2020年のパリマスターズの結果、ドロー(トーナメント表)、放送予定、試合コート・試合時間・スコアの詳細とハイライト動画などを掲載中です。

パリマスターズ(ATPマスターズ1000)のシングルスは、今年は56名によるトーナメント形式で開催されます(例年48名)。

通常シーズンでは最終戦(Nitto ATPファイナルズ)前に開催される「ATPツアー最後の大会」の位置づけですが、2020年は新型コロナウイルス感染拡大によるツアー中断の影響で、パリマスターズ後にも大会(ソフィア・オープン)があります。

錦織はパリマスターズも欠場
肩の状態が思わしくないため、全仏オープンを最後に2020年シーズンのツアー参戦を終了しています。
西岡はウィーン本戦出場
西岡良仁は錦織らの欠場により、繰り上がりで本戦出場を果たしています。

冒頭動画は、2016年 vs ツォンガで決めた錦織の絶妙なハーフボレーです。

記事内の各項目へは目次から移動できます。

2020年11月 イチオシ情報

U-NEXTでは野球やテニスの漫画・アニメも充実!

野球は「ダイヤのA」「メジャー」「大きくふりかぶって」、
テニスは「テニスの王子様」「ベイビーステップ」などが見放題!

また、CS放送のGAORAで放送中の
ATPテニスマガジンもあります!!

  • 31日間無料お試し!無料で解約OK
  • 無料お試しで600ポイント獲得!
  • ポイントは朝ドラや新作に使える!
  • 映画、ドラマなど見放題作品数No.1!
  • 雑誌が読み放題(80誌以上)!
  • 4アカウントまで追加登録OK!

テレビCMでもお馴染み「U-NEXT」
この機会に是非無料でお試しください!

(公式サイトに移動します)

パリマスターズ2020

パリマスターズ2020は、エルステバンクオープン2020(ウィーン)とアスタナオープン2020(ヌルスルタン)の翌週に開催される大会で、グレードはATPマスターズ1000。

ツアーファイナル出場権の当落線上にいる選手にとっては是が非でも勝ち上がりたいトーナメントですが、シーズン終盤ということもあってピーキングが難しく、2017年に予選から決勝まで駆け上がったクライノビッチのように伏兵が勝ち進むことも珍しくないマスターズ大会です。

 

パリマスターズ2020の大会概要です。

大会名 ROLEX PARIS MASTERS
ロレックス・パリ・マスターズ
開催地 フランス/パリ
カテゴリー ATPマスターズ1000
サーフェス ハードコート(インドア)
ドロー数 シングルス56ドロー
ダブルス24ドロー

かつてはインディアンウェルズと同じく、外資系金融機関のBNPパリバ・グループがメインスポンサーだったため「BNPパリバ・マスターズ」という大会名でしたが、現在はスイスの腕時計メーカーであるロレックスが冠スポンサーなので「ロレックス・パリ・マスターズ」です。

日程・開始時間など2020年の試合予定

パリマスターズ2020の試合日程と試合予定スケジュールです。

大会日程

日程(現地) シングルス
10/31() 予選
11/1() 予選
11/2(月) 1回戦
11/3(火) 1回戦・2回戦
11/4(水) 2回戦
11/5(木) 3回戦
11/6(金) 準々決勝
11/7() 準決勝
11/8() 決勝

試合スケジュール(OOP)

各日程のOOP(Order of play)は大会公式サイトにて掲載中です。

当日OOP(公式サイト)

会場と時差

フランスの首都・パリで行われるパリマスターズの会場は、AccorHotels Arena(アコーホテルズ・アリーナ)。通称「ベルシー・アリーナ」です。

1982年までは、ベルシー・アリーナから車で約15分ほどの距離にあるStade Pierre de Coubertin(スタッド・ピエール・ド・クーベルタン)で開催されていました。

また、試合会場のサーフェスもカーペットだったりハードコートだったりと変更の多い大会です(室内開催は同じです)。

  • カーペット(1968〜1970、1980、1986〜2006)
  • インドアハード(1972〜1979、1981–1982、2007〜)

 

現地パリと日本との時差は8時間です。パリの正午が日本の20時、パリの16時が日本の24時です。

ドロー(トーナメント表)|シングルス&ダブルス

男子シングルスの日本語版ドローです(男子ダブルス・予選のドローは大会公式PDFを紹介)。

トップハーフとボトムハーフに分けて、28名のトーナメント表×2を載せています(大会5日目終了時点)。

公式サイト(各競技のドローへ移動できます)

男子シングルスの結果・試合予定・ハイライト動画

男子シングルスの結果、試合予定、ハイライト動画を随時更新します。

2019年大会では、はじめてマスターズ決勝進出のシャポバロフをジョコビッチがストレートで破り、史上最多を更新する通算5度目の優勝を飾りました。

決勝(結果・試合予定・ハイライト動画)

センターコート(2時間7分)
アレクサンダー・ズベレフ(4) 7 4 1
ダニール・メドベージェフ(3) 5 6 6

準決勝(結果・試合予定・ハイライト動画)

センターコート(1時間39分)
ラファエル・ナダル(1) 4 5
アレクサンダー・ズベレフ(4) 6 7
センターコート(1時間37分)
ダニール・メドベージェフ(3) 6 77
ミロシュ・ラオニッチ(10) 4 64

準々決勝(結果・試合予定・ハイライト動画)

センターコート(2時間13分)
ラファエル・ナダル(1) 4 7 6
パブロ・カレーニョブスタ(9) 6 5 1
センターコート(1時間25分)
アレクサンダー・ズベレフ(4) 6 77
スタン・バブリンカ(12) 3 61
センターコート(1時間2分)
ディエゴ・シュワルツマン(6) 3 1
ダニール・メドベージェフ(3) 6 6
センターコート(2時間18分)
ミロシュ・ラオニッチ(10) 6 3 79
ユーゴ・アンベール 3 6 67

3回戦(結果・試合予定・ハイライト動画)

スコア一覧
センターコート(1時間33分)
ラファエル・ナダル(1) 6 77
ジョーダン・トンプソン 1 63
コート1(1時間20分)
パブロ・カレーニョブスタ(9) 7 6
ノルベルト・ゴンボス 5 2
センターコート(3時間)
アレクサンダー・ズベレフ(4) 713 67 6
アドリアン・マナリノ 611 79 4
センターコート(1時間41分)
スタン・バブリンカ(12) 1 6 6
アンドレイ・ルブレフ(5) 6 4 3
センターコート(1時間)
ディエゴ・シュワルツマン(6) 6 6
アレハンドロ・ダビドビッチフォキナ(Q) 1 1
センターコート(1時間51分)
アレックス・デミノー(16) 7 2 2
ダニール・メドベージェフ(3) 5 6 6
コート1(1時間21分)
マルコス・ギロン(Q) 61 2
ミロシュ・ラオニッチ(10) 77 6
センターコート(2時間24分)
マリン・チリッチ 3 77 3
ユーゴ・アンベール 6 64 6

2回戦(結果・試合予定・ハイライト動画)

スコア一覧
センターコート(2時間30分)
ラファエル・ナダル(1) 4 77 6
フェリシアーノ・ロペス 6 65 4

コート1(2時間14分)
ジョーダン・トンプソン 2 6 6
ボルナ・チョリッチ(15) 6 4 2
コート1(1時間19分)
パブロ・カレーニョブスタ(9) 77 6
ヤン=レナード・シュトルフ 63 2
センターコート(1時間36分)
ノルベルト・ゴンボス 6 78
ダビド・ゴファン(8) 4 66
センターコート(55分)
アレクサンダー・ズベレフ(4) 6 6
ミオミル・ケツマノビッチ 2 2
コート1(2時間47分)
西岡良仁 3 77 3
アドリアン・マナリノ 6 65 6
センターコート(2時間21分)
スタン・バブリンカ(12) 4 77 6
トミー・ポール 6 63 2
コート1(58分)
ラドゥ・アルボット(LL) 1 2
アンドレイ・ルブレフ(5) 6 6
センターコート(1時間24分)
ディエゴ・シュワルツマン(6) 7 6
リシャール・ガスケ 5 3

コート1(1時間18分)
バンジャマン・ボンジ(WC) 4 4
アレハンドロ・ダビドビッチフォキナ(Q) 6 6
コート1(1時間27分)
アレックス・デミノー(16) 6 7
ロレンツォ・ソネゴ 3 5
センターコート(47分)
アンダーソン途中棄権
ケビン・アンダーソン(SE) 6
ダニール・メドベージェフ(3) 6
センターコート(2時間50分)
マッテオ・ベレッティーニ(7) 63 77 5
マルコス・ギロン(Q) 77 60 7
センターコート(1時間31分)
ピエール=ユーグ・エルベール(WC) 4 4
ミロシュ・ラオニッチ(10) 6 6
コート1
ムーテ試合前棄権(新型コロナウイルス陽性)
マリン・チリッチ
コランタン・ムーテ(WC)
センターコート(3時間16分)
ユーゴ・アンベール 77 66 77
ステファノス・チチパス(2) 64 78 63

1回戦(結果・試合予定・ハイライト動画)

スコア一覧
コート1(1時間24分)
フィリップ・クライノビッチ 611 1
フェリシアーノ・ロペス 713 6
コート2(1時間18分)
ジョーダン・トンプソン 6 6
フェデリコ・デルボニス(Q) 2 3
センターコート(1時間46分)
マートン・フチョビッチ(Q) 65 1
ボルナ・チョリッチ(15) 77 6
センターコート(1時間9分)
パブロ・カレーニョブスタ(9) 6 6
ユーゴ・ガストン(WC) 3 2
コート2(1時間23分)
ニコラス・バシラシビリ 4 2
ヤン=レナード・シュトルフ 6 6
コート1(1時間19分)
マルコ・チェッキナート(Q) 2 62
ノルベルト・ゴンボス 6 77
コート1(1時間17分)
ミオミル・ケツマノビッチ 6 6
ジョン・ミルマン 4 2
コート1(2時間14分)
西岡良仁 5 6 6
パブロ・アンドゥハル 7 4 2
コート1(1時間28分)
アドリアン・マナリノ 77 6
ドゥサン・ラヨビッチ 65 3
センターコート(1時間33分)
スタン・バブリンカ(12) 6 77
ダニエル・エバンズ 3 63

センターコート(2時間)
ジル・シモン 6 3 3
トミー・ポール 3 6 6
コート2(2時間14分)
ホベルト・フルカッチュ 5 77 4
ラドゥ・アルボット(LL) 7 65 6
センターコート(1時間36分)
リシャール・ガスケ 6 3 6
テイラー・フリッツ 0 6 3

コート1(56分)
フェデリコ・コリア(LL) 2 1
バンジャマン・ボンジ(WC) 6 6
コート1(1時間47分)
アレハンドロ・ダビドビッチフォキナ(Q) 6 2 6
カレン・ハチャノフ(11) 3 6 2

コート1(1時間16分)
アレックス・デミノー(16) 6 6
ステファノ・トラバリア(Q) 4 4
コート2(59分)
ロレンツォ・ソネゴ 6 6
アレクサンダー・ブブリク 1 4
コート2 (24分)
ジェレ途中棄権
ラスロ・ジェレ(LL) 2
ケビン・アンダーソン(SE) 5
コート1(1時間51分)
アルベルト・ラモス=ビニョラス 3 6 1
マルコス・ギロン(Q) 6 4 6
コート1(2時間16分)
テニス・サングレン 6 4 64
ピエール=ユーグ・エルベール(WC) 2 6 77
コート2(1時間3分)
アルヤズ・ベデネ 3 2
ミロシュ・ラオニッチ(10) 6 6
センターコート(2時間27分)
フェリックス・オジェ=アリアシム(14) 0 6 3
マリン・チリッチ 6 3 6

センターコート(2時間30分)
サルバトーレ・カルーゾ(LL) 6 62 3
コランタン・ムーテ(WC) 3 77 6
センターコート(2時間10分)
ユーゴ・アンベール 4 6 77
キャスパー・ルード 6 2 61

予選決勝(結果)

11/1(日)に予選決勝が行われました。

  • フチョビッチ(1) 4-6  7-6(3)  6-2 ポスピシル(9)
  • ギロン(11) 7-6(5)  7-6(3) ジェレ(2)
  • ダビドビッチフォキナ(3) 6-4  1-6  6-1 カルーゾ(8)
  • ゴンボス 7-5  4-6  6-4 アルボット(10)
  • トラバリア(5) 6-2  7-5 マジェル(14)
  • デルボニス(6) 6-1  2-1  Ret'd ハンフマン(13)
  • チェッキナート(7) 7-6(2)  6-2 コリア(12)

    予選1回戦(結果)

    10/31(土)に予選1回戦が行われました。

    • フチョビッチ(1) 6-3  6-1 Cazaux(WC)
    • ポスピシル(9) 6-0  6-1 ベンシェトリ(WC)
    • ジェレ(2) 6-4  6-2 Cornut-Chauvinc(WC)
    • ギロン(11) 6-4  6-2 カルバレスバエナ
    • ダビドビッチフォキナ(3) 6-1  6-1 ロレンツィ
    • カルーゾ(8) 3-6  6-4  7-6(2) ポルマンズ
    • ゴンボス 6-4  6-4 クエバス(4)
    • アルボット(10) 7-5  6-4 Giannessi
    • トラバリア(5) 6-3  4-6  7-6(3) ソウザ
    • マジェル(14)  3-6  6-3  6-4 ガラン
    • デルボニス(6) 7-6(5)  3-6  7-6(1) マルティン
    • ハンフマン(13)  6-4  6-1 Zapata Miralles
    • チェッキナート(7) 6-3  6-4 ジャン
    • コリア(12)  6-3  3-6  6-3 Rinderknech(WC)

    放送予定(テレビ放送・ネット中継)

    ATPマスターズ1000の大会なので、BS放送でテレビ放送があります。

    ネット中継はWOWOWメンバーズオンデマンド、TENNIS TVでライブ配信です。

    放送・配信予定
    • NHK・BS1(テレビ放送)
    • GAORA(テレビ放送)
    • WOWOW(ネット配信)
    • TENNIS TV(ネット配信)

    地上波テレビ放送(NHK、TBS、テレビ東京など)

    NHKでは地上波で全豪オープン・ウィンブルドンの放送が例年されていますが、マスターズは手がけていません。

    また、TBS、テレビ東京なども四大大会を中心に放送経験がありますが、今大会は放送されません。

    NHK・BS1

    錦織圭の試合を中心に生中継するNHK・BS1。

    今大会は錦織不在のため、準決勝と決勝をライブ放送予定ですが、急遽オンエアの場合もありますので、番組内容については下記NHK放送予定をご確認ください。

    テニス | NHKスポーツオンライン -NHKスポーツ番組総合情報サイト-(NHK放送予定)

    GAORA

    CS254chの「GAORA SPORTS(ガオラ・スポーツ)」では男子大会が連日生中継されます。

     視聴にはスカパー!などへの加入が必要です。

    WOWOW

    WOWOWメンバーズオンデマンドではパリマスターズ2020を1回戦から決勝まで全日程生中継でライブ配信中です。

    WOWOWは加入月が無料なので、12月末までの視聴が1ヶ月分の料金(税込2530円)で可能です。

    WOWOW_新規申込(加入月無料)

     

    ちなみに、パリ初日(大会第1日目=11/2)の試合は無料配信です。

    WOWOWと契約していなくても、無料のウェブ会員登録を済ませればパソコン、タブレット、スマホなどで試合配信動画を視聴できます。

    配信ページはPCなら以下の対応ブラウザで視聴可能、タブレットやスマホは専用アプリ「WOWOWメンバーズオンデマンド」をご利用ください。

    ■Windows
    OS Windows 8.1:ブラウザ Google Chrome, Firefox
    OS Windows 10:ブラウザ Google Chrome, Firefox, Microsoft Edge, Internet Explorer■Mac
    ・OS Mac OS 10.12.6 以降」:ブラウザ Safari
    ※各ブラウザはいずれも最新版をご利用ください。

    なお、Google ChromecastやAmazon Fire TV Stick対応なので、テレビ画面に映して観戦可能です。

    テニスTV

    テニスファン御用達のTENNIS TV(テニス・ティーヴィー)では、ATP500の試合もライブ配信されます。

    テニスTVについて詳しくはこちら。

    Paravi

    昨年のパリマスターズはParaviでも視聴できましたが、2020年は配信がありません。

    テニスはATP・WTAとも中継されませんが、半沢直樹など注目ドラマの見逃し配信が充実していて、今なら2週間無料体験実施中です。登録方法などはこちら。

    DAZN

    DAZN(ダゾーン)では女子プロテニスのWTAツアーがライブ配信されています。

    ATPマスターズ1000など男子テニスのATPツアーは配信対象外です。

    テニス無料視聴(ライスト)

    テニスを無料でネット視聴するならライスト(ライブストリーミング)。

    ライストについては別記事をご参照ください。

    賞金・ポイント

    2020年大会の賞金総額(Prize Money)は€3,901,015(約4億7590万円)。

    トータル・ファイナンシャル・コミットメント(Total Financial Commitment)は€4,289,970(約5億2330万円)です。

    ※Total Financial Commitmentとは、ATP SanctionやMarketing Fees、賞金、ボーナス・プール(該当する場合)を含む、トーナメントの投資合計額です。

    ラウンド 賞金
    (日本円)
    優勝 €225,210
    (約2750万円)
    準優勝 €150,000
    (約1830万円)
    準決勝
    (ベスト4)
    €100,000
    (約1220万円)
    準々決勝
    (ベスト8)
    €78,000
    (約950万円)
    3回戦
    (ベスト16)
    €56,000
    (約680万円)
    2回戦
    (ベスト32)
    €36,000
    (約440万円)
    1回戦 €22,275
    (約270万円)
    予選決勝 €10,865
    (約130万円)
    予選1回戦 €6,160
    (約75万円)

     

    パリマスターズはATPマスターズ1000の大会なので、優勝すると1000ポイント獲得。

    準優勝、ベスト4、ベスト8、ベスト16、ベスト32、初戦敗退、予選通過など各ラウンドでのATPポイント内訳がこちら。

    ラウンド ATPポイント
    優勝 1000
    準優勝 600
    準決勝
    (ベスト4)
    360
    準々決勝
    (ベスト8)
    180
    3回戦
    (ベスト16)
    90
    2回戦
    (ベスト32)
    45
    1回戦 10
    予選通過 25
    予選決勝 16
    予選1回戦 0

    パリマスターズ 錦織圭の過去成績

    パリマスターズでの錦織圭の通算成績は10勝6敗(勝率.625)、最高成績は準決勝進出(2014年)です。

    成績 最終対戦相手
    2019 欠場
    2018 準々決勝 フェデラー
    2017 欠場
    2016 3回戦 ツォンガ
    2015 3回戦 ガスケ
    2014 準決勝 ジョコビッチ
    2013 3回戦 ガスケ
    2012 3回戦 シモン
    2011 1回戦 スタコフスキー

    全米オープンで準優勝した2014年にベスト4進出を決めましたが、それ以外は上位進出を地元フランス勢に阻まれてきたパリマスターズでの錦織圭。

    2020年も、2017年(右手首の怪我)、2019年(右手首の手術)に続いて欠場を発表しました。

    パリマスターズの歴代優勝者

    パリマスターズのシングルスで優勝・準優勝した選手の一覧です(過去10年間)。

    優勝 準優勝
    2019 ジョコビッチ シャポバロフ
    2018 ハチャノフ ジョコビッチ
    2017 ソック クライノビッチ
    2016 マレー イズナー
    2015 ジョコビッチ マレー
    2014 ジョコビッチ ラオニッチ
    2013 ジョコビッチ フェレール
    2012 フェレール ヤノビッチ
    2011 フェデラー ツォンガ
    2010 ソダーリン モンフィス

    1968年の初開催以来、2年連続優勝が無かったパリマスターズで3連覇を達成したのがジョコビッチ。昨年で通算5度の優勝は歴代最多です。

    上海マスターズと同様、BIG4のうちナダルだけが優勝経験のないマスターズ1000の大会です。

     

    印象的だったのは2017年のパリマスターズ。シーズン終盤ということもあって故障者や万全でない選手が多い中、チャンスを掴んだソックとクライノビッチが初のマスターズ決勝の舞台まで勝ち上がる事態に。

    その後、パリマスターズを制したソックは、1000ポイント獲得による滑り込みでツアーファイナル初出場を決めたという大逆転劇でした。

    西岡の対戦相手組み合わせ|パリマスターズ2020

    日本人で唯一パリマスターズに出場する西岡良仁の対戦相手組み合わせはこちら。

    • 1回戦 vs アンドゥハル
    • 2回戦 vs マナリノ or ラヨビッチ
    • 3回戦 vs ズベレフ(4)、ミルマンなど
    • 準々決勝 vs ルブレフ(5)、バブリンカ(12)など

     

     

    以上、パリマスターズ2020(錦織圭欠場、西岡良仁出場)についてでした!

    2020年11月 イチオシ情報

    U-NEXTでは野球やテニスの漫画・アニメも充実!

    野球は「ダイヤのA」「メジャー」「大きくふりかぶって」、
    テニスは「テニスの王子様」「ベイビーステップ」などが見放題!

    また、CS放送のGAORAで放送中の
    ATPテニスマガジンもあります!!

    • 31日間無料お試し!無料で解約OK
    • 無料お試しで600ポイント獲得!
    • ポイントは朝ドラや新作に使える!
    • 映画、ドラマなど見放題作品数No.1!
    • 雑誌が読み放題(80誌以上)!
    • 4アカウントまで追加登録OK!

    テレビCMでもお馴染み「U-NEXT」
    この機会に是非無料でお試しください!

    (公式サイトに移動します)

    Twitterのフォローもお願いします!