本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

2024年4月スタートのフジテレビ系 “木曜劇場”「Re:リベンジー欲望の果てにー」第4話について、あらすじ&ネタバレ、視聴率などをまとめています。

無料見逃し配信動画・再放送についてはこちらをご覧ください。

ドラマ「Re:リベンジー欲望の果てにー」第4話のテレビ放送は「フジテレビ系列」にて5月2日(木) 22:00に放送開始です。

ドラマ「Re:リベンジー欲望の果てにー」第4話のあらすじ・ネタバレ・感想

以下、ドラマ「Re:リベンジー欲望の果てにー」第4話のあらすじ、ネタバレ、感想についてまとめています。

Re:リベンジー欲望の果てにーはこんなドラマ

赤楚衛二さんがフジテレビ系連続ドラマ初主演!
巨大病院と闘う記者役で新境地!物語と共に変化する役に「全力で演じ切る」
「野心」と「復讐心」が入り乱れた「欲望」だらけのリベンジサスペンス!

フジテレビでは、4月11日(木)22時からスタートの木曜劇場<毎週(木)22時~22時54分 ※初回15分拡大>にて、赤楚衛二さんが主演を務める『Re:リベンジ-欲望の果てに-』を放送することが決定いたしました。赤楚さんがフジテレビ系連続ドラマの主演を務めるのは本作が初となります。本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐心」が入り乱れ、人間の内に秘めた「欲望」がむき出しになっていくリベンジサスペンス。

赤楚衛二さん演じる記者が父親の事件をきっかけに巨大病院に牙をむく!
赤楚さんが演じるのは、日本屈指の巨大病院「天堂記念病院」の理事長の息子・天堂海斗(てんどう・かいと)。海斗は父親との仲たがいをきっかけに、医師にはならず、出版社で週刊誌の記者として働いていました。日々、仕事に追われながらも、プライベートでは順調に交際が進んでいた恋人へプロポーズをしようとしていましたが、プロポーズ直前、父親が事件に巻き込まれたと聞き、疎遠になっていた「天堂記念病院」へ足を運ぶことになります。そして、その事件をきっかけに、父親の真意を知った海斗は、過去に父親と交わした大切な約束を思い出します。一方、父親が残した「天堂記念病院」にはさまざまな問題が隠されており、理事長の座を狙って権力争いも起きようとしていました。海斗は「欲望」の塊で食い尽くされた「天堂記念病院」から、父親が築き上げてきた大切なモノを取り返すため、愛する人を守るため、巨大病院の権力争いと闘うことを決意しますが…。

フジ連ドラ初主演!飛ぶ鳥落とす勢いの赤楚衛二さんが本作で新境地を見せる!
赤楚さんは、連続ドラマ単独初主演を務めた『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(2020年10月期/テレビ東京)が大ヒット、世界中に配信され大旋風を巻き起こし、日本はもちろんのこと、アジア圏を中心に海外でも熱狂的なファンを生み出しました。また、近年では、『SUPER RICH』(2021年10月期/フジテレビ系)や朝ドラ初出演を果たしたNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』(2022年10月~2023年3月)、フジテレビ開局65周年特別企画『風間公親-教場0-』(2023年4月期)などの好演も記憶に新しい。そして、『こっち向いてよ向井くん』(2023年7月期/日本テレビ系)や昨年8月より世界配信されたNetflix映画『ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと』では主演を務め、さらに7月26日公開の映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』では、坂本龍馬役での出演も決定しており、今大注目の若手俳優の一人です。今まで好青年な役や硬派な役、無邪気で人懐っこい役などで視聴者の心をつかんできた赤楚さんが、本作で魅せるのは、愚直ながらも無鉄砲な一面を持つ主人公・海斗。物語が進むにつれ、巨大病院の権力争いに巻き込まれた海斗の心は激しく揺さぶられ、海斗の人生は少しずつ狂い始めます。海斗の変化とともに、本作で開花される赤楚さんの新たな一面にもご注目ください。赤楚さんは本作の出演について、「木曜劇場の枠は、以前一度『SUPER RICH』で出演させて頂きましたが、またこうして呼んで頂けてうれしいです。」とコメント。そして本作のストーリーについて、「展開がとにかく早くて、(台本の)読み進む手が止まらなかったです。本当に面白かったです。毎話、最後の最後で“え!”っていう展開が続くので、見て頂ける方には飽きさせない作品になっていると思います。」と感想を述べてくれました。さらに自身の役については、「海斗は物語が進むにつれ、さまざまな変化が起きます。海斗の変化に合わせて、まずは体系やビジュアル的なところを意識して変えていこうと思っています。いろいろな意味で変化していく海斗を全力で演じ切りたいと思っていますので、是非、ご覧下さい!」と意気込みを語りました。

なお、本作はオリジナルドラマで、制作はコンテンツスタジオのstoryboardが担当します。企画は、『好きな人がいること』(2016年/フジテレビ系)や『刑事ゆがみ』(2017年/フジテレビ系)、『グッド・ドクター』(2018年/フジテレビ系)、『30までにとうるさくて』(2022年/ABEMA)、『教祖のムスメ』(2022年/毎日放送 他)などを担当した藤野良太プロデューサー。また演出は、『好きな人がいること』(2016年/フジテレビ系)や『ザ・トラベルナース』(2022年/テレビ朝日系)、『夕暮れに、手をつなぐ』(2023年/TBS系)、『ゆりあ先生の赤い糸』(2023年/テレビ朝日系)などを手がけた金井紘監督。藤野プロデューサー、金井監督ともに数々のサスペンスドラマや医療ドラマ、ラブストーリーなどの大ヒット作を生み出してきた実力派スタッフです。そして、プロデューサーはフジテレビのドラマ・映画制作部の中で最年少プロデューサーとして注目を集める足立遼太朗が務めます。足立プロデューサーは、フジテレビドラマ枠「火曜ACTION!」で放送された『僕たちの校内放送』(2023年8月)でプロデューサーデビューを果たしました。『僕たちの校内放送』では、「友情」×「青春」に加え、「校内放送(ラジオ)」という珍しいテーマに着目し、3つの要素が詰まった完全オリジナル作品を生み出しました。そんな新進気鋭のプロデューサー・足立と実力派スタッフで贈る世代を越えたリベンジサスペンス『Re:リベンジ-欲望の果てに-』は、4月11日(木)スタート!
果たして、「野心」と「復讐心」が入り乱れ、「欲望」に食い尽くされた者たちの先に待つ未来とは―!?毎話、最後の1秒まで見逃せない展開になっているので、是非楽しみにお待ちください。そして、近日発表予定の続報キャストもお楽しみに!

あらすじ

天堂海斗(赤楚衛二)を5ヶ月間眠らせ、天堂記念病院の前理事長・天堂智信(光石研)を殺害した首謀者は、海斗の伯母・天堂市子(余貴美子)だった。その情報が漏れ、病院の広報として働く海斗は対応に追われる。病院の会長である天堂皇一郎(笹野高史)により、緊急の会議が開かれた。市子に代わる新理事長を選出するためだ。副院長の三輪光成(小木茂光)ですんなりと決まるかに思われたが、大友郁弥(錦戸亮)が手を挙げ、4日後に理事長選が開かれることになる。
一方、郁弥が病院の内部情報をマスコミにリークしたと疑う海斗は、出版社時代の後輩・木下紗耶(見上愛)に、その証拠を掴むよう協力を仰ぐ。

海斗の元に三輪が現れ「一緒に智信が進めていた心臓血管外科プロジェクトを取り戻そう」と話す。その提案に同意した海斗は、小児科部長・小笠原哲也(古舘寛治)に三輪に一票を投じるよう持ちかけるが、拒絶されてしまう。

そんな海斗に、元恋人の朝比奈陽月(芳根京子)が声をかける…。そして、陽月は、心臓血管外科プロジェクトにより妹・朝比奈美咲(白山乃愛)の手術が行われることを願っていると話し、海斗を信じなかったことを謝罪した。そんな2人の様子を、郁弥が物陰から見ていて…。

三輪から、2人の理事が郁弥側に付いたと聞かされた海斗。郁弥があと一票を獲得すれば、三輪の勝ち目はなくなる。海斗は再び小笠原の元へ。果たして、理事長選の結果は…?

ネタバレ・感想

視聴者からのドラマの感想は、公式サイト「番組へのメッセージ」にてご確認頂けます。

Re:リベンジー欲望の果てにーへのメッセージ - フジテレビ(公式サイト)

 

また、視聴者からのドラマのネタバレ・感想は、ネタバレ有/無の感想が選んで確認できるドラマ情報・感想・評価の口コミサイト「Filmarks」(フィルマークス)で確認可能です。

Re:リベンジー欲望の果てにー - ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarksドラマ(フィルマークス公式)

視聴率

Re:リベンジー欲望の果てにー 第4話の視聴率は4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

  • 第1話:6.1%(世帯6.1%、個人3.6%)
  • 第2話:4.8%(世帯4.8%、個人2.5%)
  • 第3話:4.4%(世帯4.4%、個人2.4%)
  • 第4話:4.3%(世帯4.3%、個人2.3%)
  • 第5話:4.8%(世帯4.8%、個人2.6%)
  • 第6話:4.9%(世帯4.9%、個人2.6%)
  • 第7話:4.6%(世帯4.6%、個人2.7%)

制作について

ドラマ「Re:リベンジー欲望の果てにー」に原作はなく、ドラマのための書き下ろしの完全オリジナルストーリーとなっています。

脚本を手がけたのは、伊東 忍、中村允俊、奥村徹也

主題歌は、Stray Kids『WHY?』(Sony Music Labels Inc.)

キャスト、プロデュース、演出ほか

  • 天堂海斗…赤楚衛二
  • 大友郁弥…錦戸 亮
  • 朝比奈陽月…芳根京子
  • 木下紗耶…見上 愛
  • 鮎川賢二…梶原 善
  • 天堂佑馬…青木 柚
  • 朝比奈美咲…白山乃愛
  • 高村 実…利重 剛
  • 三輪光成…小木茂光
  • 天堂智信…光石 研 
  • 天堂市子…余 貴美子
  • 天堂皇一郎…笹野高史     

企画

藤野良太

プロデュース

足立遼太朗

演出

金井 紘
柳沢凌介

制作協力

storyboard

制作著作

フジテレビ

 

以上、フジテレビ木曜22時放送のドラマ「Re:リベンジー欲望の果てにー」第4話(あらすじ&ネタバレ、口コミ/感想、視聴率)についてでした!