【全米オープンテニス2019予選】ドローと試合結果|日本人選手8名が男子シングルスに出場

男子シングルスに日本人選手8名が出場中の全米オープンテニス2019・予選について、ドローと試合結果をまとめています。

128ドローで争われる予選に3連勝すると本戦出場となり、合計16名が切符を手にします。

画像キャプチャ元:ATP公式全米オープン大会ページ

全米オープン2019予選のドローと結果(PDF)

全米オープンテニス2019の予選について、ドロー全体像と試合結果です。

全米オープン公式サイト(usopen.org)に掲載中のPDFドローが、結果更新も非常に早くてオススメです。

US Open 2019 Men’s Qualifying Singles

全米オープン2019予選の試合結果(日本人選手)

全米オープンテニス2019の予選について、日程ごとの試合結果(日本人選手)です。

スコア表では、勝利した選手を太字で表記しています。

 

日本時間 8/23(土) 予選3回戦(決勝)の試合結果

内山靖崇が予選3回戦(決勝)に挑み、勝てば本戦出場でしたが敗れました。

(11)D. Koepfer66
内山靖崇34

 

日本時間 8/21(木) 予選2回戦の試合結果

杉田祐一、内山靖崇、綿貫陽介が予選2回戦に挑み、内山が予選決勝に駒を進めました。

J. Brooksby7777
(27)杉田祐一6463
ブラズ・カブチッチ14
内山靖崇66
S. Diez656
綿貫陽介270

 

日本時間 8/21(水) 予選1回戦の試合結果

ダニエル太郎、伊藤竜馬、守屋宏紀、添田豪が男子シングルス予選1回戦に挑みましたが、4名とも初戦敗退となっています。

(14)ダニエル太郎65784
M. Vilella Martínez77666
スミト・ナガル786
(26)伊藤竜馬662
R. Bemelmans677
守屋宏紀165
添田豪44
トミー・ロブレド66

 

日本時間 8/20(火) 予選1回戦の試合結果

内田海智、杉田祐一、内山靖崇、綿貫陽介が男子シングルス予選1回戦に挑み、杉田・内山・綿貫が初戦突破を果たしています。

J. Brooksby66
内田海智32
M. Polmans34
(27)杉田祐一66
内山靖崇776
A. Davidovich Fokina653
綿貫陽介66
(18)エルネスツ・グルビス21

日本人選手 全米オープン予選の過去成績

現在、全米オープンテニス2019の予選に出場している日本人選手の、全米オープン予選における過去成績を調べました。

 

ダニエル太郎(117位)

ダニエル太郎は、全米オープン予選には2014年、2015年に出場。

2014年には予選突破を果たして、本戦1回戦で世界ランキング6位のラオニッチに敗れました。

2015年は予選決勝でドンスコイに敗れています。今年で自身3度目の全米オープン予選です。

 

伊藤竜馬(133位)

伊藤竜馬は全米オープン予選に過去7度出場していて、予選突破は2014年のみ。

2014年は本戦で勝利を挙げ、2回戦でもフェリシアーノ・ロペス相手に善戦しました。

予選決勝進出も過去に3度あります。

 

杉田祐一(134位)

杉田祐一は、全米オープン予選には2009年〜2016年まで8年連続で出場していましたが、全て予選敗退でした(最高成績は2010年、2014年の予選決勝)。

2017年、2018年はランキング上位だったため、本戦ダイレクトインで出場しました(最高成績は2017年の2回戦進出)。

 

内山靖崇(141位)

内山靖崇は2014年、2015年、2017年に全米オープン予選に出場しましたが、いずれも予選1回戦で敗退となっています。

ちなみに、2014年に予選初戦で当たった相手は、アレクサンダー・ズベレフでした。

 

添田豪(157位)

添田豪は、全米オープン予選に2007年〜2011年と2013年〜2018年で、11度の出場を誇ります。

予選を突破して本戦出場したのは、2011年と2013年です(2012年は本戦ダイレクトイン)。

 

守屋宏紀(213位)

守屋宏紀は全米オープン予選に2012年から7年連続出場中で、初出場の2012年に予選突破を果たしています。

予選決勝まで勝ち上がったのは、2012年の他には2014年のみです。

 

綿貫陽介(228位)

綿貫陽介は今回が全米オープン予選初出場。

グランドスラム予選はウィンブルドン2018から毎大会出場していますが、予選突破はまだありません(最高成績は全豪オープン2019とウィンブルドン2019の予選決勝敗退)。

 

内田海智(256位)

内田海智は今回が全米オープン予選初出場で、グランドスラム予選は全仏オープン2019、ウィンブルドン2019に出場して、いずれも初戦敗退でした。

グランドスラム本戦出場経験はまだありません。

 

予選突破で錦織、西岡との全米オープン日本人対決も

過去最多の日本人選手8名が予選に挑んでいる全米オープンテニス2019。

見事予選突破で本戦出場を果たすと、1回戦の対戦相手は第1シードからノーシードまで可能性があります。

 

錦織圭、西岡良仁が本戦からの出場なので、もしかすると本戦1回戦で日本人対決が実現するかもしれません。

実は、シンシナティに続いて錦織圭と西岡良仁が本戦(それも1回戦)で当たる可能性もありますが...。

日本人同士で対戦するなら、出来るだけ勝ち上がった後で実現して欲しいものです。

 

錦織、西岡とも、全米オープン本戦で日本人と対戦することになれば初のことです。

ニューヨークの地で奮闘する日本人選手を、本戦のみならず予選からも応援しましょう!

 

以上、男子シングルスに日本人選手8名が出場中の全米オープンテニス2019・予選について、ドローと試合結果でした!