27日() 0:24に放送開始です

おっさんずラブーリターンズー4話のあらすじ・ネタバレ・感想

以下、ドラマ「おっさんずラブーリターンズー」第4話のあらすじ、ネタバレ、感想についてまとめています。

おっさんずラブーリターンズーはこんなドラマ

\2024年1月、ついに帰ってくるー!/
世界中で社会現象を巻き起こしたあのドラマが…

5年ぶりに続編放送決定!!
『おっさんずラブ-リターンズ-』

田中圭、吉田鋼太郎、
林遣都が待望の再集結だお!
《伝説の愛》が奇跡の帰還!!

5年の時を経て、『おっさんずラブ』が奇跡の帰還! 待望の続編放送が決定!!
2024年1月、テレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠で『おっさんずラブ-リターンズ-』を放送することが決定! 2016年、深夜の単発ドラマが話題となり、2018年に連続ドラマ化された『おっさんずラブ』。放送がスタートするやいなや、口コミやSNSでジワジワと人気が広がり、最終話を前にして、Twitter世界トレンド1位を獲得。その人気は地上波だけにとどまらず、配信、グッズ、書籍、イベント、海外リメイクなど様々な二次的エンターテインメントで社会を席巻し、視聴率ではない新たな指標を築き上げました。更には、どこまでもまっすぐでピュアなラブストーリーや世界観が評価され、その年の新語・流行語大賞トップ10にノミネート、東京ドラマアウォード連続ドラマグランプリを始めとする作品賞や、エランドール賞やブレイク俳優ランキングを始めとするキャストスタッフの個人賞を含め、怒涛の受賞歴を築きあげ、名実共に各界から注目を浴びるヒット作に! その後も、2019年には『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』として映画化、さらに、同年には、航空業界に舞台を移したパラレルワールドドラマ『おっさんずラブ -in the sky-』が放送されるなど、破竹の勢いで日本中に社会現象を巻き起こした『おっさんずラブ』が5年の時を経て、待望の復活! 2018年に放送された“初代おっさんずラブ”の続編をお届けすることになりました。

世界中でも大ブームを巻き起こした超話題作が…2024年、新たな伝説を作る!
2018年に放送された連続ドラマでは、「新語・流行語大賞」トップ10にノミネート、「東京ドラマアウォード2018」で作品賞グランプリなど3冠を獲得したほか、「第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」では、最優秀作品賞などなんと6冠! さらに、「コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞 2018」作品賞、「第22回日刊スポーツ・ドラマグランプリ」では4冠、「2019年エランドール賞」では新人賞、プロデューサー奨励賞、「第11回日本ブルーレイ大賞」TVドラマ賞、「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー’18/第 24 回 AMD アワード」年間コンテンツ賞 優秀賞、「第45回放送文化基金賞」テレビドラマ部門 優秀賞など、枚挙にいとまがないほどの受賞歴を記録しました。
また、日本のみならず香港、台湾、韓国などでも配信され、回を重ねるごとに大反響! 恋の行方の予想合戦が繰り広げられ、視聴数も激増していくなど、海外でも大ブームを巻き起こしました。
さらに、映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』は興行収入26.5億円を突破する大ヒットを記録。その後も“おっさんず熱”は冷めやらず、2021年には香港でリメイクされ、現地の放送局・ViuTVでは、開局以来となるドラマ最高視聴率を記録する大ヒットとなりました。
ドラマ、映画ともにX(旧Twitter)では、世界トレンド1位を連発。《OL民》と呼ばれる熱狂的なファンも急増し、日本各地で行われた展覧会も大盛況でアンコール開催されるなど、まさに空前の大ブームを巻き起こした『おっさんずラブ』が再び! このビッグニュースに、今からワクワクが止まりません。

ピュア過ぎるおっさんたちの《伝説の愛》、みんなが見たかったその後を描く期待作
『おっさんずラブ』とは、結婚したいのに全然モテない、33歳のポンコツ独身サラリーマン・春田創一(田中圭)が、ある日突然、ピュアすぎる乙女心を隠し持つおっさん上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、同居しているイケメンでドSな後輩・牧凌太(林遣都)から告白されるという、当時の既成概念を軽々と超越した新感覚の《胸キュン純愛ラブストーリー》で、お茶の間の話題をかっさらった超話題作。
結婚したいのに全然モテない「天空不動産」営業所の社員・春田は、尊敬する上司・黒澤から突然「はるたんが…好きです!」と熱烈な愛の告白を受け、激しく動揺。時を同じくして、営業所に異動してきたイケメンで家事・料理も完璧すぎるエリート後輩・牧とひょんなことから同居することになるが、なんと牧からもバスルームで突如告白されてしまう。
想像をはるかに超えた未曽有のモテ期到来。ぐいぐい迫ってくる男たちを全力で拒んでいたはずの春田だが、彼の頭の中からはいつしか“ピュアすぎる男たち”の存在が離れなくなってゆくことに。“常識”で考えたらありえない、でも“常識”ってそもそも何…?“人を好きになる”って何…?
やがて春田、黒澤、牧の3人を取り巻く周囲の人々を巻き込んで、おっさんたちのラブ・バトルロワイヤルが加速!まっすぐな恋にときめき、戸惑い、時に涙しながら――やがて春田は紆余曲折あって、黒澤のプロポーズを受けることにするが、結婚式当日、教会で愛を誓うその瞬間、ようやく“本当の気持ち”に気付く。「行け!」と黒澤に背中を押された春田は、号泣しながら牧のもとに走り出し、「俺と結婚してください!」と横断歩道越しに愛を叫ぶ…という感動的な愛の結末に、SNSはお祭り騒ぎ! 関連ワードがトレンドを埋め尽くし、“おっさんずラブ・ロス”に陥る人が続出するなど、大フィーバーで幕を閉じました。
あれから5年。多様性が叫ばれるようになった現在では、男同士の恋愛という当時珍しいと受け取られた設定も、当たり前の時代に。けれど、おっさんずラブが真摯に描き続けてきた、“人を好きになるとは…どういうこと?”というテーマは永遠! 初めて人を愛する気持ちを知った春田、はるたんの想いを汲んで背中を押す道を選んだ黒澤、そしてついに春田と結ばれた牧――5年経った今、コロナを乗り越えて、あの3人はどんな日々を送っているのか…? 『おっさんずラブ-リターンズ-』では、みんなが見たかった愛すべき“3人の今”を描き出します。

田中圭&吉田鋼太郎&林遣都が、夢の再集結だお!
おっさんずファミリーが紡ぎ出す、この冬一番の新たなピュアラブ爆誕に乞うご期待。
《伝説の愛》のその後を描く待望の続編には、田中圭、吉田鋼太郎、林遣都が夢の再集結! コミカルとシリアスを絶妙なバランス感覚で魅せる演技巧者の”不動の3人“の続投が決定しました。
ポンコツでダメダメだけれど、誰より優しく、困っている人を放っておけない“みんなのはるたん”のアラフォーになったその後を、同じくアラフォーを迎える、日本が誇る名優・田中が体現!変顔満載の独特の戸惑いモノローグ芝居や、“可愛すぎる”“存在が罪”と言わしめた罪深いまでの愛嬌、そして自由すぎるおっさんたちに板挟みにされて“俺のために喧嘩するのはやめてください!”と絶叫するなど世界を爆笑に包んだ受け芝居、そして“無駄にいい身体”も健在なのか、こうご期待。
また、厳しくも情に厚い理想の上司ながら、手作り似顔絵弁当をこさえたり、「だお」という名言で一世を風靡し、インスタグラム“武蔵の部屋”もバズりすぎて意味不明なレベルに到達した、あの乙女心全開のラブリーな黒澤武蔵を演じるのは、本シリーズが誇る稀代のヒロイン・吉田。
そして、バリバリのエリートなうえに家事も完璧、かと思えばブラックでドSな一面をのぞかせたり、春田を思うがゆえに身を引くなど自己犠牲をいとわない姿に、視聴者が涙し熱狂した牧に、林が帰還。
連ドラから数えると5年越しに、念願の再集結を果たす3人の愛の物語に、どうぞご期待ください。
そしてもちろん、最強スタッフ陣も再集結。プロデューサー・貴島彩理、脚本・徳尾浩司、音楽・河野伸、監督・瑠東東一郎、山本大輔、Yuki Saitoと、制作陣も“おっさんずチーム”が勢揃い! このチームならではの熱い芝居合戦、そしてこのチームにしか生み出せないハッピーでお祭り騒ぎのようなファミリー感で、笑って、泣けて、愛おし過ぎる新たなピュアラブストーリーが爆誕します。いったいどんな物語になるのか、そして他のキャストは…など、気になる新情報は追って解禁していきますので、続報をお待ちください。

4話のあらすじ

 春田創一(田中圭)と牧凌太(林遣都)の家にやってきた、おとなりさんの和泉幸(井浦新)と六道菊之助(三浦翔平)。ボヤ騒ぎのお詫びに…と肉じゃがのおすそ分けを渡そうとしたその時、弾みで和泉のペンダントが弾け飛んでしまう。慌てて床に落ちたペンダントを拾いあげる春田、しかしその中には、≪春田と瓜二つの人物≫の弾ける笑顔の写真が…!
「え、俺ぇぇぇ…!? でもこんな写真撮ったっけ…!?」と、驚く春田に菊之助は、「それは春田さんではなく、秋斗です」と、意味深な言葉を残し、そのまま去って行く。いや、秋斗って誰やねん!
そしてなぜ和泉は、春田のそっくりさんの写真を大切に持っているのか…!?

そんな中、牧が3泊4日で北海道に出張することになり、2人はスーツケースを探しがてら、お買い物デートへ。久々のお出かけにウキウキする春田だが、牧のスマホに父・芳郎(春海四方)から何度も着信が! なんと芳郎はギックリ腰になってしまい、お尻が拭けない…らしく…?
牧に代わって、急きょ義父・芳郎の世話をしに実家に向かう春田だが、相変わらず強情な芳郎は、すぐさま春田を追い返す。その後も、突然長期休暇を取った部長の武川政宗(眞島秀和)の代理で、会議や来客などに追われる中、めげずに牧の実家に通い詰める春田だが、芳郎との距離はなかなか縮まらない…。

一方、家政夫の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)は、お年玉キャンペーンの最終日で、和泉と菊之助の家を訪れていた。自宅を探られている、そしておそらく正体に気づかれている…そう直感した菊之助は、いつもの“恐怖の口止めおむすび”を手に、重たい口を開く。「実は、公安なんです―」。
そして和泉もまた春田に、死んだ恋人“秋斗”との過去を、打ち明けようと決意していて…!?

そんな中、アプリで詐欺に遭い恋愛迷子の武川は、ついに長期休暇を取って恋愛リアリティーショーに出演。真実の愛を求め、リムジンを降りてレッドカーペットを歩いた先で、ラガーフェルド・翔(ディーン・フジオカ)に出逢う。果たして、念願の“おむつパートナー”をゲットすることはできるのか―?

はるたんが立ち向かう、義父の“介護問題”!
そして、ついに明かされる“おとなりさん”和泉&菊之助の正体――。

また君に逢うなんて、運命はなんて残酷なんだろう。
描かれる公安時代の物語、そして警察学校編。
春田と瓜二つの男≪秋斗≫にまつわる悲しき過去とは…?

4話のネタバレ・感想

視聴者からのドラマのネタバレ・感想は、ネタバレ有/無の感想が選んで確認できるドラマ情報・感想・評価の口コミサイト「Filmarks」(フィルマークス)や「Yahoo!テレビ.Gガイド」などで確認可能です。

おっさんずラブーリターンズー - ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarksドラマ(フィルマークス公式)

おっさんずラブーリターンズー- みんなの感想 -Yahoo!テレビ.Gガイド(Yahoo!テレビ.Gガイド)

4話の視聴率

おっさんずラブーリターンズー4話の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)はわかり次第掲載します。

  • 第1話:%(世帯%、個人%)
  • 第2話:%(世帯%、個人%)
  • 第3話:%(世帯%、個人%)
  • 第4話:%(世帯%、個人%)

制作について

ドラマ「おっさんずラブーリターンズー」の原作はなく、ドラマのための書き下ろしの完全オリジナルストーリーとなっています。

過去のドラマを原作としたコミカライズ本が発売されています。

created by Rinker
¥759 (2024/07/13 13:10:47時点 Amazon調べ-詳細)

脚本を手がけたのは、徳尾浩司

主題歌はスキマスイッチ『Lovin' Song』(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL SIGMA)

キャスト、音楽、プロデュースほか

  • 春田創一(39)…田中圭
  • 牧凌太(31)…林遣都
  • 荒井ちず(33)…内田理央
  • 栗林歌麻呂(28)…金子大地
  • 荒井舞香(51)…伊藤修子
  • 荒井鉄平(43)…児嶋一哉
  • 武川政宗(50)…眞島秀和
  • 栗林蝶子(56)…大塚寧々
  • 黒澤武蔵(61)…吉田鋼太郎
  • 和泉幸(45)…井浦新
  • 六道菊之助(38)…三浦翔平    ほか

音楽

  • 河野 伸

プロデュース

<エグゼクティブプロデューサー>

  • 三輪祐見子(テレビ朝日)

<プロデューサー>

  • 貴島彩理(テレビ朝日)
  • 神馬由季(アズバーズ)

    <協力プロデューサー>

    • 松野千鶴子(アズバーズ)

    監督

    • 瑠東東一郎
    • 山本大輔
    • Yuki Saito

    制作協力

    アズバーズ

    制作著作

    テレビ朝日

     

     

    以上、テレビ朝日系 金曜23時15分放送のドラマ「おっさんずラブーリターンズー」4話についてでした!