LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ。テニス・野球のコラムを中心に、Mac、Web、節約、雑学なども更新しています。

【全英2017】マレー3度目のウィンブルドン優勝へ視界良好(ドロー発表)

 

ウィンブルドン2017直前の願掛け投稿です。

(昨年の投稿)【全英2016】マレー2度目のウィンブルドン優勝へ視界良好(ドロー発表)

 

メインドローが発表され、アンディ・マレーは全豪・全仏に続いて第1シードです。

今回のウィンブルドンも、昨年に続いてマレーにとって追い風ドローと言えます!(体調面など心配は尽きませんが、ドローには恵まれています)

画像提供gettyimage

スポンサーリンク

ウィンブルドン2017のメインドロー

マレーのいるトップハーフのドロー

ジョコビッチ、フェデラーらのいるボトムハーフのドロー

 

50%の確率を制して、フェデラーが別の山!

世界中のマレーファンの願いが通じたのか、フェデラーがボトムハーフに行ってくれました!

 

ベスト4であたるのは、順当にいけばラファエル・ナダル。

全仏オープンでは圧倒的な強さを見せつけての優勝でしたが、これからは芝シーズン。

体調万全だと危険な相手に違いありませんが、どれほどのパフォーマンスを見せられるかは未知数だと思っています。

ナダル自身と、対戦相手の調子次第では、1週目での敗退もあり得ます。

 

同じ山にいる5〜8シードの選手は第5シードのスタン・バブリンカ。

4人の中ではマリン・チリッチとミロシュ・ラオニッチの2人が強敵なだけに、芝が苦手なバブリンカを引けたというのもプラスの材料です(残り1人はドミニク・ティーム)。

全仏準決勝のリベンジマッチが実現したら、芝マレーの強さを発揮してくれるはずです!

 

マレーが優勝するまでに対戦する相手たち

マレーの possible route to Wimbledon glory(順当にいった場合の対戦相手)は次の通りです。

1回戦は、ラッキールーザーのアレクサンダー・ブブリク。

ラッキールーザーと聞くとビクッとなってしまいますが、カザフスタンの若手、20歳の選手です。

全豪オープン2017で予選を勝ち上がり、ルカ・プイユのシードダウンを演じたのが今年の中では目ぼしい活躍ですが、芝シーズンはハレ予選で2回戦敗退。

予選1回戦でカレン・ハチャノフを破ったのも少々気になりますが、そこまで危険な相手ではないでしょう(と思いたい)

 

2回戦はポルトガルのジョアン・ソウザかダスティン・ブラウン。

ブラウンが確変キャラで嫌な感じ(ナダルを倒した映像が脳裏に…)ですが、ソウザもシードが付いてもおかしくない選手なだけに簡単ではありません。

 

3回戦は因縁のファビオ・フォニーニか、イリ・ベセリあたりでしょうか。

フォニーニにはローマでのリベンジを果たすべく、試合序盤からエンジン全開が求められますし、サーブの強いベセリが相手だと自身のサービスキープは不可欠です。

 

4回戦のニック・キリオス戦が実現すると、昨年と全く同じラウンドでの対戦です。

昨年は直前までテレビゲームをしていたキリオスですが、今年はそんなことはなさそうです。

(もしかしたら恋人のマレー戦前に平常心を保つための作戦だったのかもですが…)

 

優勝まで残り3試合となってからは、バブリンカ戦、ナダル戦、フェデラー or ジョコビッチ戦が待っているはずです。

あまり先のことを考えず、まずは1週目を勝ち上がれるように応援します。

 

マレーの第1試合はセンターコート第1試合

ウィンブルドン男子は、前年覇者が初日のセンターコート第1試合に予定されるので、マレー VS ブブリクは現地時間13時(日本時間21時)開始です。

 

日本との時差は8時間。

第2、第3試合と後ろにいくにつれて深夜に突入するので、日本のテニスファン泣かせな大会ですが、これから楽しみな2週間が始まりますね!

 

なるべく毎日記事をアップしていけたらと思ってますので、これから2週間、お付き合いのほどよろしくお願いします!

 

そして全国の(案外多かった)アンディファンのみなさん!

不安が拭いきれない中ですが、ウィンブルドンも一緒に応援していきましょう!

適当でもいいので、応援コメントもお待ちしています!

 

Let’s Go Andy!!

ウィンブルドン2017最新オッズを追記しています!

 - テニス ,