ウエスタン&サザンオープンの賞金はいくら?|2021年大会の総額、優勝賞金、日本円内訳と過去の賞金額推移

ウエスタン&サザンオープン(Western & Southern Open)の賞金について、2021年の大会総額、優勝賞金、各ラウンドでの日本円内訳と過去の賞金額推移をまとめています。

シンシナティマスターズの名称で親しまれている男子大会はATPマスターズ1000なので、賞金額も高めに設定されています。

ウエスタン&サザンオープン2021の賞金総額

ウエスタン&サザンオープン2021・男子大会の賞金総額は$4,845,025(約5億3220万円)

前年は新型コロナウイルスによる経済低迷の影響で30%減額でしたが、2021年大会は増額となっています。

なお、男女共催大会のウエスタン&サザンオープンですが、女子大会のトータルコミットメント(賞金総額+α)は$1,835,490(約2億200万円)なので、男女で賞金格差のある大会です。

ウエスタン&サザンオープン2021の優勝賞金

ウエスタン&サザンオープン2021・男子シングルス&女子シングルスの優勝賞金は次の通り。

2021年の優勝賞金
男子シングルス:$654,815(約7200万円)
女子シングルス:$255,220(約2800万円)

2019年優勝者のダニール・メドベージェフが獲得した優勝賞金は$1,114,225(約1億1700万円)だったため、2020年は約75%カットの大幅減になっていましたが、2021年はおよそ2.3倍と回復しています。

ウエスタン&サザンオープン2021 女子シングルスの賞金

大坂なおみは2021年大会で獲得した賞金を全て、地震災害のあったハイチに寄付すると発表しています。

ウエスタン&サザンオープン2021・女子シングルスの1回戦敗退〜優勝までの各ラウンドの獲得賞金一覧です。

ラウンド 女子シングルス賞金
優勝 $255,220
(約2800万円)
準優勝 $188,945
(約2080万円)
準決勝
(ベスト4)
$100,250
(約1100万円)
準々決勝
(ベスト8)
$47,820
(約525万円)
3回戦 $24,200
(約270万円)
2回戦 $15,330
(約170万円)
1回戦 $12,385
(約135万円)

ウエスタン&サザンオープン2021 各ラウンドの獲得賞金

ウエスタン&サザンオープン2021・男子シングルスの予選1回戦敗退〜優勝までの各ラウンドの獲得賞金一覧です。

ラウンド 2021年 2020年
優勝 $654,815
(約7200万円)
$285,000
(約2990万円)
準優勝 $354,720
(約3900万円)
$185,015
(約1940万円)
準決勝
(ベスト4)
$197,710
(約2170万円)
$124,000
(約1300万円)
準々決勝
(ベスト8)
$116,655
(約1280万円)
$98,500
(約1030万円)
3回戦 $68,325
(約750万円)
$73,250
(約770万円)
2回戦 $41,500
(約460万円)
$43,450
(約460万円)
1回戦 $23,650
(約260万円)
$24,560
(約260万円)
予選2回戦 $12,595
(約140万円)
$12,595
(約135万円)
予選1回戦 $6,655
(約73万円)
$5,655
(約60万円)

2020年大会では、トーナメントを勝ち進んでも獲得できる賞金は大幅に減っていますが、2回戦までに敗退する選手にとっては賞金が前年比アップとなっています。

予選敗退の選手らの賞金は、何と30%を超える増額。

ランキング上位選手と下位選手との金銭的待遇差がよく話題になるテニス界ですが、コロナ禍で開催される他の大会もこのような賞金変化を見せるのか、注目していきたいと思います。

管理人
2020年の優勝賞金28万5000ドルは、昨年のベスト4(28万9290ドル)よりも低い水準です。コロナおそるべし。

 

同じくコロナ禍の2021年大会ですが、観客を入れているため賞金額は全体的に増加...と思いきや、ラウンド毎で見ると本戦1回戦〜3回戦のみ減額となっています(なぜ)。

ウエスタン&サザンオープン2021 賞金総額の推移

ウエスタン&サザンオープン 男子大会の賞金総額推移です(過去10年間、日本円は当時の為替で計算)。

賞金総額 前年比
2021 $4,845,025
(約5億3220万円)
+14.8%
2020 $4,222,190
(約4億4330万円)
-30.3%
2019 $6,056,280
(約6億4120万円)
+6.8%
2018 $5,669,360
(約6億2930万円)
+14.0%
2017 $4,973,120
(約5億4210万円)
+14.0%
2016 $4,362,385
(約4億4500万円)
+12.9%
2015 $3,862,665
(約4億7120万円)
+15.1%
2014 $3,356,715
(約3億4240万円)
+9.0%
2013 $3,079,555
(約2億9870万円)
+9.0%
2012 $2,825,280
(約2億2320万円)
+9.0%
2011 $2,592,000
(1億9960万円)
+6.7%

2011年大会以降、賞金総額が右肩上がりのシンシナティマスターズ。

2020年の総額は減ったとはいえ、5年前と比較すると増額となっています。

ウエスタン&サザンオープン2021 シングルス優勝賞金の推移

ウエスタン&サザンオープン 男子大会の優勝賞金額推移です(過去10年間)。

シングルス優勝賞金 前年比
2021 $654,815
(約7200万円)
+129.76%
2020 $285,000
(約2990万円)
-74.4%
2019 $1,114,225
(約1億2370万円)
+2.4%
2018 $1,088,450
(約1億1970万円)
+14.1%
2017 $954,225
(約1億400万円)
+14.3%
2016 $834,700
(約8430万円)
+14.2%
2015 $731,000
(約8920万円)
+14.4%
2014 $638,850
(約6520万円)
+9.4%
2013 $583,800
(約5660万円)
+9.0%
2012 $535,600
(約4230万円)
+8.0%
2011 $496,000
(約3820万円)
+11.8%

2020年、コロナ禍での無観客開催で賞金が大幅減となったシンシナティでしたが、2021年の賞金はかなり正常値に近づいています(2014年の水準には戻りました)。

全米オープン2021は100%観客動員で開催予定なので、2022年には脱コロナの世界が広がっていますように...。

 

以上、ウエスタン&サザンオープン(シンシナティ)の賞金まとめでした!

Twitterのフォローもお願いします!