2017年は10月8日までの日程で行われる楽天ジャパン・オープン(東京)とチャイナ・オープン(北京)。

出場選手のエントリー、ワイルドカードのニュースが少しずつ出てきています。

 

近年はBIG4が北京にばかり行っており、2017年もナダル・マレーのエントリーは北京でした(フェデラー・ジョコビッチはどちらも不参加、マレーは怪我でエントリー後に欠場を発表)。

その他の有名選手は、どちらに出場するのでしょうか。

今回は、2017年の楽天 VS チャイナについてまとめています。

楽天ジャパンオープン2017の出場選手

錦織 圭スタン・バブリンカが、早い時期から参加を表明していましたが、どちらも怪我の影響で欠場です。

また、2016年優勝のニック・キリオスのエントリーがありません...。

準優勝のダビド・ゴファンは来日予定です!

 

上画像の右端にある数字は8/21時点でのランキングで、バーナード・トミックは146位ながら予選免除でメインドローに配置されます。

これは、トミックがコミットメントプレーヤーだからです。

 

メインドロー確約組の中で注目選手は、ディエゴ・シュワルツマン杉田 祐一です。

シュワルツマンは全米オープンでベスト8。

170cmと非常に小柄ですがツアー屈指のリターン技術を持っており、ハードコートでも強さを見せています。

2009年のプロ転向以降、日本の試合には1度も来ていないので、楽天オープン2017が初来日となります(プライベートで来日してたら初ではありませんが)

 

杉田は錦織不在のなか日本のエースとして君臨しており、ランキングも9/11付で自己最高位を更新する42位を記録。

大阪の靭テニスセンターで行われたデビスカップ(対ブラジル戦)では2試合をいずれもストレートで勝利し、エースの役割をしっかりと果たしました。

 

2人とも獲得タイトルはATP250の1勝。楽天オープンでATP500初タイトル&ツアー2勝目を狙います。

 

(9/27追記)残念ながら、昨年ベスト4のガエル・モンフィスは欠場となりました(T_T)

 

チャイナ・オープン2017の出場選手

北京にはラファエル・ナダル、アレクサンダー・ズベレフ、グリゴール・ディミトロフらトッププロが集結。

よく来日してくれるトマーシュ・ベルディヒ、ジョー・ウィルフリード・ツォンガも2017年はチャイナ・オープンに参戦です。

 

注目はナダルパブロ・カレーニョ・ブスタ

ナダルは全米チャンピオンとして参戦、攻守とも精度の増したテニスで、2005年以来のチャイナ・オープン優勝を狙います。

カレーニョブスタは全米ベスト4。これまでにハードコートのタイトルも2つ獲得しており、初のATP500制覇に期待がかかります。

 

全米を沸かせた2人のスペイン人が、北京の決勝で顔を合わせることになるかもしれません。

 

楽天予選の選手一覧に、注目のシャポバロフの名前が!

本戦INから漏れた選手は、予選からの挑戦となります(ワイルドカードを除く)。

両大会ともに名前のある選手も多い中(エントリーは両方とも出来るんですね!)、世界が注目するデニス・シャポバロフの名前は楽天オープンにしかありません!

シャポバロフの "狂気の" 過酷スケジュールについての、海外リポーターのツイート。

 

本人や楽天オープンからの公式発表はまだない状況ですが、未来のスターの参加を期待して待ちましょう!

(追記)僕が確認した予選エントリーリストは、オフィシャルのものでは無さそうです。ということは、シャポバロフ参加自体もまだ不透明...。でしたが、最後に追記している通り来日が確定しております!


スポンサーリンク

楽天オープン、チャイナ・オープンのワイルドカード

ダニエル 太郎が、楽天オープンのワイルドカード第1号になりました。

その後、対戦相手にアンダーサーブでエースを取られたりしているようですが、日本で躍動する姿が楽しみです。


また、ファン・マルティン・デルポトロがチャイナ・オープンにワイルドカードで出場することが決まっています。デルポトロまで流出…。

 

どうしても有力選手が北京に行っている印象を受けますが、シャポバロフの来日が実現すれば、日本のテニスファンは歓喜間違いなしでしょう。

楽天オープン運営関係の方々、どうかシャポバロフにワイルドカードを与えてください...!

 

(9/25追記)

シャポバロフの来日が確定しました!

しかし、本戦ワイルドカードは添田 豪と内山 靖崇に与えられ、シャポバロフには予選のワイルドカードが与えられたようです…。

予選への正式エントリーがなかったため、予選ワイルドカードという扱いになっています。

自国選手に与える場合が多いとはいえ、今回ばかりはシャポバロフに本戦ワイルドカードで良かったのでは…と残念でなりません。

 

ちなみに、シャポバロフのプレースタイルと魅力についてまとめたので、ぜひご一読ください。

 

(9/30追記)シャポバロフ、まさかの欠場です...。原因はワーキングビザの不備とのこと...(当初ヒザ(膝の負傷)説も出回ってましたが、正しくはビザです)。

 

過去の出場選手・トップシード・優勝者まとめはこちら

チャイナ・オープンが楽天オープンよりも人気な理由はこちら