LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ

【全英2016】マレー2度目のウィンブルドン優勝へ視界良好(ドロー発表)

    2016/11/25

instagram-murray

ウィンブルドン2016のドローが発表されました!

アンディ・マレーは第2シードなので、ボトムハーフの一番下です。

今回は久々にマレーにとっての神ドローがきました!

(トップ画像はマレーのInstagramに日本語で祝福した図です(笑))

スポンサーリンク

やりづらいミロシュ・ラオニッチは別の山

ベスト4であたるのは順当にいけばスタニスラス・バブリンカ。先月の全仏と同じです。

ロジャー・フェデラーがくる可能性もあったので、バブリンカでラッキーでした。フェデラーは今年芝の成績が思わしくなくて、体調が心配されていますがやはりウィンブルドンでは強敵なので。

同じ山にいる5〜8シードの選手は第7シードのリシャール・ガスケ。

昨年ベスト8でバブリンカをフルセットで下して2度目のセミファイナル進出を果たしたので、強敵には変わりありません。

しかし、ここは第6シードのミロシュ・ラオニッチをひかなければOKです。

全豪ハードでもフルセットの死闘になりましたし、芝でラオニッチのサーブはなかなか攻略できないのでやりづらい相手です。

うまいことジョコビッチ山に入ってくれたのも、マレーにとって追い風です。

ジョン・イズナーとフェリシアーノ・ロペスがマレーの近くにいるので少し不気味ですが、おそらく問題ないでしょう。

特にフェリロペはマレー母が喜ぶ複雑な展開になるので、出来れば回避したいものです(笑)

 

マレーが優勝するまでに対戦する相手たち

イギリスのニュースサイト「mirror」はユーロからの独立の話が大きくトップニュースですが、スポーツ欄にはしっかりマレーが登場しています。murray-route-to-the-final

1回戦は主催者推薦枠で出場のリアム・ブローディで、マレーにとって初の同胞対決です。

2回戦は台湾のルー・イェンスン。ルーはいつもトップシードの選手とすぐにあたっている印象です。

3回戦のJohn MilanはMillmanの間違いで、オーストラリアのジョン・ミルマンのことです。後日のマレー2回戦突破記事で触れていますが、なぜシードのブノワ・ペールが完全スルーされているのかは謎です(笑)

4回戦は悪童でおなじみ?のニック・キリオス。過去の対戦成績は4戦全勝で、ウィンブルドンであたれば初です。相性の良い相手です。

優勝まであと3試合となってからは、ガスケ戦、バブリンカ戦、ジョコビッチ戦が待っているはずです。

ガスケのガス欠、ティームの躍進が起きれば、違った相手との対戦になるかもしれませんが、決勝は高確率でジョコビッチでしょう。

 

マレー優勝を願って、公式ニュースをブログに呼び出し

murray-news

すみません、全くウィンブルドンと関係ない話です(笑)

ちらほらマレー公式サイトにニュースを見に行くんですが、どうせなら自分のブログに公式サイトのニュースを表示させられないかと考えました。

結構簡単にできました!WordPressおそるべし!

これで最新のニュースを見逃す心配もなさそうです。

クイーンズクラブ(AEGON選手権)でも1試合ごとにニュースがアップされていたので、ウィンブルドンの良いニュースが楽しみです。

 

ウィンブルドン2016の開幕は6月27日(月)

日本とイギリスは9時間差なので基本的に試合はほとんど深夜です(笑)

デイセッションで13時開始でも日本時間では22時開始になるので、社会人になってからは決勝に寝落ちしてしまう確率が高いです…。

決勝は7月10日(日)の夜22時開始予定です。

3時間以内で倒してくれればまだ健全な時間に就寝可能なので、マレーの優勝&決勝は3時間以内での勝利を期待です!

ウィンブルドンといえばベスト8入りの松岡修造「人生を強く生きる83の言葉

 - テニス ,