LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ。テニス・野球のコラムを中心に、Mac、Web、節約、雑学なども更新しています。

【全英2017】マレーが王者のテニス復活で3回戦進出!

 

ただいま2時22分、アンディ・マレーの試合終了直後です。

ウィンブルドン2017は大会3日目にトップハーフの2回戦が行われ、シード勢が順当に3回戦へと駒を進めています!

※ルカ・プイユはまだ試合中で2セットダウンですが、巻き返しなるか…

 

ついに…強いマレーが帰ってきてくれました!

画像提供gettyimage

スポンサーリンク

曲者ブラウン相手に大事な第1セットを先取!

2回戦の相手は、トリッキーなネットプレーやドロップショットが魅力の曲者、ダスティン・ブラウン

ここウィンブルドンでは、2015年にラファエル・ナダルを2回戦敗退に追いやって脚光を浴びたのが印象的です。

(ちなみにナダルには2014年のゲリー・ウェバー・オープンでも勝利しており、目下2連勝中です)

 

試合開始直後から、ドロップショットを多用しつつ強打も織り交ぜマレーに揺さぶりをかけるブラウン。

常に先手を取るブラウンに対して、受けて立つマレー、という構図です。

序盤は一進一退の攻防で、どちらに転んでもおかしくない展開でしたが…

僕はこのように観ていました(笑)

 

予測が当たったかどうかは置いておいて…第8ゲームでブラウンのダブルフォルトによってブレイクに成功すると、続く第9ゲームを危なげなくキープし第1セットを先取しました!

 

マレーのストロングポイントが帰ってきた中盤以降

第2セットは、ゲームカウント2-2まで両者キープが続いたものの、それ以降はマレーのブロックリターンにキレが戻ってきます

ブラウンのファーストサーブが40%台と低調だった隙を逃さず、セカンドサーブを叩きにいくマレー。

結局残りのゲームを全てマレーが支配し、第2セットは6-2。

ウィナー9、アンフォーストエラー0という完璧な内容で圧倒しました。

 

第3セットも第3・第5ゲームで立て続けにブレイク成功のマレーがそのまま押し切り、試合終了。

 

最終スコアは6-3 6-2 6-2、1時間36分での快勝でした!

 

夜中なので体力的にはキツかったんですが、内容充実の展開だっただけに安心して観ていられました。

上のつぶやきを、第2セット途中でしていたぐらいです。

実はファーストサーブ%が47%と、気がかりな点があったのは事実ですが、ポインツウォンが高いので良しとしましょう(サーブは終盤にペースダウンしてましたね…)。

ブレイクチャンスを与えず、試合トータルのアンフォーストエラーもたったの5本と、今日に限って言えば王者のテニス復活と言い切れる内容でした!

 

次戦はベセリに快勝のフォニーニとのリベンジマッチ

調子を上げてきているマレーの3回戦の相手は、順当に勝ち上がってきているファビオ・フォニーニ

サーブの強いイリ・ベセリを、7-6(7-3) 6-4 6-2のストレートで退けているだけに、調子の良さがうかがえます。

 

フォニーニとは、完全アウェーのローマでコテンパンにやられて以来の対戦です。

あの時とはサーフェスも国も大会グレードも違うだけに、同じような展開にはならないはず。

リベンジを果たして、モヤモヤを一掃してしまいましょう!

 

まずはしっかりとリカバリーして、3回戦に備えてください!

アンディファンの皆さんも、寝不足が深刻だと思うのでしっかり休みましょうね(笑)

 

大会3日目、見事な快勝で、マレーが3回戦進出を果たしています!!

 - テニス ,