この記事では、錦織圭の試合が行われる時間を随時更新する他、ニューヨーク・オープン2018についてまとめています。

 

冒頭の写真は2017年に行われたレーバー・カップのものですが、ご覧の通り「テニスコートが真っ黒」です。

実はこの写真と同じように、ニューヨーク・オープンも黒いコート上で試合が行われます(ATP公式戦では史上初)。

2017年まで行われたメンフィス・オープンに代わって、2018年から新設された大会(スポンサーと開催地が変更になりました)ということで、さっそく新たな試みが導入されています。

 

残念ながら錦織のATPツアー復帰初戦はテレビ放送が無い状況ですが、無料・有料とも視聴する方法は別記事で解説しましたので、よろしければご一読ください。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

錦織の次の試合(準決勝)の試合時間は?

ニューヨークとの時差は14時間(日本のが14時間進んでいます)。

錦織は1回戦(ATPツアー復帰初戦)でルビンを、2回戦でドンスコイを破り、8強入りを果たしています。

その後、アルボットにも逆転勝利で準決勝に進出している錦織は、残り試合で連戦をこなすことになります。

 

準決勝は現地時間2月17日(土)のナイトセッション第1試合(19時半以降にスタート)に行われます。

日本時間では2月18日(日)の午前9時半以降にスタートの見込みです。

日曜日なのでリアルタイムでゆっくり観戦できそうですね。

ニューヨーク・オープン2018の日程

現地時間の2月12日(月)〜2月18日(日)で開催されます。

なお予選は2月11日(日)の昼間から開催され、日本のダニエル太郎が第1シードとして出場しています。

16人で争われる予選は、連勝した4人が本戦への出場権を手にします。

 

ニューヨーク・オープン2018の大会スケジュール(現地時間)

2月12日(月):1回戦
2月13日(火):1・2回戦
2月14日(水):1・2回戦
2月15日(木):2回戦
2月16日(金):準々決勝
2月17日(土):準決勝
2月18日(日):決勝

時差の関係で、日本時間では全て上記の翌日の試合開始となります(決勝戦は19日の月曜です)。

ニューヨーク・オープン2018のドロー

錦織の1回戦終了後にアップしたので、一部結果が出ていますがメインドローです。

順当にいくと、次のような対戦相手です。

1回戦:ルビン
2回戦:ドンスコイ or ブルゴス
準々決勝:イズナー
準決勝:アンダーソン or バシラシビリ
決勝:クエリー or マナリノ

(2/15追記)イズナーが敗れたため、準々決勝の相手はアルボットです。

ニューヨーク・オープン2018(錦織の)大会展望

正直言って、冒頭でご紹介した黒コートの影響が計り知れないため、非常に予測が難しい大会といえます。

ただ、ハードコートで球足が速めなため、アンダーソン、クエリー、イズナーら上位シードに有利に働くのは間違いありません。

(錦織の要望で超高速サーフェスは回避したとの情報をキャッチしましたが、それでも速い部類に入るはずです)

 

もし仮に黒のコートでボールが見づらいなどの影響があると、ビッグサーバー有利の状況に拍車がかかります。

 

錦織は直前のチャレンジャーで優勝したものの、サーブの出来は本来(怪我前)のものとは程遠い内容でした。

サーブの調子が上がらない場合、リターンゲームとストロークで相手にプレッシャーをかけていく必要があります。

そんな中、出場選手にサーブ強者が強い状況は向かい風かもしれません...。

 

初戦は調子が絶不調でなければ勝てる相手だとは思いますが、2回戦のドンスコイ、ブルゴスは中々の実力者です。

ブルゴスは高地専用プレーヤー疑惑もありますが、ドンスコイは昨年2月にドバイでフェデラーを破ったこともあり、ポテンシャルの高さは驚異的です。

ドンスコイの強烈なサーブ・ストロークが入り出すと、そのまま押し切られる可能性大なので要注意です。

 

3回戦イズナーは言わずと知れたビッグサーバーで、ネットプレーやストロークも精度が高い優等生。

ただ、ネガティブな意味ではなく、ここまで勝ち上がれるのかが全くの未知数なので、分析は対戦が確定してからにしたいと思います。

 

(2/15追記)調子が右肩上がりの状態で、錦織は連勝して8強入りを果たしています。

アルボットはビッグサーバーではなく、リターンゲームでプレッシャーをかけてストロークで組み立てるテニス(スタッツなどから分析)のはずなので、錦織とは相性が良さそうです。

2回戦の状態であれば、問題なく勝てそうな相手です。

 

まもなくスタートするニューヨーク・オープン2018。

2018年新設で初開催、初の黒コート、錦織復帰後初ATPツアー大会と初づくしの大会、注目していきたいと思います!

 

※錦織の試合時間などは随時更新予定です。

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ