ニック・キリオスがスイス・インドアとBNPパリバ・マスターズを迎えることなく、今季終了を宣言しました。

 

2017年最後の試合は、去年から新設されたヨーロピアン・オープン2回戦で、ルベン・ビーママンズに7-6(7-3) 3-6 3-6の逆転負け。

2大会連続ノバク・ジョコビッチ撃破や、初のATPマスターズ1000決勝進出など活躍が目立った時期もありましたが、本人としては不本意だったことでしょう。

しっかり切り替えて、体調万全で戻ってきて欲しいものです。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

自身のSNS上で今季終了を発表したキリオス

キリオスは自身のSNS上で、声明文を掲載しました。

ざっくり拙訳
残念ながらクイーンズ・クラブ(エイゴン選手権)で痛めた臀部の痛みが再発しているので、リハビリを行ってオーストラリアの夏のために最高の準備ができるよう、シーズンを終了します。手術が必要になるまで痛みが酷くならないように、自分の体とチームに耳を傾けることにします。
 
2017年は良い大会もあったけれど、特にグランドスラムでは望んでいたような成績は残せませんでした。 皆さんご存知の通り、1年を通してコート外で悲しい出来事もいくつかあって、失望感が増していきました。
 
これからは来年に向けて回復のために全力を尽くします。 1年間励まし、力を与えてくれ、支えてくれた皆さんに感謝します。 また来年お会いしましょう。

大切な祖父がf○○k cancerによって亡くなってしまったりと、辛い出来事が多い1年でしたね。

流した涙は数知れずでしょう...レーバーカップでも泣いてましたし

 

キリオスの2017年総括

優勝候補にも挙げられていた全豪オープン2017でシーズンがスタートしたキリオス。

残念ながら2回戦でアンドレアス・セッピに破れてしまいました。

 

初春の3大会(アカプルコ・インディアンウェルズ・マイアミ)でジョコビッチとアレクサンダー・ズベレフに連勝し、一気にタイトル獲得も期待されましたが食中毒とロジャー・フェデラーに阻まれます

【マイアミ2017】食中毒に気をつけろ!キリオスが準決勝でフェデラーとの一戦へ

 

その後、キリオスのモチベーションを大きく狂わせる祖父の死が4月に発生。

5月のマドリード・オープンではダブルスを、BNLイタリア国際ではシングルスを、ともに腰の故障で棄権していました。

結局クレーコートシーズンは最後まで低調なまま終了してしまいました。

この日(全仏オープン2回戦)は敗戦が近づくにつれていら立ちが募り、ラケットをコートサイドの椅子にたたきつけたり、問題行為にペナルティーポイントが科されたりしていたキリオスは「祖父が亡くなってから、何をするにもモチベーションをすっかり失ってしまった」と語った。

 

芝シーズンに入って再起が期待されましたが、アクシデントに見舞われます。

試合中に足を滑らせ転倒したことで、臀部を痛めてしまいました(途中棄権)。

ウィンブルドンにはドクターストップを振り切って出場しましたが、途中棄権で初戦敗退...。

 

続くシティ・オープンでは新たに右肩の不安が露呈。

メディカルタイムアウトで右肩を何度も治療し、またも途中棄権で初戦(1回戦Byeのため2回戦)敗退となりました。

 

後半戦で最も輝きを放ったのがウエスタン・アンド・サザン・オープンで、自身初のマスターズ制覇まであと1勝でしたが、グリゴール・ディミトロフに3-6 5-7で破れ準優勝。

全米オープン2017は右肩痛が再発したのか、精彩を欠く内容でジョン・ミルマンに3-6 6-1 4-6 1-6で敗れました。

 

チャイナ・オープンでは今シーズン2度目の決勝進出を果たしましたが、ナダルに完敗。

上海ロレックス・マスターズでの恒例?の無気力モードを経て、今シーズン終了を発表しました。

 

2017年の成績は31勝16敗、ツアー優勝は無しという内容でした(昨年は3勝)。

 

キリオスとマレーの2017年シーズン共通点

コート内外で数々の災難が降りかかったキリオス。

相思相愛のアンディ・マレーと多くの共通点があったので軽く触れます。

 

2017年シーズン・キリオスとマレーの共通点

  • 期待された全豪オープンで早期敗退
  • 病気や体調不良に悩まされる(食中毒・帯状疱疹)
  • 臀部以外の怪我でも悩まされる(右肩や腰・右肘)
  • 臀部のリハビリのためシーズン途中でツアー終了
  • エキシビション命(レーバーカップ・フェデラーとのチャリティーマッチ)

 

無理矢理感満載のものもありますが(食中毒は自業自得の恐れも?)、愛するアンディを失った悲しみは、キリオスも小さくなかったでしょう。

コート内外で波瀾万丈だったと振り返った、キリオスの2017年シーズンが終了しました。

...この絵文字の羅列を見ると、どうしてもある英国男性(27)の酒と女に溺れた一日を思い出してしまいます。

 

以上、マレーと同じ臀部の故障でシーズン終了のキリオスについてでした!

コメント一覧
  1. ジェイミー より:

    お久しぶりです!
    キリオスと仲良しですよね

    結婚式は素敵でしたね

    フェデラーとのエキシビはどこで観れるのでしょうか???

    ジェイミー ソアレスはファイナル決定しました。

    来年はアンディが活躍しますようにと祈っております。

    今年はクリスマスにダサセーター着てくれるのを願ってます。

    アンディ ロスなう

  2. mori_ichi_ より:

    >ジェイミーさん

    お久しぶりです!
    いろいろあって更新が途絶えててすみません...。

    フェデラーとのエキシビションは、まだ放送の情報がないです。
    きっと直前になれば出てくるはずなので、可能であればお知らせしますね!

    ダブルス、日本では残念ながら優勝できませんでしたが、今年も安定感がありましたね!

    あのクリスマスのセーターを超えるセンスを見せて欲しいですね。

    同じくアンディロスが酷いです😢

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ