LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ。テニス・野球のコラムを中心に、Mac、Web、節約、雑学なども更新しています。

【全英2017】マレーはクエリーとセンターコート第1試合で激突!

 

ウィンブルドン2017は、雨が心配されたものの大会8日目を無事に消化し、大会9日目を迎えました。

ノバク・ジョコビッチだけが日没サスペンデッドで、女子シングルスに紛れて試合を行ってましたね(マナリノにストレートで勝利)。

 

大会9日目は、男子シングルス準々決勝の4試合が行われます

アンディ・マレーは、前の試合で好調ケビン・アンダーソンとのビッグサーバー対決を制したサム・クエリーと対戦します。

画像提供gettyimage

スポンサーリンク

ウィンブルドン大会9日目の試合予定

センターコートに、マレーとフェデラーが登場します!

(第1試合)マレー VS クエリー
(第2試合)ラオニッチ VS フェデラー

 

NO.1コートでは、残り2試合が行われます(ジョコビッチだけが連戦)。

(第1試合)ミュラー VS チリッチ
(第2試合)ベルディヒ VS ジョコビッチ

 

両コートとも、現地時間13時(日本時間21時)の試合開始です!

今日も雨が心配されますが、センターコートは屋根が閉められるので定刻スタートの予定です。

マレーはこれで5試合連続センターコートでの試合となっています。

 

男子シングルス準々決勝の展望

マレーについては後ほど触れますので、それ以外の3試合を…。

 

フェデラーはここまで全くセットを落とさず、順調そのものです。


しかし、今日の相手は芝で無類の強さを誇るラオニッチなだけに、接戦が予想されます。

接戦で無いとしたらフェデラーの快勝だと思いますが、ラオニッチのサーブを攻略するのは簡単ではないでしょう。

昨年のリベンジを果たして、セットを落としながらもフェデラーが制する予想です。

 

ミュラーとチリッチの一戦は、勝ち上がり・実力を踏まえるとチリッチ優勢かと思います。

ミュラーはナダルとの4時間48分もの死闘の次で、リカバリーが間に合わない可能性が大。

一方のチリッチはわずか1時間41分でアグーを一蹴、早々とベスト8入りしていただけに、日程面での追い風もあります。

ただ、両者ともサービスゲームには自信があるので、スコアは拮抗しそうな気がします。

 

ベルディヒは調子が良いと相手に付け入る隙を与えないオールラウンダー。

ですが、ジョコビッチとの対戦成績は2勝25敗…。

救いは、そのうちの1勝がここウィンブルドンでの勝利(2010年)だということと、ジョコビッチが連戦だという点でしょうか。

 

ジョコビッチは体調万全ではない(メディカルタイムアウトを取った)という情報もあります。

2010年当時のジョコビッチは現在と同じくランキング3位、ベルディヒが勝ったとしても、決して番狂わせではありません。

(しかし僕の予想はジョコビッチの勝利です)

 

マレーは相性の良いクエリーとの対戦

ツアー屈指のリターン力が武器で、ビッグサーバータイプとは相性の良いマレー

クエリーとの対戦成績も7勝1敗と、大きく勝ち越しています。

 

サービスゲームをしっかりとホールドするのは勝利の前提条件なので割愛し、リターンゲームについて。

クエリーのファーストサーブが入っているうちは我慢の時間です。

セカンドサーブを積極的に叩いて、ドロップやネットプレーも取り入れながら揺さぶりをかけていければ、自ずと結果はついてくるはずです。

 

3回戦ツォンガ、4回戦アンダーソンと、連続でフルセットを勝ち上がってきてるだけに、接戦でのビッグサーブは驚異。

もつれない展開が期待されます。

 

 

アンディファンの皆さまからのコメントが、日に日に増えてきていて嬉しい限りです。

今日もマレーのブロックリターンが冴え渡るよう祈願して、応援しましょう!

Let’s Go Andy!!

 - テニス ,