本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

2023年4月スタートの日本テレビ系日曜ドラマ「だが、情熱はある」第6話について、無料見逃し配信、テレビ再放送予定の視聴方法と、あらすじ&ネタバレ、視聴率などをまとめています。

だが、情熱はある 第6話の地上波テレビ放送日程/時間

ドラマ「だが、情熱はある」第6話のテレビ放送は「日本テレビ系列」にて5月14日() 22:30に放送開始です。

<日曜ドラマ>だが、情熱はある#06

  • 5月14日() 22:30〜23:25(55分)

若林はついに「エンタの神様」の舞台へ!?山里、南海キャンディーズとして再出発!オードリー若林、南海キャンディーズ山里。二人の挫折と希望を描く笑いと涙の物語。

日本テレビ系列 全国ネット28局一覧
札幌テレビ(STV) 北海道
青森放送(RAB)青森県
テレビ岩手(TVI)岩手県
ミヤギテレビ(MMT)宮城県
秋田放送(ABS)秋田県
山形放送(YBC)山形県
福島中央テレビ(FCT)福島県
テレビ新潟(TeNY)新潟県
テレビ信州(TSB)長野県
山梨放送(YBS)山梨県
静岡第一テレビ(SDT)静岡県
北日本放送(KNB)富山県
テレビ金沢(KTK) 石川県
福井放送(FBC)福井県
中京テレビ(CTV) 愛知県 岐阜県 三重県
読売テレビ(YTV) 大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県
日本海テレビ(NKT)島根県 鳥取県
広島テレビ(HTV) 広島県
山口放送(KRY)山口県
西日本放送(RNC)岡山県 香川県
南海放送(RNB)愛媛県
四国放送(JRT)徳島県
高知放送(RKC)高知県
福岡放送(FBS)福岡県 佐賀県
長崎国際テレビ(NIB)長崎県
テレビ宮崎(UMK) 宮崎県
熊本県民テレビ(KKT)熊本県
鹿児島読売テレビ(KYT)鹿児島県

だが、情熱はある 第6話の再放送

テレビ再放送の予定はありません。

「リアタイで見られなかった」「録画し損ねた」「後から気になっていて見たい」などの方は、無料視聴も可能な見逃し配信をチェックしてみてください。

だが、情熱はある 第6話の見逃し配信|TVer、Hulu

ドラマ「だが、情熱はある」第6話の見逃し配信は、テレビ放送番組の無料配信メディアとして人気の「TVer(ティーバー)」、100000本以上のドラマ・映画・バラエティ・アニメが見放題の「Hulu」、日テレ系の見逃し番組を無料で視聴できる動画サイト「日テレ無料」で視聴できます。

TVer(ティーバー)※「だが、情熱はある」での検索結果一覧

Hulu(フールー)※「だが、情熱はある」の映像一覧

日テレ無料TADA※「だが、情熱はある」の映像一覧

Hulu

Huluは月額1,026円(税込)ですが、新規会員なら初回2週間お試しで利用可能。

ドラマ・映画だけでなく、バラエティ番組やアニメの作品もかなり多く、バラエティ200本以上、アニメ700本以上とかなりの充実度なので、気になった方は一度公式サイトでラインナップを確認してみてください。

Hulu(公式サイト)

ドラマ「だが、情熱はある」第6話のあらすじ・ネタバレ・口コミ・感想

以下、ドラマ「だが、情熱はある」第6話のあらすじ、ネタバレ、感想についてまとめています。

だが、情熱はあるはこんなドラマ

ずっとダメでさえないふたりだった。


ひとりはオードリー
若林正恭。

なぜ飲み会がこんなにも苦痛なのか。
なぜ異性に話しかけられないのか。
なぜ誰かに言われた何気ない一言に何日も苦しみ続けるのか。
そんな自分を見つめ直さないと、この社会を生き抜けない。

そう気づいた日から、地獄のような努力を始めた。

ネガティブをつぶすのはポジティブではない、没頭だ。

 

ひとりは南海キャンディーズ山里亮太。

ずっと「何者かになりたい」と夢見ていた。
自分に都合の良い「ハリボテの自信」で「偽りの天才」を作り上げた。
だけどライバルたちへの劣等感から、他人にひどいことをたくさんした。
そんな自分は天才ではない。天才はあきらめた。

悔しさは、燃料にできるのだ。

こんなふたりの「若者」は、いかにして「大人」になったのか?

人見知り、自意識過剰、劣等感、ネガティブ、湧き上がる負の感情。
何もかもがうまくゆかないことばかり。

だが、情熱はある

これは、そんなふたりの青春サバイバル!

第6話のあらすじ

2003年、山里亮太(森本慎太郎)はしずちゃん(富田望生)と南海キャンディーズを結成し、心機一転、再スタートを切るものの、いきなりネタ作りに煮詰まる。山里もしずちゃんも両方ボケなのだ。
どうしてもツッコミに回りたくない山里は、2人ともボケるネタを苦労して書き上げ、公園でしずちゃんとネタ合わせを繰り返す。
そんな2人を見守る花鈴(渋谷凪咲)は、山里を監視するような目で見る警察官(柳沢慎吾)の姿が気になって…。
練習を重ねた南海キャンディーズはさっそく初舞台を踏むが、結果は惨敗。

客席の冷たい視線と劇場社員のぞんざいな態度に歯を食い縛る山里は、アパートで一人、『俺は天才!』と書いた紙を壁に貼って必死に自分を鼓舞する。そんな中、劇場でバトルライブが行われることになった。
これに勝利すれば仕事が増える!しかも1回戦の相手は南キャンよりもコンビ歴の浅い無名コンビだ。山里は意気揚々とバトルに臨むが、まさかの1回戦敗退で…。

その頃、若林正恭(髙橋海人)と春日俊彰(戸塚純貴)のナイスミドルは、テレビのオーディションに落ち続けていた。
このままじゃヤバいと危機感を抱く若林は、こんな時でも焦るどころか幸せそうにしている春日のことが全く理解できない。
そんなナイスミドルの元に、ついに『エンタの神様』から合格の知らせが届く!
やっとテレビに出られる…誰かに言いたくて仕方がない若林は智子(中田青渚)を呼び出すが、ついカッコつけてしまって…。

迎えた収録当日、テレビ局にやって来たナイスミドルは、廊下で谷(藤井隆)とバッタリ会う。谷は別の仕事で来ていて、プロデューサー・島(薬師丸ひろ子)との打ち合わせがあるようだ。気心の知れた谷との会話で緊張がほぐれたナイスミドルは手応えを持って収録を終え――いよいよ『エンタの神様』放送日がやって来る。
ものまねパブで前説の仕事を済ませた若林は、とある理由で楽屋に現れなかった谷を心配しつつ、春日と2人でテレビにかじりつくが…。

ついにナイスミドルがテレビに出演!?
一方の南海キャンディーズは背水の陣で路上に立つ!
山里の決意、若林の涙…。追い詰められた男たちがどん底から這い上がる!!

第6話のネタバレ・感想・口コミ

視聴者からのドラマのネタバレ・感想は、ネタバレ有/無の感想が選んで確認できるドラマ情報・感想・評価の口コミサイト「Filmarks」(フィルマークス)や「Yahoo!テレビ.Gガイド」などで確認可能です。

だが、情熱はある - ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarksドラマ(フィルマークス公式)

だが、情熱はある- みんなの感想 -Yahoo!テレビ.Gガイド(Yahoo!テレビ.Gガイド)

だが、情熱はある 第6話の視聴率

だが、情熱はある 第6話の視聴率は3.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

  • 第1話:4.7%(世帯4.7%、個人2.8%)
  • 第2話:4.7%(世帯4.7%、個人2.8%)
  • 第3話:3.7%(世帯3.7%、個人2.3%)
  • 第4話:3.6%(世帯3.6%、個人2.1%)
  • 第5話:3.3%(世帯3.3%、個人1.9%)
  • 第6話:3.7%(世帯3.7%、個人2.2%)
  • 第7話:3.9%(世帯3.9%、個人2.1%)
  • 第8話:3.9%(世帯3.9%、個人2.4%)
  • 第9話:4.0%(世帯4.0%、個人2.4%)
  • 第10話:4.9%(世帯4.9%、個人2.7%)
  • 第11話:4.3%(世帯4.3%、個人2.4%)
  • 第12話(最終回):5.0%(世帯5.0%、個人2.9%)

ドラマ「だが、情熱はある」のキャスト・原作・脚本・主題歌

ドラマ「だが、情熱はある」に原作はなく、オードリー・若林正恭&南海キャンディーズ・山里亮太の人生を実話で描かれた、今井太郎による脚本です

主題歌は、SixTONES『こっから』です。

キャスト、音楽、プロデューサー、演出ほか

  • 若林正恭・・・髙橋海人(King & Prince)
  • 山里亮太・・・森本慎太郎(SixTONES)
  • 春日俊彰・・・戸塚純貴
  • 山崎静代・・・富田望生
  • 山里 勤・・・三宅弘城
  • 若林知枝・・・池津祥子
  • 山里瞳美・・・ヒコロヒー
  • 丸山花鈴・・・渋谷凪咲(NMB48)
  • 橋本智子・・・中田青渚
  • 若林麻衣・・・箭内夢菜
  • 山里周平・・・森本晋太郎(トンツカタン)
  • ヒップホップユニット・・・加賀 翔(かが屋)、賀屋壮也(かが屋)
  • 谷 勝太・・・藤井 隆
  • 高山三希・・・坂井真紀
  • 若林鈴代・・・白石加代子
  • 若林徳義・・・光石 研
  • 島 貴子・・・薬師丸ひろ子 

音楽

T字路s

脚本

今井太郎

演出

  • 狩山俊輔
  • 伊藤彰記
  • 長沼 誠

プロデューサー

  • 河野英裕
  • 長田 宙
  • 阿利 極

チーフプロデューサー

石尾 純

協力プロデューサー

金澤麻樹

制作協力

AX-ON

製作著作

日本テレビ

 

 

以上、日曜22時30分放送のドラマ「だが、情熱はある」第6話についてでした!