LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ。テニス・野球のコラムを中心に、Mac、Web、節約、雑学なども更新しています。

【生存確認】マレーはシンシナティ・マスターズも欠場中

 

ご無沙汰しております。

タイトルの【生存確認】は、当ブログ管理人の@mori_ichi_のことです(生きてます)

この1週間くらい、色々あってテニス&ブログから離れていました。

現在は有給消化中で、そばで有名な出雲市に来ております。

上の写真は、奥出雲そば処 一福(いっぷく)の割子(わりご)そば。

出雲大社近くの店舗でも食べたことがありますが、やはり頓原本店の美味しさは格別です!

出雲市街から車を走らせること約1時間、ほぼ山道で50kmもの道のりですが、わざわざ食べに行く価値のある美味しさです。

周りに何もなくて森林浴にももってこいのロケーション、日々の疲れが癒されますよ!

 

…と、誰も興味がないであろうリア充アピールはこのあたりにして(あとでリア充爆発しときます)

出雲そばについて熱く語れるほど落ち着いてきたので、またブログ更新を再開させたいと思います。

 

さて、ちょっと目を離した間に、色々とテニス界で大きな動きがありました。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

ズベレフが!ナダルが!錦織が!杉田が!

この見出しだけで、それぞれの選手の近況を説明できるあなた、とても素晴らしいです。

空白の時間を取り戻すべくニュースやハイライト動画を漁ってましたが、やはりリアルタイムで追いかけている方々には敵いません。

 

ロジャーズ・カップ優勝の “サーシャ” ことアレクサンダー・ズベレフは、ロジャー・フェデラーを圧倒していたんでしょうか。

ラファエル・ナダルを破る大金星をあげたデニス・シャポバロフは、どんなテニスをしていたんでしょうか。

気になるので(特にシャポバロフ)、詳しい方教えてください(笑)

 

錦織 圭は残念なニュースです…。

17日の山陰中央新報で、カラー記事が1面にデカデカと載っていました。

手術はしないようなので、順調に回復して全豪に間に合うといいですね。

 

しかし、ATPツアーで活躍する日本人は錦織だけではありません。

杉田 祐一はハードコートシーズンでも好調を維持しており、シンシナティ・マスターズで2年連続の3回戦進出を決めています。

現在行われているカレン・ハチャノフ戦に勝利すればベスト8入りと、昨年を上回る成績になります。

 

西岡 良仁も全米オープン欠場ということで、日本のテニスファンの注目は杉田に集まることでしょう。

大舞台で1試合でも多く勝ち上がり、ランキングも30位台突入といきたいところです。

 

マレーは2位転落、フェデラーが1位肉薄

今さらですが、フェデラーはシンシナティ・マスターズ出てないんですね!

連続マスターズの結果次第ではフェデラーの1位も有りうると思っていましたが、首位奪還は全米オープン後となりそうです。

 

8/17深夜時点のライブポイントで、全米オープンまでの失効分を反映させると、次のようになります。

  1. ナダル 7,375ポイント
  2. フェデラー 7,145ポイント
  3. マレー 6,790ポイント
  4. ズベレフ 4,425ポイント
  5. ジョコビッチ 4,125ポイント
  6. チリッチ 4,065ポイント
  7. ティーム 3,760ポイント
  8. バブリンカ 3,690ポイント

 

もし仮にフェデラーが全米オープンで優勝すると+2,000ポイントで9,145ポイント。

ナダルがこれを上回るには、シンシナティ・マスターズ優勝+全米オープン準優勝が求められます(7,375+910+1,200=9,485)。

フェデラーが体調万全であれば、秋頃までに首位返り咲きとなりそうな予感がします。

 

ズベレフはシンシナティ・マスターズと全米オープンでも結果を残せれば、新BIG4形成も視野に入っています。

年末までに、マレーが第4の定位置に戻る可能性すらありそうです(恐ろしい)

マレーまでシーズン全休となると、ズベレフの3位がほぼ確定となります。

 

ジョコビッチ、バブリンカは減る一方なのでトップ10陥落は時間の問題。

代わりにラオニッチ、ディミトロフ、ゴファン、ツォンガ、ベルディヒらがトップ10に入ってきます。

 

ついでにマレーの生存確認も

テニス観戦はストップしていましたが、マレー関連のニュースはチェックしていました。

とはいえ、中身のないニュースばかりですが…。

 

母のジュディさんは、怪我の状況によってはアンディの現役生活が終わってしまうのではと心配しているようです。

ファンとしては、シーズン全休は想定内ですが、このままキャリアを終えてしまうとなると話は別です。アンディロスなんて言葉では済ませられません…。

Harder than it looks ????

Andy Murrayさん(@andymurray)がシェアした投稿 –

相変わらずリハビリに励む日々です。

臀部も、見た目以上に酷いことになっていませんように…。

 

そういえば全米オープンのオッズでは、マレーのがズベレフよりも上だったりしています。また別の記事でまとめますね。

全米での復帰を目指して…

Let’s Go Andy!!

 - テニス , , , , ,