LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ。テニス・野球のコラムを中心に、Mac、Web、節約、雑学なども更新しています。

【全英2017】フォニーニとの大接戦を制したマレーが4回戦進出!

    2017/07/10

6-2 4-6 6-1 7-5、2時間39分。

スコアだけを見ると「大接戦?」と思われるでしょうが、紛れもなくどちらが勝ってもおかしくない大接戦でした。

 

第4セットは、フォニーニから見てゲームカウント5-3の40-15(フォニーニサーブ)まで行きました。

その前にも2-5マレーサーブでブレイクポイント(セットポイント)が2回…。

 

久々に「寿命が縮むゲーム」でしたが、何とか物にしたマレーが4回戦進出を決めました!

画像提供gettyimage

スポンサーリンク

要所でサーブが決まり、29分で第1セットを先取!

マレーサーブで試合開始。

ファーストサーブの確率は低いものの、大事な場面ではフラットサーブが入ってエースやフリーポイントを量産。

ストロークも、出来るだけコート内で打球を処理しようという意図が汲み取れる内容で、フォニーニを苦しめます。

 

第6ゲームで先にブレイクすると、第8ゲームではフォニーニの3連続ダブルフォルト(!)もあって2度目のブレイクに成功。

終盤は集中が切れたフォニーニにも助けられ、29分でセット先取と上々の立ち上がりでした!

 

第2セット、出だしのもたつきが響いてタイに戻される

このセットもマレーサーブで始まりましたが、第1ゲームから2本のダブルフォルトが出てしまうなど相変わらずサーブが入らず…。

強打とドロップを織り交ぜた攻撃にもやられて、早々にブレイクを許してしまいます。

 

すぐさまブレイクバックに成功するものの、第5ゲームで再度ブレイクされて2-3。

フォニーニのサーブが第1セットよりも良くなった影響もあって、その後はブレイクチャンスが訪れず、6-4で取られてセットオールに。

ラリーでも押され気味で、ネットプレーも鮮やかに決められる悪い流れを断ち切りたいところです。

 

第3セット、マレーがギアを上げて突き放す!

第3セットもマレーサーブスタート。

フォニーニのリターン精度が上がってきていたものの、ファーストサーブがしっかり入ってキープを続けます。

第3ゲームには大事なポイントで立て続けに大声で叫び、自身を鼓舞していました。

 

続く第4ゲームでブロックリターンが効果的に決まってブレイク成功。

第6ゲーム前のチェンジコート時に足首のメディカルタイムアウトを取っていたフォニーニを相手に、その後も攻撃の手を緩めなかったマレーが、このセットを6-1で奪取。

 

第2セットで追いつかれたものの、突き放した第3セット。

この勢いで一気に試合を支配できると思って観ていましたが…フォニーニは諦めていませんでした。

 

 土壇場の逆転劇!フルセット突入阻止で勝利!

第4セットの幕開けは、しっかり切り替えてきたフォニーニがラブゲームキープ。

マレーはストロークでフォニーニに押され気味ながらも何とかキープを続け、両者キープ合戦のまま第6ゲームを迎えます。

(途中、ポイントを決められた後に指笛を鳴らしたフォニーニがコードバイオレーションを取られて、即マレーポイントになったりしてました)

 

リターンゲームで積極的に強打を仕掛けてくるフォニーニ。

前後左右に走らされて、流石にフットワークが鈍ってきているマレーがフォニーニにブレイクポイントを与えてしまいます。

1度はしのぐも、ダブルフォルトでブレイクを許す嫌な展開…。

フォニーニは足首の影響など何処吹く風で、第7ゲームもラブゲームキープ。

 

そして、冒頭で述べたブレイクポイント、セットポイントの嵐が訪れます…。

 

誰がどうみてもフォニーニ優勢の第4セット。

4度のデュース(2度のセットポイント)を経てギリギリで第8ゲームをキープすると、ダブルセットポイントを握られた状況で2本連続フォアのウィナー!

マレーも、苦しい中でも決して諦めませんでした!

 

土壇場でブレイクバックに成功するも、自身のサービスゲームで0-30や5度目のセットポイントを握られた時には、さすがに神頼みでしたが…。


劣勢な中、気力でボールを追い続けたマレーが執念でキープすると、流石にフォニーニが気落ちしたようで第11ゲームもマレーが奪取。

 

難所を越えたマレーが、最後はファーストサーブを4本とも入れてラブゲームキープ!

大接戦の3回戦、見事に勝利を収めました…(泣)

スタッツを見ても、トータルポインツウォンがかけ離れているなど、接戦模様が記録からは伝わりにくい一戦でしたが…。

劣勢でもセットを奪ってしまう、マレーの強さ(粘り強さ)が存分に出た試合でした!

 

マレー VS フォニーニのハイライト動画

 

こちらはラファエル・ナダル VS カレン・ハチャノフのハイライト動画。

マレー戦の前にやっていたので観ていましたが…強い、強すぎますナダル。

両者とも勝ち上がれば準決勝で対戦となりますが、3回戦の状態で直接対決をすると完敗するでしょう…。

ディフェンス面もさることながらオフェンス面も充実のナダルは、フォア良し、バック良し、ネットプレー良しと穴が見当たりません。

 

マレーが4回戦、準々決勝と勝ち上がるにつれ、全仏オープンの時のように尻上がりに調子を上げていけるかに注目です。

 

難敵フォニーニ相手に、感動の3回戦勝利でした!

どっぷり深夜に、一緒に応援して下さったアンディファンの皆さま、お疲れ様でした!

次戦は月曜(日曜はミドルサンデーで全休)なので、我々ファンもしっかりとリカバリーをしましょう!!

 - テニス , ,