本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

2023年10月スタートのテレビ朝日系 金曜ナイトドラマ「今日からヒットマン」第8話(最終回)について、キャスト、あらすじ&ネタバレ、視聴率などをまとめています。

 

ドラマ「今日からヒットマン」最終回のテレビ放送は「テレビ朝日系列」にて12月15日(金) 23:15に放送開始です(一部地域を除く)

 関西地区は「探偵!ナイトスクープ」があるため12月16日() 0:24に放送開始

今日からヒットマン8話(最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想

以下、ドラマ「今日からヒットマン」第8話(最終回)のあらすじ、ネタバレ、感想についてまとめています。

今日からヒットマンはこんなドラマ

相葉雅紀が
サラリーマン×ヒットマン
二重生活で新境地を開拓!!

【ヒットマン役】で本格ガンアクションに初挑戦!
「これまでの僕とは対極のイメージに!」
【平凡なサラリーマン】が、ある日突然、【殺し屋】に…
誰も見たことがない相葉雅紀の《アクション・コメディー》ドラマが開幕!!

大人気コミックを完全ドラマ化!相葉雅紀が会社員とヒットマンとの二刀流で新境地開拓!!「これまでの僕のイメージにはない、まさに対極」!
2005年~2015年まで「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)にて連載された漫画家・むとうひろしによるガンアクション漫画の最高傑作を完全ドラマ化! それが10月期の金曜ナイトドラマ『今日からヒットマン』です。平凡なサラリーマンが、ある日突然、伝説の殺し屋の名を継ぐことに!? この話題作の主人公・稲葉十吉(いなば・とうきち)を演じるのは相葉雅紀! 連ドラ主演は『和田家の男たち』(2021年/テレビ朝日系)以来、実に2年ぶりとなりますが「お話をいただいた時から、今までにやったことのないヒットマンという役柄をすごく楽しみにしていました!」と、初のヒットマン役を演じることを相葉自身もワクワクしている様子で、新たなる挑戦に瞳を輝かせます!
妻に頭の上がらない、平凡なサラリーマン・稲葉十吉。彼はある日、偶然にも《二丁》と呼ばれる凄腕ヒットマンと出会ってしまいます。《二丁》は突然、自分の標的を殺して自分の女を助けろと命令し、助からなかった時は、十吉と家族を皆殺しにすると言い出し…!?ある日突然、大事件に巻き込まれた十吉の運命やいかに!!
サラリーマンとヒットマンの《二刀流》の生活を送ることになる十吉ですが、その根底にあるのは妻子を守るという“家族愛”。十吉のオモテの顔とウラの顔を、相葉がどのようなアプローチで体現してくれるのか、今から楽しみでなりません!

入念に練習を重ねたガンアクションやオールバックのビジュアルにも期待!
鬼才スタッフが放つ一級のエンターテインメントで相葉が躍動する!!
さらに、今作の見どころのひとつとなるのが、原作マンガでも存分に描かれているガンアクション! 相葉は主に銃の構えから入念に練習し撮影に臨んでいるそうで、基本的な構造や、実際にどのように持つのかなどを重点的に事前に練習していた様子。また、十吉がサラリーマンからヒットマン《二丁》へと変身(!?)する際には「これまでの僕のイメージにはない、まさに対極」と語り、優しくさわやかな相葉から一転、今作で見せる“ハードモード”な相葉も見逃し厳禁です!!
今秋の大注目となる金曜ナイトドラマ『今日からヒットマン』ですが、スタッフ陣も実力者揃いとなりました! 脚本は『ゴッドタン』や『バナナサンド』など人気バラエティ番組の構成作家を務めるオークラが担当。バナナマンや東京03の単独ライブにも携わっており、最近ではドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)などの脚本も執筆。ドラマファンのみならず、お笑いファンからも注目を浴びること必至です!
また監督を務めるのは『トリック』シリーズ(テレビ朝日系)や『警視庁アウトサイダー』(テレビ朝日系)を手掛けた木村ひさし。コミカルなコメディタッチのドラマからハードなアクションも得意とする木村ひさしがどのように物語を構築するのか、期待が高まります!

普段は平凡なサラリーマンながら、誰にも知られてはいけないヒットマンとしての顔も持ち合わせる主人公のドタバタの日常は抱腹絶倒! そこに、ハードボイルドな犯罪劇の要素や手に汗握らせるガンアクションも加味され、ストーリーはジェットコースターのように加速していきます!
「こんな僕に、ヒットマンが務まるのか!? ぜひ、楽しみに観ていただけたらと思います!」と意気込む10月期の金曜ナイトドラマ『今日からヒットマン』。誰も見たことがない相葉雅紀に是非ご期待ください!!

8話(最終回)のあらすじ

 闇の組織《コンビニ》の丸メガネ(筧利夫)との出世争いに負けた挙句、伝説のヒットマン・二丁に扮した稲葉十吉(相葉雅紀)の活躍で《コンビニ》を追われたアゴ(岩永ひひお)。彼が創設したライバル組織《100均》に雇われた殺し屋・マンモス(武蔵)は、十吉の妻である美沙子(本仮屋ユイカ)と息子・百太(木村優来)を人質に取る。アゴは、《コンビニ》を壊滅させた後で、二丁こと十吉を抹殺する計画を立てていた。一方のマンモスは現在、二丁を名乗っている十吉を、今は亡き本物の二丁(滝藤賢一)だと勘違いしており、積年の恨みを早く晴らしたいと主張するのだった。家族をさらわれた十吉は頭を抱えるが、なんと《コンビニ》アルバイトのキンパツ(駒木根葵汰)が《100均》にスパイとして潜入していて…!? 次に彼らが襲う《コンビニ》の支部の情報がキンパツから寄せられるが、その支部の支部長は本部長・将軍(小沢仁志)の実弟だった! アゴとマンモスが向かう先が分かった十吉は、家族を救うべくちなつ(山本舞香)とともに彼らを追うが、道中でひょんなことからマンモスに出会うことに! 十吉はマンモスの圧倒的な強さを目の当たりにし、今のままでは勝ち目がないことを悟り絶望するのだった。翌日、十吉はやつれながらもイージーフードに出社すると、部長・遠藤保(勝村政信)から会社始まって以来となる大きな仕事の話が。部下の山本照久(深澤辰哉)と3人で、急いで先方に向かおうとした矢先に、ちなつから美沙子たちの居場所が分かったことが告げられて…。十吉が下した決断とは――? そして、十吉はマンモスら《100均》を倒し、無事に家族を取り戻すことができるのだろうか…!?

8話(最終回)のネタバレ・感想

視聴者からのドラマのネタバレ・感想は、ネタバレ有/無の感想が選んで確認できるドラマ情報・感想・評価の口コミサイト「Filmarks」(フィルマークス)や「Yahoo!テレビ.Gガイド」などで確認可能です。

今日からヒットマン - ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarksドラマ(フィルマークス公式)

今日からヒットマン- みんなの感想 -Yahoo!テレビ.Gガイド(Yahoo!テレビ.Gガイド)

8話(最終回)の視聴率

今日からヒットマン8話(最終回)の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)はわかり次第掲載します。

  • 第1話:%(世帯%、個人%)
  • 第2話:%(世帯%、個人%)
  • 第3話:%(世帯%、個人%)
  • 第4話:%(世帯%、個人%)
  • 第5話:%(世帯%、個人%)
  • 第6話:%(世帯%、個人%)
  • 第7話:%(世帯%、個人%)
  • 第8話(最終回):%(世帯%、個人%)

制作について

ドラマ「今日からヒットマン」の原作は2005年~2015年まで「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)にて連載された漫画家・むとうひろしによるガンアクション漫画『今日からヒットマン』。

脚本を手がけたのは、オークラ、山浦雅大

主題歌はKing & Prince『MAGIC WORD』(UNIVERSAL MUSIC)

キャスト、音楽、プロデュース、演出ほか

  • 稲葉十吉…相葉雅紀
  • ちなつ…山本舞香
  • 山本照久…深澤辰哉
  • キノコ頭…本多力
  • 稲葉百太…木村優来
  • 丸メガネ…筧利夫
  • 稲葉美沙子…本仮屋ユイカ
  • 遠藤保…勝村政信           ほか

音楽

  • 井筒昭雄

プロデュース

<ゼネラルプロデューサー>

  • 大江達樹(テレビ朝日)

<プロデューサー>

  • 残間理央(テレビ朝日)
  • 神通 勉(MMJ)

監督

  • 木村ひさし
  • 中前勇児
  • 片山 修
  • 植田 尚

制作

  • テレビ朝日
  • MMJ

 

 

以上、テレビ朝日系 金曜23時15分放送のドラマ「今日からヒットマン」8話(最終回)についてでした!