【楽天オープンテニス2019予選】ドローと試合結果|日本人選手3名が男子シングルスに出場

男子シングルスに日本人選手3名がワイルドカードで出場する楽天オープンテニス2019・予選について、ドローと試合結果をまとめています。

16ドローで争われる予選で連勝すると本戦出場となり、合計4名が切符を手にします。

画像引用元:ATP公式楽天ジャパンオープン大会ページ

楽天オープンテニス2019 予選のドロー(シングルス)

楽天オープンテニス2019 男子シングルスの予選ドローです。

楽天オープン公式サイト(rakutenopen.com)にもPDFドローが掲載されています(試合結果も反映される見込み)。

シングルス予選 Qualifying Singles

楽天オープンテニス2019 予選の試合結果

楽天オープンテニス2019 男子シングルスの予選について、日程(ラウンド)ごとの試合結果です。

スコア表では、勝利した選手を太字で表記します。

 

9/28(土) 予選1回戦の試合予定・結果

有明コロシアムの第1試合(午前11時開始)で内山靖崇が、第2試合で伊藤竜馬が登場します。

綿貫陽介の試合は、楽天カードアリーナ(なんてネーミング...)の第3試合に予定されています。

西岡良仁がダブルス予選出場
西岡良仁が41歳ながらATPポイント持ちの超人・松井俊英とペアを組んでダブルスに予選から出場。9/28の有明コロシアム第3試合で試合が行われましたが6-7  4-6で敗れました。

 

(有明コロシアムの試合)

内山靖崇(WC) 6 6
スティーブ・ジョンソン(8) 3 3
伊藤竜馬(WC) 5 6 6
ペーター・ゴヨブチック(7) 7 1 4

 

(楽天カードアリーナの試合)

ニコラス・ジャリー(2) 1 6 2
マルセル・グラノイェルス 6 1 6
パブロ・アンドゥハル(1) 6 6
ブレイデン・シュナー 0 0
綿貫陽介(WC) 6 1 4
アレクセイ・ポピリン(5) 4 6 6

 

(コート1の試合)

ジョン・ミルマン(3) 3 711 6
ブラッドリー・クラン 6 69 2
トーマス・ファビアーノ(4) 2 3
ジェームズ・ダックワース 6 6
ヘンリー・ラクソネン 65 2
クォン・スンウ(6) 77 6

 

9/29(日) 予選2回戦(決勝)の試合予定・結果

予選1回戦に勝利すると予選決勝です。4試合が行われ、勝者が本戦出場の切符を手にします。

 

(有明コロシアムの試合)

ジョン・ミルマン(3) 77 6
伊藤竜馬(WC) 65 1
ジェームズ・ダックワース 3 60
アレクセイ・ポピリン(5) 6 77

 

(楽天カードアリーナの試合)

マルセル・グラノイェルス 3 4
内山靖崇(WC) 6 6
パブロ・アンドゥハル(1) 7 6
クォン・スンウ(6) 5 4

楽天オープンテニス予選 日本人選手の過去成績

楽天オープンテニス2019の予選に出場する日本人選手の、楽天オープン予選における過去成績を調べました。

 

内山靖崇(138位)

内山靖崇は2011年〜2014年と2016年、2018年の計6度、楽天オープンの予選に出場してきましたが、全て予選敗退。

なお、2015年は本戦からの出場で1回戦敗退、2017年は本戦初勝利をあげましたが、2回戦でチリッチに敗れました。

 

伊藤竜馬(141位)

2014年に、1回戦でバブリンカ(当時4位)に勝利して注目されたのが記憶に新しい伊藤竜馬。

2007年に初めて予選出場してから2015年まで全て本戦からの出場でしたが、直近3年間(2016年〜2018年)は全て予選からの出場で、予選敗退が続いています。

 

綿貫陽介(228位)

綿貫陽介は2016年、2017年こそ予選1回戦敗退だったものの、2018年は大躍進。

予選突破を果たしただけでなく、ハーセをフルセットの末破り、嬉しい楽天オープン本戦初勝利をあげました。

2回戦でラオニッチに完敗しましたが、今年も昨年に続いての予選突破、本戦勝利に期待がかかります。

 

予選突破で楽天オープンテニス本戦日本人対決も

予選同様、本戦でも日本人選手3名にワイルドカードが出て、合計で7名の日本人がシングルスに出場している楽天オープンテニス2019。

ドロー次第ですが、全員が予選突破を果たすと、最高で本戦日本人対決が4試合実現する可能性があります。

 

昨年は錦織圭 vs 杉田祐一が1回戦で実現しましたが、今年も日本人対決は見られるのでしょうか。

また、第1シード・ジョコビッチと対戦する日本人は現れるのでしょうか。

 

予選突破を果たすと、ジョコビッチら世界ランキング上位選手と対戦する機会を得るチャンスです。

このチャンスをぜひ物にして、大勢の日本のテニスファンの前で躍動して欲しいですね。

 

以上、男子シングルスに日本人選手3名が出場する楽天オープンテニス2019・予選について、ドローと試合結果でした!

Twitterのフォローもお願いします!