大会9日目、準々決勝の第1試合で、アンディ・マレーはサム・クエリーに逆転負けを喫しました。

 

最終スコアは6-3 4-6 7-6(7-4) 1-6 1-6、2時間42分での幕切れ。

第4セット途中からは、クエリーではなく痛みとの戦いでした...。

最後は普通に歩くのすらままならない様子で、痛みの強さを物語っていました。

 

勝利したクエリーは、自身初のグランドスラム4強入り。

昨年3回戦でノバク・ジョコビッチを破ったウィンブルドン(初の8強)で、今年も元気な姿を見せています。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男子シングルス準々決勝の結果+ハイライト動画

マレー 6-3 4-6 7-6(7-4) 1-6 1-6 クエリー(2:42)

 

ミュラー 6-3 6-7(6-8) 5-7 7-5 1-6 チリッチ(3:29)

 

ラオニッチ 4-6 2-6 6-7(4-7) フェデラー(1:58)

 

ベルディヒ 7-6(7-2) 2-0 RET ジョコビッチ(1:03)

 

圧巻のフェデラー、激戦のチリッチ、故障のジョコビッチ

フェデラーは、一体どうなっているんでしょうか。

試合序盤で寝落ちしたため全てのプレーを観たわけではありませんが、難敵ラオニッチを相手にまたも2時間切り、ストレートでの勝利

この試合、フェデラーのファーストサーブ%は69% 、ポインツウォン90%、ウィナー46、アンフォーストエラー9と、恐ろしいスタッツが並んでいます。

5度握られたブレイクポイントもことごとくしのいで、一度もブレイクを許さないまま試合を終わらせました...。

さすがに最終セットはタイブレーク突入で接戦となったようですが、それでも要所を抑えたフェデラー、勝利の瞬間には喜びを爆発させました。

 

マレー戦と同時刻に行われていたチリッチ VS ミュラーは、ミュラーがサーブの強さを遺憾無く発揮し、セット先行で試合が進んでいました。

しかし中盤以降はチリッチがストロークで粘り強さを見せて試合を盛り返し、見応えあるシーソーゲームを演じました。

 

前記事での予想通り、かなり拮抗した内容だったようですが、激戦を勝ち切ったのはチリッチ。

次戦もビッグサーブが持ち味のクエリーが相手なので大変ですが、勝てば全米2014以来のグランドスラム決勝進出です。

 

マレーと同じく、ジョコビッチも怪我が影響してコートを去ることとなりました。

約1年半もの間、悩まされて続けているという右肘痛...。

試合前には気にならなかったようですが、第2セット0-2となったところで痛みが悪化し、途中棄権を申し出ました。

楽観視できる状態ではない恐れもあり、最悪の場合にはシーズン終了もあるようです。

 

ベルディヒは運も味方して、昨年に続いて2年連続4強入り(素晴らしい!)。

2010年準々決勝で倒した時の再現なるか、準決勝でフェデラーと対戦します。

 

第4セットで暗転、気になっていたフォームの崩れは...

ここからはマレーについて。

 

序盤は最高の立ち上がりを見せ、少し硬かったクエリーに付け入る隙を与えず。

第1セットはアンフォーストエラーがわずか2本、セカンドサーブでも67%の確率でポイントを取るなど全く危なげなく、6-3で先行しました。

 

悔やまれるのが第2セット。

第7ゲームでトリプルブレイクポイントが訪れ、デュースまでもつれながらもブレイクに成功したマレー。

そのままキープを続けて2セットアップと行きたかったところですが、バックハンドストロークにミスが続いてブレイクバックされてしまいます。

勢いに乗ったクエリーにウィナーも増え出し(特にバックハンド)、第10ゲームでもブレイクされてしまったマレーが、一時はリードしながらもセットを失ってしまいました...。

 

第3セットも早々にブレイクしたものの第10ゲームで追いつかれる嫌な流れ。

セット終盤には、少しずつ打球が追えなくなって(おそらく痛みが出てきたのだと思われます)、苦しい展開を強いられます。

それでもタイブレークでクエリーのミスを見逃さず、先に王手をかけたのは見事でした。

 

第4セットに入ると更に動けなくなってしまいます。

サーブだけは比較的打てていたものの、ストロークは崩壊状態...。

踏ん張りが効かず、左右に振られると追うことすら出来ませんでした。

 

第4セット中盤以降は、辛い時間が続きましたが、最後の最後まで精一杯できる限りを尽くしてくれました。

ファンの心情としては、痛みが出た時点で途中棄権して欲しかったくらいですが、彼のポリシーには反するのでしょう。

苦痛に顔を歪めながらも、得意のランニングフォアクロスカウンターが最終ゲームで飛び出した時には、こらえていた涙が溢れ出てしまいました......。

 

ここまで来ただけに結果は少し残念でしたが、前哨戦の早期敗退・エキシビションの全休から考えると御の字だったのではないでしょうか。

 

アンディ、お疲れ様でした!

怪我の程度が重くないことを祈ります!

過酷なハードコートシーズンに備えて、しっかりと休んでケアしてください!

 

約10日間、感動的な試合をありがとうございました!

また、一緒に応援して下さったアンディファンの皆さんも、お疲れ様でした!!

コメント一覧
  1. ひろすけ より:

    mori_ichi_さん、辛い敗戦の記事アップお疲れ様です。

    アンディ、臀部の痛みを抱えながら出場も危ぶまれた大会でQFまで戦ってくれてお疲れ様でした。
    大会期間中、ずっと痛みと戦ってたんですね(/ _ ; )

    第2セットをすんなり取れていたら、痛みが出る前に試合を決められていたのかなとも思いますが…。
    たられば言っても仕方ないですね。

    第4セット以降、走れないアンディを見るのは辛かったです(T_T)
    ファイナルセットは歩くのも辛そうな状態なのに、最後までリタイアすることなくやりきったアンディの姿に涙が溢れてきました。
    地元WBのセンターコートで最後まで戦ったアンディに拍手を送りたいです。

    MTOは、試合中に痛めた怪我しか適応できないからトレーナーも呼べなかったんですね。
    ずっと、お薬を飲みながら試合してたんでしょうか…?

    怪我が軽症であることを祈ります。
    慢性的に痛みが出る箇所みたいなので、ゆっくり休んでしっかり治して戻っきてほしいです。

    完全復活して、どんなボールも諦めず走り回るアンディのプレーがまた見たいです❗️

  2. mori_ichi_ より:

    >ひろすけさん

    おはようございます。
    応援お疲れ様でした!

    ずっと痛い中無理してたことを思うと、勝利した4試合の重みを感じます。
    これがNo.1の、ウィンブルドンがホームのアンディの宿命なのかもしれません。

    途中から観客らもアンディの異変に気付いていましたね。
    最終セットでは、アンディに対する「頑張れ」の声がほとんど無くなっていたのが、見守ったファンの気持ちそのものでした。

    MTOはその通りです、ずっと痛み止めを打ちながらだったのかもしれませんね…。

    腰〜臀部は癖にもなりやすいですし、完治するまで無理はして欲しくないですね。

    しばらく休んでもいいかもしれません、またコートを縦横無尽に走り回るアンディの復活を祈って、気長に待ちましょう✨

  3. はるるん より:

    こんにちは
    昨日のアンディは見ているのも辛かったです(TωT)ウルウル
    既存の怪我だったのでMTOも取れずだったのでしょうね。
    痛み止めはもちろん飲んで挑んだとは思いますがもう限界でした。

    でも、最後まで戦ったことは賞賛に値すると思いますよ。
    怪我の状態によっては、途中棄権も仕方ないとは思いますが
    相手選手のことを考えると最後までプレーすることは、敬意の表れだと思います。
    事実、クエリーは賞賛されベルディヒはジョコの棄権による棚ぼた的扱いになってます。

    ただ残念なのは、アンディが最後まで戦って負けたので、
    無能な日本のマスコミはジョコには同情的でもアンディはただの敗者扱いだということです。WOWOWを始め日本のマスコミはテニスに関して本当勉強不足です。

    WBのオープニングマッチを放送しないことから始まり(オンデマ配信もなし)、錦織だけに特化した番組構成やコメントはもうたくさんです。
    他の選手の試合中に練習動画を挟み込んできたり、スタジオインタビューを挟んだり、というのも常識を疑います。

    契約上放送できない試合は仕方がないとして、放送している間に挟み込むのは非常識です!
    画面の端に小窓で流すなら許せる範囲ですが(百歩譲って、試合の方が小窓であったとしても)試合をぶち切ってそちらを流すって全くもって信じられません。
    インタビューなんて録画で十分じゃないですか!優勝したのでもないのに。。。

    と少々熱くなってしまい、すみませんでした(^▽^;)

    今大会初めて放送予定に入った昨日の試合が、悲しい敗戦だったので、今年のWBのまともな録画は無しでした涙 錦織と同じハーフになるとこいう悲しい目にあいます。
    全米では(出られたらの話ですが涙)どうか別のハーフでお願いしたいです。

    皆さんも応援お疲れ様でした。
    負けたって世界が終わるわけじゃない!
    アンディはまたはにかんだ素敵な笑顔とともに元気にコートに戻ってきますよ❤️
    焦らず待ちましょう。

    アンディに幸あれ!

  4. mori_ichi_ より:

    >はるるんさん

    こんにちは。
    応援お疲れ様でした!

    途中からは観ているのが辛い時間が続きましたね…。

    最後までコートに立てたのは、本当に素晴らしい事でした✨
    本人のコメントによると、痛みはあれど最後まで決して諦めていなかったようですね。
    動けない中で、強打とドロップの緩急で揺さぶり、意地を見せていました。

    日本での報道・テニス番組の放送に関して、熱くなってしまう気持ちは痛いほど分かります。
    今回ばかりは「何のためのオンデマンド放送だ」と、責め心も湧いてしまいました…。

    同じやるなら、もっと杉田にもスポットを当てて、特集を組んだりして、注目を分散させて欲しかったなと思います。
    彼が成し遂げたツアー優勝の重み・凄みを、もっとひろめていって欲しいなとも切に願っています。

    全米にまず出場できるように、そして錦織くんと別ハーフでバッチリ録画できるよう祈りましょう。

    プレーを続けても悪化するような怪我ではなかったらしく、そこまで重症ではないはずです!

    今こそ我々アンディファンの忍耐強さを見せる時ではないでしょうか❓笑

    皆さま本当にお疲れ様でした‼️
    コメント欄で交流もたくさんしてくださり、ありがとうございました✨✨

  5. レイチャン より:

    こんばんは。
    mori ichiさん、悔しい中、確実な適切なブログありがとうございます☆
    結局、アジアの極東で私が験担ぎで出来ることといえば、、
    結局、酒断ち、、
    しかなかったのですが、、
    (他にもほんとはあるのですが…くだらなすぎて、、、(笑))
    結局、やっぱり何も力になりませんでした。
    まぁあたりまえですよね(笑)
    昨夜は本当につらかったです、ほんまにつらかった、、、、見てらんなかった、、
    だけどアンディの気持ちもすごく伝わってきたので最後まで見届けました。
    最初はすごく良くて、なんか良すぎるくらいで、華麗なプレーに1人ヒューヒュー言ってたんですけど…あとはつらかった、、、つらいという言葉しか出てこないですわ。

    アンディ、この試合でやっぱり大人になった、No. 1にふさわしくなったとおもいます。って、WOWOW解説でも言ってたか、、、
    無理してずっと痛かったのにコートに立ち続けたアンディ、、
    素敵すぎます☆
    アンディに会えないウィンブルドン2017ははちっともおもしろくない、なんやこれほんまつまんない!というのが悪どい私の正直な本音なんですが、最後まで見届けます。
    きっとアンディも見てるはずだしね(ᵔᴥᵔ)

    はるるんさんへ!!!!
    ここでコメントしていいのかわからないけど、日本でのテニス放送の仕方!!!!
    ほんまにはるるんさんと、まさに同意見です!!!決して錦織が嫌いとかいうわけじゃないのですが、いつかのWOWOWアンディの試合の最中に急に錦織のインタビュー始まったりしてましたよね!あれには怒り狂って苦情する寸前でしたよ(ᵔᴥᵔ)
    はるるんさんの熱くなる気持ちご一緒させていただきます(笑)
    これからも一緒に熱い気持ちでアンディを応援しましょう☆

  6. mori_ichi_ より:

    >レイチャンさん

    ありがとうございます☺️
    応援お疲れ様でした!

    全仏に続いての禁酒令、大変でしたね(笑)
    その甲斐あって、ベスト8まで残れたのかもしれませんよ!

    出だしが良かっただけに、単なる失速ではない、フィジカルの問題だろうなという感じでしたね…。
    最後まで戦ったアンディ、最後まで集中したクエリー、両者を讃えましょう。

    またロイヤルボックスに現れるかもしれませんからね(笑)我々も大会閉幕まで、ウィンブルドンを味わいましょう!

    アンディの試合途中で錦織くんのインタビュー…ここまで来ると、もう論外です…(°_°)

    だいぶ2017年版アンディの応援にも慣れてきたので、後半も一緒に、熱く応援していきましょう✨

  7. セラフ より:

    こんばんは。
    ブログの更新、いつも本当にありがとうございます。
    すぐにでもコメントしたかったのに、ちっとも纏まらない。
    皆さん、凄い。
    皆さんから勇気や元気を頂いてばかりです。

    開幕前に「7試合戦えると思う」と言ってくれたアンディ。
    そして最後まで本当に本気で勝つつもりで戦ってくれたことに胸がいっぱいです。

    シーズンの残りをどうしていくか、チームで話し合って最善の道を進んでくれると信じています。
    ゆっくり休んで、今まで以上に元気になって戻ってくるまで、いくらでも待っていますよ!!

  8. ジェイミー より:

    ジェイミー ヒンギスペアー勝ちました!
    ベルディヒは頑張ってましたがフェデラーは凄いですね(風邪)
    試合を観ててもアンディが負けたと思うとかなり寂しいです
    1強だったジョコビッチは苦手だったんですが、最近は同情というか一緒に復活して欲しいという気持ちが芽生えてます

    去年のフェデラー ナダルみたく長期休養を取って来年は復活した方がいいのでしょうか?
    それだとアンディを観れないし複雑です

  9. mori_ichi_ より:

    >セラフさん

    お返事遅くなりすみません...。
    いつもありがとうございます。

    僕も同じで、何とか記事アップはしたものの、その後はまとまらず、観戦もままならず、モチベーション低下とともにブログ更新が止まっていました。

    ウィンブルドン前の状況を考えると、大変な決断だったと思います。
    でもしっかりと有言実行で、優勝を目指して出来る限りの力を尽くしてくれたアンディ。
    いっぱい勇気や希望を貰えましたし、自分たちも頑張ろうと思えました。

    どんな方針になろうと、我々ファンは温かく見守っていきましょうね✨

  10. mori_ichi_ より:

    >ジェイミーさん

    遅くなりました...。
    ミックスダブルス、やりましたね!
    しっかりと最新記事でアップしておきました。

    フェデラーは風邪気味とは思えない強さでしたね。

    分かります。
    憎らしいほど強かったジョコビッチですが、今は親友同士一緒に上がってきてほしいなと思ってしまいますよね。

    判断は難しいところですが、ジョコビッチのが全休の可能性が高いようです。
    アンディも決して無理はせず、長い目で今後のスケジュールを組んでくれればなと思います。

    もちろん全米オープンでパワー全開がベストなのは言うまでもありませんが...(^_^;)

コメントを残す

関連キーワード

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!